9990661 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(634)

ニュース話題

(497)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3280)

今週のことば 聖教新聞

(565)

大白蓮華 巻頭言

(139)

「新・人間革命」と私

(149)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(132)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く

(26)

<池田大作先生> 四季の励まし

(71)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(200)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(89)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(39)

広布史

(130)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(36)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(46)

随筆 「人間革命」光あれ

(12)

ワールドリポート

(88)

WORLD TODAY――世界の今

(6)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(59)

虹を懸ける

(13)

信仰体験

(353)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(6)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(12)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(5)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(5)

​​​​​​婦人部のページ 

(6)

私がつくる平和の文化

(11)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(6)

明日を照らす

(2)

世界の識者の眼

(3)

「SGIの輝き」

(2)

世界広布と新入会の友

(2)

新連載「My Human Revolution」

(18)

20代のリアル ボクらのイマ

(3)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(17)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(6)

SDGs特集

(5)

新型コロナウイルス感染症関係

(30)

池田先生の連載エッセーから

(1)

壮年部 黄金柱の誉れ

(7)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(28)

無冠の友

(11)

第3代会長就任60周年記念 

(24)

池田先生の名誉学術称号45周年

(5)

「人生地理学」からの出発

(3)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(3)

Archives

Comments

質問です@ Re:ニセ法主 日顕が死去(09/20) 何故創価学会は戸田城聖先生の全集を絶版…
anbo@ Re[1]:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) もりもりさんへ コメントありがとうござい…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
anbo@ Re[1]:わが友に贈る(01/26) ラプラスさんへ マルテンサイト アダマン…
ラプラス@ Re:わが友に贈る(01/26) ことしのノーベル賞候補の問題です。 マル…
2020/03/28
XML
カテゴリ:信仰体験

​​信仰体験
SOUL 雄魂 完
93歳の志 ガード下に咲く
 【大阪市阿倍野区】どことなく哀愁漂う美章園(びしょうえん)駅のガード下に、古びた店がある。紳士服や子ども服が所狭しと並べてある。
 あるじは久野勇(くのいさむ)さん(93)=総区主事。景気の波に慌てず、来る日も来る日も店の明かりをともす。遠のく客足に焦(あせ)るふうもない。老練なまなざしは何を見つめているのか。
  
 この人の出発点には「死」がある。
 先の大戦で特攻隊に志願した。いかに散るか。人間魚雷「回天」の搭乗員だった。同期の多くが海に散った。久野さんに出番はなかった。
 敗戦の焦土(しょうど)に立つ。衣食住が大変だった当時、誰もが生きるのに必死だった。桂子さん(86)=婦人部副本部長=と結婚し、駅のガード下で衣服店を始めた。
 
 戦争で生き残ってしまった罪悪感(ざいあくかん)が、仏法と出合い、生き抜くという使命感に変わる。
 ある朝、信心の先輩から電話があった。
 「池田室長(当時)を迎えにいこう」
 1957年(昭和32年)7月17日、この日の記憶を、久野さんは人生に反映させることになる。 
 炎天下、大阪拘置所の周りにはたくさんの同志がいた。
 1時間が過ぎ、2時間が過ぎ、ついに鉄の扉が開いた。安堵(あんど)の声と熱い拍手が沸き上がる。池田青年が真っ白な開襟シャツで現れた。胸を張っていた。
 不当な権力に勝利した若武者の足取りは、強烈な映像として久野さんの命に残った。取り調べは過酷だったに違いない。しかし疲れた色がひとつもなく、「堂々と行進する風格があった。凱旋将軍(がいせんしょうぐん)のようでした」。
 
 自分も胸を張っていくんだという変化。この瞬間、二つの感情が腹からうねり出す。
 「この人についていけば間違いない」という確信と、「きょうからは、どんな戦いも、この悔(くや)しさをバネに勝ち続ける以外はない」という覚悟。久野勇という男の核ができた。
 79年5月、池田先生が会長を辞任した直後、神奈川文化会館に駆け付けてもいる。この日も師匠は、胸を張っていた。
  
 心の高みを仰ぎ続け、戦争で生き残った者として恥じぬ生き方を貫く。
 題目、折伏、学会活動。全てを粗末(そまつ)にせず、ガード下の仲間とたくましく生きてきた。電車のごう音と唱題の響きを聞かせながら、4人の子を心豊かに育てた。創価の学びやにも送った。
 
 やがて髪が白くなり、「生」に円熟味が増す。
 たどる道にも明暗があったはずだ。
 しかし「全てが順調だった」と白い歯を見せる。試練に直面しないことが順調なのではなく、試練に直面した時の構えが順調だったと。真実の師弟に生き抜く人の辞書に「敗北」の二字はない。
 薄くなった胸板の奥に刻まれていた。
 日々 不撓(ふとう)
 日々 勝負
 池田先生からもらった気迫の筆致(ひっち)だ。
  
 言うまでもなく、小売店を取り巻く環境は厳しい。大手量販店の台頭、価格競争の激化……。しかも昨年、久野さんは転んで肋骨を5本折った。これを潮に4人の子から引退を持ちかけられた。
 かたくなに拒(こば)んだ。「生きがいのため」だった。
 
 いかに散るか――。
 若き日の問いに、いや応なく向き合う老境に入った。久野さんが信心していることを、近所の誰もが知る。
 店は城。喝采(かっさい)を浴びずとも、老兵は広布の旗を黙(だま)って掲(かか)げる。それこそが「生きがい」なのだと。

 胸に秘める一節がある。
 「特別のことがなくても、人は一度は死ぬことが定まっている。したがって、卑劣な態度をとって、人に笑われてはなりません」(御書1084ページ、通解)
 「死」は一定。いかにして常勝関西の土に返るか。己の中で「死」を解決した。
 命の限り、重ねるつもりだ。出獄の日に胸を張った師と、今の自分を。そこに久野翁(おう)の本当の誇りがある。
 不撓(ふとう)の志(こころざし)を深い根に、己(おのれ)の一輪をガード下で咲かせている。93歳、人生の旬を迎えた。​​


(2020年3月28日 聖教新聞)







Last updated  2020/03/28 01:05:23 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.