1358081 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

AMOKの庵

PR

全192件 (192件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >

Carnage Heart

2011.01.03
XML
カテゴリ:Carnage Heart
年越しエクサ大会、見事に98位ですよw
主催者様、審判団の皆様お疲れ様、ありがとうございました。
移動の作り込みで力尽きて、勝ち方まで気が回らなかったのが敗因ですw

同じコンセプトではパスさんの廃棄物1号 が遙かに良いことを今更ながら確認。
とはいえ、無駄に色々機能を搭載しているので列記。

開幕時の敵の向きによって、左か右の集合先を変更。
レーダー2連立ち上げを順次することで120秒常にレーダー2連状態を維持。
但し、レーダーのエネルギー消費量があまりにもバネェ状態だったのでエントリー直前に一つに減らす。
レーダー2連を立ち上げている機体が敵の位置を知らせて、その位置に攻撃。
ホームとアウェイで向きが逆になるため計算が面倒でした。
するがさんの計算式により、200m以上にも対応。
しかし、主射の砲塔の位置補正などを一切入れていないため、一切当たらないorz調整する時間なし
対空はソニックがなければ角でアバランチ、クラーケンをばらまくことで突撃タイプは角に閉じ込めることが出来ることがある
最終的にカノンx3をカノン、ショット、拡散弾に分けたけど、効果は未検証。カノンx3の方が良かったみたい。
最後の25秒は不明チップで弾をばらまくことで対処。
竹田騎馬軍のみを仮想敵にして調整していたにもかかわらず、1回戦で当たるも全敗orz

今後のメタ読み用メモ

突撃ケイローン
逃げでエネルギーが切れた後にボコるのが一番確実。ゲイザー一機で十分。
空に逃げて同士討ち>トライならあり。
電撃で返り討ち>対スパンで無効化される
ミサイル攻め>妨害、ソニックで無効化される
ロケット+ミサイルで敵の攻撃が当たる前に瞬殺>ホイリーなら可能、但し、2機は必要、できれば3機

機雷をまいて主射で蒸し焼きタイプ

軽量機が多いのでカノンか、同じく機雷地雷まきが有効

ショットパルスアングリフ

突撃ケイローンはやはり苦手みたい

カノンアラクネー


熱攻め月影


逃げマリア


飛行トライ


攻め飛行


霧逃げ飛行


このままラスティに拘るのも考えましたが、

パスさんの廃棄物1号の完成度が高いので次は別のチームをこつこつ作っていくです。







Last updated  2011.01.05 01:05:46
コメント(0) | コメントを書く


2010.10.31
カテゴリ:Carnage Heart
現在、7章まで終わったところ。
最初は台詞も全部聞こうかと思っていたが、面倒になってきて読んだら次のページに進むようにしている。
プログラムのボタンの使い方が変わったため、間違ってよく外に出てしまう。
特に消去がやりづらい。慣れなんだろうけど…
早くシナリオを終わらせて、脳内プレイが出来る状態になりたいのだが…







Last updated  2010.10.31 12:48:09
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.30
カテゴリ:Carnage Heart
ダウンロード版はPSP go専用と勘違いしていたw
ということで、Konozama届く前にポチッてしまった。
UMD版要らなくなったけど、お布施代わりにキープしておくです。

ダウンロード版は5台まで使えるとあるけど、本当かしら。
PSP goに関してはいつか出るPSP phoneまで待ちたかったのでしばらくは初代PSPで頑張るデス。
そのうち、リーグを回したくなったら2台運用用に渋々PSP go買うかもしれないけど…







Last updated  2010.10.30 12:23:02
コメント(0) | コメントを書く
2010.10.29
カテゴリ:Carnage Heart
コスト戦に出すべくこつこつ悪夢をいじっていましたが、メインプログラムを作り直そうと全部消したままそのままに…結局出られずorz

エクサはCDが欲しかったので、Konozama状態。
が、今朝家に届いているようですよ。日本の。

PSP goを買ってDL版でも入手しようかと思いましたが、アメリカのAmazonに注文すると到着は早くても11月4日。

実家から急いで送って貰っても、土日を挟むのでやっぱり11月4日くらいが最速。

あとは街に出てPSP goを買うという方法もあるのですが、たった6日我慢するだけだし、そもそもやる暇無くてやるとしてもせいぜい1日か2日で時間も2時間程度。
それならとやっぱり待つことに。

とはいえ、街で見かけたら買ってしまいそう…







Last updated  2010.10.30 04:16:52
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.16
カテゴリ:Carnage Heart
実は一昨日初めて気付きました>エクサ発売。てへっ(^^;;

ネタ的には1年半くらい前のGame 2.0の記事を読んで考えていたのですが、ようやく書き起こし。ネジラーのために書いた記事ではないのであしからず。

ファミコンのゲーム、さらに古くはゲーム&ウオッチに代表されるスタンドアローンのゲームをGame 1.0とします。

さらにインターネットとつながり、リアルタイム対戦出来るゲームをGame 2.0とします。

すると、このカルネージハートはGame 3.0とも位置付けられる唯一のゲームかなと。
まぁ、プログラムしたロボットを戦わせるゲームなんですが、百聞は一見しかずでこちらのビデオを見て貰えればどんなゲームかはわかるかと思います。ロボットが色々やっていますが、全てあらかじめプログラムした通りにしか動いてくれません。


では、何故Game 3.0と言えるか説明してみます。

まず、インターネットが今ほど発達していなかった時点で、すでにネット対戦をしていました。10年くらい前でしょうか。
しかも、別に互いに同じ時間を共有する必要はなく、昨日プレイした勇次君と今日同じ条件で対戦出来るのです。何故なら、ロボットはプログラムした通りにしか動かないからです。対戦している間、本人は見ているだけです。やれるのは視点を変えることくらいです。

さらに有志の人がロボットのプログラムをPCやMacで作れるソフトを作ってくれていました。このゲーム、ゲーム機すら必要としないとも言えたのです。

前作のカルネージハートポータブルでは有志がセーブしたデータを解析して、ゲームを起動しなくてもPC上で中に登録しているロボットを自由に組み合わせを変更することも出来るようになっていました。

さらにユーザーがレーティングシステムを作ってランキングまで管理していました。

エクサではメーカーがこれをまねてレーティングが仕様に組み込まれています。このようにユーザーとメーカーが互いに協力してブラッシュアップしていくのもこのゲームの特徴です。

公開されていない仕様も徹底的にユーザーによって調査されて、一クロックの間の動き一つさえ丸裸にされます。結果、格闘アクションゲームのように当たり判定や技が入るタイミングまで考慮したプログラムが作られるようになりました。
上位層のレベルは開発者の想像を超えるものであり、恐らく開発者でもそれを越える機体は作れないでしょう。
私がゲームをしなくなったのは、用意されたレール、状況を黙々とこなしていくだけでそこにクリエイティビティーを発揮出来なかったからですが、このゲームは違ったわけです。
特に初代カルネージハートの仕様におけるプログラムはまさに芸術といえる美しさでした。

それ故にこのゲームのためだけにプレイステーションを買ったし、このゲームのためにプレイステーションを3台買う羽目になりました(試合を回しすぎて壊れたため)。
このゲームが出なかったからPS2もPS3も買いませんでした。

ユーザーが用意された以上にゲームを遊び尽くせる。しかも、時空を越えて対戦することができるそれがGame 3.0です。

ファイナルファンタジーなんかも、ユーザーがシナリオや敵を作れるRPGツクールのようなインタラクティブモードを導入すれば、ユーザーはもっと増えると思うけどね。課金制もしくは開発ツールを別途売り出せば、決して無理じゃないと思う。こんなモンスター作って下さいと値段を決めてオーダーすれば、それに合わせて開発ツールで作ってくれて一番気に入ったものを購入してゲームを作っていき、最後それを低価格で売り出す形でリリースするわけです。

さて、少しでもこのゲームに興味を持たれた方は是非新しく発売されるカルネージハートエクサを購入してみて下さい。10月28日発売です。
こんなマイナーなゲームであるにもかかわらず、ゲームの評価サイトでぶっちぎりのトップであり、数が出ていないものだからプレミアが付いていた時期もありました。あとPSPも必要です。ということで宣伝でしたw


【予約10/28発売】『〆PSP』カルネージハートエクサ






Last updated  2010.07.16 14:05:45
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.12
カテゴリ:Carnage Heart
てっきり最下位争いをするかと思っておりましたが、基本性能に救われて下の上くらいの順位でした。
主催者様、審判の方、参加者の方お疲れ様でした。
ほぼコアだけだし、そのコアも未調整の段階でしたからこんなものでしょう。
で、本当は続きをやりたいのですが中々時間が取れない状態です。

ヴェロニカを見ていると、回り込まれないように何気に壁にすり寄っていくのですね。






Last updated  2008.12.12 12:33:42
コメント(0) | コメントを書く
2008.12.07
カテゴリ:Carnage Heart
本来なら準備できなくて参加できないのだが、この間の決勝進出でモチベーションが上がっているので取り組むことにした。
倖成姫をデスからカラカラに積み替えて出すのも考えたが、決勝リーグと同じ機体というヒトもいなさそうなので新規に組むことにしてみた。

とはいえ、始めたのは昨日。どうしたものかと途方に暮れていたが、HIROYさんの日記を参考にモジュールごとに組んでみると意外とさくさく進む。
とりあえず当初考えていた戦術を実行できる最低限のモジュールが組み上がる。もっとも実際に機能するか、バグがないか、さらにはモジュールを組み合わせる必要もある。
昨日は基本のモジュールを組むのに終わり、今日はアラ対策モジュールの調整に明け暮れた。といっても、取り組めたのは昨日が2時間、今日が3時間ほどか。

機体はローケン。元々初代の頃にクラッペだかのクラーケン地上機当てを最初に実践レベルまでくみ上げた経験から同じ戦術を再現するつもりでいたが、クラーケンが思ったようには当たらない…
仮想敵はいつものヴェロニカ8(決勝リーグに混ぜるとちゃんと上位に来まず。基本を押さえたクネなので安心して使わせて貰っています。)。
どうしようもないので、デスやカラカラなど全部の地雷機雷を試すもどれもいまいち。フォレストファイヤが意外と良かったが勝つまでは持って行けない。

ということで機雷直当てはあっさりと諦めて、時間稼ぎして終盤のエネルギー切れを狙おうかと思うもそれだと車両に通じないしで結局特攻仕様で追い込むことに。

基本的に1 on 1で調整していたのですが、何とかぎりぎりで一回だけ勝つことができたのでよしとして、それを軸に組み上げることに。本当はジャミング対策も組み込むつもりだったし、スペースも十分あるのだが満足して対空対策と対空ミサイル対策をつなげて終わり。スプーやホバー対策も組めるはずだが、その辺は放置の方向で…(^^;;

幸いレーティングにも乗らないし、続きは次の無制限大会のお楽しみということで準備完了。

と思ったらサーバーが死んで、締め切りが24時間延長されている。
明日のライブ中の暇な時間にするかどうかですね。とりあえず、今日は寝ます。






Last updated  2008.12.07 15:06:19
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.27
カテゴリ:Carnage Heart
結局、決勝リーグではドベでしたorz
負けた相手が多すぎるので勝った相手だけチェックしてみましょう。

2勝
猫好きさん 鳳仙花SX【中距離特化】
ひでさん 雹 ACE
1勝
SATさん あろまや三式
パスさん デススマイルズ
ごんたさん Queen5
Lekfnovさん LediSeiriny
2勝1分け
まのさん チーム勇者さなえ弐

全く星が取れなかったのが下記のチーム。
Gnomeさん SpiderWaltz
農林ピート1号さん 上級ウキウキパセリ
大犬太さん 窮鼠噛猫酒酔零式甲
omegaさん 試作DRACHE 05
トロンさん 老鶯
conductorさん EXIST
うすしおさん Daylight

何となく予感していたとおり大犬太さんのトリンカーが優勝でした。おめでとうございます。

これだけ規模が大きくなると、確実に優勝する条件とは「仮想敵にされていない」ということに尽きると思うのですよ。その意味で大犬太さんのアプローチは十分理に適っております。もちろん、元々「人気がない機体=基本性能があからさまには良くない」ですからぎりぎりまで性能を引き出す必要があり、そのための努力と才能はやはり制作者の秀でた部分であることに変わりありません。

ということは、バジを作るにしても、高速バジだけでは優勝できないし、アラクネーも仮想敵が多すぎて負ける相手が確実にいるでしょう。霧チャーイカは対策の例が今回いくつか出てきたのでその亜流が多少増えてくるので10回大会で楽々優勝はもうないでしょう。

さて、元々車両使いの私ですから、本当は次こそ車両を作りたいのですよ。
そこで問題になるのが上記の件。好きな機体でどんなに頑張っても下位リーグコースを取るか、仮想敵にされていない新しいコンセプトを作り込むかです。

まっ、時間が無くてまたラスティになるかもしれませんが、せめて次の団体戦か年末年始の大会には何か新しい機体を作りたいものです。それなら好きな機体で良いですから。

主催者様、審判団の皆様、参加者の皆様、お疲れ様でした。
決勝リーグで最下位だったので少しやる気が出てきました。






Last updated  2008.11.27 11:34:32
コメント(2) | コメントを書く
2008.11.25
カテゴリ:Carnage Heart
久しぶりの鴨葱エントリー。9ヶ月ぶりのようです。
小さい大会に二つほど出たことを記事にせねばと思いつつ、放置していたらすっかりどの大会かも忘れてしまっておりました。
いろいろと構想はあるのですが、本格的に作ろうとするとどうしても時間がかかる。
そんなわけで時間のかからない倖成姫をここ1ヶ月ほどいじっておりました。
本来戦術的に相性が良いはずのアラクネーに負けることが多かったので、予測射撃を実装してみました。これはするがさんのハイランダーを丸ぱくりです。最初の導入部は少し換えていますが…
これを載せるために対飛行ロジックをばっさり簡略化しました。
範囲指定射撃が有効なのはわかっていたのですがそれだけでは駄目かと思っていたため集中ロックも入れていたのですね。でも、集中ロックしても駄目なものは駄目とわかったので一番近い敵をロックして範囲指定射撃にすると、あらっ、不思議、前より勝率が上がっています。それでも、負けることが多いのですが前よりはましなので簡略化しました。

また、車両相手に終盤攻撃しに行くのは結局転がされて負けることになるようなので、敵が車両だと出ないようにするカウンター処理を追加。

あと対スプーロジックをいろいろいじっていたのですが、決定打がなくしょうがなしにノーランダー特異的ロジックを導入。カウンター射撃での予測射撃です。これが1対1だと当たるのですが、3対3だと使い物になりません。削れることは削れるのですが、最後の1機に押し切られることも多いし、全く歯が立たないことも多いです。この辺はスクリーンさんの電撃装甲にしてガードという戦法が有効そうです。

さて、途中結果ですが、本大会はアラクネーが多いということと意外と車両が少なかったこと、スプーもそれほど多くなかったことからあれよあれよと決勝リーグに進出できました。初であります。これでめでたく未勝利戦に出られなくなりました。
また、ラスティーも初のはずですから、月見大会も第1回のルールでラスティーx3およびマリアx3が出られなくなったのではないでしょうか。

一度決勝に入り込んでしまえばジャミングなのでそこそこ勝ちが拾えて中の下くらいの戦績になるでしょう。同じ二脚の大犬太さんの窮鼠噛猫酒酔零式甲か、農林ピート1号さんの上級ウキウキパセリが優勝すると第10回大会がまた面白くなりそうです。もちろん、ホバーのまのさんのチーム勇者さなえ弐なら尚更でしょう。ホバーは副武装の搭載数がもう少しだけ多ければゲームバランス的にもっと面白かったのですけどね。

時差の関係で審判は手伝えませんが、主催者のcockroachさん、および副審、コメント審、参加者の皆様、お疲れ様です。






Last updated  2008.11.25 11:02:48
コメント(2) | コメントを書く
2008.02.04
カテゴリ:Carnage Heart
もうすでに何を作ったか覚えていません(ぉ
でも、スクリーンさんにあたって見事に負けたようです。
倖成姫のソフトをパクったと前口上に書いてあるので、そんな感じでいじっていたのでしょう。
私にとってアラクネーは敵方ですからリーグ戦を回す気力も無し。(結局、誰もまわして結果を挙げていないようですね)

次の大会のバッドリーはモチベーションが上がらずパス。
未勝利戦は参加資格はあるのですが、どうしようか悩み中。レーティング登録目的で倖成姫をエントリーさせたいのですが、入賞してしまったら目も当てられないので、個別に登録しようかなと考えているところ。
別の弱機体で参加するのも手ですけど、そんなに早く作れないのと病み上がりで結構きつい。
と思っていたら、もっと急に組み上げないといけない日程でブログ大会をスクリーンさんが主催してくださるようだ。
ブログ大会の「ブログ」の意味するところは違うとは思うのだが、同じブロガーとして参加しないわけにはいかない。
でも、完成度の高いものを組み上げるのは無理。

で、思いついたのが、混成。姫成サチを混ぜてなんか作ればよいのである。
二つ案ができて、ひとつは最近見た映画からインスパイアされたもの。で、本当はそっちが大会趣旨やメタ的に合うのだが作り込むのが難しそうなのでもう一つを採用。
といっても今から組み上げるのでどうなることやら…
結局、参加できなかったということにならないように頑張ってみよう。






Last updated  2008.02.24 15:42:07
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全192件 (192件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 20 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.