8999657 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

晴ればれとBlog

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

​​​​​​婦人部のページ 

2020/03/24
XML

白ゆりの輝き〈婦人部のページ〉​

​​​​​​​希望の人生を歩む喜び
 今、不屈の誓願の祈りと、電話、メール、手紙なごで友に励ましを送る婦人部。ここでは、これまでに家族・親戚や幼なじみなど、身近な人に弘教し、共に幸福の大道を歩むメンバーを紹介。併せて、池田先生の言葉を掲載します。

師とつづる幸福の劇(ドラマ)
小説「新・人間革命」と共に

​ 大切なのは個人指導だよ。座談会に来た人を最大限に励ますのは当然だが、私は、むしろ、来られなかった人のことを考えてしまう。だから私は、よく、そうしたメンバーを励ましに行った。(中略)一人ひとりに光を当てる個人指導が、最も重要な活動になる。​(第6卷「遠路」の章、98ページ)


苦難は全て励ます力に
鳥取 鳥取圏・久松支部
圏総合婦人部長 岸本祐子さん

 鳥取総県婦人部では、圏や本部単位で小説『新・人間革命』を学び合う「さくらカレッジ」を行っています。
 わが圏は、若い婦人部の "共感力"を引ぎ出すことに焦点を置いて勉強会を開催。 毎回、グループを変えてディスカッシヨンを行い、同世代の奮闘する姿や言葉など、ありのままを共有。メンバーからも「同じ年代の人たちの飾らない声が一番の”励まし”です」と好評です。
 訪問の自粛や会合の今は、『新・人間革命』を学ぶチャンスと捉え、電話やメール、手紙などで声を掛けながら前進しています。

 広島出身の私は病気を患い、大学受験を断念。私大の通信教育部で学んでいた頃、女子部の先輩の激励がきっかけで、信心に励むようになり ました。
 女子部時代を悔いなく走り、結婚を機に鳥取へ。申し訳ないくらい頻繁に婦人部の先輩方が通ってくれました。 こうした励ましの一つ一つが、今の私を築いています。 信心の転機は1997年 (平成9年)のことです。次男(当時3歳)の体重減少が気になり病院へ。検査の結果、脳に5センチ大の腫瘍が見つかったのです。
 医師から「この子は今、歩けますか。話せますか」と矢継ぎ早に質問がありましたが、私の頭の中は真っ白でした。
 ”私が負けてはいけない" ——その後、家族や同志の祈りに支えられ、手術は無事に成功。次男は幼稚園に入園できるまでに回復し、皆で喜びをかみ締めていました。
 しかし、その生活も長くは続きません。恐れていた再発が分かり、次男は4歳という短い人生を終えました。
 絶望の淵に突き落とされた時、上の子は6歳、下はまだ2歳。家事や育児に追われ、休む暇もありませんでした。 苦しくて仕方がない時には、常に婦人部の先輩が寄り添ってくれました。
 何よりの励ましは、池田先生の指導でした。次男が亡くなった直後、「茌厳な夕日が、再び、はつらつたる旭日になるように、大いなる『永 遠の生命』は、死をも超えて活動し続ける」とのスピーチが掲載。まるで先生が直接、私たち夫婦に教えてくださっているようでした。
 その後は"次男の分まで"と、夫婦で広布の最前線を走りました。この『新・人間革命』の一文も常々、心に問い掛けている指導です。今振り返ると、人生における苦難は全て、同じように悩み苦しむ友に対し、寄り添う力となっているように感じます。
 これからも、感謝の心を忘れることなく、次代を担う婦人部員と共に、地域に希望のスクラムを広げていきます。

身近な人に弘教した友

群馬 太田希望県・竜舞支部
原澤 薫さん (地区婦人部長)
​親友だから、一緒に幸せになりたい。​

「入会してくれた友と、ヤング白ゆり世代の一員として共に前進できることが本当にうれしい」と、原澤薫さんは笑顔で語る。
 原澤さんの親友・柳田千恵さんが入会したのは、2017年 (平成4年)3月のこと。「入会した後、こつこつと真面目に頑張る (柳田)ちゃん の姿に、信心の偉大さと素晴らしさを実感する日々です」 (原澤さん)
 原澤さんと柳田さんの出会いは幼稚園。小・中学校も同じで、軟式テニス部ではダブルスのペアを組んだ。進学した高校は違うが、アルバイト先は一精だった。
 お互いが結婚した後も、子どもが同級生。ずっと近隣に住んでいたこともあり、原澤さんは 柳田さんに事あるごとに学会の話をし、聖教新聞の購読推進もしてきた。しかし。”あなたと一緒に信心をしたい"という言葉が言えなかった。
「ずっとそばにいた親友だからこそ、勇気が出なくて……。 人間関係が崩れてしまうとは思いませんでしたが、一歩を踏み出せなかったんです」と原澤さんは振り返る。
 転機なったのは、同世代の同志の奮闘だった。総群馬婦人部の「白ゆり大学校」の一員になった原澤さんは、師匠の闘争の歴史を改めて学び直す。また、喜々として対話拡大に挑戦する皆の姿に触れる中で、原澤さんの心に勇気がともった。 「(柳田)重ちゃんと、この信心を通して一緒に幸せになりたい」
 真剣な唱題を重ね、16年(同28年)11月には柳田さんが教学部任用試験(仏法入門)を受験。座談会、本の中継行事の参加など、一歩ずつ理解を深めた。
 原澤さんは語る。「最後は恥ずかしさもあって、うまく語れませんでした。"とにかく私が祈る姿を見ていてほしい"と、お願いしたんです(笑い)」
 原澤さんは夫を折伏し、信心をしていない大家族に嫁いだ。 どんな時も、笑顔を絶やさず前向きに生きてきた原澤さんの姿を見てきた柳田さんは、「私も学会の中で、一緒に変わっていきたい」と入会を決めたという。
 柳田さんは入会後、小説『新・人間革命』を学ぶ「創価はるな大学校」に入校し、師弟の精神を刻んだ。今は、原澤さんと共に、地域広布にまい進する日々を送る。
 一人の人間革命のドラマは始ったばかり。「これからも、切磋琢磨しながら成長していきます」と原澤さん。きょうも励ましの声を掛け合い、前進する。


滋賀 大津創価圏・志賀支部
中村公子さん (地区婦人部長)
お義母さんと活動できることに感謝。​​​​


 日本一の笑な琵琶湖が眼前に広がる地で、地域広布の拡大に駆ける中村公子さん。「当初、信心に反対していた、お義母さん(方江さん)と共に、信心ができる感謝でいっぱいです」と目を細める。
 中村さんは幼い頃に父を亡くし、信心強盛な母に育てられた。京都で働いていた時、夫・和春さんと出会い、入会に導く。その後、結婚して、夫の実家である現在の地へと移り住んだ。
 御本尊の安置を願い出た時、認めてはくれたものの、義母・方江さんは良い顔をしなかった。
 子どもも生まれ、慣れない育兒や家事との両立に奮闘する中村さん。”良い嫁であろう" と、方江さんが仕事から帰ってくるまでに家事を終わらせようと努めた。その一方で、激しい目まいに襲われる日が増えた。 若い頃から悩むメニエール病によるものだった。
「お義母さんは、仕事から帰ってきた後、畑仕事もしていて……。寝込むたびに、申し訳ない気持ちでいっぱいでした」と当時を振り返る。
 学会活動にも思うように参加できない中、婦人部の先輩から "お義母さんに、心から感謝できる自分になれるように祈っていきましょう"との励ましが。 また、子どもの不登校で悩んでいたこともあり、"一番身近なお義母さんと一緒に信心したい、仏法の話をしたい"という気持ちが次第に強くなっていった。
 勇気を出して地区総会に誘うと、方江さんは「参加する」と快諾。地域の学会員には方江さんの知人も多く、総会に参加して信仰に対するィメージがガラッと変わったという。
 "もっと学会のことを知りたい"———その後、方江さんは本部幹部会の中継行事や座談会にも積極的に参加。信仰への理解と共感を深め、2011年(平成23年)11月に入会した。
 現在は婦人部でグループ長としても活躍する方江さん。17年 (同29年)には、実の姉・西村弘子さんに弘教を実らせた。姉妹は今、競うように対話拡大の花を咲かせる。
 一昨年には、中村さんの後押しもあって、長女・麻理さん華陽リーダーが親戚に弘教を実らせた。中村さんから始まった信心の炎は、中村家に着実に広がっている。
 中村さんが悩み続けてきたメ一エール病による目まい。人のためにと広布の活動に励む中で、いつしか発作はなくなった。「今が一番元気です。報恩感謝の思いで、地域広布の使命を果たしていきます」



​池田先生の言葉から
​​​

 根本は祈りだ。


 大聖人は「法華経の行者の祈りのかな(叶)はぬ事はあるべからず」(御書1352ページ)と御断言である。


 祈りは淡い夢ではない。漠然(ばくぜん)とした願望でもない。「必ずこうしてみせる!」「絶対に勝つ!」という誓いである。


 その深き誓願の祈りは、因果具時(いんがぐじ)なるゆえに、磁石に鉄が吸い寄せられる如く、明確に結果が出るのだ。


 御聖訓には、「只南無妙法蓮華経とだにも唱へ奉らば滅せぬ罪やあるべき来らぬ福(さいわい)や有るべき」(同497ページ)とも記されている。


 わが婦人部は、絶対勝利の「法華経の兵法」を持った究極の幸福博士である。
(「随筆 人間世紀の光」〈桜花の誓い〉)


                    ◆ ◇ ◆


 ご家族が未入会の場合でも、少しも心配することはない。焦ることもない。
 一人の母、一人の娘が立ち上がる。それは、一本の希望の灯台が、光を放ち始めたということだ。


 暗夜の海をゆく無数の船を導(みちび)いていくように、一家眷属(けんぞく)を、必ず永遠の勝利と幸福の航路へ導いていけるのである。


 御義口伝には、「依正福智(えしょうふくち)共に無量なり所謂(いわゆる)南無妙法蓮華経福智の二法なり」(御書792ページ)と仰せである。


 自分の周囲の環境も、縁する人々も、皆、無量無辺の福徳と智慧で包むことができる。これが妙法である。
 (2008年2月、「婦人部最高協議会」でのスピーチ)​


 (2020年3月24日 聖教新聞)







Last updated  2020/03/24 10:44:34 PM
コメント(0) | コメントを書く


2020/02/11

​​​​​​婦人部のページ 「励まし週間」の取り組みから

師とつづる幸福の劇 小説「新・人間革命」と共に  

​ 仏道修行は“己心(こしん)の魔”との戦いであるといえる。“魔”はあらゆる手段を弄(ろう)して、健気(けなげ)に信心に励もうとする人の意欲を奪(うば)い、心を破(やぶ)ろうとする。(中略)だが、御本尊は、すべてご存じである。生命の因果(いんが)の理法に照らし、仏法のために苦労すればするほど、大福運を積んでいくのだ。​(第26巻「法旗」の章、165~166ページ)​​​​​​


熊本 中央区・坪井支部 南洋子さん(支部婦人部長)

仏法のための苦労は誇り
小説『新・人間革命』を胸に刻み、地域の友と前進する南さん(中央)。「池田先生の心をわが心として、皆と絆を強めていきたい」 


 熊本総県婦人部では現在、「グループ学習・懇談」で小説『新・人間革命』を学び合っています。


 最前線での研さんが充実した内容になるようにと、グループ長の皆さんと共に、支部単位で勉強会を開催。毎月1章ずつ、池田先生と対話する思いで小説を手にしています。昼間に働いている方も多くいますが、“師の心を胸に刻もう”と、家事や育児との両立にも挑戦しながら参加する姿に、私自身が勇気をもらっています。
 

                      ◇ 


 私は1977年(昭和52年)5月に入会しました。数年前に学会員になった姉が、喜々として学会活動に励む姿に触れ、“私も変わりたい”と思うようになったのがきっかけです。


 入会を決意した、まさにその日。熊本文化会館(当時)に来館されていた池田先生と、出会いを結ぶことができました。


 “人生にはいろんなことがあるけれど、信心を10年、20年、30年と続けていくんだよ”
 

 先生が語ってくださった言葉を胸に、女子部の活動にまい進。結婚し、4人の子育てに追われていた時も、夫が知人の連帯保証人となり、膨大な借金を背負った時も、先生の指導を抱き締め、信心を貫いて、弘教拡大に挑んできました。


 2007年(平成19年)、夫が肝臓がんに襲われました。この『新・人間革命』の一文は、夫を支えながら、地区婦人部長として一歩も引かず学会活動に走っていた時に出あった指導です。以来どんな時も、“己心の魔”に打ち勝つため、唱題根本で進んできました。


 夫は8年間の闘病の末、霊山へと旅立ちました。この時ほど、創価家族の温かさを感じたことはありません。同志の皆さまの支えがあったからこそ、わが家は、前を向いて歩むことができました。


 夫は生前、長年にわたってボランティア活動を続けていました。活動の中で出会った友人たちに、夫の遺志を継ぐ思いで対話。一昨年には、3人のボランティア仲間に、弘教を実らせることができました。


 今は、13人の孫に囲まれ、広布後継の子どもたちと共に戦えることに、幸せをかみ締めています。先生に教えていただいた通りに信心を続けてきた功徳を実感する毎日です。これからも、この仏法で乗り越えてきた体験を語りながら、地域に希望のスクラムを広げていきます。


​​教育大支部の名称は、初代会長・牧口先生が学んだ北海道教育大学(旧・北海道尋常師範学校)に由来する。師弟有縁の天地で戦う誇りに燃えて
北海道 宝城北区・教育大支部
一回一回の語らいを大切に
 昨年、女性就業者が全国で初めて3000万人を超え、就業者全体の44・5%を占めた。今回訪れた札幌戸田総県の学園本部教育大支部でも、年々、フルタイムで働く婦人部員が増加している。


 滝沢貴子支部婦人部長は語る。「仕事で多忙な婦人部員が増えているからこそ、一回一回の励ましの機会を、今まで以上に大切にしています」


 先月、同支部に7人の新たなグループ長が誕生し、その中の5人が働く婦人部員。皆、地道な訪問・激励を受けて、立ち上がったメンバーだ。
​

 「励まされる側」から「励ます側」へと姿勢が変わった新リーダーを先頭に、教育大支部の拡大は勢いを増している。


 札幌戸田総県では、毎回の「励まし週間」に、テーマを設定し、計画性をもって進めている。昨年の12月は、「受験生がいる家庭」。先月は、「積雪で外に出にくい多宝会の方」に対し、積極的に声を掛けた。


 教育大支部では、地域の総合力も光る。梅本ルイ子さん=婦人部副本部長=は3年前に患った大病を乗り越えたものの、“多宝会の自分が一歩引くことで、若い人たちの成長につながるのでは”と思ったこともあった。


 しかし、時を同じくして、「励まし週間」が始まり、梅本さんは「もう一度、大好きな地域のために」と訪問・激励に率先。稲沢路子さん=総区副婦人部長=とペアを組んで、常勝地区の会員宅を地道に訪ね歩いた。長年、会合から遠ざかっていた方、聖教新聞を読めていなかった方など、新たに3人が座談会に参加するようになった。


 現在も梅本さんは、ヤング白ゆり世代の白ゆり長と共に、一軒一軒、足を運ぶ。


 大道地区を担当する高橋文子さん=支部副婦人部長=は、誰よりも眼前の友に寄り添い、励ましを送る一人だ。明るく飾らない高橋さんの人柄に触れ、座談会に参加するようになった方も。学園地区の嶺岸礼子さん=地区副婦人部長=は、「モバイルSTB」を活用しながら激励に歩く。同地区でも2人の方が座談会に参加するようになった。


 滝沢支部婦人部長は「一人の人に立ち上がってもらうには、本当に地道な行動しかありません。でもその分、共に味わう喜びは何物にも代え難いものです」と笑顔で語る。


 教育大支部の友は、今日も励ましの光を送るため、雪を踏みしめて友の元へ向かう。
 
教育大支部の友が送る温かな励ましは、冬の寒さにも負けない

神奈川 大津圏大津本部
“婦女一体”で活動者が増加
今月行われた大津本部のロマン総会。婦女一体で笑顔はじける集いになった
 “女子部員の成長こそ、わが地域の希望”――大津本部では、2年ほど前から毎月のように、“婦女一体”の唱題会を開催している。
​

 スタート直後こそ、女子部の参加者は少なかったが、「励まし週間」を中心に訪問・激励に歩き、参加者は徐々に増えていった。


 女子部員から「唱題会に行くたびに、婦人部の皆さんから学ぶことばかり」と、うれしい声が。今は女子部の提案で“ときめき唱題会”と名を変え、毎回、10人近くの華陽姉妹が集い合う。


 婦人部本部長の菅原恵美子さんは「最初は『連絡しても反応がない』ということが多かったんです」と苦笑いで振り返る。「でも今は、仕事や生活の悩み、将来の夢など、たくさんのことを話してくれます。未来に向かって共に祈れることに、感謝でいっぱいです」


 唱題会の内容は、女子部の意見を丁寧に聞きながら考えた。①婦人部ばかりにならないよう婦人は支部婦人部長ら代表が参加②話が長くならないように婦人部は要点を絞って話す③一方通行にならないよう唱題後は車座で皆が話す――など。他にも、花火大会やハロウィーンなどの地域行事の際には会合を控える等、初めて参加する女子部員の“目線”で運営を心掛ける。


 訪問・激励も、①手紙を渡す時は、お互いが喜ぶようなかわいい便せんで②必ず約束を取ってから訪問する③相手の状況を考えて会合の連絡をする――と、訪問される側の気持ちを大事にして動くように。


 「会合のやり方、接し方は私たちの女子部時代と違いますが、必ず広布の人材にとの『祈り』、目の前の一人を励ます『行動』は、変わっていません」(菅原本部長)


 本部では、新しいメンバーの誕生が、新たな拡大を生んでいる。大津支部(高橋かほる支部婦人部長)で地区婦人部長を務める塚原雪代さんが一昨年、友人の母娘に弘教を実らせた。新入会の娘さんは、女子部の活動にも積極的に参加。真面目に実践する姿が、同世代の心を打った。ポート支部(クラーク妙子支部婦人部長)でも、“ときめき唱題会”に時折、参加してくれていた友人が入会を希望。華陽姉妹の輪が広がった。


 三春支部(村井紀子支部婦人部長)の女子部員・瀬戸奈津子さんは「婦人部の皆さんと関わる中で、学会家族の温かさを実感しました」と語る。未入会の父にも、本当の学会を知ってもらいたいと、真剣に祈り、昨年、入会に導いた。


 大津本部では、この2年間で、華陽リーダーや白蓮グループ員など、新たな力が多く誕生している。


 菅原本部長は朗らかに決意する。
 

「宝の女子部と一緒に、池田先生の会長就任60周年となる『5・3』へ、新たな拡大の歴史をつづります」

友情が光る集いから、大津本部の友は「3・16」に向けて希望あふれる出発


​訪問・激励こそ広布拡大の力 
​

池田先生の言葉


 一対一の励ましが、学会の伝統である。訪問・激励に徹してきたゆえに、今、世界中に人材が育っている。私も、一人一人のもとに足を運び、全身全霊で励ましてきた。


 うまく話せなくても、くよくよせず、カラッと前へ進むのだ。誇り高い仏の仕事だ。全部、立派な指導者になる修行である。きょうも一軒、きょうも一人と、広布のために動き語った分、境涯が深まり、福徳も輝くのです。(2014年3月23日付「名誉会長と共に 新時代を開く」)
                                  ◆ ◇ ◆


 仏典では、「自他共(じたとも)に喜ぶこと」「自他共に智慧と慈悲があること」が、「真実の歓喜」であるとも説いています。


 人々のため、社会のために貢献し、ともどもに喜びを共有しゆく生き方のなかにこそ、真実の幸福がある。


 そうした創造的な生き方こそが、人間性を回復させるカギであると思っております。(中略)心からの「励まし」が、相手に生きる希望を与え、困難を乗り越える力を与えていくのです。(対談集『母への讃歌――詩心と女性の時代を語る』)


(2020年2月11日 聖教新聞)







Last updated  2020/02/11 11:45:37 PM
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.