8098087 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(498)

ニュース話題

(386)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(44)

わが友に贈る 聖教新聞

(3105)

今週のことば 聖教新聞

(535)

大白蓮華 巻頭言

(132)

「新・人間革命」と私

(105)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(104)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(18)

<池田大作先生> 四季の励まし

(48)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(191)

池田先生のスピーチ

(98)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(33)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(6)

広布史

(125)

民音

(16)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(27)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(40)

随筆 「人間革命」光あれ

(7)

ワールドリポート

(45)

WORLD TODAY――世界の今

(1)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(11)

虹を懸ける

(6)

信仰体験

(203)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(10)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(2)

ライオンハート 師子の誓い

(4)

Archives

Comments

釋迦如來@ Re:ニセ法主 日顕が死去(09/20) 日蓮宗とか浄土真宗も真言宗もおかしいと…
anbo@ Re[1]:大白蓮華 巻頭言 2019年11月号(10/31) けーすでんきさんへ 有難うございます。 2…
けーすでんき@ Re:大白蓮華 巻頭言 2019年11月号(10/31) 例月の掲載 まことにありがとうございます…
anbo@ Re[1]:池田先生とオーストリアのウィーン(07/03) Keikoさんへ ウイーン!素晴らしい! ベ…
Keiko@ Re:池田先生とオーストリアのウィーン(07/03) 今ウイーンにいます。 SGIUkメンバーで題…
2019/11/19
XML

世界広布新時代第44回本部幹部会・SGI総会への
池田先生のメッセージ


 一、戸田先生は健気な母の宿命転換の体験を聞かれると、いつも、「大作、牧口先生にお聞かせしたいな」と言われました。また人知れず陰の労苦に徹する男女青年部の姿を見つけると、「牧口先生にお見せしたいな」と言われました。
 師匠と弟子は常に一体であり、生死を超えて、永遠に不二であります。
 牧口先生の荘厳なる殉教の朝から、まさに満75年の今日この日――。
 全てを戦い勝って集い合った凱歌の創価家族のスクラムを、牧口先生も、戸田先生も、どれほどお喜びであるか。両先生の心を継ぐ日本全国、そして、世界65カ国・地域の「広宣流布の闘士」の皆さん、誠におめでとう! 本当にありがとう!(大拍手)
 
先師の勇気の訴え
 一、御本仏は、「日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず」(御書1468ページ)と宣言されました。
 宗教はもとより哲学・思想・科学等、万般にわたって、真と偽、正と邪、優と劣の価値を見極めていく指標が、この文証・理証・現証の「三証」に示されております。
 創価学会は、大聖人の御精神に直結する師弟の言論闘争から出発しました。「創立」のその日は『創価教育学体系』の発刊日であり、以来、両先生は一貫して対話に、座談会に、執筆にと、信念の言論戦を繰り広げたのであります。
 1941年の12月、太平洋戦争が勃発すると、邪宗門は直ちに戦争を賛美する文書を出しました。しかし牧口先生は、この月に発行した機関紙「価値創造」で、国家主義などによって民衆の生活が犠牲にされることは、絶対に誡めねばならないと、厳然たる論陣を展開しております。
 
 先生は訴えました。
 ――妙法こそ、世界の人類が等しく渇望する「無上最大の生活法」であり、「成仏の法」である。この偉大な力を、我々同志の実験によって証明し、誰にもたやすく分かるようにするのだ。そして、その功徳を普(あまね)く施して、一切衆生を無上最高の幸福へ至らしめるまで、前進していこうではないか、と。
 それが、どれほど勇気ある主張であったか。この「価値創造」も、半年後には軍部政府から廃刊を命じられました。その翌年、牧口先生は戸田先生と共に投獄され、そして75年前の11月18日に獄死を遂げられたのです。
 一、一国が残酷な戦争に暴走するただ中で、牧口先生は、「信心即生活」「仏法即社会」の実験証明を積み重ね、世界の平和へ、全人類の幸福へ、限りなく前進していくことを、命を賭(と)して後継の弟子に、また未来の人材に託されました。
 この殉教の先師の師子吼を胸に、私たちは、創立90周年「前進・人材の年」へ、自行化他の題目を唱え抜きながら、一人一人が自らの「人間革命」に挑戦し、功徳と福運の実証をいやまして生き生きと打ち立てていきたい。
 体験・実証ほど、雄弁なものはありません。
 今や世界語となった「ザダンカイ」を中心に、体験談を楽しく明るく語り合い、幸の仏縁を大いに結んで、悩める友、苦しむ友が「信心してよかった」「学会員になって幸せである」と笑顔を光らせる大歓喜のスクラムを、地域社会にも、地球社会にも、さらに広げていきたいと思うが、どうだろうか!(大拍手)
 
海外出版が2千点に
 一、言葉には、心を蘇(よみがえ)らせる力があります。人と人を結び合う力があります。
 90年、アフリカの人道の獅子・マンデラ氏が獄中闘争を勝ち越えて来日された折、晴れわたる青空のもと、私は多くの青年たちと共に聖教新聞本社で熱烈に歓迎しました。
 私たちとの語らいを、あの満面のマンデラ・スマイルを浮かべ、「今日ここで得た最大の“収穫”は英知の言葉です。勲章は、いつか壊れてしまうかもしれない。しかし、英知の言葉は不変です」と喜んでくださいました。
 ついに誕生した世界聖教会館は、各国の姉妹紙誌とも心を一つに、力強く英知の言葉を発信し、人類へ希望と勇気を贈りゆく民衆の言論城であります。
 いずこでも、完成を祝す聖教新聞の拡大、本当にありがとう!
 そして創立日を前に、私の著作の海外出版が48言語で2000点を超えたことを、皆さんとご一緒に牧口先生・戸田先生に謹んで報告させていただきます(大拍手)。
 
 牧口・戸田両先生がどちらも御書に線を引かれ、大切にされた一節があります。それは「よき師と・よき檀那(だんな)(よき弟子)と・よき法と此の三寄り合いて祈を成就し国土の大難をも払ふべき者なり」(同550ページ)との仰せであります。
 妙法と共に広布の大誓願を貫く創価の師弟に、成就できない祈りはありません。人類に立ちはだかる大難も、地涌の世界市民による異体同心の団結で一つ一つ打ち払いながら、いよいよ大前進していこうではありませんか!
 
 一、明年はSGIの結成45周年。グアムでの出発の会議で、世界の草創のリーダーに呼び掛けた言葉を再び申し上げて、私のメッセージといたします。
 「今日から皆さんが何をするか――それが未来の世界を決するんです」と。
  わが愛する創価家族に、健康あれ! 和楽あれ! 勝利あれ! そして、尊き全国各地、尊き世界各国に、福徳あれ! 安穏あれ! 栄光あれ!(大拍手)


(2019年11月19日  聖教新聞)







Last updated  2019/11/19 01:31:51 PM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.