13045810 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(781)

2021年「希望・勝利の年」

(37)

ニュース話題

(596)

わが友に贈る 聖教新聞

(3435)

今週のことば 聖教新聞

(593)

信仰体験

(504)

大白蓮華 巻頭言

(145)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(158)

「新・人間革命」と私

(188)

<池田大作先生> 四季の励まし

(90)

池田先生と共に 新時代を築く

(31)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

随筆 「人間革命」光あれ

(16)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(13)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(213)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(99)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

教学

(109)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(58)

広布史

(135)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(12)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(41)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(47)

ワールドリポート

(87)

WORLD TODAY――「世界の友は今」

(21)

虹を懸ける

(15)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(13)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(17)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(7)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(8)

壮年部のページ

(18)

白ゆり ​​​​​​婦人部のページ

(18)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(13)

私がつくる平和の文化

(11)

明日を照らす

(6)

世界の識者の眼

(4)

「SGIの輝き」

(3)

世界広布と新入会の友

(3)

「My Human Revolution」

(37)

20代のリアル ボクらのイマ

(13)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(23)

SDGs特集

(14)

新型コロナウイルス感染症関係

(42)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(69)

池田先生の連載エッセーから

(4)

無冠の友

(22)

第3代会長就任60周年記念 

(50)

池田先生の名誉学術称号45周年

(8)

「人生地理学」からの出発

(8)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(9)

戦争・被爆証言を聞く会

(7)

原爆投下・終戦から75年

(21)

いのちの賛歌 心に刻む一節

(5)

励まし御書―人間革命の光で  女子部教学室編

(13)

世界をつなぐ御書

(4)

9・27「世界青年部総会」

(22)

東北発〈きせき 3・11〉

(7)

ストーリーズ 師弟が紡ぐ広布史

(4)

世界広布のわが舞台

(6)

介護

(2)

青年想 Essay from Youth

(11)

連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」

(5)

電子版「with あなたと」

(1)

ヒーローズ 逆境を勝ち越えた英雄たち

(2)

学会創立90周年「11・18」

(16)

国連創設75周年

(6)

「気候危機」「地球温暖化」

(3)

新メンバーが語るSOKA

(3)

紙上教学研さん 「わが愛する青年に贈る」に学ぶ

(5)

聖教電子版

(1)

青年部のページ「Session2030」

(1)

「新・人間革命」世代プロジェクト

(7)

創価学園NAVI

(1)

女子部

(4)

池田華陽会御書30編

(1)

男子部

(2)

池田先生と共に 希望・勝利の師弟旅

(1)

池田先生が贈る指針〈御書の旭光を〉

(4)

私がつくる平和の文化 III

(1)

ヒューマン

(2)

バックナンバー

コメント新着

愛と勇気⭐︎⭐︎@ Re:〈日蓮大聖人の慈愛の眼差し〉 日眼女(08/03) >「全ての人が憎むならば憎めばよい。釈…
由美 サンダーソン@ Re:大白蓮華 2020年7月号 巻頭言 「立正安国」の勇気の大光を(06/30) 海外に住んでいるため、大百が3ヶ月遅れで…
坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
ラプラス@ Re:わが友に贈る(01/26) ことしのノーベル賞候補の問題です。 マル…
2020.10.12
XML
カテゴリ:ニュース話題

映画「人間革命」「続・人間革命」が最高画質・4Kになって初のテレビ(BS)放送

 池田大作先生原作の映画「人間革命」「続・人間革命」が、このたび、最新のデジタル技術によって補正された<4Kデジタルリマスター版>になって、初めてテレビ(BSの日本映画専門チャンネル)放送される。

 

※映画「人間革命」の11月14日(土)午後7時からの放送回は無料で視聴できます。詳しい視聴方法は​こちら​。
 

映画「人間革命」「続・人間革命」4Kデジタルリマスター版 スカパーにて無料放送決定!! 05:16


豪華俳優陣の熱演や特撮シーンに注目
 映画「人間革命」は1973年(昭和48年)9月の公開。



 日本が世界に誇る名作「ゴジラ」の生みの親の一人で、東宝の著名なプロデューサーだった田中友幸を中心に、
 脚本:橋本忍
 監督:舛田利雄
 出演:丹波哲郎や芦田伸介、渡哲也など豪華俳優陣
が名を連ねるなど、当時の日本映画界最高の体制によって製作され、観客動員は500万人を数えるなど、日本映画の興行収入の記録を塗り替える大ヒットとなった。



 さらに、続編の映画「続・人間革命」(76年〈同51年〉6月公開)は、前作を超え、同年の日本映画で第1位の興行収入を記録している。


映画「人間革命」が上映された有楽座(1973年9月、東京・千代田区で)
 両映画が描くのは、第2代会長・戸田城聖先生の人生の歩み。



 映画「人間革命」では、
 

・教育者であった初代会長・牧口常三郎先生との出会い
 

・創価教育学会の設立
 

・軍部政府による弾圧
 

・獄中の悟達
 

・創価学会の再建


   といったシーンがある一方、映画「続・人間革命」では、
 

・戦後初の地方折伏
 

・山本伸一との出会い
 

・第2代会長就任
 

・恒久平和の訴え
などの場面が登場する。



 戸田先生役の丹波哲郎や山本伸一役のあおい輝彦をはじめとする出演陣の熱演、特技監督・中野昭慶による大迫力の特撮シーンに注目したい。
 


 
大ヒットの陰には関係者の苦労も
 製作に当たり、関係者が苦労したことが、創価の師弟の世界や深遠な仏法の生命論を理解し、表現することだった。



 後年、原作者の池田先生がつづった小説『新・人間革命』第18巻「師子吼」の章には、映画製作に至る秘話や、映画関係者との心の交流などが記されている。



 その中には、プロデューサーの田中友幸から脚本を依頼された橋本忍が、小説『人間革命』のほかに、学会の歴史や仏法の法理に関する出版物などを集めては、丹念に目を通したり、学会員とも会って話を聞いたりするシーンがある。



 それを読むと、橋本が本当に思い悩んでいたことがうかがい知れる。



 「田中の自宅を訪ねた。橋本は思案に暮れていた。



 『難しいですね。何を素材にしてまとめたらよいのか、まだ、はっきりしません。仏教の解明のような映画になったら、堅苦しくてしょうがないし……』



 対話は、深夜二時まで続いた」

 

「十界をどう描けばよいのか。なかんずく仏界をどう理解し、表現すればよいのか――彼の悩みは深かった」



 しかも、脚本が遅々として進まないばかりか、同じ姿勢で机に向かい続けたために、持病の脊椎の病が悪化していたようだ。



 小説によれば、橋本が脚本の完成に費やしたのは、研究期間も含め、1年8カ月。それまでに一番時間をかけた仕事が9カ月というから、その倍以上の時間を注いだことになる。
 

映画「続・人間革命」の撮影現場を訪問した池田先生(1975年10月、東京・世田谷区で)
 さらに、「民衆こそ王者――池田大作とその時代」(月刊誌「潮」2019年11月号)には、池田先生とスタッフとのこんなエピソードが記されている。



 映画「続・人間革命」の製作中、池田先生が、東京・砧の東宝スタジオに招かれた折のこと。



 そこには、山本伸一が青年時代を過ごした「青葉荘」が、驚くほど正確に再現されていた。



 先生は俳優陣と話をする一方、小道具の責任者の手を握って語った。

 

「懐かしい! よくこんな古い本がそろいましたね。さぞ大変だったでしょう」「名優も、皆さん方の努力があってこそ光るのですね」



 小道具のスタッフたちは、神田の古本街や国会図書館などを探し回って、3カ月もかけて準備して、最後の1冊がそろったのは撮影の前日だった。



 その小道具の責任者は、思わぬ先生のねぎらいの言葉に涙をこぼしたという。



 居合わせた照明技師はこう語っていた。「こんな原作者はいない。ふつうは気取って撮影所に入ってきて、出て行くんですよ」「立派な人だ。みんなに気を配って、自然で、温かくて。これほど我々の苦労をわかってくれた人はいない」



 大ヒットとなった映画「人間革命」「続・人間革命」。後年、池田先生は、製作の思い出とともに、「映画『人間革命』『続・人間革命』の底流には、師を信じぬく心の勝利の結晶が光っている」とつづり、関係者をたたえている。
 
 

11月=人間革命、12月=続・人間革命
 今回、映画「人間革命」「続・人間革命」は、数多くある日本映画の超大作の一つとして放送される。

 詳細は以下の通り。

 

【人間革命<4Kデジタルリマスター版>】出演は丹波哲郎、芦田伸介ほか。放送日時=11月14日(土)午後7時から。


 ※テレビ初放送。再放送あり(11月28日〈土〉午後9時から)。2Kダウンコンバートにて放送。


 ※無料放送は11月14日(土)午後7時からの放送回のみとなります。再放送は無料放送対象外ですので、ご注意ください。



 【続・人間革命<4Kデジタルリマスター版>】出演は丹波哲郎、あおい輝彦ほか。放送日時=12月予定。※テレビ初放送。2Kダウンコンバートにて放送。



 詳しい視聴方法は、日本映画専門チャンネルの​特設ページ​を参照してください。



 無料放送対象外の放送回の視聴にはスカパー!などへの加入が必要となります。スカパー!の場合、基本料金の429円(税込み)と日本映画専門チャンネルの月額視聴料770円(税込み)がかかります。



 加入に関する問い合わせ先=日本映画専門チャンネルお客様総合窓口、電話0120―200―675(受付時間=午前10時~午後8時)。



補足

DVD版が、シナノ企画より販売されています。定価4,800円

映画 『人間革命』160分 
 監督 :  舛田利雄
 製作 :  田中友幸
 原作 :  池田大作
 脚本 :  橋本忍
 音楽 :  伊福部昭
 特撮 :  中野昭慶
 配給 :  東宝
 出演 :  丹波哲郎 (戸田先生)
             芦田伸介 (牧口先生)
             名古屋章 (栗川)
             渡哲也 (チンピラ (島谷))
             仲代達矢 (日蓮大聖人)

戸田先生の出獄から始まり、獄中での牧口先生、戸田先生、草創期が描かれ、夏期講習会での戸田先生の御書講義まで。


映画 『続・人間革命』159分

 監督 :  舛田利雄
 製作 :  田中友幸
 原作 :  池田大作
 脚本 :  橋本忍
 音楽 :  伊部晴美
 特撮 :  中野昭慶
 配給 :  東宝
 出演 :  丹波哲郎 (戸田先生)
             芦田伸介 (牧口先生)
             あおい輝彦 (山本伸一)
             名古屋章 (栗川)
             渡哲也 (島谷)
             夏純子 (清原かつ)
             尾藤イサオ (金木)
             大竹しのぶ (信子)
             志村喬 (湯浅)
             青木義朗 (検事)
             橋本功 (新聞記者)
             仲代達矢 (日蓮大聖人)

戸田先生の事業、学会本部、戸田先生と山本伸一との出会い、戸田先生の会長就任まで。

小説の第2巻~第5巻『烈日』の章までを描います。







最終更新日  2020.10.12 12:44:33
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.