12235001 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

全93件 (93件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

名誉会長と共に 今日も広布へ

2013.12.30
XML
名誉会長と共に
今日も広布へ 第2部 
49 希望を作るのは自分自身


 この一年、本当にありがとう! いよいよ明年、全世界を照らす新年勤行会から、朗らかに、広宣流布の新時代を開いてまいりたい。

◇ ◆ ◇

 楽観主義の人は強い。

 何か起ころうとも、いい方向へ、楽しい方向へ、前向きの方向へと受け止めていく。それが最極の信仰である。

 法華経薬王品には「火も焼くこと能(あた)わず、水も漂(ただよ)わすこと能(あた)わじ」と。苦悩の火に焼き滅ぼされることはない。不幸の荒波に押し流されることなど断じてない。これが妙法を弘める大功徳である。

 生老病死(しょうろうびょうし)の苦しみを、常楽我浄(じょうらくがじょう)の歓喜の人生へと転じていける。大事なのは、根本の使命を忘れないことだ。猛然と信心で立ち上がるのだ。

 私たちは御本尊を持っている。わが身が妙法の当体であり、多宝の宝塔である。ゆえに、負けることはない。恐れることはない。

 希望をつくるのは自分だ。

 「こうなる」 「こうなってみせる」と決めることである。

◇ ◆ ◇

 戸田先生は、「人間として幸せになっていくために、福運ある人生を歩んでいくために、その究極は妙法の信仰しかない」と言われていた。

 皆様は、自他共の幸福を築き、平和をつくる根本の行動を重ねておられる。これほど尊く、偉大な人はいない。

 仏法では「願兼於業(がんけんおごう)」と説く。仮に表面は、苦難の姿であっても、実は自分が願ってその宿命を打開し、妙法の力を証明していくのである。
    
◇ ◆ ◇

 最高の誇りと勇気と使命を胸に、明年も、皆、さらに健康になって、元気に、愉快に、共に勝ちまくろう!

(2013年12月29日付 聖教新聞)








最終更新日  2013.12.30 10:23:14


2013.12.22
名誉会長と共に
今日も広布へ 第2部 

48 尊き地区の勇者に最敬礼

 学会はだれも想像しなかった大発展だ。
 伸びゆく青年の姿ほど、うれしいものはない。
 戸田先生は、広布の未来を開かんと、ただ人材を育てられた。厳愛の声が響く。
 「仏法は勝負だ。闘争を開始するからには、それだけの準備と決意と闘魂をもって、断じて勝つのだ!
 指導者になりゆく君たちは、大局観を決して見失ってはならない」
断じて民衆を守り抜く。
 一人も残らず幸福に。
 そこに指導者の責務と祈りがある。
◇ ◆ ◇
 広宣流布誓願勤行会が連日、歓喜にあふれ開かれている。生まれ変わった決意で進む友の笑顔が清々しい。日本中、世界中に希望が広がる。
 今再び、信心の原点を確認し、広布の第一線に勇んで飛び出したい。皆が一兵卒の覚悟で戦う時である。
 地区が本陣である。
 地区が突破口である。
 地区が電源地である。
 わが尊き地区部長、地区婦人部長の皆様こそ、広布第一線の「学会の要」である。
 私の心は、最も苦労し、学会を支えてくださっている要の中の要の全地区部長、全地区婦人部長と常に一緒である。偉大な地区の勇者の皆さんに最敬礼を捧げたい。
◇ ◆ ◇
 御書に「竹の節を一つ破(わり)ぬれば余(よ)の節亦破(わ)るるが如し」(1046ページ)と仰せである。広布の破竹の勢いを、わが地区から起こすのだ。
 広宣流布の戦いの労苦は、全て、自分自身と一家眷属(けんぞく)の大福運に変わる。未来永遠に一切を勝ち越えていく生命に必ずなれるということを、深く確信していただきたい。
(2013年12月22日付 聖教新聞)







最終更新日  2013.12.22 22:38:06
2013.12.15
 名誉会長と共に
今日も広布へ 第2部

47 最後までベストを尽くせ

 (未来部の皆さんへ
 寒風に胸張り進む未来部の皆さんの尊い努力と成長こそが、世界を温め、未来を照らします。皆さんこそ、希望の太陽です。

 受験生の皆さんは、夢に向かって挑戦し、力を発揮してほしい。本当の勝負は、これからです。大変だろうけれども、体を大事にして、朗らかに前進してください。
 皆さんの栄光を、私は、これからも真剣に祈っていきます。
 世界の宝を育む使命深き担当者の皆様方も、いつもいつも、ありがとう!
 
   ◇ ◆ ◇

 皆、「負けじ魂」という言葉を知っていますね。これは、日蓮大聖人の御書に記された言葉です。
 苦難にも屈せず、勇敢に戦って友を励ます弟子のことを大聖人は「極めて負けじ魂の人」と賞讃されているのです。(御書986ページ)

 途中に何があろうとも、「負けじ魂」を燃やして、最後まで粘り強くベストを尽くす人こそ、真の勝利者です。
 若くして仏法を持ち、宇宙に響きわたる題目を唱えている皆さんは、全員が「負けじ魂の人」です。
 それぞれに、「チャンピオン」自分らしくになっていく人なのです。

 わが愛する宝の皆さんに、私がかつてお会いした中国の文豪・巴金(ばきん)先生の信念の言葉を贈ります。
「私は恐れない。深い霧を突き抜ければ、前方には必ず光明があるに違いないから」と(石上紹訳『無題集』筑摩書房)

 親孝行を頼みます。
 風邪をひかないように。元気で

(2013年12月15日付 聖教新聞)

 

 







最終更新日  2013.12.15 13:33:09
2013.12.08
名誉会長と共に
今日も広布へ 第2部 

46 誓願の祈りで勝利の日々を

 威風堂々とそびえ立つ広宣流布大誓堂で、「広宣流布誓願勤行会」が始まった。
 連日、友が喜び集い、学会常住の御本尊に、誓願の祈りを捧げている。
 広宣流布こそ、人類の願望である。私は、この御本尊に「広宣流布の希望の道を無限に開かせたまえ」と祈ってきた。
 広宣流布とは、人間が人間として、最も人間らしく、対話を交わし、友情を結び、信頼を広げゆくことだ。

 わが青春時代、師の選んだ広布の道を、私も必ず選んで歩みゆくことを決意した。
 師を思えば、勇気が湧く。力が出る。智慧(ちえ)は尽きない。
 きょうは、あの人と対話しよう!
 きょうは、この人と信頼と友情を深めよう!
 懸命に戦い、師に報告することが最高の光栄であった。
 師弟に生きる我らは負けない。負けないことから、勝利は始まる。1歩また1歩と、幸福の軌道を進みゆくのだ。

 日蓮大聖人は、「われ法華経の行者(ぎょうじゃ)なり」との誇りも高く、絶体絶命の大難を勝ち越えられ、「幸(さいわい)なるかな楽しいかな」(御書975 ページ)との悠々(ゆうゆう)たる御境涯を示された。

 戸田先生は、この御文を拝して語られた。
「御本尊があるから大丈夫(だいじょうぶ)だ。御本尊を拝(おが)んでいるから、自分は大丈夫だ。この確信が胸の奥底から出るようになったら信心は1人前です」

 苦しんで強くなる。祈って勝つのだ。病苦や経済苦、家庭の問題。あらゆる悩みに苦しんだ人が、友の苦しみも分かる。賢明(けんめい)な強い人になり、多くの友を救っていける。
 さあ新時代ヘ出発しよう!
 永遠に輝きわたる正義の炎(ほのお)を燃え上がらせながら!
(2013年12月8日付 聖教新聞)






最終更新日  2013.12.08 14:18:27
2013.12.01
名誉会長と共に
今日も広布へ 第2部

45  一人も残らず大功徳よ薫れ

 婦人部の前進は、本当に見事であり、健気です。皆様方のことは、いつもいつも私と妻の胸の中にあります。
 日蓮大聖人は「金(こがね)は やけば弥(いよいよ)色まさり 剣(つるぎ)は とげば弥利(いよいよとく)くなる・法華経の功徳はほむれば弥功徳まさる」(御書1241ページ)と仰せになられました。

 どうか、これからも仲良く賢く励まし合い、讃え合いながら、朗らか前進していってください。そこに、「心の財」を山の如く積みながら、自他共の「幸福勝利」の門を開いていくことができるからです。新たな「希望の人材」の門が大きく広がっていくからであります。

 「祈りとして叶わざるはなし」の妙法であります。何があっても、わが仏の生命を輝かせながら、「世界広布新時代」の太陽と光っていただきたい。
◇ ◆ ◇
 新任のリーダーの皆さんには、一人一人に直接、偉大な広布の旗を手渡しする思いで見守っております。新たな生命力を満々とたたえ、張り切って新風を起こしていってください。

 大聖人は「其の国の仏法は貴辺(きねん)にまかせたてまつり候ぞ、仏種は縁に従(よ)って起る」(同1 4 67ページ)と何せであります。それぞれに御本仏から託された使命の地域であり、仏勅(ぶっちょく)の組織です。発展させられないわけがない。今こそ題目を唱え抜き、皆の力を引き出しながら、自分らしく、勇敢に、誠実に、忍耐強く、新たな仏縁を広げていってください。
 創価家族が、一人ももれなく功徳を受け切り、悠々と立派な幸福の勝利者の人生を綴(つづ)っていかれることを祈ります。黄金時代へ勝ちまくれ!
(2013年12月1日付 聖教新聞)







最終更新日  2013.12.01 12:55:39
2013.11.24
名誉会長と共に
今日も広布へ 第2部

44 健康第一で無常の幸福道を

 今、多くの新会員が誕生している。世界中で新しい広布の前進が始まった。青年部もリーダー率先で、弘教が目覚ましい。うれしい限りだ。

 戸田先生は語られた。
 「御本尊への強い願いは、必ず通ずる。それには、条件が三つある。一つ、題目。二つ、題目。三つ、題目である」

 しっかり御本尊に祈つていけば、諸天善神が絶対に護らないわけがない。仏の生命力が、必ず湧いてくる。どんな場所であろうが、どんな状況であろうが、元気に進むのだ。
 私も、世界を回って題目をあげ、平和を祈ってきた。地涌の菩薩が出現するよう祈ってきた。毅然たる祈りがあれば、必ず希望の朝は来る。
 人生は長い。絶対に学会から離れてはいけない。いつまでも朗らかに! そして幸福の勝利者になっていくのだ。
◇ ◆ ◇
 生老病死を乗り越えるための仏法である。
 御書には「南無妙法蓮華経は師子吼の如し・いかなる病さはりをなすべきや」(1124ページ)と仰せである。

 「少病少悩」といって、仏にも少しの病や悩みがある。しかし、常に生命は健康である。心はいつも楽しく、皆を包み、励まし、希望を贈っていくのだ。

 健康は智慧である。1.張りのある勤行 2.無理と無駄のない生活 3.献身の行動 4.教養のある食生活、を確認したい。

 友のため、広布のため、喜びの対話を広げよう! 多忙な日々と思うが、どうか悠然と、体を大事にして、勇気の指揮を執っていただきたい。
(2013年11月24日付 聖教新聞)








最終更新日  2013.11.25 11:23:15
2013.11.15
名誉会長と共に
今日も広布へ 第2部 

43  生涯不退転の信心を燃やせ

 伝統の教学部任用試験が、もうすぐだ。
 受験者の皆さん、本当にご苦労さま/風邪などひかれませんように。教えてくださっている方々、応援してくださる全ての皆様方に、心から感謝申し上げたい。

 アメリカの友は「新会員が教学試験を受けるまでが折伏だ」と語り合っているそうだ。うれしいことである。

 人生、どういう価値観を持って生きるか。人間の輝きはそれで決まる。皆さんは最高の法を持っておられる。

 財宝や地位を持つのもいいだろう。しかし、それだけでは永遠性はない。三世の生命から見たときに、一番の大躍進の源泉である妙法を、皆さんは持っている。 仏法は、生命それ自体が最高の宝であると教えているのである。

 有名な御聖訓には、「行学の二道をはげみ候べし、行学たへなば仏法はあるべからず、我もいたし人をも教化候へ、行学は信心よりをこるべく候、力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし」(御書1361ページ)と仰せである。

 今、多くの友が、全力で教学の研鎖に励んでおられる。
青年部、未来部も、婦人部、社年部、多宝の友も真剣だ。これほど尊い姿はない。
生き生きと、世界一の生命哲学を学ぶ女子部のスクラムも、本当に素晴らしい。

 戸田先生は、「女子部は人も残らず幸福に! 」「清らかな強き信心で、この一生をぬねが生き抜け!」と願われた。
 大事なのは、「さあ御書を学ぼう! 仏法を学ぼう! 」という求道の心である。生涯不退転の信心の原点を、今こそ築いてまいりたい。

(2013年11月15日付 聖教新聞)






最終更新日  2013.11.15 20:26:07
2013.11.03

 今日も広布へ 第2部

42  尊き同志に生命の勲章を

 全国、全世界の創価の同志が意気軒高(いきけんこう)だ。広布を支えてくださる全ての皆様方に、心から感謝を申し上げたい。

 来る日も来る日も、あの人の奮起を祈り、この一家の和楽を願って、奔走(ほんそう)する。

 皆様こそ、生命の大勲章を贈られるべき、最高に尊貴な人である。誰が見ていなくとも、諸天(しょてん)が授けてくださる。三世十方(さんぜじゅっぽう)の仏菩薩が、讃嘆(さんたん)してくださることは、仏典に照らして絶対に間違いない。

 日蓮大聖人は、「南無妙法蓮華経と唱え奉(たてまつ)るは自身の宮殿に入るなり」( 御書787ページ)と仰せである。

 いかなる状況にあっても、題目を唱えれば、生命は、宮殿に入っている。魂は王者である。最後は必ず幸福になる。皆、立派な勝利者の人生を綴(つづ)っていってもらいたい。

◇  ◆  ◇

 戸田先生は大切な人間学を教えてくださった。
「本当の偉大さとは、たとえ人にしてあげたことは忘れてもしてもらったことは一生涯忘れないで、その恩を返していこうとするのだ。そこに仏法の光がある。また人格の輝きがあり、人間の深さ、大きさ、味わいがある」

 どれだけの人を育てたか。それが最高の誉(ほま)れだ。紙に書かれたものだけが歴史ではない。自分が接する友の心に残すものが歴史なのである。
 生命の幹は何があろうと切れない。友情は人生の花だ。

 一人一人の可能性を信じ、人間として誠意を尽くす。かけがえのない友として、仏縁を結んでいく。その心で進めば、広宣流布の裾野(すその)は大きく広がる。 皆を讃(たた)え励(はげ)ましながら、人材の大城を築こう!

(2013年11月3日付 聖教新聞)








最終更新日  2013.11.03 14:01:35
2013.10.27

 名誉会長と共に
今日も広布へ 第2部

41 幸福の道を大胆に進め

  今、若きリーダーが先駆を切って弘教に走っている。
最高に偉大な青春の劇だ。大胆に進むのだ。
 折伏は、どんな善よりも、はるかに尊い、一番の善である。目先の富や満足を友に送るのとは次元が違う。

 妙法を持つ人は、永遠に幸福になっていける。絶対的幸福の道を進んでいける。それを教える以上の善はない。

 日運大聖人は仰せになられた。「とてもかくても法華経を強(し)いて説き聞かすべし、信ぜん人は仏になるべし膀(ぼう)ぜん者は毒鼓(どっく)の縁となって仏になるべきなり、何にとしても仏の種は法華経より外になきなり」 (御書552ページ)

 今は分からなくてもいい。下種仏法(げしゅぼっぽう)であるゆえに、種を植えれば、いつか必ず理解の芽が出る。幸福の花が咲く。
◇ ◆ ◇
 会うことが広宣流布の第一歩だ。
 相手の立場がどうかではなく、自分と同じ生老病死と向き合う、人間に会いにいくのである。

 戸田先生は私の手を握りながら言われた。「君よ、広布を頼むよ!」と。
 私は戸田先生の弟子だ。世界最高の師匠の弟子である。だから、誰と会ってもひるまない。有名人が偉いとも思わない。人間として、わが師以上の人はいないであろう。

 題目をあげ抜いて、自身の仏の命を満々と湧(わ)きたたせていけば、相手の中に眠っている仏の命を引き出していける。そうすれば、こちらの仏の命と、相手の仏の命が響き合っていくのである。

 どうか体を大事にして、尊い人生を、楽しい人生を、勇敢に飾っていってください。自らの使命の場所で、勝利をもたらしていただきたい。
(2013年10月27日付 聖教新聞)

 






最終更新日  2013.10.27 11:52:11
2013.10.20

 名誉会長と共に
今日も広布へ 第2部

40 題目は全てに勝利の原動力

 希望あふれる未来部の皆さん!
 勇んで進みゆく挑戦の心が、私はうれしい。
 1960年の10月、私は、初めて世界へ旅立ちました。
 それは、師匠である戸田城聖先生から託された「広宣流布」すなわち「世界平和」を実現するための第一歩でした。
 そして半世紀がたち、今や、日蓮大聖人の太陽の仏法は、世界192力国・地域にまで広がりました。

 今、この各国で活躍するリーダーたちの中に、皆さんと同じ未来部の時に決意して、信心を磨き、語学を学び、力をつけて、世界へ羽ばたいていった人たちが多くいるのです。
 未来部時代の決心と努力が、どれほど大きな力となるか。

 御書に仰せのように、たとえば鳥の卵は、はじめは水のようなものであるけれども、やがて、その中から、くちばしや目が出来上がってきて、ついには大空を 飛べるようになる。それと同じように、題目を唱える人は、自分自身の中から、最も力強く、最も偉大な仏の生命を発揮して、使命の大空へ、自由自在に飛び 立っていけるようになるのです。〈御書1443ページ〉

 毎日の生活の中で、少しずつでも題目を唱えていくことは、すべてに勝利する原動力です。
 皆さんは、一人一人が、人類の未来をになう宝の人です。
 どうか、希望に燃え、勇気に燃えて、たくましく祈り、学び、鍛えていってください。
(2013年10月20日付 聖教新聞)









最終更新日  2013.10.20 15:36:52

全93件 (93件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.