9017185 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(551)

ニュース話題

(455)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3197)

今週のことば 聖教新聞

(551)

大白蓮華 巻頭言

(136)

「新・人間革命」と私

(130)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(118)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(23)

<池田大作先生> 四季の励まし

(58)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(199)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(51)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(14)

広布史

(127)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(32)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(46)

随筆 「人間革命」光あれ

(9)

ワールドリポート

(80)

WORLD TODAY――世界の今

(2)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(30)

虹を懸ける

(11)

信仰体験

(266)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(25)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

私がつくる平和の文化

(12)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(4)

トーク2020

(2)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(7)

勝ちゆく君へ 池田先生が語る青年への指針

(2)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(2)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(3)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

学ぼう「黄金柱の誉れ」Q&A

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(2)

明日を照らす

(1)

​​​​​​婦人部のページ 

(2)

世界の識者の眼

(1)

「SGIの輝き」

(2)

世界広布と新入会の友

(2)

新連載「My Human Revolution」

(3)

20代のリアル ボクらのイマ

(1)

勝ちゆく君へ 創価新報

(1)

SDGs特集

(1)

Archives

Comments

anbo@ Re[1]:「新・人間革命」に学ぶ 名場面編 第12巻(10/09) 未来に羽ばたけさんへ 平和をめざすは …
未来に羽ばたけ@ Re:「新・人間革命」に学ぶ 名場面編 第12巻(10/09) 君と僕とは、父子の絆でもあるのですね。
anbo@ Re[1]:大白蓮華 巻頭言 2020年3月号(03/01) けーすでんきさんへ コメント、ありがとう…
けーすでんき@ Re:大白蓮華 巻頭言 2020年3月号(03/01) 例月 誠にありがとうございます。助かって…
anbo@ Re[3]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) Asamigibbsさんへ 桂冠詩人の池田先生の魂…
2018/12/16
XML

「新・人間革命」と私 心に刻む珠玉の言葉

​​世界広布の新時代を開く
国際本部長 杉山保さん

 伸一は、海外を訪問するたびに、有能な通訳の必要性を感じてきたが、この時ほど、それを痛感したことはなかった。彼は、これまで、世界広布の本格的な時代の到来に備え、語学陣の育成に力を注いできた。』  (第16巻「対話」の章)

時代背景
 1972年(昭和47年)5月、欧州を訪問していた山本伸一は、パリからロンドンへ。イギリスの歴史学者トインビー博士と対談を開始した。内容は、生命論や歴史哲学など難解かつ他分野にわたり、同行通訳が言葉に詰まる場面もあった。伸一は、仏法の人間主義への共感を世界に広げていく上で、語学陣の育成を決意する。

 池田先生とトインビー博士の対談は、足かけ2年に及びました。「対話」の章には73年5月、主人公である山本伸一がロンドンを再び訪れ、博士と語り合う様子が描かれています。とともに、この章には国際本部の淵源である「近代羅什グループ」「近代語学グループ」の結成(1968年8月29日)についてつづられています。
 意義深いことにその日は、先生が歴史的な「日中国交正常化提言」を発表される10日前でした。そのことについて先生は「時を同じくして、”創価の普賢よ、創価の羅什よ、いでよ!”と祈りを込めて布石した」と語られました。
 師の祈りと激励に育まれ、国際本部の陣列は世界に広がり、今、通訳や翻訳、平和・文化運動など、国際社会の各分野で活躍する時代を迎えました。感謝は尽きません。


 「対話」の章では、トインビー博士との対談の最終日、テレビでソ連共産党と西ドイツの首脳が会談したことが報じられていたことを受け、博士が伸一に語る場面があります。「政治家同士の対談に比べ、私たちの対談は地味かもしれません。しかし、私たちの語らいは、後世の人類のためのものです。このような対話こそが、永遠の平和の道をつくるのです」と。
 この「後世の人類のため」との言葉のままに、池田先生は、世界中の指導者や学識者らと本格的な対話を開始し、21世紀の平和の舞台を切り開いていきました。その壮絶な闘争を学ぶほど、”弟子である私たちが力を磨き、その道に続こう”との決意を強くします。
 グローバル化が進む現代は、生まれ育った背景や文化、言葉の違う人たちが、共に暮らす時代です。人間同士の交流や、相手を思いやる姿勢が、かつてないほど求められています。
 だからこそ、国際本部の一人一人が今こそ、先生の人間外交を手本としながら、誠実の振る舞いで多様な人の心と心を結んでいかなければならないと思っています。
 私たち国際本部から、人間主義の潮流を広げ、世界広布の新しい時代を堂々と開いていきます。​​



  (2018年12月16日 聖教新聞)







Last updated  2018/12/17 12:02:22 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.