8445347 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(509)

ニュース話題

(418)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3136)

今週のことば 聖教新聞

(540)

大白蓮華 巻頭言

(133)

「新・人間革命」と私

(116)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(108)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(21)

<池田大作先生> 四季の励まし

(51)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(192)

池田先生のスピーチ

(98)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(38)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(7)

広布史

(125)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(27)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(41)

随筆 「人間革命」光あれ

(7)

ワールドリポート

(60)

WORLD TODAY――世界の今

(1)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(15)

虹を懸ける

(10)

信仰体験

(221)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(14)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(16)

ライオンハート 師子の誓い

(6)

私がつくる平和の文化

(11)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(1)

トーク2020

(1)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(6)

勝ちゆく君へ 池田先生が語る青年への指針

(1)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(1)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(1)

青年SGI 世界の若きスクラム

(1)

Archives

Comments

nori@ Re:全国各部協議会での名誉会長のスピーチ 下-2(01/27) 調べることがあり、参考にさせていただき…
anbo@ Re[1]:大白蓮華 巻頭言 2020年1月号(12/30) けーすでんきさんへ 「前進・人材の年」開…
けーすでんき@ Re:大白蓮華 巻頭言 2020年1月号(12/30) 本年もよろしくお願いいたします。m(__)m
anbo@ Re[1]:大白蓮華 巻頭言 2019年11月号(10/31) けーすでんきさんへ 有難うございます。 2…
けーすでんき@ Re:大白蓮華 巻頭言 2019年11月号(10/31) 例月の掲載 まことにありがとうございます…
2009/06/04
XML

第16回 唱題の大音

   御聖訓
     今日蓮等の類い
   南無妙法蓮華経と唱え奉るは
   大風の吹くが如くなり

                (御義口伝、御書742p)

 

「十界」の社会に歓喜の旋風を


「幸福感は伝わる」
 「幸福感は人に伝わる」──昨年、米ハーバード大学医学部などの研究者たちが英国の医学誌に発表した貴重な洞察です。
 この知見によれば、誰かの幸福感に変化が起きると、それは周囲にも伝わり、幸福な人々の社会学的・地理的な集団の形成に寄与する。
 つまり、幸福感や充足感というものは、個人がそれぞれに感じるだけではない。人から人へと伝わり、大勢に共有される傾向があるというのです。
 とくに、この幸福感は隣人や友人によって伝わりやすいという結果も示されています。
 この幸福感の伝播があれば、「健康を広めることも可能となり、政策や医療方針を設計する上で大きな影響を及ぼす」とも指摘されています。
 人間は、決して一人だけで生きているのではない。大きな生命のネットワークの中で、互いに支え合い、影響し合いながら生きています。
 信心に励んで功徳を得た歓喜と確信を、友から友へ語りに語る。そして、友また友の成長を祈りに祈る。この一念随喜の万波こそが、私たちの広宣流布のエネルギーです。
 今日、世界192力国・地域に広がる唱題の歓喜の大旋風は、最先端の学問研究の成果とも見事に一致するのです。

 戸田先生はわかりやすく言われておりました。
 「功徳の喜びを百回語っていけば、さらに百倍の功徳となって返ってくる。それが信心のすごさだよ」
 私たちは今、「十界の衆生」の大海原の真っ只中で、朗々と妙法を唱え、人間革命の金波、銀波を巻き起こしている。わが同志の皆様こそ、娑婆世界を、光り輝く仏国土に「三変土田」しゆく変革劇の主役なのです。

御本尊とわが生命
 戸田先生は語られました。
 「今こうして折伏を行じ、御本尊を信じまいらせて題目を唱えているならば、いつ御本尊を拝んでも、日蓮大聖人の生命と我々の生命とがピタッとふれ合うのであります」
 「大聖人の御生命が南無妙法蓮華経でありますから、弟子たる我々の生命も同じく南無妙法蓮華経でありましょう」
 私たちが拝する御本尊は、十界互具の大曼荼羅であられる。御本尊には、十界の衆生の代表が納まり、南無妙法蓮華経の光に照らされています。
 御本尊も十界、私たちの生命も十界です。そして、社会も十界の生命で成り立っている。
 御本尊に題目を唱えると、三世十方の仏菩薩が、私たちと同じく合掌します。また、全宇宙の無数の諸天善神が、絶対に従います。十界の生命を揺り動かすのですから、悪鬼・魔民さえも強い味方となって、妙法を護り広げる働きをすることは間違いないのです。
 社会も、人生も、そして私たちの生命も、変化変化の連続です。森羅万象、変わらずに停滞しているものは何一つない。人の心もまた、瞬間瞬間、めまぐるしく変化していく。

 御書には「一人一日の中に八億四千念あり」(471p)と仰せです。
 今まで怒っていた人が、次の瞬間にはもう笑っている。何の悩みもないと言っていた人が、翌日には深い苦悩の淵に沈んでいる。このように人生は、常に変転してやまない流転の劇であります。
 この移ろいゆく心を、妙法という大宇宙の根本法則に深く合致させていくのが、私たちの祈りです。
 御本尊は、大宇宙の縮図です。そして、自分自身の生命も御本尊と同じです。自身の“我”を仏界の生命で固め、三世永遠に崩れ得ぬ幸福境涯を勝ち開く。これが「絶対勝利の信心」にほかなりません。
 友のため、社会のために必死に祈る皆様の姿それ自体が、日蓮大聖人に直結した最高の慈悲の振る舞いであります。
 一切を、大確信の祈りで勝ちまくるのです。

十方世界に届け!
 御書には「題目を唱え奉る音(こえ)は十方世界にとずかずと云う所なし、我等が小音(しょうおん)なれども、題目の大音(だいおん)に入れて唱え奉る間、一大三千界にいたらざる所なし」(808p)とも説かれています。

 題目の声は、「十方世界」すなわち大宇宙に届くとの御金言です。
 唱題に励むとき、大宇宙の根本の法則である妙法と、わが生命が融合する。小宇宙である自身の生命の扉が大宇宙に向かって全開し、全宇宙の頂点から一切を広々と見わたすことができる。宇宙に包まれていた小宇宙が、大宇宙を包みかえしていく──これが我らの祈りです。

 悠々と大宇宙を旅しながら、生命を浄化できる。そして十界のあらゆる衆生の境涯を深く知って、幸福に導く「慈悲」と「智慧」が、こんこんと涌き上がってくるのです。
 この祈りの大きさこそが、広宣流布の真髄です。
 大聖人は、「あらゆる衆生の具えている仏性を、妙法蓮華経と名づけるのである。ゆえに、一遍、この題目を唱え奉れば、一切衆生の仏性が、皆、呼ばれてここに集まるのである」(御書498p、趣意)と述べられています。
 「法」は見えない。しかし「音」となって表れれば、わかる。だから「声」が大切なのです。妙法を唱え弘める我らは、信心の長者なり! 境涯の王者なり! この誇りで進んでいきましょう。

師匠と心のギアを
 なかんずく、広宣流布の師匠と心のギアを合わせ、師弟の魂に燃える祈りを貫くならば、わが生命の奥底から、仏の力が発光していくことは間違いありません。
 昭和32年(1957年)7月3日、あの「大阪事件」で、私は権力により不当逮捕されました。戸田先生の怒りはすさまじかった。
 「民衆の味方である創価学会をいじめ、弾圧する。これほど卑劣なことはない!」
 戸田先生は、無実の罪で獄中に繋がれた私の解放を、ひたぶるに祈ってくださった。
 「権力の魔性との戦いは、題目をあげなければ勝てないんだよ」と先生は言われました。
 私の拘留中、大阪に駆けつけてくださった先生は、関西本部の会長室と3階の仏間を、幾度となく往復してくださったのです。
 邪悪を弾呵する先生の題目の大音声が、同志の心に正義の炎を燃え上がらせたのです。
 私の生涯は、この恩師への報恩の二字に尽きます。師の祈りに、死身弘法でお応えする以外に弟子の赤誠はありません。
 若き日、私は日記に綴りました。青春闘争の結論です。
 「第一にも、題目しかない。第二にも、第三にも、宿命打開は、題目しかない。実践。──実行。──勇敢に、撓(たわ)まず。観念論では、一分の変革もなし得ない」

必ずや変毒為薬と
 今こそ題目をあげきって、どういう結果が出るか、実践し切ろう! 解決してみよう! だれが何と言おうが、私は私なりに御本尊にぶつかってみよう!
──この決心で、十万遍、二十万遍、三十万遍、五十万遍と、題目をあげて、あげて、あげ抜きました。
 先生のお体、先生のご家族、先生の会社、そして、先生の作られた学会、先生が育てられた同志……歩いていても、電車に乗っていても、いつもいつも心で題目を唱えながらの闘争でした。
 祈りが、まだまだ足りない。まだまだ弱い。まだまだ小さい。自らを叱咤しながらの勇猛精進だったのです。
 戸田先生の弟子として、御本尊に願い切っていこう! 働き切っていこう! 同志のために勝ち切っていこう! この一念しかありませんでした。
 そして、生活の上に、境涯の上に、厳然たる解決の証拠が出たのです。
「御本尊はすごい!」という大確信を、若き命に刻んだのであります。

 今、未曾有の大不況にあって、全国・全世界の同志が、地域社会の一大変革のために、真剣に題目を唱えながら、人生の現実と格闘されています。
 崇高なる仏の大音声が、生命を揺さぶらないわけがない。必ずや変毒為薬し、その地その国を、宝土と変えていけることを確信し抜いてください。

諸天よ弟子を護れ
 大聖人は仰せです。
 「各各をば法華経・十羅刹・助け給へと湿れる木より火を出し乾ける土より水を儲けんが如く強盛に申すなり」(御書1132p)
 湿った木から火を出す思いで、乾ききった土から水を出す思いで、私は皆の無事を強盛に祈っている──。
  御自身が流刑の真っ只中にあった佐渡の地から、遠く鎌倉の門下たちの身を案じられています。
 法華経よ、諸天善神よ、わが弟子を断じて護りたまえ! これが師匠の祈りです。師匠とは何とありかたいものか。 私はこの御文を拝するたびに、感謝と不惜の念がわいてきます。

 私もまた、尊き同志の皆様方、そして全世界の民衆が、あらゆる辛苦を乗り越え、晴れ晴れと幸福・栄光の勝鬨を上げられるよう、ひたぶるに祈っています。
 戸田先生は断言されました。
 「題目で勝ちなさい。何があっても、あげきった題目の福運は厳然と残る。絶対に消えないのだ」
 勝負は、我ら自身の一念です。行き詰まったならば、それは「前進している証しだ!」と胸を張って、何ものにも負けず、堂々と歩み抜きましょう。
 創価の師弟の大音声──唱題と対話の「大風」を、縦横自在に社会へ吹きわたらせようではありませんか!

  颯爽と
   また決然と
     指揮とれる
   君が動けば
     勝利の天地に

(2009年6月4日付聖教新聞)






Last updated  2009/06/05 12:02:28 AM
コメント(1) | コメントを書く
[御書と師弟(全31回・完)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.