8765983 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(530)

ニュース話題

(442)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3166)

今週のことば 聖教新聞

(546)

大白蓮華 巻頭言

(134)

「新・人間革命」と私

(125)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(112)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(22)

<池田大作先生> 四季の励まし

(54)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(194)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(44)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(11)

広布史

(127)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(28)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(45)

随筆 「人間革命」光あれ

(8)

ワールドリポート

(74)

WORLD TODAY――世界の今

(2)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(21)

虹を懸ける

(11)

信仰体験

(251)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(21)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(7)

私がつくる平和の文化

(12)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(2)

トーク2020

(1)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(7)

勝ちゆく君へ 池田先生が語る青年への指針

(2)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(1)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(2)

青年SGI 世界の若きスクラム

(2)

学ぼう「黄金柱の誉れ」Q&A

(2)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(1)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(1)

明日を照らす

(1)

​​​​​​婦人部のページ 

(1)

世界の識者の眼

(1)

Archives

Comments

anbo@ Re[3]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) Asamigibbsさんへ 桂冠詩人の池田先生の魂…
Asamigibbs@ Re[2]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) anboさんへ 池田先生が種を巻かれたお話は…
anbo@ Re[1]:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) Asamigibbsさんへ 池田先生が中東を訪問さ…
Asamigibbs@ Re:中東 ドバイで第8回詩人の集い(02/18) 初めて書かせていただきますが、いつも読…
NEKO@ Re:ロータスラウンジ 法華経への旅 ​第7回 信解品第四 ​下​(07/30) 『法華経の智慧』を読みました。素晴らし…
2019/04/30
XML

​忘れ得ぬ瞬間とき)

創立者の語らい 

第11回   創価大学・女子短大 2004年4月入学式

あえて苦難の道を進め!


 2004年4月1日、創価大学の第34回入学式、創価女子短期大学の第20回入学式が、東京・八王子市の創大池田記念講堂で挙行された。
 この時、シベリア屈指の最高学府であるロシア連邦・ブリャート共和国の「ブリャート国立大学」から、創立者・池田先生に「名誉教授」の称号が贈られている。
 席上、池田先生は、同国の至言を幾度も紹介しながら、新入生の前途に、限りない期待を寄せた。
 スピーチの冒頭では、ブリャート共和国のことわざ――「学問を修めていない人間が愚かなのではない。学問を修めようと努力しない人間が愚かなのである」を引用し、こう訴えた。
  
 「現状」がどうかではない。「これから」です。いかに努力していくかです。そこに「未来」の一切が含まれているといってもいい。
 きょうよりは、しっかりと腰をすえて、学問を修めていただきたい。
 そのための大学です。
 そのための学生です。
  
 創大生、短大生は、断じて親不孝であってはいけない。立派に卒業して、お父さん、お母さんを安心させてあげてください。約束です。よろしくお願いします。
 
積極果敢な人に
 次に、先生は「真実は清らかである。嘘は汚らわしい」との同国の英知の格言に触れながら、正邪を見破る力こそ真の知性であると語った。
  
 現実の人間社会は、汚らわしい嘘が渦巻いている。なかんずく、正義のために戦う偉大なる人生には、卑劣な嫉妬の嘘が襲いかかってくる。それが方程式です。
 そうした嘘を鋭く見破り、痛烈に打ち破る力が、真の知力であり、知性です。
 いかなる時代状況にあっても、きちんと善悪がわかる。正邪を言い切れる。この判断基準を明確に持っている人が、「学問のある人」と言えるのです。
  
 学問は、暗黒を照らす真実の太陽である。
 学問は、正義の勝利の力である。
 学問は、自身の向上と前進の源である。
 学問は、幸福の土台である。
 そして、学問は、成功者の、勝利者の剣なのである。
  
 さらに、先生は「答える時は、まちがえる時もある。しかし、質問をする時には、まちがえることはない」との同国の名言を紹介し、「学問に望む姿勢」について述べた。
  
 「積極果敢に恐れなく、質問すること」。それが学問の起爆剤だからです。
 私も、幾多の世界の識者と対話をしてきました。
 どんな方と会うときも、なんとか時間を割いて準備し、相手のことを勉強し、常に自分から質問することを心がけてきました。
 良い質問をすると、相手も話しやすい。自然と語らいは弾み、心と心が結ばれる。
 質問が大事です。先手必勝です。皆さんも同じです。
 学生に遠慮はいらない。学問に妥協は禁物です。
 どんどん先生方に質問してよいのです。
  
 正義のため。平和のため。人民の幸福のため――この最も大切な目的に向かって、勇敢に戦い抜き、忍耐強く勝ち抜いていく。これが「青春の英雄」であり、「生命の勝利者」であります。
 そのためには、心して良書を選び、徹底して読破していくことです。
 恩師・戸田先生は、厳格に悪書を斥しりぞけました。「良書を読め」と常々言われた。
 私も若き日、恩師から毎日のように聞かれました。
 「今、何を読んでいるか」「どんな内容か」。忙しくて読み進んでいないと、たちまち見抜かれた。
 一緒に旅行した時は、列車に乗っている間じゅう、読んだ本の話をさせられました。東北から東京までの旅の長かったこと――。
 ともかく先生は読ませました。私を訓練しました。今思えば、幸せなことです。
 訓練から逃げた人、努力を避けた人は、その時は気楽でいいかもしれないが、後になって苦しむ。
 あえて苦難の道を、自分を鍛えるために、諸君は頑張り抜いてもらいたい。
 
知識と知恵を培え
 最後に、先生は「知識を持ち、知恵を持った人」こそ真の幸福者であることを強調し、スピーチを結んだ。
  
 知恵が大切です。
 学問は、また知識は、知恵の水を汲み上げるポンプです。
 知識だけでは幸福につながらない。知識と知恵があってこそ、幸福はあるのです。
 知識イコール幸福ではない。それがわからないところに現代の不幸がある。
 「あの人は、いい大学を出たから幸福だ」と錯覚するのは、知識と知恵を混同している証拠です。
 知識を持ち、知恵を持った人――この人が、本当の意味の、幸福な人間であることを忘れないでください。
 私は申し上げたい。
 愛する、そして尊敬する、偉大なる学究の君たちよ、徹して学問を深めていきたまえ!
 自分自身のために。
 自分の勝利の道を大きく開いていくために。
 皆を幸福にしていける、広大なるわが心の世界を、晴れ晴れと広げていっていただきたい。
 ともかく、学問だけはしっかり励んでほしい。あとは自由です。学問は大変だろうが、すべては未来のためなのです。​


(2019年4月30日 聖教新聞)







Last updated  2019/05/01 11:03:41 AM
コメント(1) | コメントを書く
[池田先生のメッセージ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.