1815846 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Motor & Outdoor Journalist 安藤眞の         逆説的よろず考現学

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


安藤 眞

Favorite Blog

あんどうりす の … りす(*^ ^*)さん

Comments

安藤 眞@ Re[1]:誰も書かない高速道路ETC「もうひとつの問題点」(10/15) Meawさんへ  ご指摘をありがとうござい…
Meaw@ Re:誰も書かない高速道路ETC「もうひとつの問題点」(10/15) 10年以上前の記事ですが、ここで書かれて…
スポンサー降りてやろうか?@ Re:東名高速「あおり運転死傷事故」で、悪いのはあおり運転だけなのか?(12/07) 安藤様が大型免許を取得して、大型トラッ…
通りすがりの名無し@ Re:改めて書いておきたい「道路交通法第38条」の話。(09/30) 困ってしまうのは、歩行者側に「弱者優先…
優(ゆう)@ Re:クルマの運転免許試験にも「急制動」が必要ではないか、という話。(05/17) 死亡事故ワーストな県在住ですけど、10年…

Freepage List

Apr 25, 2018
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

みなさん、こんにちは。

 プリウスが暴走事故を起こす原因のひとつとして、シフトパターンが悪いという話がWeb上で拡散されているようです。「後退する”R”の位置が前にあるから間違いやすい」というのが根拠のようです。

 でもね、このシフトパターンは、プリウス固有のものではないんですよ。例えば、トヨタ車ならノア/ヴォクシーのハイブリッド、日産の電気自動車リーフや、ハイブリッド車のノートe-Power/セレナe-Power、ホンダのヴェゼルやフィットのHVモデルなんかも、みんな同じパターンを採用しています。そういうクルマの暴走事故って、特別多いですか?

 一方で、「暴走事故が多い」と印象づけられているアクアですが、こちらのシフトパターンは、旧来のATと同じジグザグゲート方式です。

 これらの事実を見ただけでも、「シフトパターン原因説」の根拠は非常に希薄であることがわかりますね。

 「普通のクルマから乗り換えた際に間違えやすい」という話も聞きますが、普段からいろいろなクルマをとっかえひっかえ乗っている僕からすれば、それもありえない話です。スイッチ式のシフトは、動かしても必ず元の位置に戻る「モーメンタリー方式」ですし、操作感が機械式のものとはまったく異なります。ですから、操作した瞬間に「特殊なクルマに乗っている」という感覚になります。前進するにしても後退するにしても、操作パターンがまったく違いますから、「いつもの癖で動かす」ということ自体、ほぼ不可能なんですよね(疑い深いかた、ディーラーで試乗車を借りてみて下さい)。

 というわけで、シフトパターン原因説は、まったく成り立たないというお話でした。







Last updated  May 16, 2019 09:06:27 AM
コメント(1) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:プリウスが暴走する原因にまつわるデタラメな話、その1。(04/25)   夢街道 さん
加速しているのはペダル間違いです。
(Nov 16, 2018 02:32:23 AM)


© Rakuten Group, Inc.