2020.06.19

北海道文化財団「北のアーティスト」スペシャルプログラムに、コントラバスの即興演奏で掲載して頂きました。

カテゴリ:カテゴリ未分類
北海道文化財団が行っている文化情報発信事業「北のアーティスト」スペシャルプログラムに、コントラバスの即興演奏で掲載して頂きました。コロナ禍の中、下北沢アポロをお借りして、マスターの美浦さんにiPadで撮って頂きました。宜しければご覧ください。

https://youtu.be/cus6DpxjDFY

現在の状況のドキュメントとして、即興演奏、ソロ演奏はやっていきたいと思っています。先日の稲毛キャンディでのソロには、昨年5月に惜しくも亡くなってしまった齋藤徹さんの奥様も来てくれました。もっともっとやれ!と徹さんから背中を押されている気がしました。コロナ禍の中で、ベーシストのレジェンドであるヘンリー・グライムスさんも亡くなってしまいました。キャンディでの演奏は二人の偉大なベーシストへの追悼の即興演奏になりました。

来月には、初のソロアルバムも完成する予定です。松山のエスパス21というホールでの演奏を、素晴らしい手作りのマイクや機材で録音して頂いたものです。様々な想いが交錯して音が生み出されています。単純に美しい、分かりやすいという表現からは完全に背を向けてしまっているのかもしれませんが、今自分の内側から漏れ聴こえてしまう、抑えようのない音があるのだと思います。





TWITTER

Last updated  2020.06.19 14:54:15
コメント(0) | コメントを書く