8751945 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(529)

ニュース話題

(442)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3165)

今週のことば 聖教新聞

(545)

大白蓮華 巻頭言

(134)

「新・人間革命」と私

(125)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(112)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(22)

<池田大作先生> 四季の励まし

(53)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(193)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(44)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(11)

広布史

(127)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(28)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(44)

随筆 「人間革命」光あれ

(8)

ワールドリポート

(74)

WORLD TODAY――世界の今

(2)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(21)

虹を懸ける

(11)

信仰体験

(249)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(21)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(7)

私がつくる平和の文化

(12)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(2)

トーク2020

(1)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(7)

勝ちゆく君へ 池田先生が語る青年への指針

(2)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(1)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(2)

青年SGI 世界の若きスクラム

(2)

学ぼう「黄金柱の誉れ」Q&A

(2)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(1)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(1)

明日を照らす

(1)

​​​​​​婦人部のページ 

(1)

Archives

Comments

anbo@ Re[3]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) Asamigibbsさんへ 桂冠詩人の池田先生の魂…
Asamigibbs@ Re[2]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) anboさんへ 池田先生が種を巻かれたお話は…
anbo@ Re[1]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) Asamigibbsさんへ 池田先生が中東を訪問さ…
Asamigibbs@ Re:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) 初めて書かせていただきますが、いつも読…
NEKO@ Re:ロータスラウンジ 法華経への旅 ​第7回 信解品第四 ​下​(07/30) 『法華経の智慧』を読みました。素晴らし…
2019/04/30
XML
カテゴリ:教学

​​​心大歓喜 紙上講義で学ぼう  永遠に先駆の大九州たれ



 福岡ドーム(現・福岡ヤフオク!ドーム)は、1994年(平成6年)11月23日、池田先生の前で5万人の九州の同志がベートーベンの「第九」を熱唱した原点の場所。先生は「すごかった。いまだに合唱の響きが残っているよ。よく一つになれたね」「九州は勝った! 完璧だったよ」と。2001年に「10万人の第九」、05年には、沖縄と韓国の友も参加した「アジアの第九」を実現した(写真:PIXTA)



 今回の「心大歓喜――紙上講義で学ぼう」には、田村九州教学部長が登場。「如説修行抄」の御文を拝し、「永遠に先駆の大九州たれ」との指針を胸に、広宣流布の旗を掲げ、拡大に先駆ける九州の心意気を、つづってもらいます。

本文
​​​​​​​​​​​​​​ 権実二教のいくさを起(おこ)し忍辱(にんにく)の鎧(よろい)を著(き)て妙教の剣(つるぎ)を提(ひっさ)げ一部八巻の肝心(かんじん)妙法五字の旗を指上(さしあげ)て未顕真実(みけんしんじつ)の弓をはり正直捨権(しょうじきしゃごん)の箭(や)をはげて大白牛車(だいびゃくごしゃ)に打(う)乗つて権門をかつぱと破(やぶ)りかしこへおしかけここへおしよせ​​​​​​​​​​​​​​-----​​


(如説修行抄、502ページ11行目〜3行目)


通解
 権教と実教との戦いを起こし、どんな難にも耐える忍辱の鎧を着て、南無妙法蓮華経の利剣を提げ、法華経一部八巻の肝心たる妙法蓮華経の旗を掲げ、未顕真実の弓を張り、正直捨権の矢をつがえて、大白牛車に打ち乗って、権門をかっぱと破り、あちらへ押しかけ、こちらに押しよせ-----。


池田先生の指針から

 わが九州にみなぎる「先駆」 の精神とは何。
 第一に「自発能動(じはつのうどう)」の信心である。
 第二に「大勇猛心(だいゆうもうしん)」である。
 第三に「疾風迅雷(しっぷうじんらい)」の行動力である。
 九州は、この精神で、戦って戦って戦い抜いて、三類の強敵 の暴風を突き抜けてきた。(「随筆新I人間革命」〈「火の 国」九州の誇り〉、『池田大作全集』第131卷所収)

「創価完勝の決定打は我等の手で!」。この気宇壮大(きうそうだい)な責任感こそ九州魂である。
「九州に続け!」。福岡、佐賀、長崎、熊本、鹿児島、大 分、宮崎 一 大九州の皆様方の先駆(かきが)けの、そして命がけの奮闘(ふんとう)が、全国、全世界の同志をどんなに鼓舞してきたことか! 私の胸からは一生涯、離れることはない。
「先駆」とは、”人に先んじる”だけではない。
 いざ新たな戦いを起こそうとした時、誰でも最初に突き当たるのは、自分自身の心の壁である。「難しい」「苦手だ」「できない」一一そうした自身の壁に、勇気を奮ってぶつかることだ。(中略)
 懐かしき九州のいつも元気な友よ、どうか日本一仲良く、 「気取らない」「誠実である」 「真剣である」「必ずやりきる」という伝統を、日本中の同志のために貫いていただきたのだ。
           (2004年2月28日付本紙、 「随筆人間世紀の光」〈大九州の誉れの使命〉)


九州教学部長  田村隆雄
師弟の旗高く対話へ!戦う信心に喜びがある

 なぜ信心するのか?
 座談会で突如、情熱みなぎる真剣な語らいが始まったことがあります。
「宿命転換のため」等、一人一人が 自分の考える信仰観を話しました。その時、私は、「楽しいから」と答えたことを覚えています。

 生命から噴き出してくるような朗らかさ『生きていること自体が楽しいという歓喜こそ、信心の醍醐味(だいごみ)です。
 歓喜 — それは、決して受け身や情性の信心では得られません。自らが、 広宣流布の誓いを立て、使命に燃えて、勇敢に戦いを起こしてこそ、生命の本然の力が発揮されます。
 そのことを池田先生は、「火の国の歌」で「先駆の九州いざ楽し」と、 九州の全同志に「先駆」の使命を教えてくださったのです。​​


 今回拝する「如説修行抄」には、妙法流布に先駆する日蓮大聖人の折伏精神がみなぎっています。
 大聖人は「権実二教のいくさを起し」(御書5021ページ)と仰せです。
”苦難を受けている"のでなく、むしろ、"自ら折伏の戦を起こした"との闘争宣言です。
 強盛な信心には、苦難の意味を大きく変えていく力があります。ゆえに、大聖人の御闘争には、悲哀(ひあい)や嘆(なげ)きなど 微塵(みじん)もありません。むしろ、如説修行の行者として、身命をささげる覚悟と誇りにあふれています。
一部八巻の肝心・妙法五字の旗」、 つまり南無妙法蓮華経の題目の旗を掲 げ、「かしこへ・おしかけ・ここへ・お しよせ」と、縦横無尽(じゅうおうむじん)に駆け、仏の軍勢を広げてきたと仰せです。

 この御文を拝するたびに思い起こされるのは、1980年(昭和55年)5 月1日、九州平和会館(当時)での福岡県本部長会で放たれた、池田先生の師子吼です。
「『広宣流布の胸中の旗』を、断じて降ろしてはならない!」
「『折伏の修行の旗』を、決して降ろしてはならない!」
「『一生成仏の、信心の炎の光』を 消しては絶対にならない!」


 第5次訪中の帰路、先生はあえて、 九州に入られました。当時、師弟の絆を切り裂こうとする反逆者や悪侶たちの攻撃は熾烈を極めていました。それでも同志は、師を求めて押し寄せました。先生は、真心に応え、抱きかかえるように激励してくださったのです。
 私たちの師匠は永遠に池田先生 —  そう腹を決めた九州の全同志は、師弟不二の旗を掲げ、反転攻勢に敢然と打って出ました。

 私たちは”九州から、日本の、世界の広宣流布の新しいパターンを”との期待に今こそ応えたいと、学会の真実を世間に伝える展示を企画。翌81年5月に「九州池田平和記念館」がオープンしました。その折、先生は「これからの広宣流布は、折伏と、平和・文 化・教育の、三つの車輪で進んでいくんだよ」と教えてくださったのです。
 ”5万人で「第九」の合唱を行っては"との、先生の提案に真っ先に呼応した九州青年部は、25年前、福岡ドー ム(当時)で「アジア青年平和音楽祭」を開催。代表5万人が、先生の前で「歓喜の歌」を歌い上げました。
「第九」に込められた"苦悩を突き抜け歓喜に至れ!"とのメッセージ は、仏法の「煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)」の法理にも通じる人間賛歌に思えてなりません。
 先日、広布の主戦場に駆け付けた同志が、誇らしげに語っていました。
「自分の信心の戦いです。自身の使命、師匠との誓いを果たすためです!」 私は、爽やかな風が吹き抜けたような気持ちになりました。


 先生は、教えてくださいました。
 「楽しいところに、人々は集う。明るい集いに、歓喜がわく。喜びの信心に、福徳はいや増す。勢いの強いところに、勝利もある」「前進する人には 『希望』がわく。『勇気』がみなぎる。『張り』がある。『充実感』がある。『結果』も出る。だから楽しい」
  一人一人が”自分自身の信心の戦い"を起こし、祈り抜き、祈りきり、 縦横無尽に仏法対話に先駆け、自他共に"使命の喜びの人生"を謳歌しようではありませんか!

(2019年4月30日 聖教新聞)







Last updated  2019/04/30 10:17:23 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.