Jun 5, 2019

アクセルペダルとブレーキペダルの段差を増やす踏み間違い対策は正しいのか?

(3)
カテゴリ:カテゴリ未分類
みなさん、こんにちは。

 福岡でまた高齢者の暴走事故が起こりましたね。歩行者が亡くならなかったのが不幸中の幸いでしたが、逆走されたドライバーはさぞ恐ろしい思いをしたことでしょう。今回の事故、状況証拠から推測すると、「追突に驚いてブレーキを踏んだつもりが、踏み替えに失敗してアクセルを踏み続けた」のではないかと思います。

 実はこういう事故形態、僕は以前から危惧していたんです。というのも、新型車試乗会に招かれるたびに、アクセルペダルよりブレーキペダルのほうが明らかに高いクルマが増えてきていると感じていたからなんですね。

 で、そのたびに、「ブレーキペダル、高すぎないですか?」と聞いていたのですが、返ってくる答えはほとんど「段差をはっきり付けることで、踏み間違いが起こりにくいようにしました」というものでした。そこで僕は「それって逆に、踏み換えしにくくなるんじゃないですか?」と突っ込んでいたのですが、当人たちは踏み間違い防止効果があると、自信を持っているようでした。

 ちなみに今日の東京新聞に、高齢者のペダル踏み間違い事故について書かれていたのですが、「高齢者は大腿の筋肉が弱るので、アクセルから脚を持ち上げているつもりでも上がりきれないこともある」旨の記述がありました。

 僕はこちらを支持します。

 ていうか、やっぱりATのブレーキペダルは左足で踏むか、65歳過ぎたらMT限定にするべきだと思いますわ。ついでに初心者ドライバーも、2年間はMT限定にするとかね。





TWITTER

Last updated  Jun 5, 2019 08:12:42 AM
コメント(3) | コメントを書く