8790500 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(532)

ニュース話題

(442)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3170)

今週のことば 聖教新聞

(546)

大白蓮華 巻頭言

(134)

「新・人間革命」と私

(126)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(113)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(22)

<池田大作先生> 四季の励まし

(54)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(195)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(45)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(11)

広布史

(127)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(28)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(45)

随筆 「人間革命」光あれ

(8)

ワールドリポート

(75)

WORLD TODAY――世界の今

(2)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(22)

虹を懸ける

(11)

信仰体験

(251)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(21)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(7)

私がつくる平和の文化

(12)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(2)

トーク2020

(1)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(7)

勝ちゆく君へ 池田先生が語る青年への指針

(2)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(1)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(2)

青年SGI 世界の若きスクラム

(2)

学ぼう「黄金柱の誉れ」Q&A

(2)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(1)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(1)

明日を照らす

(1)

​​​​​​婦人部のページ 

(1)

世界の識者の眼

(1)

「SGIの輝き」

(1)

Archives

Comments

anbo@ Re[3]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) Asamigibbsさんへ 桂冠詩人の池田先生の魂…
Asamigibbs@ Re[2]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) anboさんへ 池田先生が種を巻かれたお話は…
anbo@ Re[1]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) Asamigibbsさんへ 池田先生が中東を訪問さ…
Asamigibbs@ Re:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) 初めて書かせていただきますが、いつも読…
NEKO@ Re:ロータスラウンジ 法華経への旅 ​第7回 信解品第四 ​下​(07/30) 『法華経の智慧』を読みました。素晴らし…
2019/04/20
XML
カテゴリ:ワールドリポート

虹を懸ける 池田先生と米ボストン  <1>  ​創価のルネサンスの光彩を​


   21世紀を担うのは君たち――ハーバード大学で講演した翌日、池田先生ご夫妻がボストン会館(当時)を初訪問。出迎えた未来部メンバーを激励した(1991年9月27日)



 アメリカの歴史と知性の街ボストン。池田先生は1991年と93年の2度、この地を訪れている。ボストンに輝く広布史と師弟のドラマを追った。


 「世界に征くんだ」


 1960年(昭和35年)10月2日、第3代会長に就任したばかりの池田先生は、戸田先生の遺言を胸に、北・南米へ旅立った。


 上着の内ポケットには、恩師の写真が大切に納められていた。


 アメリカでは、ハワイ、サンフランシスコ、シアトル、シカゴ、ニューヨーク、ワシントン、ロサンゼルスを歴訪。異国の地で生活する同志の心に勇気の灯を点じることから、世界広布の火ぶたが切られたのだ。


 ボストンで本格的な妙法流布が始まったのは、その数年後のことである。


無名の開拓者 


 ボストンから車で南へ約1時間。ロードアイランド州コベントリーで暮らす92歳のテルコ・ラングウェルさんは、草創メンバーの一人である。


 63年に青森で入会。その後、東京で行われる会合に駆け付け、池田先生との出会いを何度も刻んだ。


 「将来、世界中で座談会が開かれるようになる」。青年会長の確信の声に、胸を躍らせたラングウェルさん。やがて基地で働くアメリカ人と結ばれ、海を渡ったのは69年のことだった。


 当時、ボストン一帯で活動していた日本人のメンバーは数えるほど。彼女たちの励みになったのは、先生が草創の友に示した三指針――「市民権を得て良き市民に」「自動車の運転免許を取る」「英語のマスター」だった。


 ラングウェルさんは、すぐに免許を取得し、来る日も来る日も学会活動に明け暮れた。生来、病弱で子どもを産めなかった分、青年たちをわが子だと思い、大切にした。貧しい大学生たちも多い。よく家に招き、手料理をふるまった。


 「いつか必ず、先生をボストンにお迎えしたい。この素晴らしい若者たちを見ていただきたい――その一心でした」


 その願いが実現したのは、22年後のこと。91年9月24日、池田先生が、ロサンゼルスから空路、ボストンに降り立ったのである。


 先生は多忙な行事の合間を縫い、一人一人に励ましを送った。
 後継の未来部員にも“お父さんやお母さんに叱られないように、しっかり勉強してください”と、ユーモアを交えて語り掛ける。役員としてその場に居合わせたラングウェルさんは、先生が青年たちと触れ合う姿を、後方でじっと見つめた。


 「あの日の感動は生涯、忘れることはありません。命の限り、アメリカ広布にこの身をささげていく決心です。それが先生との誓いですから」


 先生が予見した通り、今、世界中で“ザダンカイ”が行われる時代が到来した。コベントリーの集いは、いつもラングウェルさんと青年たちの笑顔であふれている。


                      ◇ 


 60年に福岡で入会したハルコ・ハリソンさんは、空軍に勤める夫と共に3人の子を連れて64年にアメリカへ。一家和楽を誓い、異国の地へと移住した。


 だが、夫は肺結核になり、30代で歩行困難に。代わりにハリソンさんが料理人として働きに出た。家計は厳しく、氷点下になる冬もガス代が払えず、お湯さえ満足に使えない月日もあった。自暴自棄になった夫は、何度も命を絶とうとした。
 娘のマーガレットさん(圏婦人部長)は思い返す。


 「それでも母は、“これは私の人間革命の戦いなのよ”と御本尊に向かっていました。何時間も、お題目を唱えていました。わが家にとって、学会の会合が唯一、心が温まる時間でした」


 逆境の中でも、ハリソンさんは弘教に歩いた。語学力は十分ではなかったが、「ナンミョウホウレンゲキョウ」「ブッダ」「ベネフィット(功徳)」の単語を駆使し、身ぶり手ぶりで仏法を語っていった。


 池田先生の2度目のボストン訪問(93年)の折、ハリソンさんは、夫と6人の娘たちで撮った家族写真を届けた。すると先生から、“お写真ありがとう。とても美しいご家族の皆さんですね”との真心の伝言が。「今も一家の宝として大切にしています。先生は、全部分かってくださっている。本当に私たちは幸せです」


 夫は亡くなる前に一層発心し、一家は経済苦も全て乗り越えた。ハリソンさんは現在、がんとの闘いの真っただ中。それでも「なぜ、いつも幸せそうなのですか」と尋ねてきた医師に仏法の確信を朗らかに語っている。


 「“パイオニアの皆さんは、100歳まで長生きしてください”って、池田先生がおっしゃいましたから、絶対に負けません。“ああ、今日も先生と一緒に戦える”って、感謝の毎日です」


 無名の開拓者たちの胸に宿る“信仰の炎”は、今も燃えている。


師弟の思い出


 スティーブ・サパスティーンさん(副方面長)は73年に入会。街で知り合った人から、「仏教の会合に来てみないか?」と誘われたのがきっかけだった。


 「大学を卒業後、進むべき道が分からず途方に暮れていました。インド、イスラエル、フィンランド、デンマークなどを旅し、帰国した矢先に声を掛けられたんです。仏教に興味を持ち始めていた時で、翌朝から題目を唱えました」


 ベトナム戦争が泥沼化し、価値観が揺らいでいた時代。ヒッピーの全盛期が終わり、さまざまな新興宗教が青年たちを取り込んでいた。現実逃避する若者も増えていた。


 ある日のこと。サパスティーンさんは、家族に信心のことを理解してもらおうと、実家にSGIの機関紙を置いて帰った。


 後日、父親から電話が入った。


 「家にあった新聞を読んだよ。ところで今、池田先生は何をされているんだい? この方と一緒に進んでいけば、きっと間違いないだろう」


 生命力を高め、可能性を開き、社会に貢献する――初めて聞く「人間革命」の運動には、確かな哲理があった。サパスティーンさんの周囲では、創価の哲学への共感が広がっていった。
 

「まさにこれ以上ないタイミングでした。当時の青年たちは、ある意味で社会の犠牲者でした。希望を失っていた。そこへ日本人の婦人たちがやって来て、素晴らしい仏法を教えてくれたのです」


 ボストンでは青年世代のメンバーが続々と誕生し、サパスティーンさんたちは、雨の日も雪の日も対話の先頭に立った。草創の婦人たちは、おにぎりを作って応援してくれた。


 91年、青年部のリーダーとして、諸行事の運営役員を務めたサパスティーンさん。ボストン会館(当時

)を訪れた池田先生が語った言葉を、胸に深く刻んできた。


 「先生は、壁に掛かっていた大きな時計を指して、こう言われました。“この時計には、この部屋は少し小さいかもしれないね。いつか皆さんの手で、この時計にふさわしい会館を建てようよ”と。いつの日か、先生の期待にお応えできる青年の陣列をもって、広布の宝城を築く――これが先生との誓いになりました」


 2016年、ボストンの同志が集い合う「ニューイングランド会館」が完成。その一番大きな部屋に、“師弟の思い出”が詰まったこの時計が掛けられている。


確かなる軌道


 ボストンを初めて訪れた池田先生は、翌日の9月25日から、一級の学識者たちと会見を重ねていった。そして、メンバーが感動に胸を震わせる“出来事”が起きた。


 ボストン近郊に立つ世界的名門・ハーバード大学のケネディ政治大学院で、先生が「ソフト・パワーの時代と哲学」と題し、講演を行ったのである(9月26日)。


 89年に冷戦が終結し、講演の3カ月後にはソ連が崩壊するという時代の転換期。歴史の動因は、軍事や権力、富といった「ハード・パワー」から、知識や情報、文化などの「ソフト・パワー」に移っていた。先生は、仏法の「縁起」の思想に触れつつ、内発的精神に支えられた「自己規律」が求められていると訴えた。


 講演は、時代の要請に応えるものだった。後にアメリカ国防長官を務めたアシュトン・カーター教授は述べている。「ソフト・パワーへの時流を確たるものにしなければならない」と。


 当時、総合方面婦人部長だったキャサリーン・オレスキーさん。73年、大学生の時に入会し、草創の女子部として活動に励んできた。


 先生を迎える直前、オレスキーさんは突然の関節リウマチを発症。加えて、夫のビジネスが苦境に陥った。子育てをしながら、寝る間も惜しんで諸行事の準備・運営に奔走していた。


 「先生の講演は、私たちにとって新しい目覚めでした。視野が世界に広がり、自分たちの偉大な使命に目を見開いた瞬間だったのです。悩みも一気に吹き飛びました」


 講演の翌日、さらなる喜びのニュースが。先生が、諸行事が大成功で終わった感謝を込め、ボストンのメンバーに詩を贈ったのだ。


 わがボストンの
 

 妙法の哲人たちよ
 

 新しき


 創価の


 ルネサンスの光彩を


 鮮烈に

 力強く


 輝かしてくれたまえ

 
 詩には、「開拓」と「自由」と「平等」の原点の地・ボストンに生きる久遠の地涌の同志たちへの、限りない期待がつづられていた。


 オレスキーさんは、先生が出席した会合で誓いを語った。「わがボストンに、全米一、世界一の麗しい“人間共和のスクラム”を築いてまいります!」


 以来、自身の宿命転換に挑み、広布の先頭を走った。病も完治し、経済苦も乗り越えた。3人の子どもたちも立派に成長し、一家で広布の道を進む。

                      ◇ 


 池田先生の初訪問から2カ月後の91年11月28日、学会は宗門から「魂の独立」を果たす。その報は、ボストンの地でも喜びとなって広がった。自由の天地で、広布の新章が始まりを告げたのだ。


 先生は、ボストンの同志への詩で詠んでいる。
 

 

 この愉快な共進を


 陰湿な妬みの徒に


 断じて邪魔させては


 ならない


 人間のための宗教


 生活のための信仰


 幸福のための組織


 この確かなる軌道を


 迷いなく


 また

 ためらわず


 堂々と


 そして聡明に


 進みゆくことだ



 ご感想をお寄せください news-kikaku@seikyo-np-jp
(2019年4月18日  聖教新聞)







Last updated  2019/04/20 08:36:43 AM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.