2017/01/27

大山 22

大山 22

 山本伸一は、全青連代表団の団長を務めた高占祥(こうせんしょう)より7歳年長であった。伸一は彼を“若き友人”として尊敬(そんけい)し、日本で結ばれた2人の友情は色あせることはなかった。
 日中国交正常化20周年にあたる1992年(平成4年)の錦秋(きんしゅう)、伸一は第8次訪中を果たす。その折、中国文化部から、伸一が両国の文化交流事業を推進、貢献(こうけん)してきたことに対して、授賞第一号となる「文化交流貢献賞」が贈られている。
 この授与式で証書を授与したのが、文化部常務副部長(副大臣)となっていた高占祥であった。彼は、詩歌、書道、写真への造詣(ぞうけい)も深く、記念として伸一に、「一衣帯水 源遠流長(いちいたいすい げんおんりゅうちょう)」と認めた書を贈っている。

 高占祥は、その後、全国政協委員、中国芸術撮影学会会長、中国文学芸術界連合会党組書記、中華文化促進会主席などの要職を担い、さらに中国の文化事業の発展に力を注いでいくことになる。
 また、著書も『文化力』をはじめ、『社会文化論』など数多い。

 伸一との間では、その文化力をめぐって意見交換を重ね、2010年(同22年)から約1年間にわたって、月刊誌『潮』誌上に対談『地球を結ぶ文化力』を連載。12年(同24年)に単行本として出版された。人類を結ぶ平和の力は文化力にあることをテーマに、日中の交流の歴史や芸術、文化、宗教など、多岐(たき)にわたる語らいが展開されている。
  
 会長辞任を決めた伸一の心は、既に世界に向かって、力強く飛び立っていたのだ。
 彼は、アジアをはじめ、各地でくすぶる戦火に胸を痛め、仏法者として、人間として、今こそ、「平和の道」「人類融合の道」を開かねばならぬと決意していた。また、それは、世界の指導者、識者が心を一つにして立ち向かうべき最重要課題であると考えていた。
 伸一は、巍々堂々(ぎぎどうどう)たる大山のごとく、未来の大空を見すえていた。周囲の囂(かまびす)しい喧騒(けんそう)は、風に揺(ゆ)れる樹林(じゅりん)のざわめきにすぎなかった。
(2017年 1月27日付 聖教新聞)





TWITTER

Last updated  2017/01/27 08:16:48 PM
コメント(0) | コメントを書く
[小説 『新・人間革命』第30巻] カテゴリの最新記事