13025569 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(778)

2021年「希望・勝利の年」

(36)

ニュース話題

(595)

わが友に贈る 聖教新聞

(3434)

今週のことば 聖教新聞

(593)

信仰体験

(503)

大白蓮華 巻頭言

(145)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(157)

「新・人間革命」と私

(188)

<池田大作先生> 四季の励まし

(90)

池田先生と共に 新時代を築く

(31)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

随筆 「人間革命」光あれ

(16)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(13)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(213)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(99)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

教学

(109)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(57)

広布史

(135)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(12)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(41)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(47)

ワールドリポート

(87)

WORLD TODAY――「世界の友は今」

(21)

虹を懸ける

(15)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(13)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(17)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(7)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(8)

壮年部のページ

(18)

白ゆり ​​​​​​婦人部のページ

(18)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(13)

私がつくる平和の文化

(11)

明日を照らす

(6)

世界の識者の眼

(4)

「SGIの輝き」

(3)

世界広布と新入会の友

(3)

「My Human Revolution」

(37)

20代のリアル ボクらのイマ

(13)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(23)

SDGs特集

(14)

新型コロナウイルス感染症関係

(42)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(69)

池田先生の連載エッセーから

(4)

無冠の友

(22)

第3代会長就任60周年記念 

(50)

池田先生の名誉学術称号45周年

(8)

「人生地理学」からの出発

(8)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(9)

戦争・被爆証言を聞く会

(7)

原爆投下・終戦から75年

(21)

いのちの賛歌 心に刻む一節

(5)

励まし御書―人間革命の光で  女子部教学室編

(13)

世界をつなぐ御書

(4)

9・27「世界青年部総会」

(22)

東北発〈きせき 3・11〉

(7)

ストーリーズ 師弟が紡ぐ広布史

(4)

世界広布のわが舞台

(6)

介護

(2)

青年想 Essay from Youth

(11)

連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」

(5)

電子版「with あなたと」

(1)

ヒーローズ 逆境を勝ち越えた英雄たち

(2)

学会創立90周年「11・18」

(16)

国連創設75周年

(6)

「気候危機」「地球温暖化」

(3)

新メンバーが語るSOKA

(3)

紙上教学研さん 「わが愛する青年に贈る」に学ぶ

(5)

聖教電子版

(1)

青年部のページ「Session2030」

(1)

「新・人間革命」世代プロジェクト

(7)

創価学園NAVI

(1)

女子部

(4)

池田華陽会御書30編

(1)

男子部

(2)

池田先生と共に 希望・勝利の師弟旅

(1)

池田先生が贈る指針〈御書の旭光を〉

(4)

私がつくる平和の文化 III

(1)

ヒューマン

(2)

バックナンバー

コメント新着

愛と勇気⭐︎⭐︎@ Re:〈日蓮大聖人の慈愛の眼差し〉 日眼女(08/03) >「全ての人が憎むならば憎めばよい。釈…
由美 サンダーソン@ Re:大白蓮華 2020年7月号 巻頭言 「立正安国」の勇気の大光を(06/30) 海外に住んでいるため、大百が3ヶ月遅れで…
坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
ラプラス@ Re:わが友に贈る(01/26) ことしのノーベル賞候補の問題です。 マル…
2020.11.29
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

〈スタートライン〉タレント 副島淳さん

    君のコンプレックスは“武器”になる

 見た目は外国人、でも心は日本人――日本人の母のもと、日本で生まれ育った副島淳さんは、周囲が求める「外国人像」とのギャップに苦しんできた。父はアメリカ人だが物心がついた時にはおらず、英語はむしろ苦手だ。明るいキャラクターでテレビでも人気の副島さんに、自身のコンプレックスとどのように向き合ってきたのかを語ってもらった。


「お前はスペシャルな存在」

小学生時代の副島さん(本人提供)
 ――小学生時代にいじめに遭ったと聞きました。
 

 
 小学3年生までは、自分の外見が人と違うことを意識したことはありませんでした。4年生で引っ越した先の学校で、「まっくろくろすけ」「髪の毛がたわしみたい」といじめられるようになって、初めて「なんで僕だけ肌が黒いんだろう」と思うようになったのです。


 いじめはだんだんエスカレートし、「副島に触ったら、ばい菌がうつる」と避けられたり、サッカーゴールの前に立たされて、みんなが蹴るボールの的にされたり。6年生までの3年間は地獄のような日々でした。


 学校では周囲に心を閉ざし、家では母に「無責任に産んでんじゃねえよ!」「学校に行きたくない。引きこもらせてくれ!」と感情をぶつけていました。ですが、母は肝っ玉の据わった人で「お前がスペシャルな存在だから、みんなそう言うんだ。いつかお前にとっていい時代が必ず来るよ」と笑い飛ばしていました。その時は受け入れられませんでしたが、今の僕にとって、母の言葉は生きる指針になっています。


バスケットボールとの出合い

 ――転機になった出来事は何ですか?
  


 中学校でバスケットボール部に入ったことで、状況が変わりました。身長が伸びたこともあって、部活で周りから頼られるようになったのです。だんだん人と話すのが怖くなくなり、「肌黒いな」と容姿をいじられても「日焼けサロンで寝過ぎちゃった」と、ユーモアで返せるようになりました。2年生の時に顧問になった先生が非常に熱心で、さらにバスケットボールにのめり込むように。エースと呼ばれるまでに上達し、自分に自信がつきました。


 しかし今度は、次第に自己中心的になり、試合で失敗したチームメートに「お前、いらないよ」と吐き捨てるように。いじめられていた僕が、いつしか「いじめる側」になりかけていたのです。人間とは愚かな生き物ですね。


 そんな僕を見ていた先生から「お前が成長しないとチームは強くならない」「みんなを支えて引っ張っていく存在になれ」と厳しく言われて軌道修正ができたのです。先生のおかげで傲慢さに気付き、人間的に成長させてもらいました。


 また、祖母にも救われました。母は、僕が小学2年生の時に日本人男性と一緒になり、妹も生まれましたが、その後、離婚。僕たち家族3人が路頭に迷いかけていたのを見かねて、離婚した男性の母である祖母が家に引き取ってくれたのです。三味線と琴の師範代をしていたので、言葉遣いや箸の持ち方など礼儀作法に厳しく、当時は苦手でしたが(笑い)、今では本当に感謝しています。


自分を生かせる場所

 ――芸能界に進んだきっかけは何だったのですか?
 

 
大学生の時、知人の紹介で映画に出演する機会があり、そこで知り合った方に芸能界に誘われ、事務所を紹介してもらいました。ですが、この世界に入って再び、外見のコンプレックスにぶつかりました。
 オーディションに行くと、「英語は話せる?」「歌やダンスはできないの?」とステレオタイプな「黒人」の能力を求められました。英語はできませんし、歌もダンスも下手ですから、全然、仕事をもらえません。「この世界、キツいな」と思いましたね。


 自信を喪失し、このまま芸能界をやめようかと思っていた時、舞台の仕事に出合えたことがターニングポイントになりました。自分でも嫌っていた髪の毛や肌の色、遠くからでも目立つ身長や声の大きさを、演出家の方が生かしてくださったのです。「副島の、この見た目があるからこそ通じる表現があるし、人の心を打つ芝居もできるんだよ」と。僕のコンプレックスが全て“武器”になると気付かせてくれたのです。その発想の転換ができた時、“ここは自分を生かせる場所だな”と思え、表現することが面白くなったのです。


 自分が芝居をするなんて考えもしませんでしたが、舞台が大好きになり、経験を重ねる中で、テレビの仕事もいただき、芸能界の道が広がっていきました。


人との「違い」はプラス

 ――外見や性格などコンプレックスに悩む若者に伝えたいことはありますか。
  


 人との「違い」は自分にとって「プラス」だと捉えてほしい。僕もそう思えるまでに時間がかかりましたが、臆病になったり、気持ちにふたをしたりせず、堂々とアピールするぐらいでいいです。


 もし、いじめられて苦しんでいる人がいたら、つらければ逃げてもいいと僕は思っています。今、立ち向かうことだけがベストの選択肢とは限らない。外に出たくなければ家でできることでもいいので、何か夢中になれることを見つけてほしい。それに夢中になる自分のことが、きっと好きになります。


 ただ、死ぬという選択肢だけは絶対に選ばないでください。“絶対に”です。今は想像できないと思いますが、生きていれば必ず明るい未来が待っています。僕の場合、いじめていた小学校の同級生が自分を人間的に成長させてくれたと思えるようになって、今では友達になっています。当時は死にたいと思って団地の屋上まで上がったこともありましたが、そこで飛び降りていたら今の自分はいません。人知れず悩んでいる人には、どうか生き抜いてほしいと伝えたいです。


【電子版オリジナル】【みんなでインタビュー】副島淳さん 10:30

 聖教電子版オリジナル企画として、読者が副島さんにオンラインでインタビューをしました。動画はこちらから。


プロフィル
 そえじま・じゅん 1984年、東京都生まれ。1メートル95センチの長身で、アフロヘアを入れると2メートルを超える。大学卒業後、俳優やモデルとして活動。現在はNHKの情報番組「あさイチ」でプレゼンターを務めるなど、テレビでも幅広く活躍する。各地の学校などで講演も行い、子どもたちに自身の経験を語っている。


 【記事】加藤幸一、歌橋智也 【撮影】工藤正孝







最終更新日  2020.11.29 10:43:25
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.