11647794 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

全639件 (639件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 64 >

『今日のことば365』 池田大作 著

2010/12/30
XML
独創性とは、人真似を許さぬところのものである。
そして、未聞のあるものを生むところの力である。







Last updated  2010/12/30 12:41:38 AM


2010/12/29
何かひとつ、語学を体得するよう努力して下さい。世界はだんだん狭くなっていきます。
将来、世界に羽ばたく人材として、豊かな知識を今のうちに身につけていただきたい。






Last updated  2010/12/29 12:05:41 AM
2010/12/28
趣味というものは、いわば人間生活の潤滑油である。
趣味のない人には、うるおいも、人間的な幅も、心の豊かさも感じられない。ある意味では、日常の仕事のなかよりも、ずっとその人らしさが、趣味のなかにあふれているともいえる。
仕事によって、その人の能力があらわれるとするならば、趣味によって、その人の独特の風味、風格がにじみ出るものである。






Last updated  2010/12/28 01:12:15 PM
2010/12/27
権力をもった人間の名聞名利と偏見で動かされていくかぎり、民衆の幸福は永久にありえないだろう。
権力者の胸底に生命蔑視の原理があるかぎり、民衆の生命の安全すら保障されないであろう。
ここに魔性の権力が暴威をふるう温床があるからだ。






Last updated  2010/12/27 12:14:13 AM
2010/12/26
理性は、両刃の剣であり、善にも悪にも、通ずるわけである。
善の面は、さらにどこまでものばしていきたいものだ。
悪の面は、是非とも、何らかの歯止めがほしいものである。
その歯止めがなければ、おそろしくて、善の面も、のばすわけにはいかなくなってしまうのではなかろうか。







Last updated  2010/12/26 11:32:26 AM
2010/12/25
真面目な そして熱心な君の言葉が 口を吐いて出てゆく
やがて人々は 必ず謹聴するであろう






Last updated  2010/12/25 12:01:38 AM
2010/12/24

立派な民主主義社会をつくるのは、高遠な理想や、むずかしい理論をいたずらにもてあそぶことではない。
身近な家庭の、日常生活のなかで、一日一日築かれていくものだと思う。






Last updated  2010/12/24 12:13:06 AM
2010/12/23
幸福は、けっして山のかなたにはない。自己自身の内にある。
しかし、坐して安閑としている自分ではなく、あくまで、かなたにあるものをめざして、けわしい尾根に挑戦し、障害を一歩一歩、克服してすすんでいる"戦う自分"の生命の躍動の内にあるのだ。






Last updated  2010/12/23 12:12:27 AM
2010/12/22
信念も、基準もなく、批判のみしている人が、賢明に見える社会である。
信念、基準を持てる人は、一往、受け身になるようでも、結局は強く、幸福であることを忘れてはならない。






Last updated  2010/12/22 12:23:07 AM
2010/12/21
いかなる大業も地道な努力の積み重ねを無視しては、達成されまい。
そして、その戦いにあって、最も大事なことは、人の心をつかむことであろう。
しかも、人の心を動かし、捉えるものは、策でも技術でもない。ただ誠実と熱意なのである。







Last updated  2010/12/21 12:12:15 AM

全639件 (639件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 64 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.