11647587 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」

2017/01/04
XML

全国で希望と和楽の新年勤行会


いざ共に 人間革命 凱歌あれ
晴れやかに「世界広布新時代 青年拡大の年」を出発

 さあ「世界広布新時代 青年拡大の年」を颯爽と出発だ! 世界192カ国・地域の同志と共に!――新年勤行会が1日を中心に、東京・信濃町の広宣流布大誓堂をはじめ、各地で晴れやかに開かれた。これにはSGI会長の池田大作先生が新春のメッセージと句、また3首の和歌を贈り、希望と和楽に満ちた創価家族の集いを心から祝福した。
 栄光の朝が明けた。


 富士の大山を金色に染めながら、壮麗なる太陽が昇った。


 元朝を迎え、東京・信濃町の総本部に集った創価の同志の胸中にも、希望の旭日が燦然と輝きを放っていた。
 本年は、池田先生の入信70周年、また若き日の池田先生が東京・蒲田の地で弘教拡大の大波を起こした「2月闘争」から65周年。さらに、戸田先生の願業である「75万世帯」の達成から60周年など、重要な佳節を幾重にも刻む。
 時代は変われど、変わらないものがある。それは、広宣流布という学会の使命である。
 そして、新しい時代は、常に新しい人材によって開かれてきた。新しい発想から、新しい勝利のドラマが生まれるからだ。焦点は、「青年」である。



池田先生のメッセージ

最高無上の生命の軌道を世界一の創価家族と進め

人類の幸福と平和の大道を開け!


 偉大なる広宣流布の同志の皆さん! 意義深き2017年の新春、明けましておめでとうございます。
 希望にあふれ、和楽に包まれた、日本一、いな世界一の創価家族の集いを、諸仏も諸天も喜び讃え、見守っていることでしょう。
 御聖訓には、「太陽や月が四天下(世界)をめぐるのは、仏法の力による」(御書1146ページ、通解)と説かれております。
 大宇宙をも動かし、照らしゆく究極の力こそ、妙法であります。
 ゆえに、この妙法を抱いた私たちは、いかなる乱世も恐れなく、心晴れ晴れと久遠元初の太陽を昇らせ、いよいよ明るく、大情熱に燃えて、最高無上の生命の軌道を邁進していきましょう!

 今、世界の青年たちは「誰と共に」「何を道しるべに」、そして「どこへ向かって」進みゆくべきか、真剣に道を求めております。
 御本仏・日蓮大聖人は厳然と、また明確に仰せになられました。
 「南無妙法蓮華経と唱え奉る日蓮と門下は、一同に、皆、共に宝のある処、すなわち成仏という最高の幸福境涯に必ず至ることができるのである」(同734ページ、趣意)と。
 私たちは、大慈大悲の御本仏とご一緒に、また全世界の地涌の菩薩と共々に、生命尊厳の大哲理を掲げ、ますます仲良く朗らかに、人類の幸福と平和の大道を開いていこうではありませんか!

 さあ、歓喜のはじける題目で、価値創造の充実の一日一日を!
 「信心即生活」の賢きリズムで、健康長寿の楽しき春夏秋冬を!
 そして、異体同心の団結で、見事な社会貢献の大勝利の一年であれ!
 愛する皆さん方の無事安穏と所願満足の人生を祈りに祈って――

 

 いざ共に


  人間革命


   凱歌あれ

と贈ります。
 
 いつも、また常に、不二の絆のわが友、万歳!

 (2017年1月4日付 聖教新聞)






Last updated  2017/01/04 12:44:48 PM


2017/01/01
会長 原田 稔 
 
2018年「11・18」へ 広布万代の基盤を構築

 世界広布の大理想に生きる全同志の皆さま、“青年拡大の年”、明けましておめでとうございます。
 本年は、戸田城聖先生、池田大作先生が掲げられた願業「75万世帯」「300万世帯」の達成から、それぞれ60周年、55周年と、広布拡大の重要な佳節を迎えます。
 戸田先生は未曽有の折伏を宣言された第2代会長就任の日、「一対一の膝詰め談判によって、広宣流布は成し遂げられる」と同志に訴えられました。
 池田先生は青年会長として前進を開始した時の真情を「二年間が勝負と思った。二年間というものは、席が温まる暇がないというよりは、席そのものがないといってもよいほど動いた。動くことでしか、道は開けないと信じたからである」とつづられました。そして、まさに第3代会長就任の2年後、300万世帯の願業は見事に達成されました。
 「一対一」によってのみ、広布は進む――「世界広布新時代」を迎えた今も、そしてこれからも、この拡大の方程式は永遠に不変です。
 動くことでしか、道は開けない――池田先生に続く、私たちの決意の行動こそが、必ずや広布の万代の基盤を築きます。
 御書には「九界の一人を仏になせば一切衆生・皆仏になるべきことはり(理)顕る」(1046ページ)と。目の前の一人と共につづる人間革命のドラマこそ、万人の幸福の道を開きます。まずは、2018年の「11・18」を目指し、この2年、自らが一人立ち、動きに動き、世界広布の大道を決然と開いていこうではありませんか!



婦人部長 永石 貴美子


“婦女一体”の希望の大前進を

 栄光燦たる「世界広布新時代 青年拡大の年」、明けましておめでとうございます。
 昨年11月、婦人部の皆さまを代表して、池田先生・奥さまと懇談させていただきました。元気なお姿に、“池田先生は、厳然と獅子のごとく学会を守ってくださっているのだ”と、感謝と感動でいっぱいになりました。
 婦人部は、師への報恩の心を胸に自身の誓願を貫き、いかなる苦難も逆転勝利させゆく常勝の祈りで、本年も朗らかに、広布拡大に前進してまいりましょう。
 池田先生の思想と行動を次の世代にも脈動させ、未来永遠に継承していくために、本年から婦女一体の活動を「サン❀フラワー キャンペーン」として、各地で女子部と手を携えて進んでいきたいと思います。
 池田先生は、希望の存在と光る女子部を大切にする重要性を、次のように教えてくださいました。
 「私は女子部の友を信頼している。誓いに生きゆく女子部がいれば、学会は永遠に発展していく。そして婦女一体の、創価の女性の連帯こそが、無限の希望を約束するのだ」と。
 ヤング・ミセスをはじめ次代を担う婦人部、そして女子部の友と一緒になって、自信と誇りを持って、生命尊厳の仏法を大いに語り広げていきたいと思います。
 創価の女性が贈る“幸福の花束”は、多くの人々の心に、勇気と希望を届けます。さあ、“青年拡大の年”の開幕です。全ての女性が生き生きと輝く「平和の世紀」をつくってまいりましょう!




青年部長 竹岡 光城

永遠勝利の使命を担い立つ


 池田先生は呼び掛けられました。
 「学会が栄え続けるための一切の原動力は、君たち青年の拡大です。青年が青年を拡大し続けるところが、永遠に勝つ」と。
 まさに、その真価が問われる「世界広布新時代 青年拡大の年」が開幕しました。
 人々が孤立していく現代にあって、人とのつながりを再生し、個人と社会を結び付けることは喫緊の課題です。ゆえに、私たちの友好の拡大こそ、時代が求める運動であると確信します。
 また「とてもかくても法華経を強いて説き聞かすべし」(御書552ページ)とある通り、私たちが語った分、仏縁は広がります。
 65年前、当時24歳だった池田先生は、広布拡大の金字塔を打ち立てた「2月闘争」によって、戸田先生の願業である75万世帯の弘教の突破口を開かれました。新しい力で新しい歴史を開く。これこそ池田先生が、ご自身の闘争で示された青年の誇りであり、責任です。
 本年は、各方面・県で「創価青年大会」を行い、男子部は「全国男子部幹部会」、女子部は「ロマン総会」、学生部は「全国学生部総会」を開きます。
 それぞれの大会を、“拡大”“人材育成”の決勝点とし、新しい広宣流布の歴史を打ち立ててまいります。
 「私が世界広宣流布の未来を託すのが、まさしく君たちである」との師匠の万感の期待を胸に、薫陶を受けた青年部が、先生に勝利を報告するのは、今をおいてほかにありません。今こそ一人一人が“21世紀の山本伸一”として立ち、永遠に勝ち栄えていく学会を、堂々と築きゆこう!






Last updated  2017/01/01 02:11:50 PM






Last updated  2017/01/01 12:15:08 AM
新年のメッセージ  

「地涌の青年」よ!人類の希望の光源に
SGI会長 池田大作

 太陽を中心として、われらの青き地球の新たな公転が、たゆまず正確なリズムで始まりました。
 この一年も、全世界の尊き同志とご家族、 また、大切な友人の皆さま方が、健康でご長寿(ちょうじゅ)で、福徳に満ちあふれていかれることを、そして、それぞれの使命の天地が、平和で無事安穏(ぶじあんのん)に、繁栄(はんえい)していかれることを、心よりお祈り申し上げます。

 私たちは、本年を「世界広布新時代青年 拡大の年」と銘打ちました。
 青年こそ、人類の宝です。
 青年こそ、正義の力です。
 青年こそ、未来の希望です。

 戦後の日本の焼け野原(のはら)に一人立って、「人間革命」の民衆運動を開始された、わが師・戸田城聖先生が徹(てっ)して光を当てられたのも、青年でした。
 信念の獄中闘争(ごくちゅうとうそう)を勝ち越えられた戸田先生に、私が初めてお会いして、生命尊厳の大仏法の実践という「正しい人生の道」を教えていただいたのは、19歳の時でした。その通りに歩(あゆ)み通してきて、今年で70年となります。
 今、うれしいことに、世界中で、この道に、地涌の青年が澎湃(ほうはい)と続いてくれております。
 私は、不思議(ふしぎ)な宿縁と誓願を带びて、この時に躍(おど)り出た若人たちを、最大の喜びをもって、仰ぎ見つめております。
 私たちは、いやまして、後継の友の一人一人に励ましを送りながら、人類の平和と人道を前進させゆく、若き創価の世界市民の大連帯が、一段と力強く広がる年にしていきたいと思うのであります。

  日蓮大聖人は、「妙(みょう)とは蘇生(そうせい)の義(ぎ)なり蘇生と申すはよみがへる義なり」(御書947ページ)と仰せになられました。
 妙法を唱えゆく生命には、いつでも、いずこでも久遠元初(くおんがんじょ)の太陽が昇ります。ですから、何歳になろうとも、常に自分らしく新鮮に、生まれ変わった生命力を発揮できるのです。
 御書に「年は・わかうなり福はかさなり候べし」(1135ページ)と示されているように、皆が「青年の心」で、いよいよ若々しく、境涯を拡大し、仏縁を拡大し、福運を拡大していけるのが、私たちの歓喜と充実の年輪です。

「青年の心」——それは、第1に「挑戦の心」でありましよう。
 御聖訓には、「月月・日日につより給へすこしもたゆむ心あらば魔たよりをうべし」 (同1190ページ)と説かれます。
 人生は、誰(だれ)しも、思いも寄らぬ試練や行き詰(づ)まり、また、忍(しの)び寄る惰性(だせい)や停滞(ていたい)との戦いでしよう。それらの一切を突破(ろっぱ)していく究極の力が、題目の獅子吼(ししく)です。何があっても、「唱題の人」は負けません。

 各国のSGIでも、生き生きと新たな挑戦が光っています。
 広大な太平洋にあまたの海洋国が点在するオセアニアでは、イン夕ーネットのビデオ通話システムを活用して、リーダー会議を開催していると伺(うかが)いました。
 交通の制約などがあり、なかなか一ケ所に定期的に集まることは難しい。その中で、こうした会議によって意見を交換し、励まし合いながら、喜びと触発(しょくはつ)の波動を広げています。距離の隔(へだ)たりを飛び越えて、心と心をつなぎ合い、壁(かべ)を打ち破(やぶ)る「勝利島」の 人材のネットワークが拡大しているというのであります。
 時代の変化は、スピードを増しています。
 だからこそ、大事なことは、日日、強盛な祈りで、「随縁真如(ずいえんしんにょ)の智(ち)」を湧(わき)き出しながら、たくましく挑戦し、自他共に人間革命の希望の劇を綴(つづ)っていくことではないでしょうか。

 第2に、「青年の心」とは「学びの心」です。
 SGIは「行学の二道をはげみ候べし」 (同1361ページ)との仰せのままに、御書根本の実践で、世界広布を推し進めてきました。
とりわけ、近年、各国・各大陸の教学運動の進展は、誠(まこと)に目を見張(みは)るものがあります。
 アフリカ諸国でも、第1回の統一教学実力試験が大成功で行われました。
 仏法は、「一生成仏」という絶対的な幸福への軌道(きどう)を明かしております。さらにまた、 日蓮大聖人は「立正安国」という社会の安穏と繁栄、世界の平和と人道の進路を留(とど)め置かれたのであります。
 この最も普遍(ふへん)なる生命の法理への探究は、各人の人生にあっては「宿命転換」の希望となり、それぞれの国にあっては、良き市民の「社会貢献」の源泉(げんせん)となっております。
 そして必ずや、地球民族の「融合・共生」 と、人類全体の「境涯革命」の光源となっていくであろうことを、私は確信してやまないのであります。

 第3に、「青年の心」とは「開かれた対話の 心」です。
 広宣流布は、「友情」の拡大であり、「共感」そして「信頼」の拡大であります。
 わが家庭で、わが職場で、わが地域で、わが世界で、勇気と誠実の対話を重ね、温かな人問の絆(きずな)、心の結合を築き広げていくことであります。
 法華経に登場する不軽菩薩(ふきょうぼさつ)は、万人に具(そな)わる「仏性」という尊極(そんごく)の生命を信じて、出会う人々に声を掛け、最大の礼儀と尊敬を表していきました。
 たとえ、増上慢(ぞうじょうまん)の人間たちから反発され、圧迫されても、決して屈(くっ)しない。快活(かいかつ)に、聡明(そうめい)に、しかも忍耐強く、不動の信念の対話を貫(つらぬ)き通していくのであります。
 大聖人は、この不軽菩薩の振る舞いを「鏡(かがみ)に向って礼拝を成す時 浮(う)べる影(かげ)又我を礼拝(れはい)するなり」(同769ページ)と仰せです。
 表面の姿はどうあれ、生命の奥底(おうてい)では、私たちが相手の仏性に働き掛ける時、その仏性も、こちらの仏性に応えているのであります。
 ゆえに、相手の可能性を信じ、語り掛(か)けていくことです。祈り抜いていくことです。そこに、必ず仏縁(ぶつえん)が結ばれ、友情と信頼の花が咲(さ)き薫(かお)っていきます。これが法華経の精神であり、私たちの実践です。
 各地で分断の危機(きき)が憂慮(ゆうりょ)される今だからこそ、ありとあらゆる差異(さい)を超えて、世界市民を結ぶ創価の「人間尊敬」の対話によっ て、地球の未来を彩(いろど)る「平和と共生の虹(にじ)」を懸(か)けていこうではありませんか!
 さあ、一人一人が、永遠なる「地涌の青年」として、新たな友を呼び出し、新たな人材を育てながら、本年も「広布と人生の凱歌を!」と叫んで、私の新年のメッセージとさせていただきます。
2017年 元旦   (グラフSGI  1月号)






Last updated  2017/01/01 12:15:07 AM
未来に輝く若き人材の陣列を

 師弟凱歌の新章節を開きゆく、2017年「世界広布新時代 青年拡大の年」が晴れやかにスタートした 池田大作先生は全同志の健勝と多幸を祈念し、「新年の歌」を詠み贈った。
 本年は、池田先生と恩師戸田城聖先生との出会いから70年——。
 恩師を護り抜き、その構想をことごとく実現してきた池田先生の 不惜身命の激闘ありて、創価の人間主義の大光は、192力国・地域へと広がった。SGIは世界宗教として、いよいよ大きな飛翔を遂げている。さあ、勝利の最高峰を目指し、未来に輝く若き人材の陣列を堂々と築きゆこう!




新年の歌    池田大作


 勝ちにけり 
   師弟の大山
     揺(ゆ)るぎなく
  不動の信心(こころ)
    万代(ばんだい)までも


 微笑(ほほ)みて
  平和の眷属(とも)
    つくリゆけ
  創価の母娘(ははこ)

     常楽我浄(じょらくがじょう)


 広宣(こうせん)
  新章節(しんしょうせつ) 
   いざ青年(きみ) 
  正義の共進(きょうしん)
     凱歌(がいか)(ちか)
いて

       
   二〇一七年 元旦






Last updated  2017/01/01 02:08:41 PM
2016/12/26


スローガン
行学の翼で青春勝利の大空へ!
歓喜の華陽スクラムで世界へ希望の虹を!


女子部 永遠の五指針

 一、朗らかな幸福の太陽たれ

 一、世界一の生命哲学を学ぶ
 
 一、何があっても負けない青春
 
 一、正義と友情の華の対話を
 
 一、永遠に師弟勝利の門を開く


アピール
 学会創立90周年、さらには栄光の100周年へ! 今、妙法を唱える華陽姉妹の活躍が、世界中で人々の心を照らし、社会に信頼と友情を広げています。2017年は「池田華陽会」10期が誕生し、「華陽リーダー」の命名から5周年の節目を刻みます。新しい力を先頭に、全女子部員が清新な息吹で楽しくにぎやかに前進していきたい。
 2017年の「ロマンカード」に記された御文は「南無妙法蓮華経と唱え奉るは自身の宮殿に入るなり」(御書787ページ)です。池田先生は女子部結成65周年に当たり、「『幸福の宮殿』とは、どこか遠くにあるのではない。自分自身の生命にあります。皆さんは一人一人が、泥沼のような娑婆世界で勝ち光って、自他共に『幸福の宮殿』を思う存分に輝かせゆくために生まれてきたのです」(2016年7月「首都圏女子部大会」メッセージ)と指導してくださいました。
 この一年、信行学に挑みゆく中で、一人一人がわが生命の「幸福の宮殿」を輝かせ、最も充実した青春勝利の大道を歩み抜いていきたい。
 池田先生は「広宣流布大誓堂完成5周年」の2018年「11・18」へ、“これからの2年間、私と一緒に、世界の同志と一緒に、一人一人が地涌の友を拡大しながら、「師弟の凱歌」を、強く賢く朗らかに、末法万年尽未来際まで轟かせゆこう”(2016年9月「本部幹部会」メッセージ)と呼び掛けてくださいました。
 女子部は、全員が世界広布を誓い願って生まれてきた「地涌の菩薩」です。池田先生が徹して目の前の一人を大切にされてきた行動を受け継ぎ、“地涌のスクラム”を広げながら、仲良く前進し、桜梅桃李の人材城をもって「世界広布新時代 青年拡大の年」を荘厳していきましょう!

1、“目の前の一人を大切に”折伏・弘教に挑み「地涌のスクラム」を拡大!
 皆で御書を学び合った折、一人の女子部の友から、「折伏が思うように進まないのですが」と質問されたことがある。折伏のことで悩む。その心それ自体が、仏の心である。仏の悩みである。私は最大に讃えつつ、申し上げた。「折伏については、結局は相手を思う一念です。一人の不幸な人を救おうよ。一人の命は地球よりも重いのです」と。
 報恩抄には、「日蓮が慈悲曠大ならば南無妙法蓮華経は万年の外・未来までもながるべし」(御書329ページ)と仰せである。折伏は、この御本仏に連なる最極の慈悲の行動である。友の幸せを祈り、友を思う真心からの対話は、互いの未来を開いていくのだ。(2016年5月20日付、創価新報「勝利の人間学」〈折伏の目的は自他共の幸福〉)

 □職場・家庭・地域で、縁する一人一人を大切にし、信頼を広げよう。
 ※会合の時間や回数を見直し、友好拡大の機会を充実させるなど工夫
 □座談会や本部幹部会(中継行事)などの会合に友人と参加し、信仰体験を語り、創価家族の輪の中で弘教に挑戦しよう。
 ※「SOKAチャンネルVOD」を活用
 □各方面・県で開催する「創価青年大会」を通じて拡大に挑む活動者を増やそう。
 *池田先生の思想・哲学を実践する「SOKAグローバルアクション」を推進

2、世界一の生命哲学を学び「幸福勝利の土台」を築く!
 女子部の年代は、生涯にわたる幸せの軌道を建設する時代といえます。
 その軌道をつくる力が信心であり、教学なんです。生きることは、宿命との戦いです。
 宿命の問題を解決していく道は、生命の大法である仏法による以外にない。
 その意味からも、教学を学び、幸福への人生哲学を、しっかりと身につけていただきたい。また、自行化他にわたる信心で、友の幸せのために行動し、境涯を広げ、何があっても負けない生命の強さを培い、福運を積んでいってください。(小説『新・人間革命』第29巻「常楽」の章)

 □勤行・唱題の実践で一日一日を勝利。
 ※「ロマンカード」を活用
 □「池田華陽会御書30編」の読了を目指して“華陽タイム”に日々挑戦。
 ※書籍『世界一の生命哲学を学ぶ』を活用
 □「青年部教学試験(3級)」(9月)に挑戦。「教学部任用試験(仏法入門)」(11月)を通し女子部全員が教学部員に。
 □聖教新聞、小説『人間革命』『新・人間革命』、指導集『華陽の誓い』を研鑽。
 *2017年・重点御書
 「日女御前御返事」「佐渡御書」「乙御前御消息」「兄弟抄」「一生成仏抄」「法華証明抄」「阿仏房御書」「減劫御書」

3、婦女一体の「サン❀フラワー キャンペーン」で希望の前進!
 心から心に届く、温かい言葉を贈りたい。それには、相手の魂の奥まで知っていくことである。何に悩んでいるか。何を望んでいるか――。皆の心を知り、皆が安心して戦えるように、一人一人を、きめ細かく励ましていく。心の重荷を取って、軽くしてあげる。
 楽しくしてあげる。慈愛あふれる聡明な女性リーダーであっていただきたい。(中略)一人を大切に――ここに前進の力が生まれる。婦人部と女子部のうるわしい合金の団結は、新しい世紀に、いよいよ燦然と光彩を放ち始めた。学会は、女性の輝ける人材の連鎖によって、永遠に勝利していくのだ。(2003年8月「21世紀女性研修会」スピーチ)

 □全部員の幸福を祈り、訪問・激励を重ね、婦女一体で温かな励ましを送ろう。
 □女子部「ロマン総会」(1~2月に本部・部で開催)に全部員を結集し、絆を強めよう。
 □「3・16」を記念して、新しい力の「池田華陽会」10期を結成。
 □「御書池田大学校」を女子部主事や婦人部幹部の担当で開催し、共に前進(年3回)。
 □方面・県で定期的に「女性最高協議会」を開催。
 *10帰運動を励行し、健康・絶対無事故で前進






Last updated  2016/12/26 12:17:57 PM
2016/12/25
●国際本部指針

「世界広布の大願へ師とともに!!」

一、語学と対話のエキスパートに!
一、平和と拡大の推進力に!
一、三代会長の精神を世界に!


 2017年、国際本部の一人一人が、創価三代の会長、なかんずく池田先生との師弟の絆をさらに強固にし、世界広布新時代の大拡大へ貢献しゆく世界市民の人材群を構築してまいりたい。
 また、全世界の希望の存在である、青年部・未来部の語学や人格の錬磨と人材育成を支援してまいりたい。なかんずく、「未来部E―1グランプリ」の成功に向けて、国際本部としても全国的に未来部員の激励に取り組んでまいりたい。

 【活動のポイント】
 1、国際本部員一人一人が職場、地域、世界の舞台で仏法の人間主義への共感を拡大する
 2、世界広布を推進する創価学会ならびにSGIの諸行事に、語学等を通して積極的に貢献する
 3、世界広布の後継者育成のため、「未来部E―1グランプリ」等への協力を通し、未来部や青年部の活動に貢献する
 4、国際ボランティア活動等のため、海外に赴任するメンバーの激励・サポートを充実する
 5、在日外国人メンバーの激励に力を入れ、特に本部幹部会中継行事の多言語同時通訳体制、英語字幕放映を充実する
 6、各種セミナー等への講師派遣を通して各地域の友好拡大に貢献する
 7、国際本部員による多種多様な国際分野における師弟共戦の活躍の様子を積極的に紹介する

 【主要行事】
 ・2・11「国際部結成46周年」、3・4「国際本部発足15周年」記念第14回国際本部大会(首都圏)…2月
 ・8・29「国際部の日」49周年記念ならびに10・2「世界平和の日」記念国際本部総会(東京・全国)…10月
 ・方面国際部長会(テレビ会議)…秋

 【方面・県国際部の活動のポイント】
 1、国際部組織のさらなる整備・充実を図り、各人の研鑽とともに青年部国際部員の育成に努める
 2、各地域の状況・特性に応じた活動を着実に展開し、新しい人材の育成に努める(部員会の充実、訪問対話の推進)
 3、各地域における「未来部E―1グランプリ」参加者へのアドバイスや激励に積極的に取り組む
 4、在日外国人メンバーの掌握に努め、信心の激励を行う


 【主要行事】
 ・方面・県別国際部総会…年1回
 ・方面・県別国際部員会…随時
 ・方面・県別国際部研修会・セミナー…随時
 ・方面・県別在日外国人交流交歓会等…随時

通訳翻訳部
●スローガン
 21世紀の鳩摩羅什たれ!


 【活動のポイント】
 1、世界広布の諸活動を支える通訳翻訳グループ
  ・学会本部・SGI諸行事の通訳を担当
  ・世界広布のためのさまざまな翻訳活動の推進
  ・在日外国人メンバー向けの多言語同時通訳付き本部幹部会中継行事で通訳を担当(13カ国語)


 2、若き世界広布の人材を育成、輩出
  ・女子部国際部、男子部国際部と連動し、若き通訳者・翻訳者の発掘、育成および指導
  ・「未来部E―1グランプリ」等の語学アドバイザーをはじめ未来部の活動に協力し、未来部員を力ある世界広布の人材に育成
  ・語学講座や部員会の講師を担当
 3、世界広布推進の主体者、正義の宣揚者としてさらに成長


  ・信行学の実践に励み、自己錬磨と人格の向上を目指す
  ・組織の第一線で活動し、広布拡大のトップランナーとして活躍

 【主要行事】
 ・SGI研修会および本部幹部会中継行事の通訳…開催月
 ・通訳者・翻訳者育成のミニ講座…随時
 ・通訳者・翻訳者のための講演会…随時

国際ボランティア部
●スローガン
人道的競争」の時代に先駆!

 【活動のポイント】
 1、強き信心・深き哲学で世界平和に貢献
  ・結成15周年を記念して総会(首都圏)を開催
  ・創価の人間主義の哲学を実践し、世界に友情のネットワークを構築
  ・池田先生の思想と行動を語り、平和への潮流を拡大

 2、一人立つ精神で、職場で輝く実証
  ・国際貢献のスペシャリストとしての実力を錬磨し、職場で実証を
  ・海外に赴任するメンバーを激励・サポート
  ・国際的人道支援活動を推進する青年の人材育成をサポート

 3、ボランティア精神を錬磨する学会活動に勝利
  ・人間錬磨と広布拡大の学会活動に先駆し、大いに自らの体験を語ろう
  ・海外経験を生かし、民間交流、地域活動に貢献
  ・海外赴任メンバーは、それぞれの分野でSGIの平和・文化活動に貢献

 【主要行事】
 ・結成15周年記念総会(首都圏)…夏
 ・国際ボランティア部部員会…年数回
 ・海外赴任・帰国メンバーの勤行会…随時
 ・「平和提言」「核廃絶提言」「環境提言」等の研鑽…随時国際交流部

国際交流部
●スローガン
 世界広布新時代に平和と友情の拡大を!


 【活動のポイント】
 1、国際交流で友好のネットワークを拡大!
  ・一人一人が国際交流に挑戦し、平和と友情の輪を拡大する
  ・「グラフSGI」や各種外国語出版物を活用し、仏法の平和哲学を世界へ発信する
 2、師弟の精神あふれる人材を拡大!
  ・池田先生の指導を研鑽し、師弟の精神を体得する
  ・各人が語学力を磨き、世界広布の人材に成長する
  ・青年部出身者の掌握・育成に積極的に取り組む
 3、職場・地域で勝利の実証を拡大!
  ・職場で勝利し、「信心即生活」「仏法即社会」の実証を示す
  ・地域での国際交流に積極的に取り組み、信頼と友好を拡大する

 【主要行事】
 ・国際交流部部員会…年数回
 ・国際交流セミナー…年1回

在日外国人部
●スローガン
 世界平和の使命を胸に多言語・多文化社会に先駆!

 【活動のポイント】
 1、御書や池田先生の指導を通し、在日外国人メンバー一人一人を激励
  ・多言語同時通訳付き本部幹部会中継行事の開催
  ・各国言語の資料・教材等の提供、および研修会・御書学習会等の開催
 2、在日外国人の言語別グループ活動と青年部・未来部の人材育成をサポート
  ・各グループの座談会など会合や活動の充実
  ・青年部幹部と連携し、各グループの青年部・未来部の育成を支援
  ・英語ネイティブ・スピーカーによる「未来部E―1グランプリ」の応援
 3、在日外国人メンバーの掌握を推進
   各方面・県組織と連携をとり、在日外国人メンバーの掌握、指導・激励を推進

 【主要行事】
 ・多言語同時通訳付き本部幹部会中継行事…本部幹部会の開催月
 ・言語別グループ座談会…毎月
 ・言語別グループ研修会…随時
 ・言語別グループ御書学習会…毎月
 ・言語別グループ青年部会合…随時
 ・言語別グループ責任者連絡協議会…随時







Last updated  2016/12/26 12:31:33 PM

2017年の社会本部各部は、「世界広布新時代 青年拡大の年」のテーマのもと、信心を根本に一人一人が職場・社会の勝利者となり、青年を先頭に、職域や地域に信頼と友好の輪を大きく広げて、広布拡大に前進してまいりたい。



社会部
●スローガン
 社会で勝利!
 人生で勝利!
 不屈の太陽たれ!
 我らは広布の賢者なり

●3モットー
一、社会の第一人者に!
 一、対話の名人たれ!
 一、人間主義の太陽たれ!


●男子社会部スローガン
 職場で勝利の旗を! 社会に創価の大波を!

●女子社会部スローガン
 確信の対話で社会に希望のスクラム拡大!

 【重点活動
 〈活動の3ポイント〉
 1、使命の職場・職域で、「仏法即社会」の希望の太陽に
  ・師弟不二の強き祈りで、一人立つ広布の賢者に
  ・小説『新・人間革命』等を学び、日々の戦いに挑戦
  ・勇気と誠実の行動で、勝利の実証を拡大


 2、着実なグループ座談会の開催
  ・聖教新聞、「大白蓮華」を活用し、信心錬磨の座談会を開催
  ・青年社会部を中心に、青年拡大の座談会を開催
  ・新入部員の掌握と新グループの拡大


 3、社会に友情と信頼の絆を拡大
  ・「励まし運動」で人材を拡大
  ・一人一人が友好対話に取り組み、友人づくりに挑戦
  
 【主要行事】
 ※開催の有無、開催単位等は、方面・県に一任
 1、10・24「社会部の日」記念大会(中央行事、10月)
 2、全国方面社会部長・女性部長会の開催(中央行事、10月)
 3、社会部体験談大会
 4、グループ総会(11月)
 5、県部長会の開催
 6、総県・県でのグループ長会の定例開催
 7、新任幹部研修会の実施
 8、写真展「波涛を越えて」の開催(中央行事、10月)

専門部
●テーマ
 世界広布新時代へ
 一人立つ創価の世雄!
 師弟勝利の専門部


●スローガン
一、仏法即社会の大英雄たれ!
 一、一騎当千の先駆者たれ!
 一、師弟不二の勝利王たれ!


●21世紀会議モットー
 社会で勝利! 地域で勝利! 価値創造の王者たれ!!

 【重点活動
 〈活動の3ポイント〉


 1、広布の最前線で対話の拡大
  ・社会に、地域に、着実な友好拡大
  ・聖教新聞、「グラフSGI」等を活用し、対話の推進


 2、強き祈りと智慧で模範の実証
  ・職場・地域で、信頼ある実力者に
  ・誠実の対話で、頼れる存在に
  ・セミナー、座談会での体験発表等を通し、広布拡大に貢献


 3、次代を担う人材の育成・拡大
  ・「21世紀会議」のさらなる充実・拡大
  ・「家庭訪問の日」を設けて部員を激励・新部員を掌握
  ・小説『新・人間革命』第24巻「灯台」の章を通し、結成の原点と専門部の使命を学習
  
 【主要行事】
 ※開催の有無、開催単位等は、方面・県に一任
 1、方面・県部員大会
 2、体験談大会(友人参加)
 3、「21世紀会議」部員会
 4、方面別研修会
 5、文化セミナーの開催
 6、11・18「専門部の日」記念総会







Last updated  2016/12/26 12:29:06 PM
地域本部各部は、「世界広布新時代 青年拡大の年」のテーマのもと、さらなる地域への貢献・友好の拡大を全力で推進し、地域広布の先駆者としての誉れの使命を果たしてまいりたい。

団地部
●指針
 我らの団地から新たな挑戦! 新時代へ希望のモデルを!!

●スローガン
 皆が地域の幸福責任者たれ! 師とともに人間共和の勝利の都を!

●モットー
 一、生涯青春の勝利者 団地部!
 一、地域貢献の先駆者 団地部!
 一、励ましの人間王者 団地部!

 【重点活動】
 1、団地居住者の各人が団地部との自覚で、「団地活動・地域貢献活動」の積極的推進
 2、「団地友好のしおり」(10項目の指針)の実践
 3、団地協議会議長を中心に「団地協議会」の定期的開催と充実
 4、地域貢献の人材・後継者の育成
 
 【主要行事】
 1、6・25「団地部の日」および10・24「団地部結成記念日」を中心に記念行事の開催
 2、団地議長会の定期的開催(県・分県等)
 3、団地居住者大会、団地役員研修会の開催(県・分県等)
 4、研修道場等を使用しての団地部幹部研修会を実施(方面・県・分県)
 ※部歌「輝け 幸福の城」を各種会合の際、歌っていく

地域部
●活動テーマ
 地域こそ わが舞台 信頼と友情の拡大を!

●4指針
 一、師弟勝利の 地域部
 一、人間革命の 地域部
 一、信頼と和楽の 地域部
 一、広布のパイオニア 地域部

 【重点活動】
 1、各人の地域活動の強化 「近隣友好の3つの心がけ」の実践
  ・地域の安穏と繁栄を祈ろう!
  ・礼儀正しく 良識豊かに!
  ・励まし合い 助け合う連帯を!
 2、地域貢献の人材の育成
 3、ライン組織との連携の緊密化
 ※都市部を中心に、「本部主任」を順次設置する

 【主要行事】
 1、11・15「地域部の日」記念行事の開催
 2、地域部大会の開催(11・15「地域部の日」、または各県・分県の記念日を中心に)
 3、方面・県地域部研修会の開催
 4、県・分県・圏地域部長会の開催
 5、各グループ別行事の開催

農漁光部
●スローガン
 希望の新時代は我らの農漁村から!

●モットー
 1、農漁村ルネサンスの旗手たれ!
 2、食の安全を担い立つ賢者たれ!
 3、地域社会を照らす灯台たれ!

 【重点活動】
 1、指導集『希望の新時代は我らの農漁村から』の研鑽の輪を拡大
 2、農漁光部の女性リーダーの育成・激励
 3、農漁村青年の本格的な育成
 4、農漁光部メンバーの掌握・激励
 
 【主要行事】
 1、第21回「農漁村ルネサンス体験主張大会」の開催
 2、方面・県で農漁村体験主張大会の開催(年1~2回)
 3、方面・県で農漁村青年主張大会、女性主張大会の開催
 4、方面・県で部長会、研修会の開催
 5、全国農漁光部長会・女性部長会・青年委員長会の開催

勝利島部
●スローガン
 広布のモデルは勝利島から

●モットー
 一、信頼厚き 柱たれ
 一、一家和楽の 模範たれ
 一、幸の航路の 灯台たれ
 一、異体同心の 勝利島たれ

 【重点活動】
 1、小説『新・人間革命』第28巻「勝利島」の章を学び、日々の活動の源泉に
 2、「友好の集い」など各島の行事・活動の充実
 3、勝利島サミットを通して、島相互の活動交流の推進
 4、「SOKAチャンネル モバイルSTB」の活用促進
 5、各島への訪問激励

 【主要行事】
 1、「友好の集い」の開催
 2、方面・県勝利島サミットの開催
 3、10・7「勝利島部の日」記念大会の開催
 4、全国勝利島部代表者会議・方面勝利島部長会の開催
 ※部歌「正義の勝利島」を各種行事の際、歌っていく






Last updated  2016/12/26 12:26:20 PM

「世界広布新時代 青年拡大の年」の2017年。各部が特長を生かしながら、生命尊厳の大哲学を基調に、「正義と人権」を守る言論戦と「平和の文化」を築く文化運動をさらに推進していく。
 創立100周年を目指し、一人一人が、師弟に生き抜く信心を根本に成長を図り、それぞれの分野や地域で勝利と拡大の実証を示す一年としたい。

 【主要行事】
 ○11・3「創価文化の日」記念大会
 ○富士交響楽団定期演奏会
 ○創価合唱団定期演奏会

芸術部
●スローガン
芸術の太陽たれ! 「勝利の舞」を 地域へ 世界へ 未来へ


 【重点活動】
 芸術部員は、個人の芸術活動を通して人々に勇気と希望を送り、文化の向上と「平和の文化」建設に貢献していく。
 
 1、師弟の道に徹して「芸術部指導集」を熟読し、自己の信心と芸術を磨き、さらに確固たる基盤を築いていこう!
 2、学会活動に率先して参加し、その歓喜と福運を芸術の源泉にしていこう!
 3、青年芸術家の成長を応援しよう!

 【主要行事】
 ○首都圏大会…2月
 ○3・8「芸術部の日」結成記念総会…3月
 ○部員会(県・分県・圏単位)…随時
 ○アーティスト・フォーラム(方面・県・分県単位)…随時
 ○新入部員55期生面接…11月
 ○人材グループ研修の実施…随時

学術部
●モットー
・言論闘争の勇者 学術部
・民衆厳護の要塞 学術部
・平和・文化の灯台 学術部
・広宣拡大の師子 学術部


 【重点活動】
 1、創価の「平和・文化・教育」運動の先頭に
  ・創価の人間主義への共感を広げる対話
  ・学会の正義を主張する論陣を展開
  ・各地域の最前線で広宣拡大に先駆


 2、青年学術者が広布拡大の推進軸に
  ・一騎当千の青年学術者を育成
  ・青年世代の学術者ネットワークを拡大
  ・院生会議メンバーの激励・サポート


 3、創価後継の未来部育成を支援
  ・各地域の未来部育成行事への積極的な参加
  ・未来部向けセミナーの開催


 4、英知の陣列で世界広布新時代をリード
  ・活発な対話で創価の学術者を拡大
  ・気鋭の人材の積極的登用
  ・自身の専門分野で社会に貢献

 【主要行事】
 ○首都圏学術部長会…2月
 ○学術部員会(方面・県単位)…随時
 ○青年学術者会議定例会(方面単位)…随時
 ○男子青年委員会部員会(方面・県単位)…随時
 ○女子青年学術者定例会(首都圏)…随時
 ○結成55周年 10・1「学術部の日」記念行事…10月
 ○研修会(方面別)…随時
 ○学術部セミナー…随時
 ○学術部シンポジウム…11月

ドクター部
●スローガン
 生命の世紀の開拓者に


●モットー
・戦う「正義の獅子」たれ
・慈愛の「健康革命」を
・社会・地域の「信頼の灯台」に



 【重点活動】
 1、慈愛のドクター部員の拡大
  ・県・分県単位のドクター部員会の開催
  ・家庭訪問・個人指導の徹底
  ・座談会運動の主体者として活躍
  ・ドクター部会・薬学部会・医療技術部会の研修会の実施


 2、「慈悲の医学」を体現する実践活動を推進
  ・各地域で健康セミナーを積極的に推進
  ・健康相談の充実
  ・各種行事・海外交流団等の救護活動
  ・AED(自動体外式除細動器)の講習会を実施
  ・医療従事者に「慈悲の医学」の共感を拡大


 3、青年ドクター部員の育成・拡大
  ・青年医学者会議、女性医学者会議、医将会、桜冠会、青年薬学者、青年医療技術者の研修会の充実・推進
  ・青年ドクター部員のセミナー講師を育成
  ・未来部と連携し、医師をはじめ医療分野への進出希望者をサポート

 【主要行事】
 ○部員会(県・分県単位)…随時
 ○各種グループ研修会…随時
 ○ドクター部長会(方面別)…1月
 ○青年医学者・医将会合同総会…8月
 ○女性医学者・桜冠会合同総会…8月
 ○9・15「ドクター部の日」記念総会…9月
 ○方面別総会…秋

文芸部
●スローガン
「平和」「文化」「正義」を守る言論戦の闘士に


●モットー
・「師弟根本」の文芸部
・「破邪顕正」の文芸部
・「学会正義」の文芸部


 【重点活動】
 1、「破邪顕正」の言論戦に先駆
  ・師と学会の正義を社会に宣揚
  ・邪悪を打ち破るペンの勇者に


 2、人間主義文芸の人材の連帯を拡大
  ・各地域・各ジャンルに力ある人材を拡大
  ・青年部の執筆陣を発掘し育成・強化
  ・青年学会の拡大と活字文化の復興へ率先

 【主要行事】
 ○部員会(方面・県単位)…随時
 ○中央委員会…随時
 ○文芸部セミナー…随時
 ○12・2「文芸部の日」記念文芸部員大会(中央・方面)…12月







Last updated  2016/12/26 12:25:30 PM

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.