2367600 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

行手はゆるい登り坂 64歳 (analyzer的独白)

2022.05.08
XML
テーマ:ニュース(97501)
カテゴリ:時事&立腹
陸上選手と中継機材が接触事故 国立競技場、連盟やNHK謝罪
東京新聞 TOKYO Web 2022年5月8日16時33分

 日本陸上競技連盟(日本陸連)は8日、東京・国立競技場で7日に行われた日本選手権1万mで、選手と中継カメラのケーブルが接触する事故が起きたと発表した。日本陸連は、影響を受けた選手たちの各所属先に事情を説明して謝罪。中継局のNHKも事実確認を進めており「大変ご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます」と謝った。

 陸連とNHKによると、事故はタイムレースで行われた男子2組で発生。優勝した相沢晃選手らがゴールした直後、フィールド内にいたカメラクルー2人がトラックに進入し、レース中だった三田真司選手の首にケーブルが引っかかり、他4選手も減速するなど影響を受けた。

【東京新聞;元記事はこちらへ】


 ◆デイリースポーツによると「上位選手のゴール後レースが終わっていないにも関わらず撮影しようとしたカメラマンがトラックの内側からコース上に出て」しまったものだそうで、ゴールした選手の映像を撮ろうとすると周回遅れの選手なんて視界に入らないのか。いい映像を狙うカメラマンの習性と言えそうです。ファインダーを覗いていると周囲は見えませんもんね。(ながらスマホと同じだ) 競技者への尊敬がない危険な行為じゃないかな。NHKなのか下請け業者なのか、当事者は今後出入り禁止!






最終更新日  2022.05.08 19:04:56
コメント(0) | コメントを書く
[時事&立腹] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


あならいざぁ

ニューストピックス

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.