925728 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Bassist "SEO TAKASHI" Web

瀬尾高志 自己紹介 SEO TAKASHI PROFILE

photo by.WATARU UMEDA.jpg

瀬尾高志 (contrabass)

1979年札幌生まれ。コントラバスを藤澤光雄氏に師事。

2001年、キューバ、アメリカ各地を旅しながらセッション・ライブを重ねる。2006年、横浜ジャズプロムナードコンペティションに『石田幹雄トリオ』で出演し、グランプリと横浜市民賞を受賞。

板橋文夫(pf)と竹村一哲(ds)とのトリオ『FIT!』、ベルリンのピアニストAchim KaufmannとのDUO、原田依幸(pf)近藤直司(bs)小山彰太(ds)との『魚群探知機』、トリスタンホンジンガー(cello)のグループ『House of Wasps』や、酒井俊、カルメンマキ、宅"shoomy"朱美、寺田町らシンガーとの共演、能楽師笛方の一噌幸弘とのプロジェクト、コントラバス独奏、工藤丈輝、ジャン・ローレン・サスポータス、レオナなどダンサーとの共演も多い。また、コントラバス集団『漢達の低弦』を主宰。

ばんけいジャズフェス、横浜ジャズプロムナード、シンガポールWOMAD,RISING SUN ROCK FESTIVAL、PERCPAN(リオデジャネイロ、サルバドール)ASIAN IMPROVISATION ART EXCHANGE2010(ソウル)、ISB Convention 2013(Rochester.NY)など国内外のフェスティバルに多数参加。2015年8月トリスタンホンジンガー『House Of Wasps』でベルリン、オランダ、ベルギー、ロンドンツアー。

独自の感性と探求心で、ジャンルの垣根なく演奏活動している。

http://www.seotakashi.com/


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2003年
10月:漢達の低弦(堀江大輔b、北垣響b、石田幹雄pf)のライブにゲストで金井英人を招く。
10月:絵画と即興演奏のライブ『XUCTAX』を奥井理ギャラリーで開催。奥野義典as,池田伊陽g,ダム・ダン・ライ絵画と共演。

2004年
3月:瀬尾高志TRIOのライブ(くう)で、石田幹雄pfがアンコールのラストに失神する。
6月:漢達の低弦で板橋文夫pfとZIPPY HALLで共演する。
10月:漢達の低弦で井野信義、齋藤徹と共演する。(秋田祐二,北垣響,多田信吾,石田幹雄pf at ZIPPY HALL)
11月:田中朋子TRIO(工藤悠ds)でアルバムSAKURARANを録音。

2005年
1月:喉歌と馬頭琴の嵯峨治彦とトゥバ民族音楽演奏家の等々力政彦の2人によるDUOタルバガンのアルバムに参加。
4月:板橋文夫TRIO(舘山健二ds)でJERICHOにてライブ。
9月:漢達の低弦with井野信義・齋藤徹でZIPPY HALLにてBASSワークショップとライブ。(秋田祐二,北垣響,多田信吾,大塚恵,福田晋平以上BASS、石田幹雄pf)
12月:JUNK新装開店記念ライブで、寺田町のライブに飛び入りする。

2006年
3月:漢達の低弦with井野信義・齋藤徹で釧路ふくしま医院URARI公演。
(秋田祐二,北垣響,多田信吾,大塚恵,福田晋平以上BASS、石田幹雄pf)
7月:登敬三tsカルテット(石田幹雄pf,木村優斗ds)北海道ツアー。(札幌、留萌、旭川、帯広、浦河、伊達、函館、知内)
7月:岩見沢キタオンJAZZフェスティバルに、林栄一BIG BANDで出演。
7月:石狩市役所子育て支援課とNHKと共に、子供のためのJAZZコンサートを開催。石田幹雄pfとDUO+子供たちの歌と手作りパーカッション。
8月:札幌盤渓JAZZフェスティバルに、板橋文夫quartet(奥野義典as,舘山健二ds)で出演。
8月:英祐一とアルバム『月光荘』を録音。
9月:釧路にて100人のナーダムに出演。(林栄一ゲスト参加)
9月:横浜ジャズプロムナードコンペティションに石田幹雄TRIO(竹村一哲ds)で主演し、グランプリと横浜市民賞を受賞。
10月:横浜ジャズプロムナードに、石田幹雄TRIO(竹村一哲ds)で出演。
11月:齋藤徹とGUT BASS DUOのライブ。コントラバス職人高崎秀彰氏を招いてコントラバスメンテナンスの会を開く。(メンテナンスの会は毎年開催)

2007年
3月:札幌・函館で2台のピアノによるライブを企画、ベースで参加。田中信正、田中朋子、石田幹雄の3人が共演。(竹村一哲ds札幌,木村優斗ds函館)
4月:石田幹雄TRIOでアルバム『張碓』をライブ録音。(会場:くう)
5月:大阪春一番コンサートに石田幹雄TRIOで出演。
5月:寺田町とアルバム『緑色の夢から』を録音。
6月:漢達の低弦with井野信義・齋藤徹で北海道ツアーを決行。コントラバス10台とピアノによるコンサートを釧路、帯広、旭川、札幌と行う。
7月:札幌シティジャズに石田幹雄TRIOと漢達の低弦with井野信義・齋藤徹で出演。
8月:横浜Summer Jazzに石田幹雄TRIOで出演。
8月:アイヌのトンコリ奏者OKIらとシンガポールWOMADに出演。
10月:横浜JAZZプロムナードに石田幹雄TRIOで出演。
10月:ベルリン在住のピアニスト高瀬アキと天衣無縫DUOツアー(札幌、三石、釧路、北見)

2008年
3月:奥野義典カルテット『赤い月』を録音。
4月:寺田町三日月楽団(寺田町vo&g,小川紀美代bandoneon)で北海道ツアー。
4月:奥野義典とのDUOライブに能楽師の笛方である一噌幸弘が飛び入り。その後共演することになる。
6月:漢達の低弦コンサート。特別ゲスト金井英人。(秋田祐二、北垣響、柳真也、竹内聖、豊田健)
8月:盤珪ジャズフェスティバルに奥野義典カルテット(石田幹雄pf,竹村一哲ds)で出演。
8月:RISING SUN ROCK FESTIVALにアイヌのトンコリ奏者OKIと出演。
10月:ベルリン在住のピアニスト高瀬アキとリード奏者のジルケ・エバーハードと北海道ツアー(八雲、札幌、釧路:Ornette Coleman Anthology Tour)
同メンバーで、芸術の森ART BOX『SELBST』を開催。ライブペイントにベトナム人アーティスト、ダム・ダン・ライをむかえる。
11月:両国国技館で行われた阿吽フェスティバルにOKIと出演。

2009年
1月:札幌くうにて、瀬尾高志3days。
4月:寺田町三日月楽団(寺田町vo&g,小川紀美代bandoneon)で北海道ツアー。
7月:盤珪ジャズフェスティバルに板橋文夫MIXで出演(奥野義典as,竹村一哲ds,小山彰太ds)。
8月:RISING SUN ROCK FESTIVALにOKIと出演。
9月:ブラジルのサルバドール、リオデジャネイロで行われたPERCPANにOKI DUB AINU BAND with MARCOS SUZANOで出演。
9月:高円寺・座『オンバクヒタム』公演に齋藤徹(b)田中泯(ダンス)、筝カルテット螺鈿隊らと出演。
10月:板橋文夫New Trio(竹村一哲ds)で東北ツアー(福島、仙台、角田、盛岡、一関、秋田)
10月:横浜ジャズプロムナードに、板橋文夫デュークエリントン生誕110周年記念オーケストラで出演。
11月:ピアニスト千野秀一、舞踏家竹内実花と札幌・釧路で公演。

2010年
1月:札幌くうにて、瀬尾高志3days。
3月:バンドネオン奏者の小川紀美代と日韓ART PROJECT2010を開催。韓国のEt Aussi Dance Company(キム・ボンホ&セリーヌ・バック)と共演する。
3月:寺田町三日月楽団(寺田町vo&g,小川紀美代bandoneon)で北海道ツアー。
4月:BOILERZ(高岡大祐TUBA、ワタンベdrums)と北海道ツアー。
5月:能楽師の笛方・一噌幸弘のバロックコンチェルトプロジェクトで国立能楽堂に出演。
5月:板橋文夫NEW TRIOで中部・関西ツアー(吉良、福井、大津、名古屋、大阪、松坂、岐阜)
7月:在札の画家瀬川葉子の個展『記憶に沈んだ庭』にてコントラバスソロ。
7月:板橋文夫New Trio(ds竹村一哲)北海道TOUR (札幌、小樽、東川、北見、釧路、帯広)続いて、寺田町との道内二人旅。
7月:福島大神宮境内(福島町)にて行われた第15回かがり火コンサートに出演。松前神楽と共演する。
9月、韓国ソウルで開催されたASIAN IMPROVISATION ART EXCHANGE 2010にて、世界中から集まったダンサー10数名、韓国の演奏家達と共演。
10月:新宿ピットイン板橋文夫トリオとオーケストラの2days。
10月:横浜ジャズプロムナードに板橋文夫トリオとオーケストラで関内ホールに出演。
10月:小山彰太(ds)と札幌・岩見沢・小樽と北海道ツアー。札幌JERICHOではDUO公演を行う。
11月:齋藤徹・パールアレキサンダーとのコントラバストリオ『BASSICALY SPEAKING』始動。
11月:板橋文夫ニュートリオで九州ツアー(太宰府、都城市、熊本市、大分市、福岡市、北九州市)、同トリオで国立POWER JAZZに出演。
12月:寺田町まだ名前のないトリオ(中島弘惠pf)で北海道ツアー(札幌、帯広、足寄)
12月:板橋文夫ニュートリオで関東甲信ツアー(東京、横浜、長野、群馬)

2011年
1月:札幌市時計台コンサートvol.1 大久保太郎(cb)とのDUO。
1月:札幌くうにて瀬尾高志3days(ソロ、岡本広gDUO、宇宙ズ)
2月:齋藤徹とのコントラバスデュオで北海道ツアー『GUT BASS DUO 羊の歌』。(旭川モケラモケラ、札幌jericho,L.I.B、小樽Freelance、帯広美術館、釧路ジスイズ)
3月:板橋文夫FIT(竹村一哲ds)で札幌3days、続いて寺田町、板橋文夫とのトリオで札幌、岩見沢。
4月:「徹の部屋vol.13、ベースの森の中で」bass ensemble "弦・gamma/ut"(後にGEN311と改名)(齋藤徹・田辺和弘・パール・アレキサンダー・瀬尾高志・田嶋真佐雄)guest:ジャン・サスポータス(dance)@ポレポレ坐。原子力発電所の事故の影響でドイツから来日出来なかったジャンさんはスカイプによる映像で参加。
4月:板橋文夫FIT!中部・関西ツアー(豊田、名古屋、大阪、神戸)。1stアルバム『New Beginning』レコーディング。
5月:コントラバスアンサンブル『GEN311』の関東連続ライブとDVD撮影。(アケタの店、エアジン、なってるはうす、いずるば、キッドアイラックホール、スーパーデラックス)ゲスト:ジャンサスポータス(dance)ジャッキージョブ(dance)
5月:札幌ZIPPY HALLにて板橋文夫、川嶋哲郎(ts)奥野義典(as)瀬尾高志(b)竹村一哲(ds)でのライブ。
6月:LUNA(vo)との札幌近郊ライブ(小樽、江別、札幌)
7月:寺田町まだ名前のないトリオ(中島弘惠pf)で北海道ツアー(小樽、帯広、足寄、札幌)
7月:板橋文夫FIT!関東ツアー(新宿ピットイン、FM東京、鹿島スクラッチ、稲毛CANDY、横浜Dolphy)
8月:工藤丈輝(舞踏)と板谷諭使(美術)との共演。(深川東州館、旭川モケラモケラ)
8月:田中邦和(ts)札幌2days(くう、L.I.B)
8月:板橋文夫、寺田町との中部ツアー(津島、土岐、新舞子、名古屋、豊橋)
9月:板橋文夫FIT!東北・北海道ツアー(福島相馬、仙台、盛岡、水沢、弘前、函館、伊達、釧路、夕張、岩見沢、札幌)
10月:コーヒーJAZZ少々の企画『JAZZ10月祭』に加藤崇之(g)喜多直毅(vn)と出演。
10月:板橋文夫FIT!とオーケストラで新宿ピットイン(オケのみ)、横浜ジャズプロムナード関内大ホールに出演。
10月:沖至(tp)林栄一(sax)栗田妙子(pf)高木幹晴(ds)で、なってるハウスでライブ。渋谷毅(pf)土井徳浩(cl)と三ジャックにてライブ。
10月:板橋文夫FIT!で中部・関西・四国・九州ツアー(吉良、名古屋、京都、大阪、広島、丸亀、愛媛伊予美人ライブ、福岡、都城、宮崎県南病院、熊本、熊本岩野小学校、北九州、神戸、香川宝光寺、大阪)
11月:大阪でsatoko(vo)と地元のミュージシャンたちとライブ。
11月:豊田での金井英人追悼ライブに出演(マリア-エヴァ(vo)西尾健一(tp)田村博(pf)瀬尾高志(b)佐々木豊(ds))
11月:板橋文夫FTI!で鹿児島大隅ジャズフェスティバルへ参加。
12月:寺田町『Trio La Strada』(熊坂るつこaco)の北海道ツアー(足寄、岩見沢、札幌)
12月:タカダアキコ(dance)とのDUOで奥井理ギャラリーでライブ。
12月:吉田つぶらproduce札幌タップアンサンブルvol.2に出演。
12月:板橋文夫FIT!で東京、足利、日立(guest川嶋哲郎ts、竹内直ts)、横浜でライブ。

2012年
1月:新宿PIT INN年越しライブに、板橋文雄グループで出演。4日は森山威男ds、板橋文夫pf、川嶋哲郎tsでPit Innに出演。
1月:札幌くうにて瀬尾高志3days(岡本広g南山雅樹pf、板谷大pf館山健二ds、宇宙ズ)
2月:秋山羊子と「無理しない」をDUOレコーディング。
3月:板橋文夫生誕63歳記念北海道ツアー(札幌JERICHOオケ、東川、恵庭)
4月:ベースアンサンブル弦311DVD発売記念ライブ ポレポレ坐
4月:板橋文夫FIT!で中部・関西ツアー(名古屋、大阪、岩岡、福山、岡山、豊田、土岐、東京)このツアーの豊田キーボードでの演奏から抜粋して、東日本大震災復興支援CD第二弾『あぁー!飯館村』を作成。
5月:寺田町トリオ・ラ・ストラーダ(アコーディオン熊坂るつ子)で平塚・鴨宮ツアー。
6月:NHK横浜で東日本大震災被災地応援ジャズライブ生放送。酒井俊グループ、榊原光裕(仙台)、板橋文夫と出演。
7月:寺田町とDUOで北海道ツアー(札幌、旭川、稚内、岩見沢、帯広、足寄)
7月:板橋文夫FIT!+太田惠資(vn)で青梅まだ名もない小屋での野外フェスで演奏。FIT!で東京、水戸、甲府、長野、足利ツアー。
8月:トゥバ民族音楽演奏家の等々力政彦と札幌・小樽でライブ。グロットグラフィー始動。
8月:TUBA奏者高岡大祐とのDUO『低音野郎』北海道ツアー(札幌、岩見沢、旭川、帯広、釧路)
8月:酒井俊(vo)林栄一(as)市野元彦(g)と相模大野もんじぇ祭に出演。
8月:寺田町、板橋文夫と東京、名古屋、常滑、新舞子、松阪ツアー。
9月:函館マイルスの枯葉に田中朋子(pf)竹村一哲(ds)と出演。
9月:ホセ・エルナン・シビルス(pf)水野慎太郎(vn)『TANGO PASION』札幌、恵庭。
10月:横浜ジャズプロムナードに板橋文夫YOUNG LIONS,酒井俊オーケストラ、板橋文夫FIT!、板橋文夫オーケストラで出演。
10月:ベースアンサンブル"弦311" 齋藤徹・瀬尾高志・パール・アレキサンダー・田辺和弘・田嶋真佐雄(コントラバス) LIVE atアケタの店
10月:板橋文夫FIT!で東北ツアー(仙台、盛岡、栗原、角田)
10月:コントラバス奏者のバールフィリップスが日本ツアー。関東でのライブほぼ全てを観戦する。27日は遂に共演!この時の実況録音が後日発売される。
 バールフィリップスwithベースアンサンブルGEN311
 [Barre Phillips Birthday Session] at SPACE WHO[深谷]
11月:板橋文夫FIT! 西日本TOUR(豊橋,名古屋,高砂,東かがわ,福岡,都城,串間,志布志,熊本,広島,大阪,大津,土岐,豊田)
12月:吉田つぶらproduce札幌タップアンサンブルvol.3に出演。NYから来たWarren Craftのタップが素晴らしい。
12月:板橋文夫・寺田町との北海道ツアー(岩見沢,札幌,帯広,釧路)
12月:板橋文夫FIT!(板橋文夫pf瀬尾高志b竹村一哲ds)での北海道ツアー(室蘭,函館,伊達,札幌,小樽)
12月:札幌北高校吹奏楽部OB/OG 山城義憲先生追悼演奏会

2013年
1月:Hugues Vincent(Cello)横山祐太(tp)上地正彦(pf)らと札幌くうでライブ。
1月:等々力政彦と“トゥバとジャズ 驚異の喉歌とコントラバス”を企画。(恵庭エッグスター、札幌レッドベリースタジオ)またバンド『GRottoGRaphy(グロットグラフィー)』も始動。
1月:L.I.Bギャラリーグランドピアノお披露目LIVE(中島弘惠とのDUO )
1月:札幌くうにて瀬尾高志3days(ソロ、岡本広(g)南山雅樹(pf)、板谷大(pf)舘山健二(ds)奥野義典(sax,flute)菅原昇司(tb))
2月:コントラバスメンテナンス 弦楽器工房高崎in札幌 OYOYOにて
2月:ジャン・ローレン・サスポータス(dance)&齋藤徹(cb)によるワークショップ(conte,レッドベリースタジオ)と瀬尾高志が加わっての公演(レッドベリースタジオ)を企画。
2月:近藤直司(sax)、熊坂るつこ(acc)、伊藤志宏(pf)、酒井俊(vo)らとそれぞれDUOライブを東京で行う。
2月:いずるばにて ジャン・サスポータス(dance) with bass ensemble “弦311″
2月:中ムラサトコ、熊坂路得子とのライブ(ムリウイ)
2月:高岡大祐とのDUO『低音野郎』ツアー西へ!(名古屋、大阪、高松)
3月:中ムラサトコ(vo)熊坂路得子(acc)瀬尾高志(b)
「青い森から仰ぐオリオンの歌」(松山シアターねこ)
 ROYs(大洲市)でライブ。大洲ロケット団札幌支部長に任命される。
3月:東かがわ創作にて、コントラバスソロ
3月:板橋文夫Happy Birthdayスペシャルセッション DOLPHY2DAYS
1日目:峰厚介(ts/ss)片山広明(ts)林栄一(as)纐纈雅代(as)吉田隆一(bs)田村夏樹(tp)太田惠資(vln)竹澤悦子(三味線)金子友紀(唄)瀬尾高志(b)小山彰太(ds)竹村一哲(ds)
2日目:林栄一(as)吉田隆一(bs)金子友紀(唄)瀬尾高志(b)竹村一哲(ds)
3月:板橋文夫Pit inn 2days(オーケストラとトリオFIT!)
3月:NHK-FM Session2013 公開収録 板橋文夫FIT!
 NHKみんなの広場 ふれあいホール[渋谷]




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
Takashi Seo (Double Bass Player)

Born in July 1, 1979 in Sapporo, Japan.
In 2001, In 2001, joined many sessions while taking a trip to Cuba and U. S. A.
In 2006, appeared for Yokohama Jazz Promenade Competition by "Mikio Ishida Trio" and won the grand prix and Yokohama citizen Prize. He recorded album "Hariusu" by the trio.

He played with many musicians such as Fumio Itabashi (pf), Takase Aki (pf), Tetsu Saito(Cb), Eiichi Hayashi (sax), Yukihiro Isso(Noh musician), Yoriyuki Harada(pf), Daisuke Takaoka(Tuba), Akira Sotoyama(ds), Syota Koyama(ds), Min Tanaka(dance), Jean Laurent Sasportes(dance), Leona(tap)

Takashi Seo presides over a contrabass group "Teigen" by ten several bass from 2003. He invited a bassist on behalf of Japan such as Hideto Kanai, Nobuyoshi Ino, Tetsu Saito.

He performed many music festival, Yokohama Jazz Promenade, Singaporean WOMAD, RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO, PERCPAN(Rio de Janeiro,Salvador),ASIAN IMPROVISATION ART EXCHANGE2010(Seoul), International society of BASSISTS Convention 2013(Rochester. NY) a lot..

Continues collaboration with not only jazz but also free improvisation and baroque music, every world music, dance and art and experiences most.

http://plaza.rakuten.co.jp/anabiosisofjazz/


Discography


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.