1818545 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Motor & Outdoor Journalist 安藤眞の         逆説的よろず考現学

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


安藤 眞

Favorite Blog

あんどうりす の … りす(*^ ^*)さん

Comments

安藤 眞@ Re[1]:誰も書かない高速道路ETC「もうひとつの問題点」(10/15) Meawさんへ  ご指摘をありがとうござい…
Meaw@ Re:誰も書かない高速道路ETC「もうひとつの問題点」(10/15) 10年以上前の記事ですが、ここで書かれて…
スポンサー降りてやろうか?@ Re:東名高速「あおり運転死傷事故」で、悪いのはあおり運転だけなのか?(12/07) 安藤様が大型免許を取得して、大型トラッ…
通りすがりの名無し@ Re:改めて書いておきたい「道路交通法第38条」の話。(09/30) 困ってしまうのは、歩行者側に「弱者優先…
優(ゆう)@ Re:クルマの運転免許試験にも「急制動」が必要ではないか、という話。(05/17) 死亡事故ワーストな県在住ですけど、10年…

Freepage List

Jun 5, 2019
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
みなさん、こんにちは。

 福岡でまた高齢者の暴走事故が起こりましたね。歩行者が亡くならなかったのが不幸中の幸いでしたが、逆走されたドライバーはさぞ恐ろしい思いをしたことでしょう。今回の事故、状況証拠から推測すると、「追突に驚いてブレーキを踏んだつもりが、踏み替えに失敗してアクセルを踏み続けた」のではないかと思います。

 実はこういう事故形態、僕は以前から危惧していたんです。というのも、新型車試乗会に招かれるたびに、アクセルペダルよりブレーキペダルのほうが明らかに高いクルマが増えてきていると感じていたからなんですね。

 で、そのたびに、「ブレーキペダル、高すぎないですか?」と聞いていたのですが、返ってくる答えはほとんど「段差をはっきり付けることで、踏み間違いが起こりにくいようにしました」というものでした。そこで僕は「それって逆に、踏み換えしにくくなるんじゃないですか?」と突っ込んでいたのですが、当人たちは踏み間違い防止効果があると、自信を持っているようでした。

 ちなみに今日の東京新聞に、高齢者のペダル踏み間違い事故について書かれていたのですが、「高齢者は大腿の筋肉が弱るので、アクセルから脚を持ち上げているつもりでも上がりきれないこともある」旨の記述がありました。

 僕はこちらを支持します。

 ていうか、やっぱりATのブレーキペダルは左足で踏むか、65歳過ぎたらMT限定にするべきだと思いますわ。ついでに初心者ドライバーも、2年間はMT限定にするとかね。






Last updated  Jun 5, 2019 08:12:42 AM
コメント(3) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:アクセルペダルとブレーキペダルの段差を増やす踏み間違い対策は正しいのか?(06/05)   左足ブレーキ さん
ATの左足ブレーキはやめたほうが良いと思います。
バックの時にどちらなのかわからなくなり、急発進してぶつけた人が私の知人に2人います。
1人は利き足が左だから大丈夫だと豪語していました。 (Jun 6, 2019 10:57:08 AM)

Re:アクセルペダルとブレーキペダルの段差を増やす踏み間違い対策は正しいのか?(06/05)   セキコウジ さん
●そのとおりです、ブレーキとアクセルの段差が踏み違いを誘発していると思います。
私は医療従事者です。
私も18歳から40年以上車を運転していますが、当時の3ペダルではペダルの高さが概ね等しかったと記憶しています。
最近のAT車を概観すると、ブレーキが手前にあります、およそ4−5センチメール高いのです。
高齢者は屈伸運動について、足を踏ん張る力は残っていますが、手前に引く力は低下します。あわてるとブレーキまで足を縮めることができません。
高齢者以外でも、一旦手前に足を引き込む動作は、数Msのタイムラグが発生し、ブレーキの効果は遅れるのです。
●この情報を広めましょう。 (Jun 6, 2019 09:21:14 PM)

Re:アクセルペダルとブレーキペダルの段差を増やす踏み間違い対策は正しいのか?(06/05)   塾生1号 さん
私も前脛骨筋の筋力が低下することによるのも原因だと考えます。すり足になり畳のヘリや段差に躓くように、つま先を上げたつもりでも上がっていない。一度、靴底の厚いシューズで運転したときに怖い思いをしました。 (Jun 6, 2019 10:09:12 PM)


© Rakuten Group, Inc.