8531885 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(522)

ニュース話題

(423)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3144)

今週のことば 聖教新聞

(542)

大白蓮華 巻頭言

(133)

「新・人間革命」と私

(121)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(108)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(21)

<池田大作先生> 四季の励まし

(52)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(193)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(39)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(7)

広布史

(125)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(27)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(42)

随筆 「人間革命」光あれ

(7)

ワールドリポート

(62)

WORLD TODAY――世界の今

(1)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(18)

虹を懸ける

(11)

信仰体験

(227)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(16)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(6)

私がつくる平和の文化

(11)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(2)

トーク2020

(1)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(7)

勝ちゆく君へ 池田先生が語る青年への指針

(1)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(1)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(1)

青年SGI 世界の若きスクラム

(1)

学ぼう「黄金柱の誉れ」Q&A

(1)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(1)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(1)

Archives

Comments

Neko@ ロータス ラウンジ 第2回  こんにちは。 第2回も、読ませていただき…
NEKO@ Re:ロータス ラウンジ――法華経への旅 第1回 そもそも法華経って何?(12/04) すばらしい、ブログを見つけることができ…
nori@ Re:全国各部協議会での名誉会長のスピーチ 下-2(01/27) 調べることがあり、参考にさせていただき…
2019/08/27
XML
カテゴリ:教学
​​​​​心大歓喜 紙上講義で学ぼう 師弟誓願の北陸


光り輝く北陸の天地。富山市中心部と立山連峰。池田先生は「我らは『誓願の題目』を勇気凜々と轟(とどろ)かせ、どんな冬も勝ち越えて、大切な郷土と大切な地球に、『常楽』と『遊楽』の希望の春を爛漫(らんまん)と広げていきたい」と
 今回の「心大歓喜――紙上講義で学ぼう」には、手取屋(てどりや)北陸教学部長が登場。


御文


 願くは我が弟子等・大願ををこせ……法華経の第三に云く「願くは此の功徳を以(もっ)て普(あまね)く一切に及ぼし我等と衆生と皆共に仏道を成ぜん」云云
 (上野殿御返事、1561ページ1行目~5行目)

​

通解


 願わくは我が弟子たちよ、大願を起こせ……法華経の第三の巻には「願わくは此の功徳を以て、普く一切に及ぼし、我等と衆生とは、皆共に仏道を成ぜん」と説かれている。



池田先生の指針から


 わが偉大なる「誓願の同志」たちよ!
 

「誓」とは、歴史をつくる「力」である。


「誓」とは、暗闇を照らす「光」である。
 

「誓」とは、邪悪を破する「剣」である。(中略)


 石川の友よ!


 富山の友よ!


 誇り高き北陸の同志よ!


 妙法は、永遠に勝利だ。


 師弟は、永遠に一体だ。

 (随筆「人間世紀の光」〈創価の使命の花咲く天地〉)
 

                      ◇
 

 北陸の勝利は 即
 

 恩師の勝利である。
 

 北陸の栄光は 即
 

 創価の師弟の栄光である。
 (長編詩「太陽は昇る! 栄光の北陸に!!」)
 

                      ◇
 

 人間なにごとかを成し遂げようとするならば、気合いよく体当たりしていく態度というものが、非常に必要なのではないかと思うのであります。


 その意味で、学会活動にせよ、文化活動にせよ、はたまたあらゆる職業の展開にせよ、潔い信心を根幹として、ほんとうに腹の底から好きになっていくことが大切であろうと思うのであります。
 (1974年4月28日、北陸広布20周年記念総会)


                      ◇


 人間を決するものは、格好や服装ではない。形式でもない。なにごとも心意気である。


 これをわれらの立場でいえば、信心の一念から発する情熱であり、行動である。


 (1982年9月9日、北陸広布開拓25周年記念勤行会)



北陸教学部長 手取屋七直(てどりやしちなお)


​「誓」「師弟不二」の魂で喜び勇んで使命の道を
​

 35年前(1984年〈昭和59年〉)の8月24日、池田先生は10度目の北陸指導のさなか、若き友の成長を喜ばれ、急きょ、懇談の機会をもってくださいました。


 その日は、先生の入信記念日。未来を託すように「一切は青年で決まる。逃避も諦めも悲観も乗り越えて、地道に懸命に伸び伸びと生き抜くことだ」と語ってくださいました。


 2日後の26日には、「第1回北陸平和文化祭」に出席。「新世紀 胸に抱きて 乱舞せる 北陸健児の 栄光開けり」と、健闘をたたえられました。


 巡り来る「8・24」は「北陸青年部の日」、「8・26」は「北陸の日」として、師匠の渾身の期待を受け継ぐ日となっています。



 日蓮大聖人も、後継の青年を大切にされました。今回拝する「上野殿御返事(竜門御書)」は、若き南条時光に送られたお手紙です。本抄は弘安2年(1279年)11月、「熱原の法難」の渦中、身延の地で認められました。命にも及ぶ迫害に遭っていた門下に、大願を貫く人生を教えられています。
 この御文を拝するたび、1982年(昭和57年)9月の北陸指導が思い起こされます。先生は、魂をとどめるように次々と揮毫してくださいました。


 石川での「誓」――まさに「我が弟子等・大願ををこせ」と、誓願の人生を示してくださいました。


 誓いは、一度誓ったら終わりではありません。常に誓いを新たにしていく連続闘争の日々にこそ、喜びにあふれる誓願の人生があります。


 また、先生は一貫して、北陸人の気質を打ち破るかのように「潔い信心」「勇猛精進」という積極性を教えられてきました。誓いも、お仕着せや借り物では意味がありません。どこまでも自身の信心の発露として起こすものだからです。


 富山でのご揮毫「師弟不二」――広宣流布の大願を、師匠と弟子が同じくすることの大切さを教えてくださいました。
 私たちの大願は、どこまでいっても広宣流布です。それは、本抄に仰せの「皆共に仏道を成ぜん」との願いにほかなりません。一人一人が「山本伸一」となって、自身の人間革命、広宣流布に挑戦していくことが大切です。


 姉の病をきっかけに入会した私は、姉の体調が良くなる姿を見て、信心の確信を深めていましたが、「御本尊」とは何なのだろうという漠然とした疑問がありました。


 忘れもしない74年(昭和49年)4月28日の「北陸広布20周年記念総会」。その日は「立宗宣言の日」で、先生は「本尊」とは何かについて、「大聖人の仏法は『一切の根源は“生命”それ自体である。根本として大切にして尊敬を払っていくべきものは、まさに“人間生命”そのものである』という哲理であり、思想なのであります」と、明確に語られました。自身の生命が本来、尊極無上の仏であり、南無妙法蓮華経の当体であるということを知り、私は目が覚める思いでした。


 今、教育にあっては、自己肯定感の大切さに注目が集まっています。子どもだけでなく、大人にとっても、重要な問題です。自分の存在を大切に思えることが幸福への第一歩であり、その人は他人も大切にできるからです。


 究極の自己肯定こそ、私たちにとっては、我が生命に仏界があることを信じて祈ることにほかなりません。地涌の菩薩の自覚こそ、宿命を使命に変える自己肯定の極意です。それは師弟不二で誓願に生きる人生ともいえます。


 「絶対に乗り越えられる」と確信をもって語る友。「祈れること自体が幸せ」と笑顔で語る友……。多くの同志が、地涌の使命に生きる喜びを体現してくださっています。


 私は、仏法の素晴らしさを伝えようと、2010年(平成22年)から「会館御書セミナー」と題し、友人などにも分かりやすい連続講義を、北陸の各会館で200回ほど開催してきました。セミナーを通して、入会された方もいます。


 学会の中で、「誓」「師弟不二」に生き抜くことが、どれほど偉大なことなのか。多くの同志の姿を通して、仏法の偉大さを痛感しています。


 先日始まった北陸の「誓願拡大月間」を、同志と共に、人間生命の賛歌を響かせながら前進してまいります。


(2019年8月27日  聖教新聞)

​​​​​






Last updated  2019/08/27 10:56:58 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.