12234961 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

全66件 (66件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

スピーチ&指導 聖教新聞 見出し

2014.01.16
XML
共に励まし共々に征かなむ

  「全国青年幹部会等の意義をこめて開催された「世界広布新時代第3回本部幹部会(11日)」の席上、池田名誉会長が認めた三つの書が紹介された。

  一つ目は、「妙法乃 広布の旅は 遠けれど 共に励まし 共々に征かなむ」
 これは、恩師・戸田第2代会長が1955年、(昭和30年)の元旦に詠んだ和歌を名誉会長が記したもの。小説『人間革命』第8巻には、戸田会長がこの和歌を贈った意義が次のように綴(つづ)られている。

 「来るであろう多難を懸命に乗り越えるためには、学会が、あくまでも和合僧の集団であることが必要である。真の団結は、鉄の規律などで維持されるはずがない。遥(はる)かな遠征の旅路を、仲よく共々に励まし合いながら、一人の落伍者(らくご)も出さずに征(ゆ)き、元気に目的地に達することこそ肝要であるはずだ」と。
 この和歌は、現在、「広宣流布大誓堂」の北側広場に、歌碑として設置されている。

 二つ目は「師恩」。
 「師恩を決して忘れない」「師恩に断じて報(むく)いる」という師弟不二の共戦が、日蓮仏法の真髄であり、創価の精神である。1952年(昭和27年)の鎌田支部の「2月闘争」も、「師恩」に断固として応えようとの若き名誉会長の弟子の決意によって、拡大の突破口が開かれた。
 新時代の師弟勝利の金字塔を打ち立てるのは、「師恩」に応(こた)えんとする後継の青年部である。
 これら二つは、障魔の嵐が吹き荒れた1979年(昭和54年)の元旦に、名誉会長が認めたものである。

 もう一つは、墨痕(ぼっこん)鮮やかな「三世誓願」。
 昨年11月の「広宣流布大誓堂」の落慶に際して、名誉会長はメッセージを贈った。
 そこには「『広宣流布の大願』と『仏界の生命』とは一体です。だからこそ――この誓いに生き抜く時、人は最も尊く、最も強く、最も大きくなれる。この誓いを貫(つらぬ)くとき、仏の勇気、仏の智慧、仏の慈悲が限りなく湧き出でてくる。この誓いに徹(てっ)しきるとき、どんな悩みも変毒為薬(へんどくいやく)し、宿命をも使命へと転じていける」と。

 我らは広宣流布という「三世の誓願」で結ばれた、永遠の同志であり、無敵の陣列である。師匠とともに、「ちかいし願やぶるべからず」(232ページ)の大前進を開始する時は今である。
(2014年1月16日付 聖教新聞)

池田名誉会長の三つの書.jpeg








最終更新日  2014.01.16 20:42:52


2011.05.27






最終更新日  2011.05.27 19:42:36
2011.05.05






最終更新日  2011.05.06 19:03:21
2011.02.20

 随筆 我らの勝利の大道 41.42「仏法西還」の大光  

 随筆 我らの勝利の大道 41.42

 

 







最終更新日  2011.02.20 12:31:30
2011.02.05






最終更新日  2011.02.05 19:29:09
2011.01.21






最終更新日  2011.01.22 00:06:20
2011.01.10

 さあ創立100周年へ、弾む心で勢いよく出発!
 男女青年部の結成60周年を記念する第1回全国青年部幹部会が8日、「新時代第46回本部幹部会」「聖教新聞創刊60周年記念配達員大会」の意義を込め、東京・千駄ケ谷の創価国際友好会館で開かれた。

 

名誉会長のメッセージ0109

 







最終更新日  2011.01.10 15:18:59
2010.12.30
御書と青年 冥の照覧の誉れ






最終更新日  2010.12.30 10:44:54
2010.12.18
随筆 我らの勝利の大道 34-35






最終更新日  2010.12.18 14:16:40
2010.12.06
第45回本部幹部会 聖教見出し






最終更新日  2010.12.06 18:12:51

全66件 (66件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.