8099329 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(498)

ニュース話題

(386)

2019年「創立90周年へ 創価勝利の年」

(44)

わが友に贈る 聖教新聞

(3105)

今週のことば 聖教新聞

(535)

大白蓮華 巻頭言

(132)

「新・人間革命」と私

(105)

小説『新・人間革命』に学ぶ

(104)

師弟不二の共戦譜~小説「新・人問革命」と歩む~

(6)

池田先生と共に 新時代を築く 2019

(18)

<池田大作先生> 四季の励まし

(48)

随筆 永遠なれ 創価の大城

(37)

青春勝利の大道 創価新報

(112)

勝利の人間学 創価新報

(101)

池田先生のメッセージ

(191)

池田先生のスピーチ

(98)

友のもとへ 池田先生の激励行

(11)

世界宗教の仏法を学ぶ 池田先生の指導・励ましから

(37)

藍よりも青く「3・16」研さんのために

(6)

池田先生と共に 新時代を進む 2018年

(32)

池田先生と共に 新時代を創る

(32)

教学

(33)

グローバルウオッチ 共生の未来へ

(4)

「創価学会母の日」制定30周年記念

(9)

名誉会長と共に 今日も広布へ

(93)

生老病死を見つめて(完)

(36)

御書と歩む Ⅱ(完)

(166)

御書と歩む 池田先生が贈る指針(完)

(100)

御書とともに II

(74)

御書と青年

(26)

池田SGl会長指導選集

(93)

池田大作の箴言集より

(12)

随筆 民衆凱歌の大行進

(26)

指針・指導メモ

(51)

未来部

(6)

広布史

(125)

民音

(16)

池田先生の揮毫 永遠の一筆

(11)

東日本大震災

(27)

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

(66)

『今日のことば365』 池田大作 著

(639)

随筆 我らの勝利の大道 (完)

(135)

『女性に贈ることば365日』池田大作(著)

(364)

女性に贈る100文字の幸福抄 (完)

(154)

御書とともに(完)

(100)

「潮」池田大作の軌跡

(9)

名誉会長 折々の指導(全20回・完)

(20)

御書と師弟(全31回・完)

(45)

ジャズと人生と仏法を語る(全15回・完)

(39)

若き指導者は勝った(全18回・完)

(19)

覚え書き

(6)

教学部任用試験

(25)

2018年「世界広布新時代 栄光の年」

(58)

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

(15)

今日の発心 御書

(634)

小説「新・人間革命」「誓願」の章

(139)

小説 『新・人間革命』第30巻

(138)

小説「新・人間革命」

(118)

歌声高く 誕生40周年の学会歌

(27)

勇気の旗高く

(40)

随筆 「人間革命」光あれ

(7)

ワールドリポート

(45)

WORLD TODAY――世界の今

(1)

心に御書を 池田先生が贈る指針

(11)

虹を懸ける

(6)

信仰体験

(203)

ライフウオッチ――人生100年時代の幸福論

(10)

2020年のテーマは「前進・人材の年」

(2)

ライオンハート 師子の誓い

(4)

Archives

Comments

釋迦如來@ Re:ニセ法主 日顕が死去(09/20) 日蓮宗とか浄土真宗も真言宗もおかしいと…
anbo@ Re[1]:大白蓮華 巻頭言 2019年11月号(10/31) けーすでんきさんへ 有難うございます。 2…
けーすでんき@ Re:大白蓮華 巻頭言 2019年11月号(10/31) 例月の掲載 まことにありがとうございます…
anbo@ Re[1]:池田先生とオーストリアのウィーン(07/03) Keikoさんへ ウイーン!素晴らしい! ベ…
Keiko@ Re:池田先生とオーストリアのウィーン(07/03) 今ウイーンにいます。 SGIUkメンバーで題…

全132件 (132件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 14 >

大白蓮華 巻頭言

2016/07/03
XML
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 2016年(平成28年)7月号(No.801)

「賢者はよろこび愚者は退く」
創価学会名誉会長  池田大作

 幸福は、いずこにあるか。いかにして勝ち開くか。
 大文豪トルストイは、一つの結論として語った。
 「幸福とは、人生における自分の使命を、喜んで果たしゆく中にある」と。
 財宝(ざいほう)でもなければ、名声(めいせい)でもない。安逸(あんいつ)でもない。
 むしろ、逆境(ぎゃっきょう)や誹膀(ひぼう)や艱難(かんなん)をも、勇(いさ)んで迎(むか)え撃(う)ちながら、使命を遂行(すいこう)していく。この戦い続ける命の燃焼(ねんしょう)にこそ、喜びがある。誇りがある。充実(じゅうじつ)がある。
 ここに、幸福の内実(ないじつ)があるのではないだろうか。

 争(あらそ)いが絶(た)えない、闘諍言訟(とうじょうごんしょう)という末法の悪世(あくせ)で、広言流布の大願を掲(かか)げ、「声仏事を為(な)す」と、信念の対話を繰(く)り広げゆく我が創価の友の顔を見よ!
 何と誉(ほま)れ高く、何と清々(すがすが)しい光を放っていることか。

 御本仏・日蓮大聖人は、竜の口の法難をはじめ、身命(しんみょう)に及ぶ大難を勝ち越えられて、仰せになられた。
 「ついにをそれずして候へば、今は日本国の人人も道理(どうり)かと申すへんもあるやらん」(1138ページ)

 すなわち、いささかも恐れなく、終始一貫(しゅうすいっかん)して、正法正義を師子吼(ししく)なされてきた。だからこそ、敵対(てきたい)してきた人々さえも、”大聖人の仰(おっしゃ)ることが道理ではないか”と感服(かんぷく)せしめるに至(いた)ったのである。

 この大聖人の忍難弘通(にんなんぐつう)に、我らは真っ直ぐに連(つら)なり、今、世界にまで共鳴(きょうめい)と信頼を広げている。

 マハトマ・ガンジーが洞察(どうさつ)した、偉大な運動が経(へ)る五段階、つまり無関心(むかんしん)・嘲笑(ちゅうしょう)・非難(ひなん)・抑圧(よくあつ)を突(つ)き抜(ぬ)けた尊敬(そんけい)の段階に入っていることを自負(じふ)したい。


 強盛の
  祈りで開けや
   わが人生
  いかなる試練も
     逆転勝利を

 恩師・戸田城聖先生は、いかなる苦境(くきょう)にある同志も抱きかかえながら、徹(てっ)して励まし抜かれた。
 「何かあっても、信心を強くしてくれる宝なんだ。大きな宿命(しゅくめい)と戦う人ほど、大勢の悩む人を救っていける使命があり、力を出せる。そして、どんな国土も、妙法の力で必ず変えていけるんだよ!」と。
 この通りに、「人間革命」即「立正安国」の蘇生(そせい)の実証を、わが友はたくましく打ち立ててきた。

 あの伊勢湾台風(いせわんたいふう)の折、自(みずか)らも被災(ひさい)しながら救援(きゅうえん)に奔走(ほんそう)してくれた忘れ得ぬ中部の父母がいる。幾多(いくた)の苦難(くなん)を踏(ふ)み越(こ)え、大変であればあるほど、打開(だかい)した喜びは大きいと微笑(ほほえ)む。「これからが庶民の幸福を勝ち取る本当の戦い」と、ますます意気軒昂(いきけんこう)である。

 池上兄弟への御聖訓(ごせいくん)には、「必ず三障四魔(さんしょうしま)と申す障(さわり)いできたれば賢者(けんじゃ)はよろこび愚者(ぐしゃ)は退(しりぞ)くこれなり」(1091ページ)と記(しる)されている。
 人生も、社会も、世界も試練(しれん)が尽(つ)きることはない。
 それゆえに、思いも寄らぬ事態が出来(しゅったい)しようとも、「退(しりぞ)く」ことなく「よろこび」立ち向かう連帯を鍛(きた)え広げることが、確かなる幸福と平和の大道である。
 そのための生命の錬磨(れんま)こそ、日々の信行学の実践であり、たゆまざる希望拡大の学会活動なのである。

 栄光の男女青年部の結成より、65周年——。
法華経に説かれる通り、全世界の大地から、地涌(じゅ)の賢者(けんじゃ)が躍り出る時が到来(とうらい)した。「賢者はよろこび」と勝利の舞(まい)を共に舞いながら、いざや前進だ!







Last updated  2016/07/03 02:00:00 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/05/30
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 2016年(平成28年)6月号(No.800)

創価学会名誉会長  池田大作
婦人部65周年に幸の凱旋曲を

 戸田城聖先生が第二代会長に就任された当時、よくご一緒に拝読した御書が「諌暁ハ幡抄(かんぎょうはちまんしょう)」である。
 その中で、日蓮大聖人は、ご自身の「立宗宣言」以来の法蔵について、こう記されている。
 「只妙法蓮華経の七字五字(しちじごじ)を日本国の一切衆生(いっさいしゅじょう)の口に入れんとはげむ計りなり、此れ即母の赤子の口に乳(ちち)を入れんとはげむ慈悲(じひ)なり」(585ページ)と。

 大聖人の仰せ通り妙法を弘(ひろ)めゆく地涌(じゆ)の行動は、命を慈(いつく)しみ育(はぐく)む母の慈悲(じひ)と一体不二(いったいふに)なのだ。
 学会常住の御本尊を奉(ささ)げられた戸田先生が真っ先に手を打たれたのも、婦人部の結成であった。
 まさに「大法弘通慈析広宣流布」の門は婦人部によって聞かれた。この6月で65周年となる。

 我らの民衆連帯の真ん中には自他共(じたとも)に「生命の尊厳(そんげん)」を輝かせゆく母たち、女性たちの心がある。
それゆえに、強く、明るく、温かいのだ。
 家事と仕事の両立、子育て、白身と家族の健康、介護(かいご)など、日々の生活は慌(あわ)ただしい。
 これまでになかった少子高齢社会の厳しい課題にも直面しながら、学会活動に励むことが、どんなに尊いことか。

 あの草創の学会婦人部のたくましさ、朗らかさをそのままに受け継ぎつつ、新時代の白ゆりのスクラムは、いっそう爽やかに清々しく、地域に信頼の花、友情の花を咲かせてくれている。

 大変なればこそ、「極楽(ごくらく)百年の修行」に勝(まさ)る「一日の功徳」を積(つ)んでいることを毅然(きぜん)と確信されたい。

 大腸が
  昇(のぼ)るが如(ごと)き
    母たちの
  幸福勝利(こうふくしょうり)は
    永久(とわ)に光らむ

 女性の弟子へ送られた御聖訓に「人の地に依(よ)りて倒(たお)れたる者の返って地をおさへて起(たつ)が如(ごと)し」(552ページ)という力強い讐喩(ひゆ)がある。
 長い人生の旅にあっては、倒れるような時もある。
 しかし、倒(たお)れても終わりではない。また立ち上がればよいのだ。その希望の源泉が信心である。そして、この不屈(ふくつ)の希望の当体こそ、創価の女性なのである。

 大聖人はさらに、こうも仰せになられた。
 「口に妙法をよび奉(たてまつ)れば我が身(み)の仏性もよばれて必ず顕(あらわ)れ給(たま)ふ、梵王(ぼんてん)・帝釈(たいしゃく)の仏性(ぶっしょう)はよばれて我等(われら)を守り給ふ、仏菩薩の仏性はよばれて悦(よろこ)び給(たま)ふ」(557ページ)

 わが婦人部の題目が轟(とどろ)き、励ましの声が響くところ、無限の蘇生(そせい)と歓喜(かんき)のドラマが広がりゆくのだ。
 幾(いく)たびも苦楽(くらく)を分かち合ってきた「常勝関西の母」たちと、私は語り合ったことがある。
 「優雅(ゆうが)に泳いでいるように見える白鳥(はくちょう)も、水の下では懸命(けんめい)に足を動かしている」と。
 来る日も来る日も、人知れず汗を流してくれている婦人部の奮闘(ふんとう)あればこその広布の前進であることを、ゆめゆめ忘れてはならない。

 創価の母たちの祈りと労苦(ろうく)に応えて、民衆の幸福と人類の平和に貢献(こうけん)しゆく若き地涌の人材を、一人でも多く育てていきたい。この負けじ魂(たましい)の正義の陣列(じんれつ)を社会へ送り出すことが、立正安国の勝利である。
 世界一の婦人部の65周年だ。いやまして楽しく賑(にぎ)やかな幸の凱旋曲(がいせんきょく)で、飾(かざ)りゆこうではないか!







Last updated  2016/06/21 10:44:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/05/06
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 2016年(平成28年)5月号(No.799)

創価学会名誉会長  池田大作

地涌の若人と常勝歓喜の舞を!

 いかなる試練(しれん)の時代、いかなる苦難(くなん)の社会にも、生命尊厳の希望の哲理(てつり)を掲(かかげ)げ、正義のため、民衆のため、平和のため、喜(よろこ)び勇(いさ)んで戦おうではないか!

 時を超え、国を超えて、「法華経(ほけきょう)」が呼びかけてやまない、この魂のメッセージに応えて立ち上がった「地涌の菩薩」の群像(ぐんぞう)こそ、わが創価学会である。
 日蓮大聖人の仰せの如く、一閻浮提(いちえんぶだい)が打ち乱れる闘諍(とうじょう)の只中(ただなか)で、牧口常三郎先生、戸田城聖先生は、身命(しんみょう)を賭(と)して広宣流布の道を開いてくださった。

 両先生が最大に信じ期待されたのは、青年である。
青年にこそ、強く正しく清らかな地涌の生命が躍動するからだ。創価の師弟が広げてきた「歓喜踊躍」(かんき)の青春の舞は、今やこの地球を包み始めている。

 地涌の若人の涌出(ゆじゅん)は、待つものではない。先頭に立って呼び出すのだ。一緒に戦い、育て鍛(きた)えるのだ。
 思えば、大聖人御自らが、こよなく青年を慈(いつく)しまれ、相次(あいつ)ぐ法難(ほうなん)の中で、薫陶(くんとう)し、鍛錬(たんれん)なされていた。

 ある年の5月3日、若き南条時光(なんじょうときみつ)へのお手紙には、「大事だと思っている人たちが信心を制止し、大難が来る時がある。その時こそ、まさに諸天(しょてん)の守護(しゅご)が厳然と現れると確信し、いよいよ強盛に信心に励んでいきなさい」(1512ページ、趣意)と仰せである。
 吹き荒れる烈風(れっぷう)に怯(ひる)まず、勇敢(ゆうかん)に思い切って広布の大願に挑みゆく若人の色心(しきしん)には、妙法と一体不二(いったいふに)の無限のエネルギーが漲(みなぎ)るのだ。その正義の丈夫たち、乙女たちを、仏天は必ずや守らずにはおかない。

 わが胸に
  広布の炎(ほのお)は
   烈々(れつれつ)と
   地涌の誓いを
     青年(きみ)と果(は)たさむ


 60年前、愛する関西の天地で、私は、いまだ入会まもない青年たちと、新たな民衆勝利の歴史を開きゆかんと、未聞の拡大に挑戦していった。
 私はリーダーに語った。「一人の百歩前進も尊(とうと)いが、それ以上に百人の一歩前進こそ大切だ。そのためにも、一人一人の名前を思い浮かべて祈ろう」と。
 この時、共に奮闘(ふんとう)した兵庫の青年は、口下手に悩み、夜遅く郵便ポストを相手に対話の練習を重ねた。
 そうした誠実な努力を私は讃えた。「一人の青年にここまで」という学会の励ましに涙した彼は、恩返しの心で一生涯、後輩を大切に励まし抜いてくれた。
 「信心で人生が変わる——この溢(あふ)れんばかりの歓喜で活動して、結果が出ないわけがありません」と。

 「広宣流布」「立正安国」は、人間群に飛び込み、現実の社会を変えていく大闘争である。その行動の中で、一人一人の「人間革命」の歓喜の劇が広がる。
 女子部の友が研鑽(けんさん)する華陽会御書30編の一つ、一生成仏抄には、「皆我(みなわ)が一念(いちねん)に納(おさ)めたる功徳善根(くどくぜんこん)なりと信心を取るべきなり」(383ページ)と記される。
     
 仏道修行(ぶつどうしゅぎょう)は人の何倍も忙(いそが)しく苦労も多い。心ない悪口を浴びせられることも、人知れず悔(くや)し涙を流すこともある。しかし、だからこそ、無量無辺(むりょうむへん)の「心の財(たから)」が積まれ、福徳は計(はか)り知れないのだ。

 創価の民衆運動は、金剛不壊(こんごうふえ)の信念を持つ地涌の人材を、社会へ世界へ未来へ送り出す大地である。
 さあ、若人(わこうど)と共に、若人の心で、常勝歓喜(じょうしょぅかんき)の舞(まい)を!







Last updated  2016/05/06 10:11:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/04/01
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 2016年(平成28年)4月号(No.798)

創価学会名誉会長  池田大作

一人ももれなく!喜びの舞を

 悠久(ゆうきゅう)のシルクロードの天地で語り継(つ)がれてきた英知の言葉(ことば)が、思い起こされる。

 それは、「良き人と友情を結べば、人生において、すべてを勝ち取ることができる」というのである。
 人間同士の豊かな「つながり」は、健康と長寿においても、かけがえのない力を持っていることが、
 今、医学的に多次元(たじげん)から立証(りっしょう)されている。
 深刻(しんこく)な孤立(こりつ)や無縁が憂慮(ゆうりょ)され、心の砂漠(さばく)が広がる少子高齢社会にあって、温かな思いやりに潤う命のオアシスこそ、創価の地区であり、ブロックである。

 我らは、来る目も来る年も、勇気と誠実の対話を重ねながら、人類をつなぐ友情のシルクロードを、遂に世界192カ国・地域まで間いてきたのだ。

 御聖訓には、「無一不成仏(むいちふじょうぶる)と申(もう)して南無妙法蓮華経を只(ただ)一度申せる人・一人(いちにん)として仏にならざるはなし」(1573行)と記されている。

 人々を幸福にする妙法の功力とは、これほどまで
に大きい。ゆえに仏縁(ぶつえん)を結ぶことが、いかに大切か。
 また、広宣流布の陣列(じんれつ)に、ひとたび縁(えん)した一人一人が、いかに大事な存在か、計(はか)り知れないのだ。

 日蓮大聖人は門下に、「一日片時(いちにちかたとき)であっても私の命を助けてくれた人々であるから、どうして他人のように思えようか」(1489ページ、趣意)と仰せである。
そして、その人の難しい立場を思いやられ、「何があ
ろうとも、どうして、あなた方を見捨(みす)てるようなことがあるでしょうか」(同行、趣意)と明言された。

   幸福と
  勝利をつかむ
    広市旅
   あの友この友
     皆で愉快に

 御本仏の慈悲は、あまりにも広大無辺(こうだいむへん)であられる。
このお心を拝(はい)する創価家族のスクラムは、この世で最も明るく、麗(うるわ)しく、大らかな人間の絆(きず)なのだ。
 今、思うように会合に参加できない同志もいる。
 あるいは、組織から遠ざかって久しい場合もあろう。
 しかし皆、宿福深厚(しゅくえんじんこう)なるゆえに、妙法を受持した地涌の菩薩である。

 心田(しんでん)に蒔(ま)かれた仏種(ぶっしゅ)が、芽吹(めぶ)き、育(そだ)ち、花間いていかないわけがない。
 だからこそ、強盛に題目を送り、「歓喜の中の大歓喜」の波動(はどう)を、友の生命に伝え広げていくのだ。
 真心込(まごころこ)めて訪問・激励を、粘(ねば)り強く重ねていくのだ。
 創価の励(はげ)ましの達人たちは、まさに「柔和忍辱(にゅうわにんにく)の衣」を帯して、慈愛(じあい)の包容力(ほうようりょく)を発揮してくれている。

 たとえ、すぐに相手が発心しなくとも、焦(あせ)ることはない。祈り、動き、打ち込んだことは、「一念三千(いちねんさんぜん)」の力用(りきよう)で、未来までも変えていくからである。
 「一人」のためにと、2日がかりで、九州まで足を運ばれた、牧口常三郎先生は語られた。
 「私の足跡(そくせき)の後に必ず青年が続々と続きます」と。
 

  創立の父の率先垂範(そっせんすいはん)を偲(しの)びつつ、私が九州へ第一歩を印したのは60年前、大阪の戦いの渦中(かちゅう)であった。
   九州の宝友は、私と不二(ふに)の心で立ち上がってくれた。  
 広宣流布、立正安国(りっしょぅあんこく)の大誓願に勇(いさ)んで挑(いど)む歓喜踊躍(かんきゆやく)の舞は、必ずや新たな地涌(じゆ)の友を呼び出すのだ。

 さあ、栄光の5月3日から、創価女性の月・6月へ、青年凱歌(がいか)の7月へ、楽しく賑(にぎ)やかに大前進を!







Last updated  2016/04/03 09:37:31 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/02/28
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 2016年(平成28年)3月号(No.797)

丈夫よ「この道」勝ち抜け!
創価学会名誉会長  池田大作

 我ら壮年部は、1966年(昭和41年)3月、婦人部、青年部に遅(おくれ)るること15年にして誕生した。
 思えば、法華経の会座に最後に馳(は)せ参(さん)じたのは、普賢菩薩(ふげんぼさつ)である。普賢は遅れを取り戻す如く、末法に法華経の行者を守護することを、真剣に誓った。
その熱誠(ねっせい)を、仏はことのほか喜ばれたのである。

 壮年部の結成に当たって、私たちは約し合った。
 「壮年部は、各部のなかの一つの部ではない。各部の調和をとり、責任をもって、学会を、会員を、守る。創価の城を支えゆく、黄金柱(おうごんばしら)になるのだ」と。

 この誓いのままに、妙法の名将たちは奮い立った。
 私と共に、広宣流布の責任を担い、支部で、地区で、ブロックで、同志を励まし、守り抜いてくれた。

 学会が、諸難(しょなん)ありとも、微動(びどう)だにせず、大発展を遂(あ)げてきたのは、まさしく「黄金柱」たる壮年が、いずこの地にも雄々(おお)しく屹立(きつりつ)しているからである。
      
 いかなる社会と人生の烈風(れっぶう)が吹き荒れようとも、歯を食いしばって厳然と、創価の城を支えてくれた尊き父たちのことを、どうして忘れられようか。
    
 日蓮大聖人は、「天・地・人を貫(つらぬ)きて少しも傾(かたむ)かざるを王とは名けたり」(1422ページ)と仰せである。
 大宇宙をも包(つつ)みゆく、壮大な「一念三千」の法理を行ずる我らだ。  
 権力によらず、財力にもよらず、ただ一人の男として生命の本源の底力を発揮し、生老病死(しょうろうびょうし)の苦悩に応戦して、創価家族を牽引(けんいん)するのだ。
 無名無冠(むめいむかん)なれど、最も誇り高き人間王者である。


  丈夫よ
   この道勝ち抜け
    友のため
   王者の戦を
     堂々飾れや


 恩師・戸田城聖先生は「王者の中の大王者」の道を進み抜かれた。先生は悠然(ゆうぜん)と語られている。
 「私は、かりに地獄に堕ちたとしても平気だよ。
 その時は、地獄の衆生を折伏(しゃくぶく)して寂光土(じゃっこうど)とするんだ。
 男が臆(おく)せば男ではない。どんな苦労も仏の力に変えられる。三障四魔(さんしょうしま)が強いのは、むしろ信心で、必ず勝てるという証(あか)しなんだ。人生は強気でいけ!」と。

 創価の王者に恐れはない。逡巡(しゅんじゅん)もない。気取(きど)りもなければ、威張(いば)りもない。ありのままの人間味で、庶民と共に、庶民のために、毀誉褒既(きよほうへん)など豪快(ごうかい)に笑い飛ばして戦う。現実社会の只中で、法華経の兵法を掲(かか)げて大闘争を続ける。そして、後継の宝の若人を慈(いつく)しみ、自分以上の大人材へと育てゆくのだ。

 愛する神奈川天地に、村八分の圧迫も、倒産の憂(う)き目も、命に及ぶ大病も、信心で勝ち越えてきた、誉(ほま)れの戦友がいる。
「われ地域広布の責任者なり。創価の世雄(せおう)の生き方を見よ!」と社会に信頼を広げ、保護司(ほごし)として大勢の人々の更生(こうせい)にも尽(つ)くしてきた。

 今、各地で五勇士(ごゆうし)や十勇士(じゅうゆうし)も陸続と躍(おど)り出ている。   法城厳護(ほうじょぅげんご)の王城会(おうじょうかい)や、太陽会はじめ生涯求道の丈夫(ますらお)たちも、何と頼もしく奮闘(ふんとう)してくれていることか。

 史上空前の高齢社会に、わが青年部で戦った団塊(だんき)の世代がいよいよ「黄金柱」として輝いていくのだ。
 壮年部の誕生から半世紀。「50にして天命を知る」だ。何があろうと勝って同志を守り抜く。この天命をば、共々に断固と果たし切ろうではないか!

















Last updated  2016/02/28 10:34:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/01/31
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 2016年(平成28年)2月号(No.796)


心を灯す「喜びの対話録」を!


 対話から、「生きる喜び」は生まれる。
 アメリカの未来学者ヘンダーソン博士がご半和の先生々と仰いだのも、対話に励むお母さんであった。
 「母は周りに、いつも声をかけていました。相手を尊敬(そんけい)して話しかけるので、皆に好かれていました。母のようになりたい! そう思ったものです」と。
 人が人を思いやる声ほど、温かいものはあるまい。
 その励ましが、人間の善なる命を呼び起こすのだ。
 生命は生命によって磨かれる。すなわち対話である。

 「月月・日日に」慈折広宣流布(じしゃくこうせんるふ)のため、立正安国(りっしょうあんこく)のため、わが創価家族の信念の行動は止むことがない。
  声も惜(お)しまぬ不挑不屈(ふとうふくつ)の挑戦があるからこそ、「人間革命」の歓喜の劇(げき)は、全世界に広がっているのだ。

 日蓮大聖人は、十界のいかなる衆生も即身成仏(そくしんじょうぶつ)させる妙法の力を、「水の底なる石に火のあるが如く百千万年くらき所にも燈(ともしび)を入れぬればあかくなる
(1403ページ)と讐(たと)えられた。

 なんと鮮烈(せんれつ)な讐喩(ひゆ)であられることか。
 水底の石に秘められた火を打ち出すように、また、長き闇(やみ)に覆(おお)われた洞窟(どうくつ)を照らし晴らすように、友の心を信じ、生命尊厳(せいめいそんげん)の哲理(てつり)で劇的に蘇(よみがえ)らせていく。
 これが、私たちの仏法の語らいなのである。

 身構(みがま)える必要などない。自らの胸奥(きょうおう)に燃え上がる確信の炎(ほのお)は、縁する人の心に、しかと伝わるからだ。

「本有無作(ほんぬむさ)」という、ありのままの大蔵実の生命で、価値創造の希望の燈(ともしび)を点火していけばよいのだ。


      大境涯
   開き勝ちゆけ
      この生命
     祈り走リて
       喜び語れや

 真心こめて語っても、反発されることがある。誠意を尽くして、心ない冷笑が返ってくることもある。

 しかし、すべて「不軽菩薩(ふきょぅばさつ)」に連なる仏道修行だ。
いかなる圧迫にも屈(く)せず、一人一人を敬(うやま)い、啓発(けいはつ)の対話を貫(つらぬ)き通した不軽(ふきょう)は、無量(むりょう)の功徳を成就(じょうじゅ)した。
この如説(にょせつ)の対話によって境涯(きょうがい)を大きく開き、宿命を転換(しゅくめいてんかん)し、大福徳を漲(みなぎ)らせてきたのが、学会員である。

 毎日、泣くほどの生活苦や、病苦を乗り越えてきた埼玉の功労の夫妻は今、朗らかな笑顔で語る。
 「感謝の心で、隣人も知人も友人も、みんな幸せになってほしいと朝晩、名前を挙げて祈っています。
対話をすれば、自分が変われる。どんな人も変わる。だから、種を蒔(ま)くことをやめません!」と。

 世界には、野蛮(やばん)な暴力が噴出し、憎しみの怒号(どうご)や悪意(あくい)の虚言(きょげん)が渦巻(ま)いている。それゆえにこそ、人間を尊敬(そんけい)し、信頼し、善意(ぜんい)の連帯(れんたい)を拡犬しゆく創価の正義の声を、いやまして強く広く、高めていきたい。

 師・戸田城聖先生は、「自行化他(じぎょうけた)の題目を唱え、わが身に妙法がしみ込んでくると、折伏したくなり、人を救いたくなる。この実践によって、人生も社会も、よりよく打開していけるのだ!」と言われた。
 我らには誓願(せいがん)の題目がある。祈り、涌現(ゆげん)した仏の命で、人と会い、人と語る。その一切が仏縁(ぶつえん)となる。
高齢や病などで動けずとも、題目は必ず相手に届く。

 さあ、「今生人界(こんじょぅにんかい)の思出」と輝く、喜びの対話録を、楽しく伸びやかに勝ち広げようではないか!








Last updated  2016/02/28 10:31:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/01/03
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 2016年(平成28年)1月号(No.795)


誓いし願 やぶるべからず 
       創価学会名誉会長  池田大作


 青き地球の新しい一年の自転(じてん)と公転(こうてん)が始まった。
 我らも、久遠元初の生命の太陽を輝かせながら、新しい息吹で、「一生成仏」という自転を、そして、「広宣流布」という公転を、たゆまずに進めたい。
 その推進力は、「法華経の行者の祈り」である。

 末法の御本仏・日蓮大聖人は仰せになられた。
 「大地はささばはづ(外)るるとも虚空(おおぞら)をつなぐ者はありとも・潮のみ(満)ちひ(干)ぬ事はありとも日は西より出づるとも・法華経の行者の祈りのかな(叶)はぬ事は あるべからず」(1351ページ)と。
 この妙法の無窮(むきゅう)の力用を万人が解き放つために、大聖人は、最極の唱題行を末法の全人類へ授(さず)けてくださったのだ。
 「法華経の行者の祈り」とは、「誓願」の祈りである。自らが「人間革命」を誓い、「宿命転換」を誓う。「自他共の幸福」を誓い、「立正安国」を誓う。
 そして、その成就(じょうじゅ)のために師子王の心で戦うのだ。

 創立の父・牧口常三郎先生は、自分だけの利益を願う「信者」であってはならないと戒(いまし)められた。
 創価の勇者は、全生命を燃えたぎらせて、大宇宙にまで轟(とどろ)きわたる題目を唱えながら、勇猛に、誠実に、忍耐強く、菩薩の行動に打って出ていくのだ。
 だから、強い。だから、負けない。
 人間として、これほど尊い生命の境地があろうか。この究極の正義の一念に呼応(こおう)して、諸天善神も、仏菩薩も、厳然と動き、働き、守護するのである。

 わが師・戸田城聖先生は、よく同志を励まされた。
 「大聖人を胸に、広宣流布へ祈り戦えば、どんな困難も打開できる。人生の幸福の土台を必ず築ける。
 一家眷属(いっかけんぞく)の永遠の福運も積める。
 一つ一つ、信心で勝つ! これが、我々の発迹顕本(はっしゃくけんぽん)に通ずるんだよ」

 福岡で広宣流布を誓い、村八分による店の窮地(きゅうち)も、わが子の難病も祈り勝ってきた草創の父母がいる。  
 何があっても、「信心は勇気たい。『冬は必ず春となる』よ!」と皆を励まし、三変土田(さんぺんどでん)に走ってきた。
 偉大な母は92歳の今も、矍鑠(かくしゃく)と仏縁(ぶつえん)を広げ、「題目は何でも開いていける力。どんな人にも仏性がある。こちらの題目で必ず変わる。妙法を抱きしめ切って、絶対、勝つばい!」と顔を綻(ほころ)ばせる。

 私たちが、朝な夕な勤行で読誦(どくじゅ)する自我偈(じがげ)には、「慧光諸無量(えこうしょうむりょう) 寿命無数劫(じゅみょうむしゅこう)」(慧光(えこう)の照てらすこと無量にして 寿命(じゅみょう)は無数劫(むすうこう)なり)とある。

 今、192カ国・地域の同志が心を一つに、「世界広宣流布」の大願成就を誓い、「世界の平和」と「一切衆生の幸福」を祈念する時代が始まっている。
 我らの「異体同心」の題目に勝(まさ)る智慧(ちえ)の光はない。この慧光(えこう)で、いよいよ地球を照らしていくのだ。ここにこそ、人類が永遠に栄えゆく軌道があるからだ。
 「ちかいし願やぶるべからず」(同232ページ)――この大誓願に直結し、いかなる試練も「風の前の塵(ちり)」と吹ふき飛とばして、今年も勝ち進もう! 地涌の我らは勝利を誓って、乱世(らんせ)に生まれてきたのだから!

 誓願の
  祈りは無敵と
   万代に
  幸福勝利の
   大光 輝け







Last updated  2016/01/03 12:49:20 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/12/01
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 2015年(平成27年)12月号(No.794)

『心こそ大切』のチームワークを!

創価学会名誉会長  池田大作

 世界的に名高い外科医の友に、大手術を成功させる心構えを尋ねたことがある。答えは明快(めいかい)であった。
『チームワークです!』
 とりわけ、陰で支えてくれるスタッフと心を一つにして、皆でベストの力を出し切ることである、と。
 これは、万般に通ずる勝利の鉄則であろう。
 この一年も、わが創価家族は『異体同心』という最極のチームワークで、大法弘通(だいほうぐつう)〈注:正法を広めゆくこと〉に邁進してきた。

『誠心誠意を尽くした仕事は満足をもたらし、そこに悔(く)いはない』と、マハトマ・ガンジーは語った。
 自らの悩みや課題を抱えながらも、法のため、人のため、社会のため、陰の労苦を惜(お)しまず奮闘を続けてくれる尊き宝友に、私は感謝の宝冠を捧(ささ)げたい。

 広宣流布の勝利島の原点たる佐渡の地にあって、日蓮大聖人にお仕えし、流罪を勝ち越えられた後も、師弟の道を貫き通したのが、阿仏房(あぶつぼう)と千日尼(せんにちあま)である。

 夫妻は『にくまばにくめ』〈御書 1308ページ〉と、障魔(しょうま)の烈風(れっぷう)の矢面(やおもて)に立って北国の一門を守り抜いた。心揺れる後輩も包容(ほうよう)し、温かく励ましながら、阿仏房は、大聖人のもとに、幾度となく馳(は)せ参じたのである。

 大聖人は、夫を送り出した千日尼に仰せられた。
『御身は佐渡の国にをはせども心は此(こ)の国に来れり、仏に成(な)る道も此(か)くの如し、我等は穢土(えど)に候(そうら)へども心は霊山(りょうぜん)に住(すむ)べし』〈1316p〉と。
 会わなくとも、貴女の命はここに届いています。私たちの心は、いつも一緒に常寂光(じょうじゃっこう)の都にあります。

 すべてを包まれる御本仏の仰せである。健気な婦人部、女子部をはじめ、わが創価家族を照覧(しょうらん)してくださっている御心と拝されてならない。
 昭和31年、あの大阪の戦いも、皆で心の境涯を明るく大きく開きながらの楽しき前進であった。

 夫を戦争で失い、魚の行商をして、懸命に家族を支える母がおられた。私がユーモアを込め『一畳あれば、勤行も対話もできます』と励ますと、『うちは四畳半もあるから大宮殿や!』と笑顔を輝かせて、ますます元気に広宣流布へ飛び回ってくれた。
 やがて広くなった新居も会場とされ、多くの青年リーダーを育てていかれた。後継の御一家には、今も『お母さんのお陰で』と感謝が寄せられる。

 御聖訓には『凡夫(ぼんぷ)は志(こころざし)と申す文字を心へて仏になり候なり』〈1596ページ〉と結論されている。

 心がいずこに向かっているか。妙法と共に、師弟と共に、同志と共に、慈折広布(じしゃくこうふ)を目指しゆく心は、そのまま大宇宙の仏界の次元に必ず必ず達する。

 この仏法の極意(ごくい)に立てば、何も嘆(なげ)くことはない。たとえ若い時のようには体が動かなくとも、同志や後輩たちに題目を送る多宝の友は、仏意仏勅(ぶついぶっちょく)の学会の城で、無量の『心の財(たから)』を自在に積んでいるのだ。

『見えないところで戦う同志を最大に尊敬し、心を配っていく。これが学会精神だよ』。この恩師の指導を忘れず、『心こそ大切』のチームワークで、いやまして仲良く朗らかに勝ち進んでいこう!


  偉大なる
   広布の貢献
     陰徳に
    無量の陽報   
     三世に輝け







Last updated  2016/01/03 12:47:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/10/31
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 2015年(平成27年)11月号(No.793)

母の讃歌を! 女性の凱歌を!

創価学会名誉会長  池田大作

 尊(とうと)き婦人部・女子部の健闘を伺(うかが)う度に、私は思う。
 日蓮大聖人は、いかばかり喜ばれ、この女性たちをどのように讃(たた)え、励(はげ)ましてくださるであろうか、と。

 御義口伝には、「大悲(だいひ)とは母の子を思う慈悲の如し今日蓮等の慈悲なり」(721ページ)と仰せである。

 仏法の根本の慈悲(じひ)を「母の心」に譬(たと)えられている。
 この母の心が、平和・文化・教育を推進(すいしん)する創価の人間主義の中心にある。だからこそ、学会のスクラムは、限りなく温(あたた)かく、そして明るいのだ。
 生命を慈しみ、人ひとりを大切にする母たち、女性たちの笑顔が最も歓喜(かんき)に輝きわたる世紀を創(つく)る――ここに、人類の境涯(きょうがい)を開きゆく、我らの「広宣流布」「立正安国(りっしょうあんこく)」の実像があるといってよい。

 法華経の宝塔品(ほうとうぼん)の会座(えざ)には、荘厳(そうごん)にして壮大なる七宝(しっぽう)の塔を中心に、多宝如来(たほうにょらい)・釈迦如来(しやかにょらい)・十方の諸仏(しょぶつ)・一切の菩薩が集まっておられた。
 この宝塔品の世界とは、只今いずこにあるのか。
       
 大聖人は、門下の女性に明快(めいかい)に示しておられる。
 「日女御前(にちにょごぜん)の御胸(おんむね)の間・ハ葉(はちよう)の心蓮華(しんれんげ)の内におはしますと日蓮は見まいらせて候」(1249ページ)と。

 おとぎ話のような素晴らしいロマンの宇宙が、他のどこでもない、妙法と共に生きゆく女性の胸中に、晴れ晴れと広がっている。
 断じて不幸に負けない仏の勇気も、縁する友どちを幸福へと導く仏の慈悲も、今いる場所から平和を創(つく)り広げる仏の智慧(ちえ)も、全部、貴女の心にあると、教えてくださっているのだ。

 にぎやかに
  対話の百花(ひやっか)
   咲かせゆけ
  友の生命(いのち)の
    奥まで照(て)らして

 この。希望の大発見を、創価の女性たちは自らの生命を宝塔(ほうとう)と輝(かがや)かせて立証(りっしょぅ)してきた。

 1964年の12月2日、沖縄で小説『人間革命』を書き起こした日、私は、ある御一家に励ましを贈った。夫妻で目が不自由な中、難病のお子さん方を育てつつ、信心を貫(つらぬ)いていた御家族である。
 偉大な母は同志と手を取り合い、弘教(ぐきょう)に挑(いど)んだ。
 悩みを抱えて自宅に駆(か)け込んでくる友とも、一緒(いっしょ)に涙し題目を唱え抜き、一つ一つ宿命転換(しゅくめいてんかん)していった。

 今、社会で勝ち光る後継の巻属(けんぞく)に包まれ、母は語る。
 「障害(しょうがい)も悪口(わるくち)も忘れるほど無我夢中(むがむちゅう)で、学会歌を歌いながら走りました。何かあっても『さあ、どう乗り越えようか!』と心を決めて戦えば、楽しい」と。

 ともあれ、にぎやかな白ゆりの母たちの確信の声にこそ、また、伸びやかな華陽の姉妹のありのままの振る舞いにこそ、全てを蘇生(そせい)させゆく活力がある。

 世界の識者が仏法を理解する契機(けいき)も、その多くが身近な婦人部・女子部の方への感銘(かんめい)からである。
 戸田城聖先生は、女性の同志をよく激励された。
 「朗(ほが)らかに、はつらつと自分を開いていけば、そこから周囲も変わる。どんな試練(しれん)にも最後は必ず勝つという証(あか)しを、この信心で残していくんだよ」と。

 長かった悲嘆(ひたん)の女性史を一変させる時が来た。
 「女子は門をひらく」(1566ページ)。
 この無限の広がりを持つ御聖訓(ごせいくん)の如く、人類の境涯革命の門を開きゆこう! 母の讃歌(さんか)を、女性の凱歌(がいか)を轟(とどろ)かせて!







Last updated  2016/01/03 12:44:47 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/10/01
カテゴリ:大白蓮華 巻頭言
大白蓮華 2015年(平成27年)10月号(No.792)

種を蒔く誇り!育てる喜び!

創価学会名誉会長  池田大作


 春夏秋冬、わが誉(ほま)れの農漁光部の同志の皆様方に、私は題目を送り続けている。海苔屋(のりや)に育った私には、農漁業の日々の御苦労が、深く偲(しの)ばれてならない。
 「食は命」なり。自然災害や天候の不順などにも屈(くっ)せず、一番大事な命を守り、育んでくださる聖業に、私たちは、あらためて心から感謝を捧(ささ)げたい。

 日蓮大聖人は、農作物が早い遅いの差があっても一年の内に収穫(しゅうかく)できることを譬(たと)えとして、「法華経の行者(ぎょぅじや)は如説修行(によせつしゆぎょう)せば必ず一生の中に一人も残らず成仏す可し」(416ページ)と仰せである。
 この通りに、創価学会と共に広宣流布に生き抜き、一生成仏の黄金の総仕上げを飾りゆかれる多宝の方々の顔が、日本にも世界にも輝きわたっている。

 大聖人の仏法は「下種仏法(げしゅぶっぽう)」である。
 悪世末法(あくせまっぽう)における妙法の「下種」(種を下ろす)とは、こんな荒れ地に種を植えても無駄(むだ)であると見放されてきた衆生の心の大地にも、光を当て、手を差し伸(の)べていく未聞(みもん)の挑戦である。
 御書には、「但(ただ)南無妙法蓮華経の七字のみこそ仏になる種には候へ」(15553ページ)と断言なされている。
 どんな人であれ、どんな境遇(きょうぐう)であれ、題目を唱えゆくならば、仏の生命を現(あらわ)すことができるのだ。
 ゆえに我らは種を蒔(ま)く。妙法という究極(きゅうきょく)の幸福の種を、我と我が友の心田(しんでん)に蒔き続ける。いかに厳(きび)しい現実の宿命があってもたじろがず、「絶対に仏になれる。一緒に幸せになろう」と語り切りながら!

 わが弟子と
   万年の種(たね)
    植(う)えにけり
  幸(さち)の人華(にんげ)よ
    未来(あす)へ薫(かお)れや

 なかなか折伏(しゃくぶく)が成就(じょうじゅ)せずに悩んでいる、けなげな同志を、戸田城聖先生は温かく労(ねがら)われた。
 「何も嘆(なげ)くことはないよ。すぐに信心する発心下種(げしゅ)と法を聞かせる聞法下種(もんぽうげしゅ)は、功徳は同じだ。必ず実る時が来る。だから、どしどし下種をするんだ」

 広島で戦災に遭(あ)い、結婚を機に渡米した創価の母は、夫の猛反対にも負けず、信心を貫(つらぬ)き、仏法対話に挑(いど)んだ。経済苦や家庭不和と格闘(かくとう)しながら、
一人一人に「この人に会うために、私はここに来たのだ」と真心を尽くした。今、ご一家も、折伏した400世帯に迫る眷属(けんぞく)も功徳に満ちて、後継の青年たちが続く。
 「信心の喜びを語りたくて仕方ないの。人を見たら折伏したいわ」と、母は明るく美しく微笑(ほほえ)む。

 日々、勤行で読誦(どくじゅ)する自我掲(じがげ」)には、「賓樹多華果衆生所遊楽(ほうじゅたけかしゅじょうしょゆうらく)<宝樹は花菓(けか)多くして 衆生の遊楽する所なり>」とある。私たちの広宣流布は、たゆまず妙法の種を蒔(ま)き、人材の宝樹(ほうじゅ)を育(そだ)てて、生きる喜びに躍動する平和と共生の緑野(りょくや)を、この地球上に創り広げていく戦いであるといってよい。

 ブラジルの詩心の母コラ・コラリーナは詠(うた)った。
 「待(ま)つならば、今日、生命の大地に植え込んだ良き種の収穫(しゅうかく)を待ちましょう! 植えるならば、幾百万の笑顔とスクラムと友愛(ゆうあい)を植(う)えましょう!」

 さあ、「世界広布新時代」の「躍進(やくしん)」そして「拡大(かくだい)」ヘー。皆で朗(ほが)らかに励まし合い、一日一日、勇敢(ゆうかん)に希望の種を、勝利の種を蒔きゆこう!







Last updated  2016/01/03 12:44:00 PM
コメント(0) | コメントを書く

全132件 (132件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.