2179855 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

“ガス抜き”初老日記 (analyzer的独白)

2019.09.30
XML
カテゴリ:ひとりごと


和久田麻由子さん


東大出身で美形、NHKおはよう日本キャスターを長く務める看板アナ

ああ、この人いいなぁとずっと見守ってきましたが

このところ急速に嫌気がさしてきました

理由があります



この人のアナウンスには過剰に感情が乗ります

それが「元気さ」を表現しようとした場合には

大げさで、早口で、聞きようによっては「空回り」と感じられます

「ダーウィンが来た!」のナレーションでは

和久田麻由子という字幕がなくても「ああ、これは和久田さんだ」と

判ってしまうほど歯切れが良くて“大げさ”です

まるで深みがなくてアニメの声優みたいな感じ

培ってきた「自信」が悪い方に出ちゃっています



NHKおはよう日本の中で自身の“コメント”を求められる場面では

口から出るのはおおむね当たり障りのない優等生発言

回転は早いけれどほぼ中味がありません

無理な“抑揚”がついていて人間的魅力はちっとも感じられません

人間味豊かな高瀬アナのとなりにいるとそれが良くわかる



育ちが良くてずっと成績も良くて世間の荒波も知らぬまま

第一志望のNHKに入って短期間で東京アナウンスに呼ばれ

花形番組に起用され若くしてエース扱いされちゃった結果だと想像できます



わたしの評価は「東大出の美形アナ」から「挫折知らずの優等生アナ」に

変わってしまいました 残念

(ひとりごとです 決して悪口のつもりはありません 悪しからず)






最終更新日  2020.04.24 22:13:47
コメント(0) | コメントを書く
[ひとりごと] カテゴリの最新記事


PR

X

プロフィール


あならいずぁ

ニューストピックス

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.