1111215 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

韓国穴場情報ブログ「アナバコリア」韓国旅行情報版

全201件 (201件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 21 >

●韓国のグルメ店

2011.06.13
XML
カテゴリ:●韓国のグルメ店


統営(トンヨン)旅客ターミナルの前には、
チュンムキンパッ(海苔巻き)の食堂がぎっしりと並んでいます。
統営で一番有名な「元祖チュンムハルメキンパッ」(店名)は
大通りの中にあります。
しかし、私たちの目に入ってきたのは、
チュンムキンパッ横丁の反対側の
ミルミョン(小麦粉の麺を使った冷麺)と書かれている看板でした。



ミルミョンはプサンの郷土料理です。
朝鮮戦争時、プサンに移住した以北出身の避難民が、
冷麺の代わりに作って食べ始めたという説があります。



ミルミョンは冷麺と同じく、
ムルミルミョン(スープあり)、
ビビンミルミョン(スープなし)があります。
味付けも似ていますが、麺はまったく違います。
ミルミョンの麺は、
小麦粉・サツマイモのでんぷん・
ジャガイモのでんぷんを混ぜて作ります。
そのため、ミルミョンが冷麺より太く、
しこしこしていて、チョルミョンと冷麺の中間の太さくらいになります。
薄赤色のコチュジャンに
酢とからしを入れて甘酸っぱくして食べます。



暑い日に冷たい水を浴びるように、
暑さをまぎらわすのには充分でした。



今のように暑い時期に思い出す、
甘酸っぱいミルミョンです。
統営旅客ターミナルで
冷たいものが食べたいときは寄ってみてください。

価格:ムルミルミョン4500ウォン、ビビンミルミョン5000ウォン


「ファンサンミルネンミョン」(店名):統営市 港南洞 港南派出所前
電話番号:055-642-6383



詳しくはアナバコリアまで→http://www.anabakorea.com/








最終更新日  2011.06.13 13:51:20
コメント(4) | コメントを書く


2011.06.10
カテゴリ:●韓国のグルメ店


本日訪れた場所は、ソレマウル(ソレ村)で、
おいしいレストランといわれている
フレンチレストラン「キッチンフロー」です。
キッチンフローは、フランス料理を専門とするレストランとして、
チーズからサラミ、ドレッシングなど、
ほとんどすべての材料を直接作っているというお店です。



好みの1865です。
ワインの「1865」は、以前は高かったんですが、
最近は30000ウォンという比較的安い価格で買うことのできるワインです。
「1865」はシャトータルボと同じく
韓国で一番多く消費されているワインであり、
最大の消費国は韓国だそうです。



「1865」は、やわらかい味なので、
食事と一緒に飲むのにとてもよいワインだと思います。



セットに含まれているパンが出てきました。



春巻きの皮を揚げてのせた「トマトハウスサラダ」です。



そして、2番目のおつまみの「ビーフブルギニオン」が出てきました。



おつまみがすべて揃い、
ゆっくり、そしてとどまることなく「1865」ワインをおいしく楽しみました。
ビーフブルギニオンの味がとてもよかったです。



チーズが入ったおいしいお餅。
ワインのおつまみとしてうってつけです。



少しパンにソースをつけて、楽しみました。


キッチンフローで2つの料理を食べてみたので、
他の料理の味も気になり始めました。
また訪れて、他のフランス料理もちゃんと楽しまなくてはなりませんね。


アクセス:ソレマウル入り口から50メートルほど上り、パリクラサン(パン、ケーキ店)を過ぎ、反対側の国民銀行内側の路地を30メートル。




詳しくはアナバコリアまで→http://www.anabakorea.com/








最終更新日  2011.06.10 16:02:44
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.07
カテゴリ:●韓国のグルメ店
さあ、今からスンドゥブ(純豆腐)を食べに出発しましょう!



オモッキョ駅(梧木橋駅)1番出口を出て直進します。



バスの停留場が見えます。



右に「現代自動車」代理店が見えたら、道沿いを右に曲がります。
ここまで180メートルくらいです。



再び約60メートル直進すると、すぐに見えます。



徒歩3分ほどの距離です。



「ミスタースンドゥブ」は
スンドゥブ専門チェーン店です。
スンドゥブだけを専門とするフランチャイズとして、
ソウル、キョンギ(京義)地域に
12箇所の支店があるそうです。



おいしそうに煮えているスンドゥブたち。
こうしてグラグラ煮てから、すぐに出すので、さらにおいしそうですね。



注文したソッコスンドゥブ(混ぜ純豆腐)と
ヘムルスンドゥブ(海鮮スンドゥブ)が出てきました。
基本のおかずも。



テーブルに生卵が積まれています。



グラグラ煮えるスンドゥブに生卵を一個ずつ割って、ぽちゃん!



注文する時に「辛い(韓国語:メッケ)」
または「辛くない(韓国語:アンメッケ)」
を選択することができます。



スンドゥブと一緒に炊いた、ふっくら釜飯です。



こうして水を注げば、
香ばしいヌルンジ(おこげ)が食べられます。



海鮮スンドゥブ。
海老、貝の剥き身、イイダコ、イカなどの
海鮮物をいれて煮た、あっさりしたスンドゥブチゲ。



これは、混ぜスンドゥブ。
海鮮スンドゥブと異なる点は、
海鮮物と牛肉を混ぜて煮たスープが淡白であるというところです。
お店によってメニューが少しずつ違いがあります。
例えば、ミョンドン(明洞)店には、
ハムチーズスンドゥブとキノコスンドゥブがありますが、
私が訪問したモットン(木洞)店にはありませんでした。
さらに、牡蠣が旬である秋と冬には、
牡蠣スンドゥブが季節メニューとして追加されるところもあるそうです。


<お店情報>
場所:梧木橋駅(地下鉄5号線)
電話番号:02-2654-0515
住所:ソウル市ヤンチョン(陽川)区モック(木)1ドン(洞)406-64
営業時間:午前10時から夜10時(毎週日曜休み)
オススメメニュー:海鮮スンドゥブ(6500ウォン)、牛肉スンドゥブ、混ぜスンドゥブ、ホルモンスンドゥブ


詳しくはアナバコリアまで→http://www.anabakorea.com/








最終更新日  2011.06.07 13:48:07
コメント(0) | コメントを書く
2011.06.01
カテゴリ:●韓国のグルメ店


ソウルにあるチャンポンの店
「ポンエジョンソル(訳:ポンの伝説)」に行ってきました。
ポンエジョンソルはチェーン店がいくつかありますが、
大林洞(デリムドン)が本店です。
ご主人は“ポン夫婦”という名札をつけて仕事をしていました。
量が足りなければ、二回ほどお代わりも応じてくれました。
麺だけでなく、平鉢くらいの大きさの器に海産物もいれてくれます。
頼んではいなかったのですが、店員さんが先に来て、
お代わりをいたしましょうかと言ってくださいました。



“お客様は王チャンポン”2人分を注文したら、鍋が出てきました。
アワビ、イガイ、エビ、貝、イイダコ、カニなど、海産物が豊富です。
鍋の大きさに驚き、たっぷりの海産物に2度驚きました。



海鮮チャンポンというより、海鮮鍋みたいでしょう?
大体火が通ってから出てくるので、もう少しだけ煮れば大丈夫です。



海産物が新鮮でした。
アワビは、やわらかくてつやつやです。
イガイを食べていたら、下に敷かれている麺がのびていることに気が付きませんでした。


底を探ると、麺が緑色でした。
毎日、ほうれん草で小麦粉の生地を作るそうです。




<メニュー>
お客様は王チャンポン 9000ウォン、感嘆貝の盛り合わせチャンポン8000ウォン、海鮮チャンポン7000ウォン、イガイチャンポン6500ウォン、カプサアオノリいっぱい牡蠣チャンポン7000ウォン、海鮮野菜ジャージャー麺7000ウォン。チャンポンのメニューが多いですが、中華料理屋で食べられるメニューは全部あります。
※デリバリー不可能、テイクアウト可能、
※電話番号02-841-8410
※月曜休み

<アクセス>
クロデジタル団地駅6番出口を出て、直進します。道の横にあるので、探しやすいです。

地図:http://map.naver.com/?mid=bl01555789@s19866655








最終更新日  2011.06.01 12:21:03
コメント(2) | コメントを書く
2011.05.27
カテゴリ:●韓国のグルメ店
タハヌは、品質のいい韓牛(韓国産牛肉)を安い価格で販売するブランド戦略で
成功の道をたどっているそうです。
安さのわけは、畜産農家と消費者が直接取引きする方法のため、
中間マージンを大幅に減らすことができるからです。
2009年5月、金浦(キンポ)市月串面(ウォルゴンミョン)に、
精肉店(本店)1ヶ所と食堂10ヶ所の営業を始めました。
精肉店で肉を買い、近くにある食堂で肉を焼いて食べるシステムです。
食堂では、セッティング費用(大人1人;3000ウォン)を支払います。
金浦タハヌ村、行ってみましょう!



精肉店です。



部位別にケースに並べられている肉を直接選んでお会計をします。
ケースにない肉は、中にある加工室に注文をしてください。
牛肉の各部位のほかに、牛の骨、脚、コムタン(牛のスープ)、
トッカルビ(韓国式ハンバーグ)なども売っています。
チェビチュリ(カルビの内側にある肉)、プッチェサル、オッチンサル(胸肉)は、1++等級180gが21000ウォン、
トシサル(牛の脾臓とすい臓についた肉)が25000ウォン、
コットウンシム(リブロース)24000ウォンほどで、
ユッケ150gが4000ウォン、セットは17000ウォンくらいです。



食堂に買った肉を持ち込めば、
野菜とおかずをセッティングしてくれます。
食堂は、精肉店近くに集まっており、
「タハヌ村 (韓国語:タハヌチョン)」という看板がついている
食堂ならどこでも入ることができます。



ヒレ、サーロイン



胸肉、映画『食客』にも登場する部位です。



焼き始めると、つやつやの肉汁が染み出てきます。
しっとりした柔らかい食感が、長い間口の中に漂います。



口の中でゆっくり溶ける「味付けユッケ」。
一皿(150g)4000ウォン。



タハヌ村のコムタンは、私の好きな料理です。


タハヌ村周辺名所:金浦彫刻公園、金浦ハーブランド、茶道博物館
タハヌホームページ:http://www.dahanoomall.com









最終更新日  2011.05.27 12:10:18
コメント(0) | コメントを書く
2011.05.25
カテゴリ:●韓国のグルメ店
夏の日、汗を流しつつ食べるスンデグッ(韓国の豚の腸詰スープ)は、
夏の料理としてうってつけです。



<アクセス>

まず、蚕室(チャムシル)駅(地下鉄2号線)の7番出口を出て、
まっすぐ直進し、蚕室大橋南端交差点を右折して、さらに直進進みます。
少し進み、道の反対の蚕室中学校を通り過ぎると、チャンミ商店街が見えます。
チャンミ商店街はA棟、B棟がありますが、B棟に行ってください。
A棟の前に踏み切りがあるので、渡ります。
A棟を過ぎて、A棟とB棟の間に入ると、B棟の1階にパン屋さんが見えます。
その左に、地下1階に下りる階段がありますので、
下りてすぐ、左に曲がり 直進してください。
最後まで直進し、さらに左に曲がると
赤い看板の「土種スンデグッ」が見えます。
蚕室駅から早歩きで5分ほどです。



すべて韓国産です。



お食事メニューは、スンデグッ、へジャングッのどちらかを選択できます。
「スンデだけ(韓国語:スンデマン)」にすると、
スンデだけが入っているスープが出てきます。
「まぜて(韓国語:ソッコソ)」にすると、
スンデ以外の他の部分も一緒に入ったスープが出てきます。



注文後、おかずをセッティングしてくれます。



「スンデだけ」をお見せします。



「まぜて」のスンデとその仲間たち(他の部分)もお見せします。





お好みによって、加えられる各種調味料です。





海老の塩辛をさっと入れてみました。
熱い湯気のたつスンデと海老の塩辛を一緒に食べます。
食べ方はお好みで!
熱いスープとおいしいスンデを思い出したら、チョ博士のスンデ店に一度行ってみてください。
※日曜日はお休みです。









最終更新日  2011.05.25 13:43:24
コメント(0) | コメントを書く
2011.05.13
カテゴリ:●韓国のグルメ店
女性同士、お昼に集まるのに良いところをオススメします~。



メイン料理は、しゃぶしゃぶです。
私たちは牛肉のしゃぶしゃぶです。
(今回はランチコース;しゃぶしゃぶ、サラダ、すし、てんぷらなどもでる。)
少し高いコースは海鮮しゃぶしゃぶ^^



住所;京義道義王氏 旺谷洞 128番地
電話番号;電話番号031-427-0892



しゃぶしゃぶ用の薄い肉が出てきて・・・



そして、野菜、きのこ、麺まで一緒に出てきます・・・。



お肉が薄く切られているので、いれてすぐに取り、
準備されたソースにつけて食べます。



美味しくお粥まで食べたら終わりです(笑)。
お粥まで全部食べたあとは、いつの間にかお腹がいっぱいです~。
これでひとり1万ウォンなら安いと思うのか、
昼食の時は、たくさんの人が押し寄せるそうです~^^









最終更新日  2011.05.13 13:20:31
コメント(0) | コメントを書く
2011.05.04
カテゴリ:●韓国のグルメ店
何ヶ月ぶりに南大門に遊びに行ってきました。
ちょうどお昼時だったのでタチウオの煮つけでも足ることにしました。
南大門の路地は、タチウオの煮付けのお店が有名なんです。



タチウオ横丁で50年間伝統の元祖といえる一番有名な食堂が「気楽太刀魚」です。
50年前、気楽太刀魚が南大門の商人達を対象にタチウオの煮付けを販売し始めたのですが
オープンした当初から話題になり近辺の食堂が一斉にタチウオの煮付けを売り始めました。
それがきっかけで今のタチウオ横丁が出来たということです。



メニューはとてもシンプルです。タチウオの煮付けとケランチム(韓国風茶碗蒸し)です。
ケランチムは、選択することができます。



彩り鮮やかなケランチムです。
辛いタチウオの煮つけに柔らかいケランチム、最高の組み合わせですね。
味は非常にシンプルですが、少ししょっぱい感じがしました。



値段に比べてボリュームたっぷりのタチウオの煮つけ。
小さいタチウオが1匹入っているのが1人前です。
大きい身一つ、小さな身一つ、そして尻尾は入っています。
他のお店のものを食べたことがないので何ともいえませんが味は、結構なものだと思います。
また、味付けする祭の辛いタレもおいしかったです。
タチウオを食べた後に、ご飯を入れて混ぜて食べるのもまたおいしいです。










最終更新日  2011.05.04 14:21:06
コメント(4) | コメントを書く
2011.04.29
カテゴリ:●韓国のグルメ店
今日は、急にホルモン焼きが食べたくなってしまいました。
そこでソウルしないで有名だという2号線堂山駅近くにある'堂山元祖ホルモン'(02-2634-7773)に行って来ました。
堂山駅12番出口を出て脇道に入っていくとあります。
看板が大きいのですぐわかると思います。
以前、テレビでも紹介されたくらいの有名なお店で夕食時に行くと並ばないといけないくらいです。



まず生姜とセンマイ、冷たいワカメスープが出て来ます。




ニラと野菜の浅漬けとサンチュも出て来ます。
ここのお店はこれが美味しいんです。




ホルモン2人前です。もちろん食べたりなかったのでさらに追加で注文しました。
今回は、ホルモン盛り合わせを頼んでみました。
ホルモンと大腸、蜂巣胃、心臓などが出てくるんですが、ホルモンが一番美味しかったです。




これから1年に6回くらいは食べたいです。


メニュー:ホルモン盛り合わせ250g 16,000ウォン/ホルモン 19,000ウォン/
亡腸 16,000ウォン/キムチチャーハン2,000ウォン

にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村









最終更新日  2011.04.29 13:19:59
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.27
カテゴリ:●韓国のグルメ店


仁川のベタリ細道にある'ゲコマッコリ'店
仁川で仕事を終えたのが午後4時。「キャ~昼酒には良い時間帯ではないか!?」
実は、昼にお酒を飲んだことはありませんでした。
写真は、お店の前です。
かなり古いお店です。昔、この場所には 釀造場 があったそうです。





「マッコリでも飲もう!」
マッコリ1杯にパジョン3切れを食べながらたくさんおしゃべりをしました。
雄雄しくさわやかなマッコリのお店で昼間からお酒とは・・・珍しい風景に何だか不思議な感じで楽しかったです。


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村










最終更新日  2011.04.27 17:15:32
コメント(0) | コメントを書く

全201件 (201件中 11-20件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 ... 21 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.