10064727 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(637)

ニュース話題

(497)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3282)

今週のことば 聖教新聞

(566)

大白蓮華 巻頭言

(139)

「新・人間革命」と私

(149)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(133)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く

(26)

<池田大作先生> 四季の励まし

(72)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(200)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(91)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(40)

広布史

(130)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(36)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(46)

随筆 「人間革命」光あれ

(12)

ワールドリポート

(89)

WORLD TODAY――世界の今

(6)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(60)

虹を懸ける

(13)

信仰体験

(356)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(6)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(12)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(5)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(5)

​​​​​​婦人部のページ 

(6)

私がつくる平和の文化

(11)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(6)

明日を照らす

(2)

世界の識者の眼

(3)

「SGIの輝き」

(2)

世界広布と新入会の友

(2)

新連載「My Human Revolution」

(18)

20代のリアル ボクらのイマ

(4)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(17)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(7)

SDGs特集

(5)

新型コロナウイルス感染症関係

(30)

池田先生の連載エッセーから

(1)

壮年部 黄金柱の誉れ

(8)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(28)

無冠の友

(12)

第3代会長就任60周年記念 

(25)

池田先生の名誉学術称号45周年

(6)

「人生地理学」からの出発

(3)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(3)

Archives

Comments

坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
質問です@ Re:ニセ法主 日顕が死去(09/20) 何故創価学会は戸田城聖先生の全集を絶版…
anbo@ Re[1]:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) もりもりさんへ コメントありがとうござい…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
anbo@ Re[1]:わが友に贈る(01/26) ラプラスさんへ マルテンサイト アダマン…
2020/03/28
XML

​ライフウオッチ ― 人生100年時代の幸福論
車いす劇団の主宰

「嘆くよりも、輝く」
 障がいがある人と健常者が一体となって、“バリアー(障壁)のない舞台”を創り上げる「まゆみ劇団」。
 主宰者である中谷まゆみさん(69)=大阪市平野区、地区副婦人部長=は「たまたま障がい者になって、嘆(なげ)いているより、少しでも生きるって素晴らしいことやと感じてほしい」と語る。
 底抜けに明るい彼女の強さに、人生100年時代を生きるヒントがある。
 
 劇団を主宰して21年になる。自主公演にイベント出演、施設への慰問など活動は幅広い。
 もともとは、ウィルチェア(車いす)ダンス中心のミュージカルを行っていたが、今では詩吟(しぎん)、琴・三味線などの邦楽演奏、影絵の劇まで演じる。
  
 「21年もやってると、みんな高齢化して、激しいのは無理。動かんでいい演技が増えてんよ」
 それもそうだが、15人も劇団員がいれば、障がいもさまざま。「手が使えれば、楽器。車いすに乗れない子にもできる演目を、と考えていって。全部、覚えて教えなあかん、こっちは大変やで」
 脚本から作詞作曲、ダンス、詩吟、楽器の演奏指導も中谷さんが担当する。しかも、そのほとんどが、50歳を過ぎてから始めたというから驚きだ。
 
 2歳の時、ポリオ(小児まひ)にかかった。娘の将来を案じた両親が1954年(昭和29年)、創価学会に入会。
 常勝関西の草創期、両親に連れられ、親戚中を折伏に歩いた。物心つく頃には、勤行・唱題を実践し、小学2年で任用試験にも合格した。
 外出も小学校の登校もずっと母に背負われての生活。“歩けるようになりたい”と祈り、訓練に励み、小学5年の春、初めて杖をつき、一人で登校することができた。
 しかし、校門の前で同級生に石を投げられた。その日から壮絶ないじめが続いた。それでも、くじけなかった。「家に帰って、何くそって題目あげて」
  中学2年の夏、近畿地方の障がい児が集まる合宿に参加した。その夜、同じポリオの女子生徒に言われた。
 「私らは一生、この体のままや。結婚もできへん」
 それまで母から「祈れば、いつか治る」と聞かされていた。愕然(がくぜん)とした。「それからは反抗期まっしぐら!」
  
 心配した女子部の先輩が訪ねてきても、取り合わない。ある日、母に諭(さと)された。
 「あの子はな、複雑な家庭環境で苦労しながら、一人で信心してんねん」
 “それなのに私のために……”。先輩の思いが心に響き、素直に話を聞くように。
 「仏法では『願兼於業(がんけんおごう)』と説かれてるんよ。今は分からへんかもしれんけど、私らには使命があるねん」
 感動し、再び、信心に目覚めた。
 
 高校進学は断念し、手に職をと和裁を学ぶ。ひたぶるに祈る中、18歳で結婚。子宝にも恵まれた。だが、すれ違いが重なり、29歳で離婚する。
 シングルマザーとなり、幼い娘を育てるため、内職して生活費を賄(まかな)った。
 その頃までは杖で生活していたが、徐々に体が動かなくなり、車いすに。
  持病の肺気腫も悪化し、毎晩、せきで寝付けなくなった。
 失われていく体の自由。“私の使命って何なん……”。御本尊に泣きながら祈った。
 そして、ある思いが湧く。「障がいがある私やからこそ、社会に飛び出さな!」
 障がい者の施設や作業所を回って、何をすべきか模索した。暗い顔をした人たちが気になった。化粧もせず、服にも無頓着(むとんちゃく)――。
 「障がい者が輝く姿を、いろんな人に見せたい。そんな舞台があったらいいなあと思って」
 
 1999年(平成11年)に劇団を結成する。ウィルチェアダンスを始めるも、活動は低迷したまま。
 そんな頃、民音公演のアルゼンチンタンゴに魅了された。
 「傷ついた気持ちを素直に表現するタンゴは、私にぴったりやった」
 来日したプロの舞踊家に指導を仰ぎ、レッスンに励む。車いすで踊るアルゼンチンタンゴは一躍、話題を呼んだ。
 
 劇団員も増え、テレビでも特集され、さまざまなイベントに引っ張りだこに。
 しかし、活躍すればするほど、周囲の嫉妬(しっと)にさらされた。足を引っ張られ、諦めた事業もある。
 壁にぶつかるたび、「強くあれ」との池田先生の言葉を思い返した。
 「先生は、できないことは言われへん。“私も強くなる”って題目あげてあげて。そしたら、ちょっと強くなりすぎました(笑い)」
 
 46歳で一緒になった夫・政夫さん(80)=副常勝長(副ブロック長)=とは再婚同士。
 子どもも3人ずついて、一族は大所帯に。集まればいつも、にぎやかだ。
  中谷さんは諦めていた進学にも挑戦。59歳で夜間高校を卒業した。
 「私の人生は限界ばっかり。けど、へこたれへん。悩んだら、聖教新聞。先生が背中を押してくれる。そして、何回でもやり直す。結婚も3回したしね(爆笑)」
  
 池田先生は語っている。
 「あらゆる差異を突き抜け、人間としての根源の力で人々を救うのが地涌の力です。“裸一貫”の、ありのままの凡夫(ぼんぷ)、『人間丸出し』の勇者。それが地涌の誇りなのです」
 
 「まゆみ劇団」は12年前、NPO法人「フレンド」に。地元・大阪市平野区内で、健常者と障がい者が一緒にボランティア活動を行ったり、小・中学校の人権の授業に招かれたり、地域密着の活動を続けている。
 しかし、現在は、新型コロナウイルスの影響で、劇団は慰問(いもん)や公演を見送っている。学校の授業も自粛になった。
 介護施設の職員から「利用者さんが会いたがってます」と言われると、心が痛む。
 だが、嘆(なげ)くより、輝く。今は力を蓄える時だと、琴や詩吟の稽古にいそしむ。
 「ようやく障がい者もおしゃれして、街へ出ていく時代になった。だけど、バリアーは残ってる。私らの輝きで社会を変えていかな。使命は大きいねん」​


 (2020年3月28日 聖教新聞)







Last updated  2020/03/28 12:41:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.