7432348 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(477)

ニュース話題

(309)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(36)

わが友に贈る 聖教新聞

(3041)

今週のことば 聖教新聞

(522)

大白蓮華 巻頭言

(129)

「新・人間革命」と私

(92)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(93)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(15)

<池田大作先生> 四季の励まし

(43)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(36)

青春勝利の大道 創価新報

(108)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(186)

池田先生のスピーチ

(97)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(29)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(5)

広布史

(115)

民音

(12)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(27)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

信仰体験

(160)

勇気の旗高く

(36)

随筆 「人間革命」光あれ

(6)

ワールドリポート

(32)

WORLD TODAY――世界の今

(0)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(2)

虹を懸ける

(3)

Archives

Comments

ツイッター名seigima@ Re:ニセ法主 日顕が死去(09/20) New! 私の住まいの近所に日顕芸者遊び証拠写真…
ツイッター名seigima@ Re:ニセ法主 日顕が死去(09/20) New! 私の住まいの近所に日顕芸者遊び証拠写真…
けーすでんき@ Re:大白蓮華 巻頭言 2019年 8月号(08/01) 今月も早々に掲載をしていただき、感謝し…
けーすでんき@ Re[1]:大白蓮華 巻頭言 2019年 5月号(05/01) anboさんへ リクエストにさっそくお応え…
anbo@ Re:大白蓮華 巻頭言 2019年 5月号(05/01) 大変申し訳ありません。 巻頭言のUPを忘れ…
2019/03/10
XML

「新・人間革命」完結に寄せて 東映株式会社代表取締役グループ会長 岡田裕介氏

慈悲に満ちあふれた万人の教本

 約半世紀――これほど長きに渡って小説を書き続けるということが、どれほどの偉業であり、深い決意を要することでしょうか。“必ずや師匠の正義を宣揚してみせる”“一人の人間の持つ偉大な力に目覚めさせる”との、すさまじい気迫と覚悟を感じずにはいられません。
 想像を絶する激闘の中で世界に平和の光を放ち続けたペンの大闘争に、ただただ敬服するばかりです。
 この小説は、「師弟」「使命」「平等」など、人生における重要な精神が、あらゆる角度から丁寧に記されており、まさに“万人の教本”として人類史に残る名著であると確信いたします。
 何より私が感じているのは、一貫して慈悲に満ちあふれた小説であることです。ページを開けば、名もない一人の会員を全身全霊で激励されるシーンがいくつも出てきます。
 “目の前にいる苦悩の人を救わずにはおくものか”との熱烈な慈悲。その言葉一つ一つが、どれほど多くの読者の心を揺さぶり、勇気と希望の灯をともしたことでしょうか。私も、これまで池田先生と2度の出会いを刻み、その人徳と慈悲の深さを肌身で感じてきた一人です。
 徹して一人の苦悩に寄り添い、励まし、偉大な使命に目覚めさせていく――その慈悲の行動を貫き通してきた先生の偉大さは、小説を読むほどに、深く胸に迫ります。
 さらに先生は、“文化交流を通じて、世界平和に貢献する”との信念で民音(民主音楽協会)を創立され、世界的な文化運動を展開されてきました。
 その着想は、どこまでも人間という原点に立ち返ったところから始まったのだと思います。
 文化には、人種や国境といったあらゆる隔たりを超え、全ての人の心を結ぶ力があります。それは映画も同じです。
 今、4Kや8K(高精細・高画質な映像規格)、VR(仮想現実)などの最新技術によってデジタル化が進み、人間の目をも超えた映像を映し出せるようになりました。
 しかし、いかに技術が進歩したとしても、見失ってはならないのが“人間の探求”です。その時代や精神を映し出す映画が、人間をどう描き出すか。映画産業は技術先行ではなく、人間を描くために、どう技術を生かすのかという視点を決して忘れてはならないと感じています。
 その“人間根本”の哲学を、絶えず発信し続けているのが池田先生であり、小説『人間革命』『新・人間革命』であります。
 人間根本の精神を、私も自分の立場で後世に伝え残していきたい。先生の哲学の輝きは、どんなに時代が変わっても永遠に色あせることはないでしょう。(談)

 おかだ・ゆうすけ 1949年生まれ。俳優、映画プロデューサーとして活躍後、88年に東映株式会社に入社。東京撮影所長、代表取締役社長などを歴任し、現在、代表取締役グループ会長、一般社団法人・日本映画製作者連盟会長などを務め、映画業界の発展に尽力している。

 「『新・人間革命』完結に寄せて」のバックナンバーが聖教新聞社公式ウェブサイト「SEIKYO online(セイキョウオンライン)」の「まとめ・特集コーナー」から閲覧できます。スマートフォンで、上記のQRコードを読み取ってアクセスしてください。

 
(2019年3月10日 聖教新聞)







Last updated  2019/03/11 10:10:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
[小説「新・人間革命」] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.