13023823 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(778)

2021年「希望・勝利の年」

(36)

ニュース話題

(595)

わが友に贈る 聖教新聞

(3434)

今週のことば 聖教新聞

(593)

信仰体験

(503)

大白蓮華 巻頭言

(145)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(157)

「新・人間革命」と私

(188)

<池田大作先生> 四季の励まし

(90)

池田先生と共に 新時代を築く

(31)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

随筆 「人間革命」光あれ

(16)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(13)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(213)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(99)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

教学

(109)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(57)

広布史

(135)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(12)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(41)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(47)

ワールドリポート

(87)

WORLD TODAY――「世界の友は今」

(21)

虹を懸ける

(15)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(13)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(17)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(7)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(8)

壮年部のページ

(18)

白ゆり ​​​​​​婦人部のページ

(18)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(13)

私がつくる平和の文化

(11)

明日を照らす

(6)

世界の識者の眼

(4)

「SGIの輝き」

(3)

世界広布と新入会の友

(3)

「My Human Revolution」

(37)

20代のリアル ボクらのイマ

(13)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(23)

SDGs特集

(14)

新型コロナウイルス感染症関係

(42)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(69)

池田先生の連載エッセーから

(4)

無冠の友

(22)

第3代会長就任60周年記念 

(50)

池田先生の名誉学術称号45周年

(8)

「人生地理学」からの出発

(8)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(9)

戦争・被爆証言を聞く会

(7)

原爆投下・終戦から75年

(21)

いのちの賛歌 心に刻む一節

(5)

励まし御書―人間革命の光で  女子部教学室編

(13)

世界をつなぐ御書

(4)

9・27「世界青年部総会」

(22)

東北発〈きせき 3・11〉

(7)

ストーリーズ 師弟が紡ぐ広布史

(4)

世界広布のわが舞台

(6)

介護

(2)

青年想 Essay from Youth

(11)

連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」

(5)

電子版「with あなたと」

(1)

ヒーローズ 逆境を勝ち越えた英雄たち

(2)

学会創立90周年「11・18」

(16)

国連創設75周年

(6)

「気候危機」「地球温暖化」

(3)

新メンバーが語るSOKA

(3)

紙上教学研さん 「わが愛する青年に贈る」に学ぶ

(5)

聖教電子版

(1)

青年部のページ「Session2030」

(1)

「新・人間革命」世代プロジェクト

(7)

創価学園NAVI

(1)

女子部

(4)

池田華陽会御書30編

(1)

男子部

(2)

池田先生と共に 希望・勝利の師弟旅

(1)

池田先生が贈る指針〈御書の旭光を〉

(4)

私がつくる平和の文化 III

(1)

ヒューマン

(2)

バックナンバー

コメント新着

愛と勇気⭐︎⭐︎@ Re:〈日蓮大聖人の慈愛の眼差し〉 日眼女(08/03) >「全ての人が憎むならば憎めばよい。釈…
由美 サンダーソン@ Re:大白蓮華 2020年7月号 巻頭言 「立正安国」の勇気の大光を(06/30) 海外に住んでいるため、大百が3ヶ月遅れで…
坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
ラプラス@ Re:わが友に贈る(01/26) ことしのノーベル賞候補の問題です。 マル…
2018.09.21
XML

歌声高く 誕生40周年の学会歌 


20  完 「 母の曲 」

 わが家と地域を“幸の城”に
 歌詞と旋律に、無数の人々の思い出が結び付いている。歌うたび、聴くたびに遠い記憶が鮮やかによみがえる。そんな歌が、学会には数多くある。
 本年4月、東京牧口記念会館で行われた本部幹部会の席上、婦人部・白ゆり合唱団が響かせた「母の曲」の歌声に、全国から感動の声が続々と本紙の「声」の欄に寄せられた。
 ある婦人は、若き日の池田先生が指揮を執った「大阪の戦い」の前年、1955年(昭和30年)に大阪で入会した母親の、在りし日の様子をつづった。「『母の曲』が発表された時は涙を流し、『ほんま、池田先生は全部分かってくれてはる。そやから何があっても負けられへん』と、全力で活動に励みました」

 婦人部の歌「母の曲」の歌詞が発表されたのは、40年前の78年(同53年)10月21日、東京・板橋文化会館で開かれた本部幹部会の席上だった。
 スピーチに臨んだ池田先生は、この年、激務の合間を縫って数々の学会歌を制作してきたことを振り返りながら、語り始めた。
 「各方面や県、また各部から強い要望があり、歌を作ってまいりました。同志の皆さんは、来る日も来る日も、苦労に苦労を重ねて学会活動に励んでくださっている。そうした方々に、心からいたわりの言葉をかけ、御礼、感謝申し上げたいというのが、私の思いでありました」
 歌を贈ることで、皆の喜びとなり、同志へのせめてもの励ましとなり、希望になるのであれば――これが先生の真情であった。
 そして茨城の歌「凱歌の人生」と共に、新婦人部歌として発表されたのが「母の曲」だったのである。
 1番から4番までの歌詞が紹介されていく。終わるやいなや、婦人部の友から歓声と拍手が起こり、しばらく鳴りやまなかった。
 拍手が収まるのを待ってから、先生は言った。
 「婦人部の皆さん方の日夜のご活躍に、心から敬意を表して作らせていただきました」
 先生が「母の曲」の作詞に取り掛かったのは、本部幹部会の前日(10月20日)のこと。
 その日、先生は、東京・信濃町の創価婦人会館(後の信濃文化会館)で婦人部の方面幹部らと懇談し、友の話に耳を傾けた。
 功徳の体験が広がり、喜びに満ちる組織のこと。宗門の僧による理不尽な学会批判の中で、友の激励に走る同志のこと――報告は尽きることがない。その中で新しい婦人部歌を発表したいという要望があった。
 婦人部の代表が作成した歌詞の原案は、この年の6月に完成した創価婦人会館を、「母の城」と詠っていた。
 しかし先生は、一人一人の家庭をこそ「母の城」と捉えるべきではないかと訴えた。「自分の今いる場所で、崩れることのない幸せを築き、わが家を寂光土へと転じていくんです。婦人部の皆さんには、それぞれのご家庭を『幸の城』『母の城』にしていく使命があるんです」と。
 友の熱意を受け止めた先生は、この日、帰宅してから、作詞に取り掛かることにした。時計の針は午後10時半をさしている。
 「さあ、婦人部の歌を作るよ。言うから書き留めてくれないか」と先生が言うと、香峯子夫人が、急いでメモ帳を手にして来た。
 先生の口から、言葉が奔流のようにあふれ出す。
 幼子抱きて 汗流し……
 
 尊い使命に目覚めた一人の婦人が、あらゆる悲哀を乗り越えて、太陽のように家族を友を照らしつつ、幸の曲を奏でていく――そんな人生の広布旅を、先生は歌詞を通して描きだそうとした。
 時折、香峯子夫人に意見を求めながら言葉を練り直す。「婦人部には、ご主人を亡くされ、働きながら懸命にお子さんを育てている方や、結婚なさらずに頑張っている方もおります」との夫人の意見を受け、先生は「城の人々 笑顔あり」との一節を紡いだ。
 婦人部は皆、創価家族の“母”である。家庭の城、地域の城の人々に笑顔を広げゆく“太陽”である。
 池田先生ご夫妻の共同作業によって、新婦人部歌の歌詞は生まれた。
 翌日の本部幹部会終了後には曲も完成。“婦人部は一人も残らず幸せになってもらいたい”との、師の祈りにも似た思いを乗せて、「母の曲」の歌声は全国に広がっていった。
                            
 かつて池田先生は、婦人部の友に詠み贈った。

 母の曲
   涙と勇気の
     励ましに
 母の曲
​

   皆が歌えば


     勝利かな



 「母の曲」発表40周年の本年、各地の集いでこの歌の合唱が披露されている。 学会活動に走りながら、いつも口ずさんでいるという友は語る。「私にとって『母の曲』は応援歌。曲を心に響かせると、不思議と温かい気持ちで人に会うことができ、喜びに満たされます。どなたとでも、対話が弾むんです」と。 幸福へ、勝利へ――創価の女性の行進の足音は高まる。朗らかに、歌声も高らかに。

「母の曲」


MEMO
 婦人部歌「母の曲」の誕生の経緯は、小説『新・人間革命』第29巻「常楽」の章に描かれている。また本年の5・3「創価学会母の日」制定30周年を記念して発刊された池田先生の指導集『幸福の花束Ⅱ』には、「母の曲」のほか「母」「今日も元気で」「永遠の青春」の歌詞・楽譜を収録。QRコードを読み込むと、それぞれの曲を聴くことができる(通信料は必要)。

連載を終えて
 40年前の本紙にくまなく目を通すと、連日のように合唱の写真が掲載されていることに気付く。 胸を張って口を縦に大きく開き、瞳を輝かせて歌う友の姿の、何と誇らしげなことか。にぎやかな歌声まで聞こえてきそうだ。 当時、学会が第1次宗門事件の渦中にあったからこそ、負けずに、明るく乗り越えていこうとする同志の決意が胸に迫ってくる。​

 1978年4月、池田先生は友にこう呼び掛けた。

 「歌声運動を通しておおいに心を開き、おおいに心を弾ませていこう。そこに信心の功徳と歓喜が増幅することを確信して晴れがましく前進してください」 歌声運動に爆発的な勢いをもたらしたものこそ、先生が同年に手掛けた学会歌にほかならない。その数、実に30曲。多くが、夏から秋にかけた数カ月の間に誕生している。

 ゆっくりと机に向かって作る余裕など、ほとんどなかったといってよい。先生は、北海道から九州まで列島を同志の激励に駆けた。9月には第4次訪中へ。激務の合間を縫うように、時に移動の車中で詩想を巡らし、時に深夜まで推敲し、翌日も何度も手直ししながら、次々と“魂の歌”を生み出していったのだ。

 「一つの歌を作るにも生命を通わせなくてはいけない」「何事によらず“労作業”でなければ、人々の心を打つものはできないものだ」と――。 

本連載に、読者から多くの声が寄せられた。先生が作った歌が40年の時を経てもなお、同志の心に深く刻まれ、世代から世代へと歌い継がれていることをあらためて実感した。 いかに学会歌を歌うべきか――。先生は訴える。

 「学会歌は、力強い歌声で、力強い生命で歌っていくことだ。それが学会歌の精神である。こういう基本から、もう一度、男子部も、女子部も、新たな『革命』を起こしていただきたい。

 新入会のメンバーも増えている。歌を歌うことで、皆の心を一つにし、前進の歩調を合わせていくこともできる」

 広宣流布大誓堂完成5周年の「11・18」が近づいてきた。学会の永遠性を確立する時は、“今”である。皆で学会歌を心一つに歌いながら、前進しよう。



 1978年(昭和53年)に池田先生が手掛けた学会歌


 女子部歌「青春桜」

 学生部歌「広布に走れ」
 男子部歌「友よ起て」
 白蓮グループ歌「星は光りて」
 壮年部歌「人生の旅」
 東京・練馬区の北町地域の支部歌「北町広布」
 関西の歌「常勝の空」
 千葉の歌「旭日遙かに」
 中国方面の歌「地涌の讃歌」
 九州の歌「火の国の歌」
 四国の歌「我等の天地」
 中部の歌「この道の歌」
 未来部歌「正義の走者」
 東京の歌「ああ感激の同志あり」
 東北の歌「青葉の誓い」
 神奈川の歌「ああ陽は昇る」
 北陸の歌「ああ誓願の歌」
 北海道の歌「ああ共戦の歌」(現在の「三代城の歌」)
 長野の歌「信濃の歌」
 婦人部歌「母の曲」
 茨城の歌「凱歌の人生」
 埼玉の歌「広布の旗」
 東京・世田谷の歌「地涌の旗」
 新潟の歌「雪山の道」
 栃木の歌「誓いの友」
 指導部の歌「永遠の青春」
 山梨の歌「文化と薫れ」
 大阪・泉州の歌「歓喜の城光れ」
 群馬の歌「広布の鐘」
 静岡の歌「静岡健児の歌」



(2018年9月21日 聖教新聞)







最終更新日  2018.10.11 23:31:05
コメント(0) | コメントを書く
[歌声高く 誕生40周年の学会歌] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.