969635 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

韓国穴場情報ブログ「アナバコリア」韓国旅行情報版

2016.03.16
XML
カテゴリ:-ソウル特別市
20160310_174544.jpg

みなさんは、韓国料理は何がお好きですか?^^おいし~いものがとってもたくさんありますが、辛いものも多いので、旅行の際にちょっと食事に困ることがありますよね?><そこで今日は辛くない料理「コムタン」を紹介したいと思います。なんとコエックスで老舗の味が味わえちゃうんですよ♪

■韓国料理「コムタン」とは?
牛肉をじっくり煮込んで作った韓国のスープ料理。牛肉の胸部の骨、膝、胸肉、ホルモン、カルビ、テール、スネ肉を大根と一緒に煮込みます。牛肉が完全に柔らかくなったら、それを薄くスライスし、だしの出たスープに入れます。
ちなみに肉や魚などをよく煮込んだ汁のことを곰(コム)といい、탕(タン)はスープの総称です。

■コムタンの老舗「河東館」
ソウルで有名なコムタンの専門店と言えば「河東館(ハドングァン)」です^^もともと明洞(ミョンドン)にあるお店が有名で、その歴史は約70年にもなりますが、江南のショッピングスポット「コエックスモール」にも入店しています^^

河東館のコムタンは、昔からず~っと同じ畜産農家の韓牛のみを使用しているとのこと。

20160311_100039.jpg


また、おかずとして出てくる 自家製カクトゥギ(大根のキムチ)にも、46年間、同じ提携農家から仕入れた大根を使用しているんです!このカクトゥギ、本当においしくて、私はかなりたくさん食べてしまいました><今この記事を書いていても、また食べたい~という衝動に駆られます^^:大根と塩とえびの塩辛だけで作っているそうなんですが、どうしてこんなすばらしい味がでるのでしょう♪

■河東館のコムタンの楽しみ方
私がコムタンを注文したときにまず驚いたのが、注文してから料理が出てくるまでのスピード。吉○家の牛丼みたいに早かったです^^:

20160310_181123.jpg


出てきたときはこのようにシンプル!ご飯がもうスープの中に入っているんです。で、テーブルにある刻みネギと塩を加えて、自分の好みの味に整えて食べます。

ところで、上の写真。右と左でちょっと違いますよね?左の보통(ポトン)とは「普通」という意味。そして、특(トゥッ)は「特」です。「普通」には1種類のお肉が入っています。そして、「特」は2種類のお肉が入っています。※河東館のサイトには、お肉が選択できると書いてありますが、基本は「普通」はお肉のみ、「特」はお肉と内臓となっています。

■ちょっと変わった味を楽しむのは?
20160311_095130.jpg


メニューに통닭(トンタッ)500ウォンと書いてあるのですが、それは生卵のことです。頼むとこのようにのせて食べることができます^^貧しかった時代に、たんぱく質を補うためにお客さんが生卵を入れて食べ始めたことから、このメニューがうまれたそうです。

■酒は水だ?!
20160311_095802.jpg


また、面白いのが、メニューを見ると냉수(ネンス)というのがあります。これは韓国語で「冷たい水」という意味が普通なのですが。水は無料で出てくるのに、何でメニューに書いてあって2,000ウォンもするのだろう?と思ったのですが、なんとこれは焼酎のこと!でも、瓶1本丸ごと出てくるのではなく、ビールのコップに1杯だけでてきます。ちょっと飲みたいときにぴったり♪

あまりたくさん食べない私も、きれ~いに間食して、おかずのキムチも全部食べてしまいました^^コエックスはおしゃれな洋食屋さんも多いですが、やはりせっかくの旅行なのでおいしい韓国料理を~という方。強くおススメします♪^^(写真引用:河東館ホームページ

<河東館(韓国語表記:하동관) 詳細>
■住所:ソウル市 江南区 永東大路 513 コエックスモール地下1階J101(서울시 강남구 영동대로 513 코엑스몰 지하 1층J101)
■電話番号:02-551-5959(韓国国内から)/+82-2-551-5959(海外から)
■ホームページ:http://www.hadongkwan.com/ (一部日本語あり)
■営業時間
AM 10:30 ~ PM 8:30

■交通 地下鉄2号線三成(サムソン)駅 5・6番出口の間の通路から直結

<地図>
20160311_104256.jpg



■江南のおすすめクリニック情報は江南医療観光公式ブログへ→http://ameblo.jp/gangnam2010/






最終更新日  2016.03.16 15:03:16
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


アナバコリア

カテゴリ

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.