12854086 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

カレンダー

カテゴリ

カテゴリ未分類

(747)

2021年「希望・勝利の年」

(26)

ニュース話題

(590)

わが友に贈る 聖教新聞

(3425)

今週のことば 聖教新聞

(591)

信仰体験

(494)

大白蓮華 巻頭言

(145)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(156)

「新・人間革命」と私

(187)

<池田大作先生> 四季の励まし

(89)

池田先生と共に 新時代を築く

(31)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

随筆 「人間革命」光あれ

(15)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

勝ちゆく君へ 創価新報2020

(12)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(213)

池田先生のスピーチ

(99)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(99)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

教学

(109)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(13)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(52)

未来部

(57)

広布史

(135)

民音

(19)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(12)

東日本大震災〈いまを歩む〉

(41)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(17)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(47)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(47)

ワールドリポート

(87)

WORLD TODAY――「世界の友は今」

(21)

虹を懸ける

(15)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(26)

ライオンハート 師子の誓い

(8)

​ONE GOSHO この一節とともに!

(12)

トーク2020

(6)

扉をひらく 池田先生の対話録 Ⅲ

(17)

世界広布の旭日一創価の誉れの大道

(3)

破邪願正の魂を継承ー小説『人間革命』『新・人間革命』に学ぶ

(7)

青年SGI 世界の若きスクラム

(3)

若き誓願のスクラム――世界の「新・人間革命」研さん運動

(2)

壮年部のページ 学ぼう「黄金柱の誉れ」

(7)

壮年部 黄金柱の誉れ

(17)

白ゆり ​​​​​​婦人部のページ

(17)

私がつくる平和の文化 Ⅱ 

(13)

私がつくる平和の文化

(11)

明日を照らす

(6)

世界の識者の眼

(4)

「SGIの輝き」

(3)

世界広布と新入会の友

(3)

「My Human Revolution」

(36)

20代のリアル ボクらのイマ

(12)

青年部員と仕事――今の見つめ方

(23)

SDGs特集

(14)

新型コロナウイルス感染症関係

(40)

危機の時代を生きる 新型コロナに立ち向かう

(68)

池田先生の連載エッセーから

(4)

無冠の友

(22)

第3代会長就任60周年記念 

(50)

池田先生の名誉学術称号45周年

(8)

「人生地理学」からの出発

(8)

「世界を照らす太陽の仏法」に学ぶ

(9)

戦争・被爆証言を聞く会

(7)

原爆投下・終戦から75年

(21)

いのちの賛歌 心に刻む一節

(5)

励まし御書―人間革命の光で  女子部教学室編

(12)

世界をつなぐ御書

(4)

9・27「世界青年部総会」

(22)

東北発〈きせき 3・11〉

(7)

ストーリーズ 師弟が紡ぐ広布史

(3)

世界広布のわが舞台

(5)

介護

(2)

青年想 Essay from Youth

(11)

連載ルポ「一滴――新しい日々の始まり。」

(5)

電子版「with あなたと」

(1)

ヒーローズ 逆境を勝ち越えた英雄たち

(2)

学会創立90周年「11・18」

(16)

国連創設75周年

(6)

「気候危機」「地球温暖化」

(3)

新メンバーが語るSOKA

(2)

紙上教学研さん 「わが愛する青年に贈る」に学ぶ

(5)

聖教電子版

(1)

青年部のページ「Session2030」

(1)

「新・人間革命」世代プロジェクト

(6)

創価学園NAVI

(1)

女子部

(3)

池田華陽会御書30編

(1)

男子部

(1)

池田先生と共に 希望・勝利の師弟旅

(1)

池田先生が贈る指針〈御書の旭光を〉

(2)

私がつくる平和の文化 III

(1)

ヒューマン

(1)

バックナンバー

コメント新着

愛と勇気⭐︎⭐︎@ Re:〈日蓮大聖人の慈愛の眼差し〉 日眼女(08/03) >「全ての人が憎むならば憎めばよい。釈…
由美 サンダーソン@ Re:大白蓮華 2020年7月号 巻頭言 「立正安国」の勇気の大光を(06/30) 海外に住んでいるため、大百が3ヶ月遅れで…
坂東太郎9422@ Europe支社 宜保律子「健やかな心と体を育てる学校給…
もりもり@ Re:信仰体験 夢へと続く道 知的障がいと歩む(06/26) 私の子供も軽度の知的障害があり小6の子…
ラプラス@ Re:わが友に贈る(01/26) ことしのノーベル賞候補の問題です。 マル…
2020.12.03
XML
カテゴリ:信仰体験

信仰体験 親子2代で作る“一期一会の牛革バッグ”

    目指すのは「信心の横綱」

【茨城県鉾田市】手作りの牛革バッグ工房「イデツ工芸」は今年、初代の出津豊吉(いでつとよきち)さん(78)=副支部長=から、長男・広宣さん(34)=男子部部長=へと代が移った。年季が入った豊吉さんのミシンと、比較的新しい広宣さんのミシン。並んで置かれたミシンが、時代の流れを感じさせる。
 革の匂いが染みつき、壁に何種類ものバッグの型が掛けられた作業場で、黙々と鞄を作り続けてきた父。その背中を息子はじっと見続けてきた。
 「私に残せるものはバッグ作りと、信心しかありませんから」。そう言って笑う職人の顔が親父の顔へと変わった――。

豊吉さん㊨と長男・広宣さん㊧
 イデツ工芸のバッグは、一つ一つが手作り。革用包丁を使い、手で裁つのも感触を確かめてから。どの部分の革かによっても具合は異なる。「革の一枚一枚にクセや個性があります。同じバッグは二つとありません」
 バッグ職人として60年。豊吉さんは「ただひたすら、バッグを作り続けてきただけ」と、仕事のことは多くを語らない。
 しかし、信心の話となると、表情が和らぐ。「こんなに楽しいことはありませんよ」と、目をキラキラさせながら話し始める。
 職人である以上に、一人の信仰者として広布に生き抜いてきた。

 農家に生まれた豊吉さんは、幼い頃から畑に出て家計を支えた。しかし、中学3年の時、誤って栗のイガを踏んでしまい、それが元で右足が骨髄炎(こつずいえん)に。
 3年間の入院生活のうち、最初の1年は寝たきり、その後も松葉づえを突いて歩くのがやっとだった。5回の手術のかいもなく、右足は曲がらなくなった。
 そんな時、同じ病室の人から「この信心で絶対に歩けるようになる」と、創価学会の話を聞き、1961年(昭和36年)に入会する。
 題目を唱え始めると、しばらくして松葉づえなしで歩けるようになった。“この信心は本物だ!”
 退院後、この足では農業はできないと、バッグ職人を志して上京。住み込みで働いた。ほとんど休みもなく、朝から晩までバッグを作り続ける。あまりの厳しさに同僚は次々と職場を去っていった。

 右足は相変わらず固まったまま、骨髄炎も再発を繰り返した。そんな状況でも、豊吉さんの心は晴れやかだった。
 わずかな昼休みの時間を使って折伏に歩く。仕事が終わると、すぐに学会活動に向かう。どんなに疲れていても、学会の同志に会うと元気になれた。
 東京・台東体育館で行われた会合。池田先生が出席すると聞き、少しでも先生を近くで見ようと、社長に頭を下げて早めに駆け付けた。
 先生の姿を見た瞬間、腹の底から力が湧いた。“この信心だけは絶対に手放さない!”。師の前で固く誓った。

 68年にメーカーの下請けとして独立。その後、妻・幸子さん(67)=婦人部グループ長=と結婚し、翌年、広宣さんが生まれた。
 89年に鉾田(ほこた)に戻ってからも、バッグ作りで生計を立てていたが、バブル経済の崩壊を機に雲行きが怪しくなった。さらには海外ブランドの進出や、海外製の安価なバッグが、デパートのショーケースを埋め尽くし、豊吉さんの仕事は激減。98年(平成10年)には注文が完全に止まった。同業者は次々と倒産し、仕事を変えた。
 “この足では他の仕事はできない。俺にはバッグ作りしかない”。祈れば祈るほど迷いは消えた。
 余っていた革を使ってバッグを作り、一軒一軒、売りに歩いた。徐々に買ってくれる人が現れ、口コミで評判が広まっていく。

 あるお客から、「オーダーや修理もできる、製造直売のバッグの店をやってみたら?」と言われたことをきっかけに、99年に下請けから個人客への直売に切り替え、店名も「イデツ工芸」とした。
 広宣さんも、高校卒業と同時に父の工房に入った。幼い頃から、題目をあげては黙々とバッグを作る、ブレない父の背中を見てきた。
 “お父さんのバッグを、もっと多くの人に知ってもらいたい。俺が店を守り立てるんだ”。ホームページを開設したり、SNSを駆使したりと、父の技術を広めた。

茨城空港で販売も
 すると、辺りは畑ばかりの店に、「ネットを見て来ました」と、徐々に客足が伸びていく。
 2010年には、茨城空港で販売されることに。16年には鉾田市ふるさと納税の返礼品にも選ばれ、今では、県外からもお客が来るまでになった。

 親子の作るバッグには、アクセサリーやロゴの類いが一切ない。常に持ち主の傍らにあり続ける物を。その信念のまま、少しでも軽く、取り回しの良い物をと追求していくうちに、今のシンプルな形になったという。
 「バッグを作り終えても、まだ完成ではありません。お客さまが使い、手になじんでいって、本当の意味で“お客さまの物”になった時が、完成なんです」
 ロゴマークを付けないこだわりも、お客の手に渡った瞬間から「イデツ工芸のバッグ」は「お客のバッグ」に変わるとの心意気だ。
 「ブランド物にはしたくない。使い慣れた持ち主との一体感が、新品の時よりも、ずっとバッグを魅力的に輝かせていくんです」
 お客と顔を突き合わせる中で、その人を思いながら作り上げる“一期一会の牛革バッグ”。

 現在は、コロナ禍でこれまで以上に厳しい経営状況。しかし、広宣さんは地域の商工会の一員として、イベント等ができない中でも、広告事業に力を入れ奮闘する。
 師の励ましが親子の胸に常にある。かつて、二人が作ったバッグが届けられた際、「信心の/横綱目指せや/この人生」との句が――。
 「池田先生の指導を読むたび、御本尊の前に座るたびに、背筋が伸びて腹が決まるんです」と語る豊吉さんは今年、仕事を引退。広宣さんに一切を託した。

 「今までは、父の手伝いっていう意識だったけど、2代目になる以上は、父のバッグを守り、発展させたいっていう、自覚が生まれました」
 そんな息子の姿を、父も頼もしく思った。
 「冬は必ず春となる」(御書1253ページ)と大樹のごとき父。そんな父の生き方を見てきた広宣さんも、腹を決めた。
 「父とはけんかも多い。でも、仕事の腕と、信心の姿勢は、本当に尊敬しています。ブレない“横綱の信心”も、受け継がないと」
  豊吉さんが珍しく、「まあ、息子の仕事は、丁寧(ていねい)できれいですよ」と、ぼそっと一言。
 目の前の一人のために作る“一期一会の牛革バッグ”は、父から子へ確かに受け継がれていく。

( 2020年12月3日  聖教新聞)







最終更新日  2020.12.03 19:17:39
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.