8106517 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(498)

ニュース話題

(386)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(44)

わが友に贈る 聖教新聞

(3106)

今週のことば 聖教新聞

(535)

大白蓮華 巻頭言

(132)

「新・人間革命」と私

(106)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(104)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(18)

<池田大作先生> 四季の励まし

(48)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(191)

池田先生のスピーチ

(98)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(33)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(6)

広布史

(125)

民音

(16)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(27)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(40)

随筆 「人間革命」光あれ

(7)

ワールドリポート

(45)

WORLD TODAY――世界の今

(1)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(11)

虹を懸ける

(6)

信仰体験

(203)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(10)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(2)

ライオンハート 師子の誓い

(4)

Archives

Comments

釋迦如來@ Re:ニセ法主 日顕が死去(09/20) 日蓮宗とか浄土真宗も真言宗もおかしいと…
anbo@ Re[1]:大白蓮華 巻頭言 2019年11月号(10/31) けーすでんきさんへ 有難うございます。 2…
けーすでんき@ Re:大白蓮華 巻頭言 2019年11月号(10/31) 例月の掲載 まことにありがとうございます…
anbo@ Re[1]:池田先生とオーストリアのウィーン(07/03) Keikoさんへ ウイーン!素晴らしい! ベ…
Keiko@ Re:池田先生とオーストリアのウィーン(07/03) 今ウイーンにいます。 SGIUkメンバーで題…
2019/10/31
XML
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 巻頭言   2019年11月号
2019年(令和元年)11月号(No.841)

巻頭言  人類の希望の宝座・ザダンカイ

                                池田大作

 恩師と一緒に拝した忘れ得ぬ御聖訓がある。佐渡から遠く甲斐(かい)の国まで夫(おっと)を送り出した千日尼(せんにちあま)への御書である。
「阿仏房(あぶつぼう)を見つけて・尼ごぜんは・いかにと・まづといて候いつれば・いまだやまず」(1314ページ)と。
 日蓮大聖人は、疫病(えきびょう)が流行する中で、門下を案じ祈っ てくださっていた。遠来の阿仏房を労(ねぎら)いつつ、真っ先に一人一人の安否(あんぴ)を尋(たず)ねられ、その無事を喜ばれている。 とともに、千日尼に託(たく)して、家族に先立たれた婦人への心に染(し)み入る励(はげ)ましのご伝言を送ってもおられるのだ。
  戸田先生は、この御文を私に拝読させながら言われた。「これが、御本仏の人間性の極致(ごくち)の御振る舞いだよ。 我らの座談会も、かくありたいものだ」と。

 創価の人間主義は、座談会から限りなく湧現(ゆげん)する。
 ハーバード大学での2度目の講演で、私は「人間復権の宗教」すなわち「人間を強く、善(よ)く、賢(かしこ)くする」宗教こそが、21世紀文明を創造すると提唱した。
 まさしく座談会は、集える友が皆、より強く蘇生(そせい)して、 「人間革命」の主役となって躍(おど)り出る劇場である。いかなる宿命にも断じて負けない仏の力が湧いてくる。
 また座談会は、元初からの家族の広場といってよい。 あらゆる差異(さい)を超(こ)え、互いの善性(ぜんしょう)を信頼し、触発(しょくはつ)し合う。人類が求めてやまない寛容(かんよう)と共和のモデルがここにある。
 そして座談会は、最極(さいごく)の生命尊厳の哲理の道場である。 老いも若きも生き生きと学び、語り合う中で、一人一人が賢明(けんめい)になり、価値創造の智慧(ちえ)を漲(みなぎ)らせていくのだ。
 1968年、私は勇(いさ)んで「座談会革命」に率先(そっせん)した。自ら出席した富士宮の座談会では、「今法華経・寿量品(じゅりょうほん)を持(たま)つ人は諸仏(しょぶつ)の命を続ぐ人なり、我が得道(とくどう)なりし経を持つ人を捨(す)て給(たも)う仏あるべしや」(1050ページ)の一節を拝し、「どんな試練があっても、最後は必ず勝つ」と訴えた。
 以来半世紀、民衆仏法の勝利の光は世界に広がっている。  
 前進・人材の年は、新たなザダンカイ革命から出発だ!


  人類の
   希望の宝座(ほうざ)に
      青年(きみ) 来れ
    生命の歓喜を
     共に謳(うた)わむ​​






Last updated  2019/11/01 12:11:59 PM
コメント(2) | コメントを書く
[大白蓮華 巻頭言] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:大白蓮華 巻頭言 2019年11月号(10/31)   けーすでんき さん
例月の掲載 まことにありがとうございます。m(__)m (2019/11/19 11:04:55 PM)

Re[1]:大白蓮華 巻頭言 2019年11月号(10/31)   anbo さん
けーすでんきさんへ
有難うございます。
2020年「前進・人材の年」は、新たなザダンカイ革命から出発だ!
(2019/11/19 11:34:53 PM)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.