8482630 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(510)

ニュース話題

(421)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3139)

今週のことば 聖教新聞

(541)

大白蓮華 巻頭言

(133)

「新・人間革命」と私

(119)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(108)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(21)

<池田大作先生> 四季の励まし

(52)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(192)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(38)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(7)

広布史

(125)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(27)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(42)

随筆 「人間革命」光あれ

(7)

ワールドリポート

(61)

WORLD TODAY――世界の今

(1)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(16)

虹を懸ける

(11)

信仰体験

(225)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(15)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(6)

私がつくる平和の文化

(11)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(2)

トーク2020

(1)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(6)

勝ちゆく君へ 池田先生が語る青年への指針

(1)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(1)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(1)

青年SGI 世界の若きスクラム

(1)

学ぼう「黄金柱の誉れ」Q&A

(1)

Archives

Comments

Neko@ ロータス ラウンジ 第2回  こんにちは。 第2回も、読ませていただき…
NEKO@ Re:ロータス ラウンジ――法華経への旅 第1回 そもそも法華経って何?(12/04) すばらしい、ブログを見つけることができ…
nori@ Re:全国各部協議会での名誉会長のスピーチ 下-2(01/27) 調べることがあり、参考にさせていただき…
2019/08/25
XML
カテゴリ:ニュース話題

青年部訪中団 全青連本部を表敬  汪主席が歓迎「世界の発展へ共に努力」

  汪主席(前列左から5人目)ら全青連代表と青年部の訪中団一行が記念のカメラに。汪主席は「学会青年部は最重要のパートナーです」と(全青連本部で)

 

【北京】「皆さん、良い時季に来られましたね!」


 21日、北京に降り立った青年部の日中友好青年交流団一行を、全青連(中華全国青年連合会)のスタッフが笑顔で出迎えた。


 夏から秋へ移りゆくこの時節の北京は、湿度が下がり、暑さのわりに過ごしやすいという。すがすがしい青空の下、交流旅の始まりを喜び合った。
 訪中団一行は午後4時(現地時間)、北京市内の全青連本部を表敬訪問し、汪鴻雁(おうこうがん)全青連主席と会見。これには、李柯勇(りかゆう)副主席、伍偉(ごい)副秘書長らが同席した。


 全青連は中華人民共和国の成立と同じ1949年に発足。本年で70周年を迎える中国最大の青年団体である。次代を担う最大の人材育成機関であり、出身者の多くが各地で要職を担っている。


 会見には、汪主席が“青年部訪中団のために短時間でも”と、時間をこじ開けて参加した。席上、昨年、学会青年部の招へいによる交流団の代表として来日したことに触れ、各地で温かな交流を結んだことを述懐。周恩来総理と池田先生の出会いの写真を見て改めて感動し、中日友好の絆を後世に伝えなければと決意したと語った。


 また、本年は周総理と池田先生の会見から45周年であり、中国成立70周年、日本で令和の時代が始まったことに言及。「節目の時に学会青年部が中国を訪れたことは、大変に有意義です。こうした民間交流を続け、中日友好、ひいては世界の発展に寄与する青年の輩出に努力していきましょう」と呼び掛けた。


 団長の竹岡青年部長は、汪主席の真心に感謝を述べるとともに、今回の訪中団について「池田先生の育てた青年たちが社会で活躍している姿を見ていただければ」と語り、「行く先々で出会うお一人お一人と、心の絆を結んでいきたい」と決意を述べた。


 李副主席は、中日両国の関係性は、より重要度を増していると強調。「今回の交流で目にした中国の若者のありのままの状況を、日本に伝えていただきたい」と望んだ。(記事=戸村満春、写真=綿谷満久)​


(2019年8月25日   聖教新聞)







Last updated  2019/08/28 12:29:19 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.