13044382 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(780)

2021年「希望・勝利の年」

(37)

ニュース話題

(596)

わが友に贈る 聖教新聞

(3435)

今週のことば 聖教新聞

(593)

信仰体験

(504)

大白蓮華 巻頭言

(145)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(158)

「新・人間革命」と私

(188)

<池田大作先生> 四季の励まし

(90)

池田先生と共に 新時代を築く

(31)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

随筆 「人間革命」光あれ

(16)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(13)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(213)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(99)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

教学

(109)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(58)

広布史

(135)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(12)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(41)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(47)

ワールドリポート

(87)

WORLD TODAY――「世界の友は今」

(21)

虹を懸ける

(15)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(13)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(17)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(7)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(8)

壮年部のページ

(18)

白ゆり ​​​​​​婦人部のページ

(18)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(13)

私がつくる平和の文化

(11)

明日を照らす

(6)

世界の識者の眼

(4)

「SGIの輝き」

(3)

世界広布と新入会の友

(3)

「My Human Revolution」

(37)

20代のリアル ボクらのイマ

(13)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(23)

SDGs特集

(14)

新型コロナウイルス感染症関係

(42)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(69)

池田先生の連載エッセーから

(4)

無冠の友

(22)

第3代会長就任60周年記念 

(50)

池田先生の名誉学術称号45周年

(8)

「人生地理学」からの出発

(8)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(9)

戦争・被爆証言を聞く会

(7)

原爆投下・終戦から75年

(21)

いのちの賛歌 心に刻む一節

(5)

励まし御書―人間革命の光で  女子部教学室編

(13)

世界をつなぐ御書

(4)

9・27「世界青年部総会」

(22)

東北発〈きせき 3・11〉

(7)

ストーリーズ 師弟が紡ぐ広布史

(4)

世界広布のわが舞台

(6)

介護

(2)

青年想 Essay from Youth

(11)

連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」

(5)

電子版「with あなたと」

(1)

ヒーローズ 逆境を勝ち越えた英雄たち

(2)

学会創立90周年「11・18」

(16)

国連創設75周年

(6)

「気候危機」「地球温暖化」

(3)

新メンバーが語るSOKA

(3)

紙上教学研さん 「わが愛する青年に贈る」に学ぶ

(5)

聖教電子版

(1)

青年部のページ「Session2030」

(1)

「新・人間革命」世代プロジェクト

(7)

創価学園NAVI

(1)

女子部

(4)

池田華陽会御書30編

(1)

男子部

(2)

池田先生と共に 希望・勝利の師弟旅

(1)

池田先生が贈る指針〈御書の旭光を〉

(4)

私がつくる平和の文化 III

(1)

ヒューマン

(2)

バックナンバー

コメント新着

愛と勇気⭐︎⭐︎@ Re:〈日蓮大聖人の慈愛の眼差し〉 日眼女(08/03) >「全ての人が憎むならば憎めばよい。釈…
由美 サンダーソン@ Re:大白蓮華 2020年7月号 巻頭言 「立正安国」の勇気の大光を(06/30) 海外に住んでいるため、大百が3ヶ月遅れで…
坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
ラプラス@ Re:わが友に贈る(01/26) ことしのノーベル賞候補の問題です。 マル…
2020.11.11
XML

連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」
ルポ【一滴】 地区は人間ドラマの舞台。その経験があるから、学会員は変化に強い。

 コロナ禍の今年は「激変」の年。あらゆる物事が“コロナ前”とは変わった社会……。しかし、ふと、ある思いが湧きました。創価学会の活動の「現場」は、実はずっと昔から、さまざまな変化の連続だったのでは――。今回はそんな視点から、婦人部を中心に、深掘りしてみました。(記事=金田陽介、橋本良太)

地区内を歩く奥田恭子さん、下清水蝶子さん、折田コトエさん。高台からは、噴煙を上げる桜島がよく見える。眼下の市街の一部も地区内だ
  
 全国の組織では今、会館などを使用した座談会や、訪問激励が行われている。
 コロナ禍による社会の変化。その変化に応じ、皆で新しい知恵を絞りながらの、学会活動の“再出発”――。
 鹿児島市のある地区も、その一歩を踏み出している。
  
 時に静かに、時に激しく噴煙を上げる桜島が、鹿児島市街からは、よく見える。
 その市街の一角にあるこの地区では、2018年の冬、組織の再編成があり、新たなエリアとして出発した。
 JR鹿児島駅に近い住宅地、市街を一望できる高台が連なった地区。所属メンバーも新しくなった。地区婦人部長の任命を受けたのは、奥田恭子さん(46)である。
  
 前の所属地区は違っても、お互いに知らないわけではない。だが座談会のやり方一つにも、それぞれの文化や伝統がある。
 奥田さんは、地区部長の末廣裕茂さん(69)と心を合わせて、新たな団結をつくるため、訪問激励を始めた。

奥田恭子さん
 「道の向こうを歩いているのを見つけて手を振ると、2倍も手を振り返してくれる人」
 末廣さんは、奥田さんのことを、こう表現する。
 その明るさに触発を受けて、“地区の皆さんが幸福に向かって歩めるよう、新しい地区で頑張ろう”と思えた。
 ところが、当の奥田さんは、自信を持てなかった。
 「私は教学も詳しくないし、他の地区婦人部長の皆さんのように、しっかり話ができるわけでもないし……」
 介護職として、フルタイムでデイケアに勤めている。自分に地区婦人部長が務まるとは思えなかった。
 「私も支えるから、大丈夫」――以前の地区でずっと一緒に活動してくれた先輩や、長年この地でメンバーを励まし続けてきた先輩の応援があったから、勇気を出せた。

 「難しい話はできないから」、とにかく相手の話を聞いた。
 分からないことは分からないと正直に言い、何かに困ったら「助けてください」と、素直に周囲の力を借りた。
 語る相手が悩みを打ち明けて泣けば、つられて泣いた。
  
 奥田さんは2002年(平成14年)の入会。信心を教えてくれた婦人が、とにかく人の話を聞き、背中をさすらんばかりに励ます人だった。
 その姿が、知らないうちに、学会員としての生き方の手本になっていたのかもしれない。
  
  
下清水蝶子さん
 新しい地区にも、手本となる先輩たちが何人もいた。
 下清水蝶子さん(83)=地区副婦人部長=は、自宅の仏間を、地区の会場に提供してくれている。本棚も壁際も、小説『新・人間革命』、池田大作全集、世界の文学全集などで埋まった仏間である。
 人前で話すのが苦手な奥田さんの言葉を、下清水さんはよく補ってくれた。
  
 ある日の、婦人部グループ長の集まり。奥田さんが話の途中で、言葉に詰まって、黙ってしまった。沈黙が流れ……そうになった時、下清水さんが絶妙のタイミングでつぶやく。
 「お、今、いい風が入ってきたな……」
 肩の力が抜けそうな一言に、皆が笑い声を上げる。
 そんな小さな心遣いが、いつも地区の雰囲気を、晴れ晴れとしたものにさせた。
  
 
宮下安江さん
 宮下安江さん(86)=支部副婦人部長=は、実直な人。「人が見ていようといまいと、御本尊様は見ているから、地道に頑張りましょう」と、いつも真顔で励ましてくれる。
 宮下さん自身が、その言葉の通り、筋ジストロフィーと闘う娘をはじめ3人の子を育てながら、学会活動に励み、充実の人生を開いてきた。
  
 ある時、メンバーと友人で一緒に参加できる、大きな集いがあった。どこの地区でも「絶対に友達にも参加してほしいね」と語り合っていた。
 ところが、奥田さんの連絡に手違いがあった。
 前日に気付き、慌てて、皆にフォローの連絡をする。
 宮下さんは、電話で一部始終を聞いた時、とがめず、声色も変えず、ただ言った。
 「ん。分かった!」
 翌日――。集いの会場には、3人の友人を連れて参加する、宮下さんの姿があった。
  
 そんな、それぞれの色をもつ一人一人が主役となって、少しずつ心の距離を縮めて、地区の団結がつくられていく。
 そうした中で、毎月の座談会は、参加者が、少しずつ増えていった。毎回のように、友人も参加するように。やがて青年・未来部の参加者も、目標にしていた10人を超えた。

地区は南北に長い形で広がっており、北側には高台の住宅地もある

 だが――。
 コロナ禍で、地区は今、新たな試練に直面している。
  
 デイケアに勤める奥田さんは感染を防ぐため、人との接触を控えざるを得ない。今までにない部分で気を使う必要があり、心の疲れも大きい。
 でも、やはり皆の様子が気になる。一人一人のことを祈り、短時間、玄関先に会いに行く。「皆さんがいるから、自分も、成長しようと思えています」
  
 コロナ禍という地球規模での激変にも、学会員の、生き方の根っこ(自分も他者も一緒に元気になろうとする生き方)は、ぶれていない。
 むしろ、これをきっかけに、オンラインの会合にも挑戦し、最近は感染対策を行った上で、訪問激励や会合を再開し……状況に応じた「攻め」の学会活動は、より勢いを増しているともいえるのだ。
 それは、ある意味で当然なのかもしれない。宗門事件も、経済苦も、宿命の嵐も――コロナ禍のずっと前から、あらゆる種類の「激変」を越えてきた人が全国どこの地区にもいるのが、創価学会なのだから。
  
折田コトエさん
 そうした“ベテラン”の一人である、折田コトエさん(79)=地区副婦人部長=は、数年前から、肝臓がんや左足の複雑骨折などで、何度か入院している。
 だが、何分、生命力が強く、そのたびに“病院友達”を増やして退院する。
 「最近まで、居酒屋を経営していたから、知り合いは多くてね。今も、誰にでも気軽に話し掛けるからね」
 今年も、心臓の手術で1カ月ほど入院したが、元気に退院してからは、新しくできた友達にまた対話を重ねている。
  
 地区の新出発から2年。
 この9月には、地区で2世帯の御本尊流布ができた。
 「壮年と、男子部世代の方。長年、地区の皆さんが励ましを送ってこられていた方です」と地区部長の末廣さんは語る。

末廣裕茂さん
 池田先生は、つづっている。
 「『地区広布』即『世界広布』――身近な人と人との絆、自分の住む近隣地域を大切にする行動を広げることが、必ず世界をも変える」
 「地区」には、さまざまな人がいて、毎日のように、多様な“人間ドラマ”がある。
 そんな変化、変化のど真ん中に身を置いて、何があっても人を励まし続ける生き方を選び取ってきた学会員が、このコロナ禍を、乗り越えられないわけがない。身近な世界を、変えていけないわけがないのだ。
  
 噴煙を上げ続ける、桜島。
 雨の日も、風の日も――その威容は変わらない。
 私たちの励ましの生き方も、時代の行く先がどうあろうと、根っこが揺らぐことはない。


エピソード・感想を募集!
 皆さんの地区にある「心温まる話」また記事の感想を教えてください。



 〈メール〉kansou@seikyo-np.jp
 〈ファクス〉03-5360-9645


(2020年11月11日 聖教新聞)







最終更新日  2020.11.11 11:36:08
コメント(0) | コメントを書く
[連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.