2177344 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

“ガス抜き”初老日記 (analyzer的独白)

2020.12.12
XML
テーマ:ニュース(92334)
カテゴリ:自分のこと
ドコモのプランは「大失敗」 格安社長が仕掛ける大勝負
有料会員記事

朝日新聞デジタル 2020年12月12日10時00分

 格安スマホ草分けの日本通信の福田尚久社長が朝日新聞のインタビューに応じ、今月3日にNTTドコモが発表した新プラン「アハモ」を「大失敗」と評した。発表翌日にはすぐさま「ドコモ対抗」と銘打ち、アハモより1千円安いプランを発表。同社にとってドコモは、今年6月にも回線使用料の引き下げを認めさせた因縁の相手だ。体力で劣る格安が仕掛けた勝負に勝機はあるのか。「失敗」と評したわけとは。



ふくだ・なおひさ 1986年東大卒。アクセンチュアやアップル米国本社の副社長を経て2002年に日本通信に。15年から現職。

 ――ドコモの新プラン「アハモ」を発表した翌日の4日に、すぐに対抗プランを発表しました。

 「KDDI(au)とソフトバンクが、データ容量20ギガバイト(GB)で通話料も含めると4千円台半ばのプランを発表していた。実は3日に20GBで2980円の新プランを出す予定だったが、事前にドコモも2980円のプランを出すという報道があったため、急きょ止めた。発表があった3日の夜に練り直して16GBで1980円とした。慌てて翌4日に発表したのが真相だ」

 ――なぜその料金設計にしたのですか。

 「20GBのまま単純に下げるのは難しかった。だが来春には回線の使用料が2割下がる見通しなので、最初は16GBに抑えて料金は1980円に下げた。アハモが始まる来年3月には2割下がるのを織り込んで20GBに増やす」(以下略)



【朝日新聞デジタル;元記事はこちら


 ◆これまで、わが人生初スマホは au の「ピタットプラン」でちょいちょい 1GB でおさまらず電話料金を6,000円近く支払ってきました。2年が過ぎてスマホ本体の支払いが終わり、愛機iPhone8plusをそのまま使える格安プランを視野にどう乗り換えるかじっくり探ってきましたが、長考1年ついに決定しました。決め手は1,980円、ガツンと惹かれたのは日本通信社長の経歴「元apple本社副社長」というところ。この人を信じようと決めました。わたしアップルマニアだから。笑






最終更新日  2020.12.13 19:00:32
コメント(2) | コメントを書く
[自分のこと] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:・スマホ、乗り換えます「16GB 1,980円」(12/12)   maki5417 さん
あれ、タイトルが変わりましたね。

初老って、いくつくらいからでしょう? (2020.12.12 23:56:37)

maki5417さん、こんばんは   あならいずぁ さん
 古来より40歳から初老と考えられていたということですが、長寿の現代では60から70歳あたりを初老と考えるのが一般的だとか。ちなみに厚労省の一部資料によると65歳からは「高年期」としており、人口調査上および後期高齢者医療制度上の「前期高齢者」となります。したがってもう数年したら「ある前期高齢者の日記」と改名するかもです。笑 (2020.12.13 17:07:27)

PR

X

プロフィール


あならいずぁ

ニューストピックス

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.