11110740 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(667)

ニュース話題

(518)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

わが友に贈る 聖教新聞

(3337)

今週のことば 聖教新聞

(575)

大白蓮華 巻頭言

(141)

「新・人間革命」と私

(164)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(141)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く

(28)

<池田大作先生> 四季の励まし

(82)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(9)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(204)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(97)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(46)

広布史

(133)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(12)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(36)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(47)

随筆 「人間革命」光あれ

(14)

ワールドリポート

(87)

WORLD TODAY――「世界の友は今」

(18)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(74)

虹を懸ける

(14)

信仰体験

(406)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(9)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(14)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(7)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(5)

白ゆり ​​​​​​婦人部のページ

(10)

私がつくる平和の文化

(11)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(9)

明日を照らす

(4)

世界の識者の眼

(4)

「SGIの輝き」

(2)

世界広布と新入会の友

(3)

新連載「My Human Revolution」

(27)

20代のリアル ボクらのイマ

(8)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(23)

SDGs特集

(6)

新型コロナウイルス感染症関係

(33)

池田先生の連載エッセーから

(2)

壮年部 黄金柱の誉れ

(11)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(46)

無冠の友

(21)

第3代会長就任60周年記念 

(38)

池田先生の名誉学術称号45周年

(8)

「人生地理学」からの出発

(6)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(8)

戦争・被爆証言を聞く会

(4)

原爆投下・終戦から75年

(21)

いのちの賛歌 心に刻む一節

(2)

励まし御書―人間革命の光で  女子部教学室編

(9)

世界をつなぐ御書

(4)

9・27「世界青年部総会」

(14)

東北発〈きせき 3・11〉

(1)

Archives

Comments

愛と勇気⭐︎⭐︎@ Re:〈日蓮大聖人の慈愛の眼差し〉 日眼女(08/03) >「全ての人が憎むならば憎めばよい。釈…
由美 サンダーソン@ Re:大白蓮華 2020年7月号 巻頭言 「立正安国」の勇気の大光を(06/30) 海外に住んでいるため、大百が3ヶ月遅れで…
坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
ラプラス@ Re:わが友に贈る(01/26) ことしのノーベル賞候補の問題です。 マル…
2020/07/14
XML

​​​​池田先生の会長就任60周年「記念映像上映会」を各地で開催

 池田大作先生の第3代会長就任60周年の「記念映像上映会」が、10日から始まった。
 新型コロナウイルスの感染防止に万全の対策を取りながら、各地の会館等で順次、開かれる(開催日時・単位・参加人数は各県・区で決定)。
 
 記念映像のタイトルは「指揮は われにと――不滅の第三代会長就任式」。今回、初めて公開される貴重な写真や音声などもあり、第2代会長・戸田城聖先生の後を継ぎ、一人立たれた池田先生の真情と広布伸展の軌跡に迫る。
 創立90周年の「11・18」へ、師の闘争に連なる実践を約し合い、新たな出発を切る契機となろう。

恩師の遺言“一歩も退くな!”
 1960年(昭和35年)5月3日、東京・両国の日大講堂――。
 恩師・戸田先生が逝いて2年。全学会員が待ちに待ったその日が訪れた。
 初夏の陽気に包まれる中、全国の代表約2万人が集い、池田先生の第3代会長就任式が挙行(すいこう)されたのである。
 
 「若輩(じゃくはい)ではございますが、本日より、戸田門下生を代表して、化儀(けぎ)の広宣流布を目指し、一歩前進への指揮を執(と)らせていただきます!」
 
 青年会長による広布誓願の大師子吼(だいししく)。瞬間、大鉄傘(だいてっさん)を揺るがす雷鳴(らいめい)のような拍手が沸き上がった。
 先生は続けた。“恩師の7回忌までに、300万世帯を成し遂げたい”と。
 そして、学会歌「威風堂々の歌」が響き渡り、歴史的な式典は幕を閉じた。
 
 以来、池田先生は全国・全世界を駆(か)け巡(めぐ)り、折伏の大旋風を起こした。池田門下の弟子たちは「一歩前進」を合言葉に、師弟共戦の闘争で続いた。
 
 62年(同37年)11月、学会は目標を上回るスピードで300万世帯の弘教を成就。会長就任10周年を迎える70年(同45年)1月には、755万7777世帯に。恩師の時代の実に10倍の陣容へと発展を遂げた。
 同年4月、戸田先生の13回忌法要で、池田先生は「750万世帯の達成」を恩師に報告。“「一歩も退くな!」との戸田先生の遺言を強く胸に刻み、勇気凜々(ゆうきりんりん)、再びの前進を”と訴えた。
 
 本年は、池田先生の会長就任から60周年の大佳節。“恩師への誓いを果たさん”と決然と立ち上がった先生の闘争に連なり、今再び、我ら池田門下の師弟誓願の大行進を開始する時である。


 民衆の幸福と安穏のために! 世界の平和と前進のために!
 
師弟の大行進を今再び
 上映会では、記念映像に先立って、原田会長の指導の動画が流された。
 会長は、コロナ禍の中、奮闘する「無冠の友」をはじめ全同志に心から感謝。そして、学会創立90周年の「11・18」、さらに100周年の2030年へ、池田先生の心を学び、先生の心をわが心として、今再びの前進を開始しようと訴えた。

感染防止対策を徹底しながら、各地で行われている上映会。横浜平和講堂では南横浜総県金沢総区の友が視聴した(12日)

 12日午後に横浜平和講堂(横浜市金沢区)で行われた上映会には神奈川・南横浜総県金沢総区の友が出席。参加者は語った。
 「戸田先生の不二の弟子として、報恩の誠を貫かれる池田先生の姿を拝見しました。先生が60年間、どのような思いで戦い抜いてこられたのかに接し、“弟子のあるべき姿”を学びました。私も池田門下生として、師弟不二の心で勝利の旗を打ち立てます」(壮年部)
 
 「池田先生の命懸けの闘争に、熱いものが込み上げてきました。特に、恩師の13回忌法要の場面での、先生の“師を思う弟子の一念”に触れ、胸を打たれました。どんな困難な状況でも、常に心に師匠を抱き、『一歩前進』していきます」(女子部)


記念映像上映会での原田会長の指導


人間革命の劇を師と不二の心で  

新しい生活様式の中で新しい広布の活動へ


一、池田先生の第3代会長就任60周年を慶祝する記念映像上映会の開催、誠におめでとうございます。
 
 新型コロナウイルス感染症の世界的な流行によって長期間の活動自粛を余儀(よぎ)なくされましたが、この間も「無冠の友」の皆さまをはじめ、広布のため地道な行動を貫いてくださってきた全ての皆さまに、まずは衷心(ちゅうしん)より御礼を申し上げます。
 
 感染状況を注視しながらの活動再開となりますが、これからも、「さきざきよりも百千万億倍・御用心(ごようじん)あるべし」(御書1169ページ)の御金言の通り、信心しているからこその聡明さで、ともどもに無事故と健康に細心の注意を払い、新しい生活様式の中での、新しい広布の活動に、仲良く、また、たくましく取り組んでまいりたいと思います。
 
 一、さて、これからご覧いただく記念映像では、1960年5月3日の池田先生の会長就任式、その前後の広布史が描かれています。
 
 「わが運命 かくもあるかと 決意せば 惑(まど)うことなし 恐(おそ)れることなし」
 
 これは、先生が第3代会長に就任されるにあたっての真情をお詠みになり、ずっと執務室に掲げてこられたお歌です。
 
 池田先生が、どのような決意で戸田先生から妙法の松明(たいまつ)を受け継ぎ、この60年、どのような覚悟で広布の指揮を執り続けてこられたのか。学会創立90周年を迎える本年の「11・18」へ、さらには創立100周年の2030年へ、今、再びの前進を開始するにあたり、私どもは、先生のお心を学び、先生の心を心としてまいりたい。
 
 一、池田先生は小説『人間革命』で、師弟の真髄について、次のように記されました。
 
 「師の意図(いと)するところが、現実に現れるか、現れないかは、弟子の実践の姿を見れば容易に判断のつくことである。師の意図が、脈動となって弟子の五体をめぐり、それが自発能動の実践の姿をとる時、初めて師弟不二の道を、かろうじて全うすることができる。師弟に通い合う生命の脈動こそ、不二たらしめる原動力である」
 
 「多くの弟子たちは、その困難(こんなん)さを避(さ)ける。師の意図に背(そむ)く考えは、さらさらないものの、師の意図を、ただ教条的にしか理解しない」
 
 「直面した現実を特殊な事態ととらえ、信心という根本を忘れ、浅薄(せんぱく)な世間智(せけんち)を働かせて現実に対応しようと焦(あせ)る。ここに至って、師弟の脈動が断たれていることに気がつかない」――このように「単なる師弟の道」と深淵(しんえん)なる「師弟不二の道」の決定的な違いを教えてくださいました。
 
 かつてない困難に直面した今こそ、「単なる師弟の道」をゆくのか、それとも「師弟不二の大道」を歩み抜くのか。一人一人が自身を見つめ、自身に問い掛けながら、新たな挑戦を開始してまいりたい。
 
 そして、師弟が脈動(みゃくどう)する、我ら池田門下の祈りで、智慧(ちえ)で、実践で、必ずや一国の宿命の転換を成(な)し遂(と)げ、さらには全人類の宿命の転換をも可能にする、壮大なる「人間革命」のドラマを、ともどもにつづりゆこうではありませんか。​


(2020年7月14日 聖教新聞)









Last updated  2020/07/14 12:55:32 PM



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.