9977719 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(633)

ニュース話題

(497)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3279)

今週のことば 聖教新聞

(565)

大白蓮華 巻頭言

(139)

「新・人間革命」と私

(149)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(132)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く

(26)

<池田大作先生> 四季の励まし

(71)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(200)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(89)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(39)

広布史

(130)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(34)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(46)

随筆 「人間革命」光あれ

(12)

ワールドリポート

(88)

WORLD TODAY――世界の今

(6)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(59)

虹を懸ける

(13)

信仰体験

(352)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(6)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(12)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(5)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(5)

​​​​​​婦人部のページ 

(6)

私がつくる平和の文化

(11)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(6)

明日を照らす

(2)

世界の識者の眼

(3)

「SGIの輝き」

(2)

世界広布と新入会の友

(2)

新連載「My Human Revolution」

(17)

20代のリアル ボクらのイマ

(3)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(17)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(6)

SDGs特集

(5)

新型コロナウイルス感染症関係

(30)

池田先生の連載エッセーから

(1)

壮年部 黄金柱の誉れ

(7)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(28)

無冠の友

(11)

第3代会長就任60周年記念 

(24)

池田先生の名誉学術称号45周年

(5)

「人生地理学」からの出発

(3)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(3)

Archives

Comments

質問です@ Re:ニセ法主 日顕が死去(09/20) 何故創価学会は戸田城聖先生の全集を絶版…
anbo@ Re[1]:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) もりもりさんへ コメントありがとうござい…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
anbo@ Re[1]:わが友に贈る(01/26) ラプラスさんへ マルテンサイト アダマン…
ラプラス@ Re:わが友に贈る(01/26) ことしのノーベル賞候補の問題です。 マル…
2020/03/28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

​​​学術部から寄稿 新型ウイルスの拡大に思う  (下)
麻布大学名誉教授 鈴木潤さん

祈りと励ましが免疫力高める

 現在は、新型コロナウイルスの感染拡大によって、一人一人の行動は制限されている。
 しかし、その中でも学会の同志は、皆が「今できること」を懸命に考えながら、一日も早い終息を祈り、周囲に励ましを送っている。そうした活動は、「共助(きょうじょ)」「利他(りた)」の心を世界に広げる行為にほかならない。そして私たちの地道な活動は、免疫学(めんえきがく)の観点からも、免疫力を自他共に高めるものだと感じている。

笑みを絶やさず 前向きに生きる
 その一つが「笑い」の効能である。
 
 「がん」を例に挙げれば、笑いによる脳への刺激が免疫機能を活性化するホルモンの分泌を促し、通称「殺し屋」の異名を持つ「NK(ナチュラルキラー)細胞」が活性化する。NK細胞は、常に体内をパトロールし、がん細胞を見つけると殺す役割を担う。つまり、「笑う」ことは「がんになりにくくする」ことにつながるのである。
 
 周囲を笑顔にする私たちの励まし、また困難に直面しても“笑みを絶やさず前向きに生きよう”とする私たちの生き方にも、免疫力を高める同様の効果があると考える。
 
 実は、細胞に含まれる遺伝子解読に関して、こんな話題がある。
 
 これまで「有用」(トレジャーDNA)とされていたのは、たったの2%。残りの98%は、何の働きもしない「ゴミ」(ジャンクDNA)とされていた。ところが急速な技術の進歩で未知の領域の解読が進んだ結果、「ゴミ」といわれていた中に“病気から身体を守る特殊なDNA”や“私たちの個性や体質を決める情報”があることが、次々と明らかになってきたのだ。ここには、健康長寿を実現したり、誰もが潜在的な能力を発揮したりするヒントもちりばめられている。
 
 日蓮大聖人は「法華経題目抄」で、南無妙法蓮華経の「妙」の字に込められた功力を「開(かい)の義」「具足(ぐそく)・円満(えんまん)の義」「蘇生(そせい)の義」の三義として説かれている。
 
 この「妙(みょう)の三義(さんぎ)」に、現代の免疫学の知見を重ね合わせると、次のように展開できると考える。
 
 第一の「開の義」について、大聖人は「妙と申す事は開と云う事なり」(御書943ページ)と仰せである。これは、法華経こそ諸経の蔵(くら)を開く鍵(かぎ)であることを明かされたものであり、ひいては妙法には人間をはじめ、あらゆる生命の持つ可能性を開いていく力があることを示された御文である。
 
 生命には、本質的に「開」という特性がある。
 
 私たちの身体を構成する何十兆個もの細胞は、その一つ一つの間で、例えば“落ち着いて”と伝える制御性T細胞など、さまざまなメッセージ物質を頻繁にやりとりしていることが知られている。そのメッセージに応じて、必要な合成や変化を起こすからこそ、私たちの身体の調和は保たれているのである。
 
 ここで大事なことは、そうしたメッセージをやりとりするために、一つ一つの細胞の膜では、いつでもメッセージを受け取れるように、ほかの細胞に対して“常に開かれた状態”にあるということである。
 
 この「開」という本質は、細胞核にあるDNAにとっても変わらない。なぜなら、細胞の中にメッセージ物質が取り込まれた時、必要に応じて“眠っていたDNA”が発現するからである。
 
 また、第二の「具足・円満の義」とは、妙法に一切の功徳が欠けることなく具わっていることを指す。細胞レベルで考えると、全身の細胞一つ一つには、病気を治す力など、あらゆる可能性を秘めた遺伝情報が潜在的に具わっていることを指し示している。
 
 さらに、第三の「蘇生の義」とは、妙法には万人に生きる活力を与え、みずみずしく蘇らせる力があること。これは、一つ一つの細胞の中にある遺伝子の働きによって、細胞の代謝が始まっていくことを意味している。

You Tube(限定公開)を活用した男子部の「LIVE講義」。会合開催などを見合わせている今、大学校生らの信心錬磨(れんま)の機会となっている
 その上で、重要なのは“眠っていたDNA”のスイッチを入れていくことであるが、興味深いのは、それぞれの分野で最先端の研究を重ねる学術部員と語り合う中、“私たちの励ましや祈りは、遺伝子に働き掛ける力を持つ”等と指摘する人がいるということである。

 現代は交通手段などの発達によって、新型コロナウイルスの広がりは、従来の感染症に比べて格段に速くなった。

 しかし一方で、インターネットの普及に伴い、メールやSNSなどを使って、瞬時に励ましを送れるようになり、動画などを見て語り合うこともできる時代になった。どこにいても、距離の壁を越えて希望を送れる時代となったのだ。

 感染症と戦ってきた人類の歴史を踏まえれば、これからも、新種のウイルスが人類に脅威(きょうい)を与えるかもしれない。だからこそ励ましを通して共助や利他の心を広げ、祈りによって自らの生命を強くする私たちの信仰が、社会の希望の光となっていかなければならないとの思いを強くしている。


(2020年3月28日 聖教新聞)
​​​







Last updated  2020/03/28 01:19:59 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.