10060622 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(637)

ニュース話題

(497)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3282)

今週のことば 聖教新聞

(566)

大白蓮華 巻頭言

(139)

「新・人間革命」と私

(149)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(132)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く

(26)

<池田大作先生> 四季の励まし

(72)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(200)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(91)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(39)

広布史

(130)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(36)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(46)

随筆 「人間革命」光あれ

(12)

ワールドリポート

(89)

WORLD TODAY――世界の今

(6)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(60)

虹を懸ける

(13)

信仰体験

(355)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(6)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(12)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(5)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(5)

​​​​​​婦人部のページ 

(6)

私がつくる平和の文化

(11)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(6)

明日を照らす

(2)

世界の識者の眼

(3)

「SGIの輝き」

(2)

世界広布と新入会の友

(2)

新連載「My Human Revolution」

(18)

20代のリアル ボクらのイマ

(3)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(17)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(7)

SDGs特集

(5)

新型コロナウイルス感染症関係

(30)

池田先生の連載エッセーから

(1)

壮年部 黄金柱の誉れ

(8)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(28)

無冠の友

(12)

第3代会長就任60周年記念 

(25)

池田先生の名誉学術称号45周年

(6)

「人生地理学」からの出発

(3)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(3)

Archives

Comments

坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
質問です@ Re:ニセ法主 日顕が死去(09/20) 何故創価学会は戸田城聖先生の全集を絶版…
anbo@ Re[1]:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) もりもりさんへ コメントありがとうござい…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
anbo@ Re[1]:わが友に贈る(01/26) ラプラスさんへ マルテンサイト アダマン…
2020/03/26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

​​学術部から寄稿 新型ウイルスの拡大に思う(上)​ 
麻布大学名誉教授 鈴木潤さん
 新型コロナウイルスの感染拡大で世界に不安が広がる中で、私たちには何ができるのか――。細菌感染症が専門で、麻布大学名誉教授の鈴木潤さん(副学術部長)からの寄稿を紹介する。(㊦は28日付に掲載予定)


人類の歴史は感染症との戦い


 新型コロナウイルスの感染拡大はパンデミック(世界的流行)と認められると、WHO(世界保健機関)が発表した。一日も早い終息を祈るばかりである。


 歴史を振り返れば、感染症は“人、モノの拡大”に伴って広がってきたことが分かる。インドが起源と見られる天然痘は5~8世紀にシルクロードをたどって東西に波及し、奈良の都では藤原一族ら、多くの死者が出た。この天然痘は、16世紀にはアメリカ大陸に持ち込まれ、メキシコにあったアステカ王国とペルーにあったインカ帝国が滅亡。さらに19世紀から20世紀にかけ、インドを起源とするコレラは中東、アフリカ、そして日本を含むアジア諸国などに広がった。


 また、生物学的には、さまざまな発生説があるが、感染症が発生する背景には「戦争」や「人心の荒廃」があることは否めない。


 中央アジアで発生したと考えられるペストが猛威を振るい、欧州での死者が人口の3分の1にも達したと推定される14世紀頃には、イギリスとフランスの間で百年戦争があった。世界の6億人が感染し、2000万人以上の死者(日本でも38万人以上が死亡)が出たスペイン風邪は、第1次世界大戦中に起こった。


 そして現代に見られるグローバリゼーション、環境破壊による地球温暖化……。そうした中、今世紀に入ってからは、2002年にSARS(重症急性呼吸器症候群)、そして今回の新型コロナウイルスのパンデミックが起こっている。


 しかし、これまで、人類はそうした局面でも、たくましい知恵で感染症に立ち向かい、乗り越えてきた。


 例えば、人類最大の感染症といわれたスペイン風邪では、猛威を免れた村もあった。この村の教師が“わが村からは一人も罹患者(りかんしゃ)を出さない”との心で立ち上がり、持てる知識を使って拡大を防ぐ方法を全住民に強く訴え、村独自の検疫体制を敷いたからである。



共助や利他の心が脈打つ社会築く学会の使命は大


 そもそも、感染症の拡大を防ぐには、次の三つの視点が重要である。


 一つ目は、体内にウイルスを入れないこと。それには、入念な手洗いや消毒などが必要となる。


 二つ目は、ウイルスが身体の中に侵入しても体内の免疫力で排除すること。そのための方法として風呂に入って体を温めたり、適度な運動や睡眠、バランスの良い食事などを心掛けたりすることが大切である。これらは免疫細胞をつくる上で重要だと知られている。


 そして三つ目は、免疫抗体を獲得すること。これはウイルスを排除する上で、最も大事である。だからこそ現在、ワクチンの開発や抗ウイルス剤の開発研究に、世界中の研究者が取り組んでいる。


 そう考えれば、私たちにとって重要なのは一つ目と二つ目の観点なのである。


 ここで、病原体の特徴である生育速度について考えてみたい。


 病原体が細菌である場合、1個が分裂を起こして2個になる時間は15分から30分である。この間隔を「世代」と言うが、この速度で分裂を繰り返すと、時間の経過とともに2、4、8、16と増えていき、一晩で1個が数十億個にもなる。病原体の生育は、対数増殖だからである。


 ゆえに、感染症拡大においては、いかに「1個の病原体を抑え込むか」「一人に抑え込むか」という視点が大切になる。


 自分だけ助かっても、誰かが感染してしまえば、そこから病原体は増えていく。その意味では、対策の中に「一人だけ助かれば良い」ではなく、手洗いなどの予防の基本を人々に伝える、必要な人にマスクを届けるといった、「皆で助け合おう」との「共助(きょうじゅ)」や「利他(りた)」の哲学が必要なのではないだろうか。



 日蓮大聖人が「立正安国論」を執筆された時も「天変地夭(てんぺんちよう)・飢饉疫癘(ききんえきれい)・遍(あまね)く天下に満ち」(御書17ページ)と仰せの通り、疫病が蔓延(まんえん)していた。当時の状況は鎌倉時代の記録『吾妻鏡』などに記載があり、疫病は天然痘や赤痢、そして三日病などといわれているが、この「三日病」について、日本医史に詳しい中村昭氏は、3日間熱が下がらないという症状から“インフルエンザではないか”と指摘する。
 そうした中にあって、大聖人が「汝須(なんじすべからず)く一身の安堵(あんど)を思わば先ず四表(しひょう)の静謐(せいひつ)を祈らん者か」(同31ページ)と記された意味の重要性を、私は感じてならない。


 スペイン風邪を防いだ村のように、「共助」や「利他」の心が脈打つ社会を築く。ここに、創価学会の使命もあるのではないだろうか。


(2020年3月26日 聖教新聞)絵







Last updated  2020/03/28 01:32:11 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.