8464421 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(510)

ニュース話題

(420)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3137)

今週のことば 聖教新聞

(541)

大白蓮華 巻頭言

(133)

「新・人間革命」と私

(118)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(108)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(21)

<池田大作先生> 四季の励まし

(52)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(192)

池田先生のスピーチ

(98)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(38)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(7)

広布史

(125)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(27)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(42)

随筆 「人間革命」光あれ

(7)

ワールドリポート

(60)

WORLD TODAY――世界の今

(1)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(16)

虹を懸ける

(11)

信仰体験

(223)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(15)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(6)

私がつくる平和の文化

(11)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(1)

トーク2020

(1)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(6)

勝ちゆく君へ 池田先生が語る青年への指針

(1)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(1)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(1)

青年SGI 世界の若きスクラム

(1)

Archives

Comments

NEKO@ Re:ロータス ラウンジ――法華経への旅 第1回 そもそも法華経って何?(12/04) すばらしい、ブログを見つけることができ…
nori@ Re:全国各部協議会での名誉会長のスピーチ 下-2(01/27) 調べることがあり、参考にさせていただき…
anbo@ Re[1]:大白蓮華 巻頭言 2020年1月号(12/30) けーすでんきさんへ 「前進・人材の年」開…
けーすでんき@ Re:大白蓮華 巻頭言 2020年1月号(12/30) 本年もよろしくお願いいたします。m(__)m
2019/09/13
XML

​「世界広布新時代第42回本部幹部会」で紹介された池田先生の指針

(1993年4月の本部幹部会での池田先生のスピーチ)


広宣流布は信念の言論戦
正義を叫べ!真実を語れ! 

「新聞」は民衆の勝利のために

 「世界広布新時代第42回本部幹部会」(8月31日、横浜市鶴見区の神奈川池田記念講堂)の席上、1993年4月の本部幹部会での池田先生のスピーチ映像が上映された。11・18の「創価学会 世界聖教会館」完成へ、勇躍前進する友への指針として掲載する。

 一、きょう4月20日は、「聖教新聞」の創刊記念日である(1951年創刊)。
まず全国の、わが愛する「無冠の友」──配達員の方々、また配達協力者の方々に、心より感謝を申し上げたい。ありがとうございます!
 これからも、どうかご健康で、一日一日、無事故であっていただきたい。素晴らしい福運を積みながら、ご長寿で、素晴らしい生涯であっていただきたい。
 「聖教新聞」は、発行部数においても日本有数の新聞である。しかも、それ以上に、仏法を根底とした「人生の指針」「人間哲学」「人間讃歌」「人間の生き方」という、
内容の深さにおいては“世界第一”であると確信する。
 
希望を万年先まで
 一、新聞こそ、言論戦の“武器”である。私の尊敬する、ブラジル文学アカデミーのアタイデ総裁も、新聞を精神闘争の“武器”として戦ってこられた。
 総裁は青年時代から、新聞記者として活躍された。しかし独裁政権から、何度も弾圧(だんあつ)される。投獄(とうごく)もされた。国外追放にもあった。
 けれども総裁は、絶対にペンを折らなかった。書いて書いて、書きまくった。民衆に真実を訴え抜いた。
 何があろうと“道を貫く”“退転しない”。これが人間としての「勝利者」の証しである。
 どこまでも、正義を叫び切っていく。真実を語りに語り抜いていく。ここに私たちの折伏精神もある。広宣流布は、永遠不退の闘争であり、信念の言論戦なのである。

 アタイデ総裁とは、今回のブラジル訪問の折に初めてお会いした(93年2月、リオデジャネイロ)。お顔には、長き闘争の風雪が刻まれていた。まさに“獅子の顔”であった。戦士の心は、会ったとたん、瞬時に響き合った。
 「戦いましょう」「二人で力を合わせ、人類の歴史を変えましょう」──これが、出迎えてくださった空港での総裁の言葉であった。

 一、アタイデ総裁は、新聞の使命について、こう述べられた。
 「新聞は毎日、また常に、民衆の光輝ある力のために、現在と未来の間に立って、歴史の行進を先取りする。そして世界の地平線へ、鋭きまなざしを広げていく」
 商業主義でもない。自己満足のためでもない。新聞は「民衆の勝利」のためにある。
 わが「聖教新聞」は、これからも、世界の第一級の良識と広く深く連帯しながら、さらに力強く、さわやかに、民衆の心、人類の心を動かしてまいりたい。
 一波が二波、三波、そして万波となっていくように、新世紀へ、万年の未来へ、限りない希望の生命の波を送っていく。これが「聖教新聞」の使命である。

無冠の友は「仏の使者」
 一、日蓮大聖人は、門下の大田乗明へのお手紙で、「金珠女」の説話を引いておられる。
 「昔金珠女(こんじゅにょ)は金銭一文を木像の薄(はく)と為(な)し、九十一劫金色(こんじき)の身と為(な)りき」(御書1012ページ)──昔、金珠女(こんじゅにょ)は、仏の木像を飾る金箔(きんぱく)を金銭一文で供養し、九十一劫の間、金色の身となった──。
 (昔、毘婆尸仏(びばしぶつ)という仏が入滅したあと、人々は七宝の塔を供養したが、そのなかの木像の顔の金色が一カ所、欠け落ちていた。このとき、貧しい一女性が、乞食(こじき)をして得た金珠〈金の宝珠〉で補修した。その功徳で九十一劫もの長い間〈一劫は一説には約1600万年との計算もある〉、金色の身と生まれて、人界・天界の喜楽を受け続けたと、「付法蔵因縁伝(ふほうぞういんねんでん)」〈『大正新脩大蔵経』第50巻〉に説かれている)

 「金色の身」とは、光り輝く最高の大福徳の身ということであろう。お金も「いらない」「いらない」と言っても入ってくる(爆笑)。
 それはともあれ、くめどもつきぬ福運、体からあふれ、にじみ出てくる歓喜の光。
こうした「金色の身」が生々世々に続いたというのである。
 わずか「金銭一文」でも、時にかなった真心からの供養であれば、計り知れない功徳を得る。「心」の不思議な作用である。


 一、さらに大聖人は、「仏」を供養した金珠女の功徳以上に、「仏の師」である「経(法華経)」に供養する大田乗明夫妻の功徳は大きい。必ず一生のうちに成仏されますよ、と断言しておられる。
 大聖人のお言葉には、絶対に、うそはない。必ず、その通りになっていく。私は大確信をもっている。
 今、私たちは、最高の供養である「妙法流布」をなしている。「広宣流布」の聖業をなしている。その人は、「金珠女」すなわち「黄金の宝珠の女性」以上の大福徳を得る。必ず「金色の身」となる。これが、御本仏のお約束であられる。
 なかんずく配達員の方々の功徳は大きい。
 というのは、大聖人は「仏は文字に依(よ)って衆生(しゅじょう)を度(ど)し給うなり」(御書153ページ)──仏は(経文の)文字によって、人間を済度(救済)される──と仰せになっている。
 「文字」には、人を救う力がある。人を救う「文字」がある。
 経文そのものとは次元は異なるが、「聖教新聞」の根本は「文字によって人々を救う」新聞である。広宣流布をなしている唯一の新聞である。
 それを届けてくださる方々は、実は「仏の使者」であられる。一日一日が、偉大なる価値を生まないわけがない。一歩一歩が永遠の福徳を積まないはずがない。
 尊き仏使であられる配達員の皆さまが、また、ご一家が、永遠に無事故で、色あせぬ金色の幸福に包まれておられることを私は願い、祈っている。

「無限の知恵」を
 一、大航海時代、はるかな海を越えて、マカオを訪れた一人の詩人がいた。彼の名はカモンイス(1524~80年)。ポルトガル文学史上、最大の詩人とうたわれる人物である。
 詩人は語る。
 「権威や権力を利用して卑劣な中傷、根拠なき批判をする者は、絶対に勝つことはできない。それは勝利の因に欠けているからだ。真の勝利は、唯一無二にして完全なる正義をもっているかどうかで決まる」と。
 「正義」こそ力である。私たちは、大聖人の仏法という、「唯一無二にして完全なる正義」をもち、進んできた。ゆえに、一切を乗り越え、堂々と勝ってきた。いかな
る中傷も、ものともせず前進してきた。そして今や、全世界にこれほどの信頼の輪を広げつつ、この上なく楽しい「世界一」の学会となった。

 一、カモンイスは、また「勝利は権力ではなく、知恵で勝ちとるものだ」と。
 仏法の精神にも通ずる、英知の言葉である。
 いわんや大聖人の仏法は、「以信代慧(いしんたいえ)(信を以って慧に代う)」である。「幸福への知恵」「勝利への知恵」は、信心のなかに含まれている。
 周囲がどうか、環境がどうかではない。大切なのは、自分自身の知恵である。知恵で決まる。その知恵を開くために、自分自身が「信心」を奮い起こしていくことである。
 また、そうした強き信心の祈りは、すぐに目には見えなくとも、時とともに、必ず、「勝利のリズム」を生み出していく。「無限の知恵」が、「無限の勝利」の道を開いていく──それが信心である。
 本日は、海外20カ国の求道の同志も集っておられる。心から感謝申し上げたい。
遠いところ、本当に、ご苦労さまです。
 最後に、皆さまの健闘をたたえ、また「無冠の友、万歳!」と申し上げ、本日のスピーチとしたい。
 本当にご苦労さま! ありがとう!


(2019年9月13日  聖教新聞)







Last updated  2019/09/13 12:10:04 PM
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.