13024090 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(778)

2021年「希望・勝利の年」

(36)

ニュース話題

(595)

わが友に贈る 聖教新聞

(3434)

今週のことば 聖教新聞

(593)

信仰体験

(503)

大白蓮華 巻頭言

(145)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(157)

「新・人間革命」と私

(188)

<池田大作先生> 四季の励まし

(90)

池田先生と共に 新時代を築く

(31)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

随筆 「人間革命」光あれ

(16)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(13)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(213)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(99)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

教学

(109)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(57)

広布史

(135)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(12)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(41)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(47)

ワールドリポート

(87)

WORLD TODAY――「世界の友は今」

(21)

虹を懸ける

(15)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(13)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(17)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(7)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(8)

壮年部のページ

(18)

白ゆり ​​​​​​婦人部のページ

(18)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(13)

私がつくる平和の文化

(11)

明日を照らす

(6)

世界の識者の眼

(4)

「SGIの輝き」

(3)

世界広布と新入会の友

(3)

「My Human Revolution」

(37)

20代のリアル ボクらのイマ

(13)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(23)

SDGs特集

(14)

新型コロナウイルス感染症関係

(42)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(69)

池田先生の連載エッセーから

(4)

無冠の友

(22)

第3代会長就任60周年記念 

(50)

池田先生の名誉学術称号45周年

(8)

「人生地理学」からの出発

(8)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(9)

戦争・被爆証言を聞く会

(7)

原爆投下・終戦から75年

(21)

いのちの賛歌 心に刻む一節

(5)

励まし御書―人間革命の光で  女子部教学室編

(13)

世界をつなぐ御書

(4)

9・27「世界青年部総会」

(22)

東北発〈きせき 3・11〉

(7)

ストーリーズ 師弟が紡ぐ広布史

(4)

世界広布のわが舞台

(6)

介護

(2)

青年想 Essay from Youth

(11)

連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」

(5)

電子版「with あなたと」

(1)

ヒーローズ 逆境を勝ち越えた英雄たち

(2)

学会創立90周年「11・18」

(16)

国連創設75周年

(6)

「気候危機」「地球温暖化」

(3)

新メンバーが語るSOKA

(3)

紙上教学研さん 「わが愛する青年に贈る」に学ぶ

(5)

聖教電子版

(1)

青年部のページ「Session2030」

(1)

「新・人間革命」世代プロジェクト

(7)

創価学園NAVI

(1)

女子部

(4)

池田華陽会御書30編

(1)

男子部

(2)

池田先生と共に 希望・勝利の師弟旅

(1)

池田先生が贈る指針〈御書の旭光を〉

(4)

私がつくる平和の文化 III

(1)

ヒューマン

(2)

バックナンバー

コメント新着

愛と勇気⭐︎⭐︎@ Re:〈日蓮大聖人の慈愛の眼差し〉 日眼女(08/03) >「全ての人が憎むならば憎めばよい。釈…
由美 サンダーソン@ Re:大白蓮華 2020年7月号 巻頭言 「立正安国」の勇気の大光を(06/30) 海外に住んでいるため、大百が3ヶ月遅れで…
坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
ラプラス@ Re:わが友に贈る(01/26) ことしのノーベル賞候補の問題です。 マル…
2020.11.07
XML
カテゴリ:教学

〈教学〉 11月度座談会拝読御書 異体同心事

拝読御文
 ​​​​​​日本国の人人は多人なれども体同異心(たいどういしん)なれば諸事成(しょじじょう)ぜん事かたし、日蓮が一類は異体同心(いたどうしん)なれば人人すくなく候へども大事を成じて・一定法華経ひろまりなんと覚(おぼえ)へ候、悪は多けれども一善(いちぜん)にかつ事なし、譬(たとえ)へば多くの火あつまれども一水にはきゑぬ、此の一門も又かくのごとし​​​​​​(御書全集1463ページ5行目~7行目、編年体御書792ページ5行目~7行目)​


[池田先生の指針から]
 妙法こそすべてを結ぶ善の原理
 大聖人は本抄で、妙法の力を現して悪と戦い、前進する大聖人の一門を「一善」と表現されています。
 妙法こそ、すべてを結びつけて、いかなる悪をも滅していける「唯一の善の原理」だからです。


 「分断は悪」「結合は善」です。


 仏界の生命は、すべてのものが互いに結びつく宇宙の実相を悟(さと)った智慧(ちえ)で、現実を生きていく生命です。


 仏とは、分断の悪にあえぐ人間たちが織り成す現実の中で、人間と人間を結びつけ、安国の理想実現に尽力しつつ、全人類の平和を目指していく価値創造の生命に他ならない。


 ゆえに「悪は多けれども一善にかつ事なし」と仰せです。
 善の太陽が昇れば、いかに深い悪の闇(やみ)も、直ちに、そして必ず滅します。


 「一善」とは、大聖人の一門のことです。


 それは、大聖人の一門にこそ、障魔との戦いを恐れず、妙法という根本の善を弘通しぬく戦いに徹する決意と実践があるからです。


 私たちは、法華経の理想を実現する広宣流布の戦いに生きています。


 誰にどう批判されようと、「民衆の力」を解放し、「民衆の時代」を築くために、汗を流し、足を鉄板のようにして歩き、岩盤に爪(つめ)を立てる思いで戦ってきたのは、創価学会だけです。その事実があるからこそ、世界からの賞讃が絶えないのです。


 一面から言えば、私たちが築いてきた「異体同心」の哲学と実践は、今、世界で注目される段階になったともいえます。(中略)


 「善」と「善」の連帯を築き上げていく、私たちの「異体同心」の実践を、世界が待望しています。どこまでも、威風堂々と前進し、勝利の歴史を築いていきましょう。(『希望の経典「御書」に学ぶ』第3巻)


一人一人が輝く麗しい団結を
尊い仏子を敬う
 日蓮大聖人が広宣流布実現の最大の力として示されたのが、「異体同心の団結」です。


 「異体」とは、それぞれの個性や特質が異なっていることです。
「同心」とは、志や目的を同じくすることです。


 大聖人の仏法を実践する私たちにとって「異体同心」とは、互いの違いを認め合い、尊重し合いながら、広宣流布という大目的に向かって心を合わせることといえます。


 一般的に団結とは、共通の目標を達成するための「手段」と考えられます。しかし、創価の「異体同心の団結」は、自他共の幸福を築く麗(うるわ)しい連帯であり、それ自体が広宣流布の「目標」ともいえます。


 「団結しよう」と言うだけで、容易に団結することはできません。だからこそ、大切な広布の組織を守り、絆(きずな)を結ぶ努力が欠かせません。


 大聖人は、「法華経を持つ者をば互(たがい)に毀(そし)るべからざるか、其故(そのゆえ)は法華経を持つ者は必ず皆仏(みなほとけ)なり仏を毀りては罪を得(え)るなり」(御書1382ページ)と仰せです。妙法を持つ同志は、皆が尊(とうと)い仏子(ぶっし)です。互いに尊敬し励まし合いながら、広布に前進することで、麗しい団結が築かれていくのです。


 戸田先生は「異体同心の心は、信ずる心です。信仰が同じという意味です」と述べています。


 つまり、単に仲が良いといった次元にとどまらず、お互いが妙法を根本とした不退の信心を持つことが、信心の団結においては重要なのです。


 コロナ禍で生活様式が大きく変わろうとする今、一人一人の幸福を願う発露から、創意工夫を重ねて行学の実践に励む学会員の信心によってこそ、異体同心の団結が築かれるのです。


広布に心を定め
 「異体同心」の反対が、「体同異心」です。
 大聖人は、命に及ぶ迫害を何度も受けられ、その弾圧は門下にも及びました。迫害する者たちは「反大聖人」という点で結託しているように見えて、利害も思惑もバラバラの「体同異心」でした。


 これに対し、少数であっても信心の団結があれば、「大事を成じて」「一定法華経ひろまりなん」と、打ち勝つことができると仰せです。


 すなわち、広宣流布の伸展を決定づけるのは、人数の多少ではなく、広布に心を定め、心を一つにできるかどうかです。一人一人の持てる力が足し算ではなく、あたかも掛け合わされるように発揮されることで、前進の力は何倍にも増します。


 その上で心すべきは、広宣流布は仏と魔との闘争であるということです。広布を阻もうとする魔の働きは、人々の心を分断させます。


 だからこそ、「悪は多けれども一善にかつ事なし」との仰せを心肝(しんかん)に染めていくことが大切です。異体同心の仲良き団結で広布にまい進する限り、あらゆる障魔を打ち破り、必ず勝ち越えていけることを約束されています。


 「一善」の勢力こそ大聖人一門であり、現代においては創価学会です。わが地域に善の連帯を広げ、学会創立90周年の「11・18」を晴れやかに迎えていきましょう。











最終更新日  2020.11.07 12:22:15
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.