2391738 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

行手はゆるい登り坂 64歳 (analyzer的独白)

行手はゆるい登り坂 64歳 (analyzer的独白)

2022.07.05
XML
テーマ:ニュース(98127)
カテゴリ:時事&立腹
山際担当相、「野党の話は聞かず」 発言に反発相次ぐ
時事ドットコム 2022年07月03日20時23分

 山際大志郎経済再生担当相は3日、青森県八戸市で街頭演説した際、「野党の人から来る話はわれわれ政府は何一つ聞かない。本当に生活を良くしたいと思うなら、自民党、与党の政治家を議員にしなくてはいけない」と述べた。野党議員の意見なら無視するかのような閣僚の発言として、野党は反発した。

 山際氏は参院選の自民党公認候補の応援のため青森入りした。岸田文雄首相は「聞く力」を売りにしている。

 立憲民主党の逢坂誠二代表代行はツイッターで「山際氏は民主主義を理解していない。与党の声しか聞かないとはどう喝による独裁政治だ。発言を撤回すべきだ」と非難した。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は「だから経済も成長しないし給料も上がらない。ずいぶん傲慢になった」と批判。共産党の小池晃書記局長も「断じて許されない暴言。野党の声は無視するのが岸田政権か。一体どこが『聞く耳を持つ』か」と糾弾した。

【時事ドットコム;元記事はこちらへ】


 ◆「野党の話を政府は何ひとつ聞かない」とはどういうことだろう。それは中国やロシアや北朝鮮とはどこか違うんだろうか? ニッポンは米英型民主主義の国かと思ったが一党独裁の国だったのか。やっぱり野党が弱すぎる国会は怖いなぁと思う。

 わたしは小学校か中学校で「民主主義は最後は多数決でものごとが決められるがそこには“少数意見の尊重”という基本を踏まえなければならない」と教えられた。だからニッポンの国会で強行採決が行われている事実を初めて見たときに驚愕した。「これは少数意見尊重という基本を無視しているのでは?」と思った。わたしの“反自民”はあの日から始まったのかも… と思う。

 こんなわたしでも覚えている「少数意見の尊重」という民主主義の基本中の基本を知らない大臣がいるとは驚きだ。この方は湘南高校・山口大学をご卒業なさっているらしいがそういう基礎的なお勉強はなさらなかったとみえる。湘南高校って相当優秀じゃないと行けない学校なのにね。






最終更新日  2022.07.05 22:37:05
コメント(2) | コメントを書く


PR

プロフィール

あならいざぁ

あならいざぁ

ニューストピックス

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

フリーページ


© Rakuten Group, Inc.