11070853 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(666)

ニュース話題

(516)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3334)

今週のことば 聖教新聞

(574)

大白蓮華 巻頭言

(141)

「新・人間革命」と私

(164)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(141)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く

(28)

<池田大作先生> 四季の励まし

(81)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(9)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(204)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(97)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(46)

広布史

(133)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(12)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(36)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(47)

随筆 「人間革命」光あれ

(13)

ワールドリポート

(87)

WORLD TODAY――「世界の友は今」

(17)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(74)

虹を懸ける

(14)

信仰体験

(403)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(9)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(14)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(7)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(5)

白ゆり ​​​​​​婦人部のページ

(10)

私がつくる平和の文化

(11)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(9)

明日を照らす

(4)

世界の識者の眼

(4)

「SGIの輝き」

(2)

世界広布と新入会の友

(3)

新連載「My Human Revolution」

(27)

20代のリアル ボクらのイマ

(8)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(23)

SDGs特集

(6)

新型コロナウイルス感染症関係

(33)

池田先生の連載エッセーから

(2)

壮年部 黄金柱の誉れ

(11)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(44)

無冠の友

(20)

第3代会長就任60周年記念 

(38)

池田先生の名誉学術称号45周年

(8)

「人生地理学」からの出発

(5)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(8)

戦争・被爆証言を聞く会

(4)

原爆投下・終戦から75年

(20)

いのちの賛歌 心に刻む一節

(2)

励まし御書―人間革命の光で  女子部教学室編

(9)

世界をつなぐ御書

(3)

9・27「世界青年部総会」

(13)

東北発〈きせき 3・11〉

(1)

Archives

Comments

愛と勇気⭐︎⭐︎@ Re:〈日蓮大聖人の慈愛の眼差し〉 日眼女(08/03) >「全ての人が憎むならば憎めばよい。釈…
由美 サンダーソン@ Re:大白蓮華 2020年7月号 巻頭言 「立正安国」の勇気の大光を(06/30) 海外に住んでいるため、大百が3ヶ月遅れで…
坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
ラプラス@ Re:わが友に贈る(01/26) ことしのノーベル賞候補の問題です。 マル…
2020/07/04
XML

〈第3代会長就任60周年記念 広布史アルバム〉6 

昭和51年7月18日 「人間革命の歌」誕生
逆境の時こそ勇んで進め

「人間革命の歌」の作曲に全精魂を注ぐ池田先生(1976年7月18日、創価文化会館〈当時〉で)。先生は「後世永遠に歌い継がれる、最高の歌を作りたかった。だから、安易に妥協したくはなかった」と。曲が完成すると、先生は各方面・県のリーダーらに次々と電話を入れ、電話口の前にカセットデッキを置き、誕生したばかりの歌を伝えていった

 誓いを貫きゆく正義の歌を。
 師弟の魂あふれる勇気の歌を。
 池田先生が「人間革命の歌」の制作を決めたのは、1976年(昭和51年)6月の末のことである。
 当時、広布の伸展と共に、一部のマスコミによる、いわれなき中傷(ちゅうしょう)があった。
また、宗門の悪侶(あくりょ)らも、陰湿(いんしつ)な悪口を浴びせ始めていた。障魔(しょうま)が蠢動(しゅんどう)する中、池田先生は、大切な同志が一人も漏(も)れなく地涌の使命を果たし抜くため、歌の制作を開始した。
    
 この歌を作った当時は、すでに第一次の宗門問題の兆(きざ)しが現れていた時期であった。聖職者であるべき僧が、あろうことか信徒(しんと)を見下(みくだ)し、かりそめの宗教的権威をかさに、民衆を支配しようとする策動(さくどう)であった。
    
 それらが、私一人に向けられたものであれば、まだよい。大切な学会と学会員を守るためならば、私自身は、どんな批判の矢面(やおもて)にも立とう。
 だが、ひたすら「僧俗和合(そうぞくわごう)」を願い、守りに守ってきた聖職者から、一方的にいじめられ、ののしられる庶民の悲しみ、苦しみ──それが、どれほど深く、大きなものであったか。
 しかも、そうした悪侶の策謀(さくぼう)に対する、やむにやまれぬ正義の声すら、表立ってはあげられないという厳しい時代であった。それでも同志は、「和合のために」と歯がみをする思いで、耐えに耐えてくださっていたのである。
 そのけなげなる尊い友のために、はたして何ができるのか。私は人知れず、さまざまに思索をめぐらした。──「人間革命の歌」は、そうした背景のもとに生まれた歌である。
    
 民衆をいじめ、僧衣(そうい)の権威(けんい)で縛(しば)りつけようとする悪侶らの陰険な言動──だからこそ私は、いわば新たなる「魂の自由」の歌、「幸福への前進」の歌を、全国の友に贈りたかったのである。
 嵐吹きすさぶ時こそ、仏法者としての「人間革命」の好機ではないか。「地涌の同志」が、使命の道を勇んで開いていくべき、旅立ちの時ではないか、と。
    
 先生が歌詞を作り終えたのは、7月16日。当初、18日の本部幹部会で、曲と共に発表する予定だった。しかし、曲が仕上がらず、先に歌詞のみが発表された。
    
 「歌は、心で歌うものだ。そして心で聴くものだ」。作詞に取り組む私の脳裏からは、恩師の姿が、言葉が、瞬時も離れることはなかった。
 ──私は、恩師とともに、あの「人間革命の歌」を綴(つづ)ったつもりである。
    
 やがて歌詞はできたが、問題は曲のほうである。もとより専門的な音楽教育を受けたわけではないし、楽譜で音階を追うこともおぼつかない。曲の一応のイメージができあがると、周りの若い人の意見も確かめながら、少しずつ練り上げていった。
    
 先生は、本部幹部会に出席した後、再びピアノに向かった。試行錯誤(しこうさくご)を重ね、やがて曲も出来上がった。しかし、先生は録音テープを聴くと、さらに、歌詞にも、曲にも、手直しを加えた。
 そして、7月18日午後8時40分、ついに「人間革命の歌」が完成。歌詞と楽譜は、翌19日付の聖教新聞に掲載され、歓喜と決意の波動が列島を包んだ。
    
 さいわいなことに、全国の友は、「人間革命の歌」を愛唱してくださった。
私の「心」を受けとめてくださった。
 しかし、その後、波浪(はろう)は、さらに激しく学会に襲(おそ)いかかってきた。一時期は、とうとう、この「人間革命の歌」をはじめ、いくつかの愛唱歌さえも歌えない、いな、歌ってはならないという状況になったことを、今なお覚えている方もおられるであろう。
 だが、いかなる権威も、人間の心までは縛(しば)れない。会合の帰り道で、一日の仕事を終えてたどる家路で、友は「人間革命の歌」を口ずさみながら、あの苦しい日々を進んでくださったのである。
 「人間革命の歌」は、どんな吹雪にも、胸を張って生きぬいていこうという心を歌ったものである。人生には、暴風雨があり、暗い夜もある。だが、それを越えれば、ふたたび、晴れた青空を仰ぎ見ることができる──。
 冬の寒さを知る人こそが、春の暖かさを実感できる。苦しみが深かった分だけ、大きな幸福の朝が光るのである。
 どんな「運命」も「価値」に転換していく人──それが、人間としての勝利者であり、王者であろう。
 その王者の「前進の歌」となれば、これほどの幸せはない。​


(2020年7月4日 聖教新聞)







Last updated  2020/07/04 12:21:50 PM



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.