12982155 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(765)

2021年「希望・勝利の年」

(35)

ニュース話題

(592)

わが友に贈る 聖教新聞

(3432)

今週のことば 聖教新聞

(592)

信仰体験

(502)

大白蓮華 巻頭言

(145)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(157)

「新・人間革命」と私

(188)

<池田大作先生> 四季の励まし

(90)

池田先生と共に 新時代を築く

(31)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

随筆 「人間革命」光あれ

(16)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(13)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(213)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(99)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

教学

(109)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(57)

広布史

(135)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(12)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(41)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(47)

ワールドリポート

(87)

WORLD TODAY――「世界の友は今」

(21)

虹を懸ける

(15)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(13)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(17)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(7)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(8)

壮年部のページ

(18)

白ゆり ​​​​​​婦人部のページ

(18)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(13)

私がつくる平和の文化

(11)

明日を照らす

(6)

世界の識者の眼

(4)

「SGIの輝き」

(3)

世界広布と新入会の友

(3)

「My Human Revolution」

(37)

20代のリアル ボクらのイマ

(12)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(23)

SDGs特集

(14)

新型コロナウイルス感染症関係

(42)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(69)

池田先生の連載エッセーから

(4)

無冠の友

(22)

第3代会長就任60周年記念 

(50)

池田先生の名誉学術称号45周年

(8)

「人生地理学」からの出発

(8)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(9)

戦争・被爆証言を聞く会

(7)

原爆投下・終戦から75年

(21)

いのちの賛歌 心に刻む一節

(5)

励まし御書―人間革命の光で  女子部教学室編

(13)

世界をつなぐ御書

(4)

9・27「世界青年部総会」

(22)

東北発〈きせき 3・11〉

(7)

ストーリーズ 師弟が紡ぐ広布史

(4)

世界広布のわが舞台

(5)

介護

(2)

青年想 Essay from Youth

(11)

連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」

(5)

電子版「with あなたと」

(1)

ヒーローズ 逆境を勝ち越えた英雄たち

(2)

学会創立90周年「11・18」

(16)

国連創設75周年

(6)

「気候危機」「地球温暖化」

(3)

新メンバーが語るSOKA

(3)

紙上教学研さん 「わが愛する青年に贈る」に学ぶ

(5)

聖教電子版

(1)

青年部のページ「Session2030」

(1)

「新・人間革命」世代プロジェクト

(7)

創価学園NAVI

(1)

女子部

(4)

池田華陽会御書30編

(1)

男子部

(2)

池田先生と共に 希望・勝利の師弟旅

(1)

池田先生が贈る指針〈御書の旭光を〉

(3)

私がつくる平和の文化 III

(1)

ヒューマン

(1)

バックナンバー

コメント新着

LbgPhifs@ viagra canada fvtvvofbldIniceBtjEnatha wholesale generic viagra &lt;a href=&qu…
愛と勇気⭐︎⭐︎@ Re:〈日蓮大聖人の慈愛の眼差し〉 日眼女(08/03) >「全ての人が憎むならば憎めばよい。釈…
由美 サンダーソン@ Re:大白蓮華 2020年7月号 巻頭言 「立正安国」の勇気の大光を(06/30) 海外に住んでいるため、大百が3ヶ月遅れで…
坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
2020.10.17
XML

【新企画!】自信のない地区婦人部長が、皆に慕われた理由――コロナ禍での挑戦。
連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」

 日常の学会活動にある、何気ない小さな出来事(一滴の、しずくのような)には、大きな信仰の価値が詰まっています。「大海の水は一滴なれども無量の江河の水を納めたり」(御書1200ページ)――そんな小さな「一滴」の偉大さを、深掘りしてお伝えする新企画です。(記事=金田陽介、橋本良太)
  

築45年を迎える団地に暮らし、近隣や地域に友人を増やしてきた上野絢子さん(右から2人目)。社会の変化で、生活や学会活動に苦労も多いが、それを上回る喜びの瞬間が日常の中にある
  
 キンモクセイの香りが、今年も季節の変化を告げる。


 冬から春、夏、そして秋――今も、新型コロナウイルスは、日常に居座り続けている。


 そうした中、最前線の地区はどのように、新たな日常の学会活動を始めているのか。
 千葉市美浜区のある地区ではささやかな“事件”があった。


 皆で工夫しながらコロナ禍と格闘していたある日、地区婦人部長の家に突然、きれいな花束が届いたのだ。


 今回は、このすてきな事件の背景にあったものを取材した。時は、7カ月前にさかのぼる。

 “これは、まずい!”
 3月に入り、社会のあらゆる活動が自粛に向かう中、団地の4階に住む上野絢子さん(41)=地区婦人部長=は、不安を募らせていた。


 思った以上に、コロナが大変なことになりつつあった。
 上野さんの「広宣地区」は、60世帯ほどの地区。75歳以上の高齢者の割合は、日本全体での数字(14・9%)の2倍に迫るほどだろうか。


 マンションで1人暮らしの、渡辺光子さん(69)=白ゆり長=に、久しぶりに電話する。元気だが、不安はあるという。


 「会合も自粛、人にも会えないとなると、一言もしゃべらない日もあるからねぇ……」
 “これは、まずい!”
 地区の皆に、片っ端から電話をした。孤独になってしまう人を出してはいけない――。
 ある日の早朝、本紙の配達員を務める山本郁代さん(67)=支部副婦人部長(白ゆり長兼任)=は、メンバー宅の前で、上野さんの姿を見かけた。


 「上野さんがね、人がいない時間を選んで、メンバーに励ましの手紙を届けていたんです」

 会合ができない中、広宣地区では、4月から“文字での座談会”を始めた。


 上野さんが、地区の皆から電話、メール、LINEで「声」を集め、パソコンで編集。それを印刷、何人かで手分けして、座談会の代わりに、メンバーに届ける。
 皆の近況が並んだ文面。

 渡辺さんは「いま桜がちゃんと咲いています。冬は必ず春となるです。私の決意、絶対負けません!」と書いていた。
  田久保陽子さん(63)=婦人部副本部長(支部婦人部長兼任)=は、「座談会で一言発言をやっているみたい。これで元気を保つことができた方も多かったのでは」と振り返る。

 上野さんはコロナ禍の中、精神的な不安を訴える多くの人の話を、電話で聞き続けた。
 だが、上野さん自身も、外出自粛が続くと心が沈む。“やっぱり私には、人に寄り添うなんて無理”という気持ちが、少しずつ強くなっていく。
 「私の世代には多いのかもしれませんが、私はもともと、自信のない人間なんです。寝て、食べて、テレビを見る以外のことは面倒くさい、低エネルギーな人で……」
 小学生の頃から、一人でいるのが好きで、大人数で騒ぐのが苦手だった。


 「できるだけ人と関わらず、小さな人間関係の中で生きていきたいと思っていました」
 そんな自分を、食事に誘ってくれ、丁寧に話を聞いてくれる女子部の先輩がいた。


 プライベートなことを話すのは嫌だな、と思ったが、上野さんは当時、悩みを抱えていた。気付けば苦しい真情が、言葉になって漏れていた。
 そして、自分もこの先輩のように、じっくり話を聞いて寄り添える人になりたいと思った。

渡辺光子さん㊨の元気な笑顔、山本郁代さん㊥のこまやかな心づかい――上野さんは「そうした、着実な信心で人柄を磨いてきた地区の先輩方がいるから、何かと自信のない私でも地区婦人部長として頑張れています」と
  
 夫・芳生さん(37)=男子部員=を折伏して結婚し、今の団地に住み始めてからも、上野さんは、婦人部の先輩たちの励ましに包まれた。
 「私は、そういう先輩たちの振る舞いを、まねするようになったのかもしれません」
 例えば、手紙を書くこと。


 「山本さん(白ゆり長)は、とても小まめに手紙を書く人。ちょっとした届けものにも、かわいい付箋や小さなメモが添えられていたり」


 じっくり話を聞くこと。


 「田久保さん(支部婦人部長)をはじめ、美浜区の婦人部は、とにかく話を聞いてくれる方が多いんです。そして“私も以前こんな悩みがあったよ”と、一緒に悩んでくれて」
 だから上野さんは、近隣ともそうした姿勢で交流するようになった。団地の自治会、地域活動などにも参加してみた。
 数年がたつうちに、買い物帰りの道端で話し込んだり、一緒に外食したり、池田大作先生の写真展を鑑賞したりする友人ができていった。

 そして――5月末の、ある日のこと。夕方、上野さんが買い物から帰ってくると、家のドアノブに、スーパーのポリ袋が掛けられていた。


 ピンクのユリ、白い野バラ、たくさんの花々が、袋から顔を突き出している。
 手紙などはなかったが、団地の周りで花を育てている、顔なじみの70代の婦人が、すぐに頭に浮かんだ。
 電話をしてみる。
 「いつも頑張っているから。少しだけど、どうぞ」


 優しい声が返ってきた。
 こんな社会状況の中で、自分に真心を向けてくれたのがうれしかった。
 すぐに花瓶に生け、スマホで写真を撮る。それをパソコンに送信し、絵はがきを作る。


 そこに、池田先生の言葉を、書籍から探して書き添えた。
 翌日、婦人宅のドアポストにその絵はがきをそっと入れた。


 “やはり私は、人との関わりを大事にする自分でいたい”と心から思った。

 地区で、オンラインの集いを考えたこともあったが、スマホを持っていない人、ネット環境がない人も多く、実現には時間がかかりそうだった。
 地区では先月、“同盟座談会”を行った。日時を決め、当日は皆がそれぞれの自宅にいて、同じプログラムで“座談会”を行うのだ。


 当日の9月20日。午後1時半――皆が一緒に“座談会”を始める。


 各自が「大白蓮華」の巻頭言を読み、御書を拝読し……。
 終了後、地区部長の里見英樹さん(50)や、上野さんに「皆とのつながりを感じられた」との声が次々と届いた。
 なかなか座談会に参加できないメンバーも、この同盟座談会に参加してくれていた。あの3月の早朝に、上野さんが励ましの手紙を届けた人だった。

 「私は今も、人と関わることは当たり前ではなくて、決意も勇気もいる挑戦なんです」


 上野さんは、そう語る。
 全国各地にも、同じような思いで奮闘している人は、少なくないだろう。
 それでも、人を励ますために足が動いてしまうのは、コロナ禍のずっと前から、地道な学会活動の中で、そういう生き方を体に染み込ませてきたから。


 “あの人に喜んでもらうために何かできないか”と能動的に考え、動く生き方を、ずっと重ねてきたからなのだ。


 上野さんが、花を届けてくれた婦人に贈った絵はがきに記したのは、池田先生の、こんな言葉だった。


 美しいものをたくさん発見できる人。


 その人こそ、美しき人ではないか。


 「ああ、きれいな空!」


 「この花を見てごらん!」と、


 暮らしのなかで自分らしい感動を


 見つけられる人は幸せである。


 その人の生活は豊かである。


 (『女性に贈る 100文字の幸福抄』より)


 このような人でありたいと、日々、現実の中で葛藤しながら祈り、一歩を踏み出す――。


 そうした一人一人が今、不安に揺れる社会の一角を、確実にうるおしている。







最終更新日  2020.10.17 10:59:48
コメント(0) | コメントを書く
[連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.