9048426 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(555)

ニュース話題

(456)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3200)

今週のことば 聖教新聞

(552)

大白蓮華 巻頭言

(136)

「新・人間革命」と私

(131)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(118)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く

(24)

<池田大作先生> 四季の励まし

(59)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(199)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(52)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(15)

広布史

(127)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(32)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(46)

随筆 「人間革命」光あれ

(9)

ワールドリポート

(81)

WORLD TODAY――世界の今

(2)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(31)

虹を懸ける

(11)

信仰体験

(268)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(25)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

私がつくる平和の文化

(12)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(4)

トーク2020

(3)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(7)

勝ちゆく君へ 池田先生が語る青年への指針

(2)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(2)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(3)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

学ぼう「黄金柱の誉れ」Q&A

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(2)

明日を照らす

(1)

​​​​​​婦人部のページ 

(2)

世界の識者の眼

(1)

「SGIの輝き」

(2)

世界広布と新入会の友

(2)

新連載「My Human Revolution」

(4)

20代のリアル ボクらのイマ

(1)

勝ちゆく君へ 創価新報

(1)

SDGs特集

(1)

新型コロナウイルス感染症関係

(2)

Archives

Comments

anbo@ Re[1]:「新・人間革命」に学ぶ 名場面編 第12巻(10/09) 未来に羽ばたけさんへ 平和をめざすは …
未来に羽ばたけ@ Re:「新・人間革命」に学ぶ 名場面編 第12巻(10/09) 君と僕とは、父子の絆でもあるのですね。
anbo@ Re[1]:大白蓮華 巻頭言 2020年3月号(03/01) けーすでんきさんへ コメント、ありがとう…
けーすでんき@ Re:大白蓮華 巻頭言 2020年3月号(03/01) 例月 誠にありがとうございます。助かって…
anbo@ Re[3]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) Asamigibbsさんへ 桂冠詩人の池田先生の魂…
2018/12/16
XML
カテゴリ:教学

​​​ロータス ラウンジ 第2回  「どんなことが書かれているの?」

法華経について、皆で学び、深めよう――連載「ロータスラウンジ――法華経への旅」入門編(毎週火曜日に、全4回にわたって掲載の予定)の2回目は、「どんなことが書かれているの?」

だれでも、いつでも、どこでも
仏界の生命を現すことができる
――成仏の法理を説く経典

本門(ほんもん)と迹門(しゃくもん)

 法華経に何が書かれているのか、一度は興味(きょうみ)を持ったことがあるのではないでしょうか?
 法華経(妙法蓮華経)は、8巻28品(章)から成り立っています。28品もあるので、まずは全体像を捉(とら)えたいと思います。
​​

 法華経の注釈書などを著した中国の天台大師は、28品を大きく二つに立て分け、前半14品(序品第1~安楽行品(あんらくぎょうほん)第14)を「迹門」、後半の14品(従地涌出品(じゅうじゆじゅっぽん)第15~普賢菩薩勧発品(ふげんぼさつかんぼっぽん)第28)を「本門」としました。


 それぞれ何が説かれているのでしょうか?


 まず迹門では、あらゆる人が差別なく平等に成仏できる可能性が示されます。その中心となるのが、誰もが等しく仏の生命を具えている根拠となる「諸法実相(しょほうじっそう)」の教えです。

 次の本門では、釈尊(しゃくそん)がはるか昔に成仏した(久遠実成くおんじつじょう)ことが明かされ、永遠の仏が示されます。それによって、本来、だれもが仏であるという生命の真実が明かされます。
 本門と迹門の立て分けとは別に、説法が行われた舞台でも、分けることができます。


 一つは、古代インドの霊鷲山(りょうじゅせん)という山です。そこでの説法を霊鷲山会といいます。もう一つは、空中(虚空こくう)に浮かんで説法が行われたので、虚空会(こくうえ)と呼ばれます。

 序品第1から法師品(ほっしほん)第10までが前霊鷲山会、見宝塔品(けんほうとうほん)第11から嘱累品(ぞくるいほん)第22までが虚空会、薬王菩薩本事品(やくおうぼさつほんじほん)第23から普賢菩薩勧発品(ふげんぼさつかんぼっぽん)第28までが後霊鷲山会になります。


 このように、二つの場所で三回の会座(えざ)が行われたことから、二処三会(にしょさんえ)といいます。
 
■万人に仏界の生命
 まず、迹門の中心は、方便品第2に説かれる「諸法実相」です。


 現実世界においてさまざまな様相ようそうをとって現れている「諸法」と、“真実のすがた”“究極の真理”である「実相」とが別々のものではなく、諸法はそのまま実相の現れであり、実相は決して諸法から離れてあるものではないとするものです。


 日蓮大聖人は「諸法実相抄」で、「下(しも)地獄より上(かみ)仏界までの十界の依正(えしょう)の当体(とうたい)・悉(ことごと)く一法ものこさず妙法蓮華経のすがたなり」(御書1358ページ)と仰せです。


 「諸法実相」が説かれたことによって、万人成仏の可能性が根拠(こんきょ)づけられました。それまでは、仏と衆生の間には越えがたい断絶があると考えられていましたが、本質的に全て妙法蓮華経(実相)として平等であることが示されたのです。


 この法理を踏まえ、迹門の各章において、法華経以前の経典では成仏できないとされてきた人たちの成仏が説き示されていきます。


 池田先生は、「全宇宙が妙法そのものなのです。森羅万象(しんらばんしょう)が妙法の歌であり、舞踏(ぶとう)であり、劇であり、詩であり、きらめきであり、生死であり、苦楽であり、流転(るてん)であり、前進であり、本来、歓喜の中の大歓喜なのです」(『法華経 方便品・寿量品講義』普及版〈上〉)と語っています。
 
永遠に救い続ける

  次は、本門の中心的な教えである「久遠実成(くおんじつじょう)」です。


 如来寿量品(にょらいじゅりょうほん)第16に「我(われ)は実(じつ)に成仏してより已(この)来(かた)、無量無辺百千万億那由他劫(むりょうむへんひゃくせんまんのくなゆたこう)なり」(法華経478ページ)と、はるか長遠(ちょうおん)の昔に仏になったと説かれます。


 これによって、釈尊(しゃくそん)が今世で修行し、菩提樹(ぼだいじゅ)の下で初めて成仏した(始成正覚しじょうしょうがく)というこれまでの考え方を打ち破り、この現実世界に永遠に存在して人々を救い続ける仏であることが明かされます。


 さらに、釈尊の一身の生命において、十界の生命がすべて具(そな)わり、永遠であるということも示されます。そこから、万人の生命においても、十界のいずれの姿を現じていようと、十界が本来、常に具わっていることがわかります。


 つまり、十界の各界が互いに十界を具えている「十界互具(じゅっかいごぐ)」の法理によって、だれでも、いつでも、どこでも、仏の生命を現せることが明かされたのです。


 池田先生は語っています。
 

「妙法を唱える――唱える私どもは九界。唱え奉(たてまつ)る妙法は仏界。妙法を唱えることで、九界と仏界が一体となり、十界互具になっていく。大いなる『境涯(きょうがい)革命』が、そこに起こる。仏界が涌現(ゆげん)しなければ、十界互具といっても、理論的な可能性(理具りぐ)に終わってしまう。信行(しんぎょう)があって初めて事実の上(事行じぎょう)で十界互具になるのです。その意味で、十界互具の『理論』は、きわめてむずかしいが、その『現証』は創価学会の世界には無数にある。否い、学会の世界にしかないと断言できる」(『法華経の智慧』普及版〈中〉「如来寿量品」)


 法華経の精神と智慧は、学会によって、世界中にその輝きを放っているのです。
 

『法華経の智慧』から 
小我から大我への境涯革命


 汚(けが)れた九界の世界から仏界を開く、すなわち「九界即仏界」が「前霊鷲山会(ぜんりょうじゅせんえ)→虚空会(こくうえ)」と言えよう。


 今度は「仏界即九界」で(虚空会→後霊鷲山会)、九界に勇(いさ)んで救済者として入っていった時、汚れた九界の穢土(えど)が、仏界に照(て)らされた寂光土(じゃっこうど)になっていく。穢土即寂光土(えどそくじゃっこうど)です。


 ◇ 


 現実から虚空会に、虚空会から現実へ――この往復作業に「人間革命の軌道」がある。小我から大我への境涯の革命があるのです。


 人生は、目の前の現実にとらわれていてはいけない。理想をめざし、現実を超えねばならない。


 一方、現実から遊離(ゆうり)してもならない。地に足が着いていなければ、何も変わらない。


 ◇

 
 虚空という生命の高みから現実を見おろしつつ、その現実へ「変革者」として、かかわっていく生き方を教えるのです。


 「変革の宗教」としての法華経の特徴は、二処三会(にしょさんえ)という全体の構成そのものに、見事に表現されていると言えるでしょう。


 (普及版〈上〉「序品」)


(2018年12月11日 聖教新聞)

法華経の全体像




参考
SOKAチャンネルVODの番組から
遥かなる法華経の旅 平和と共生のメッセージ(17:11)








Last updated  2018/12/17 12:32:06 PM
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.