000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『コアから生きる日々』~コーチ&NLPトレーナー大江亞紀香のブログ

PR

2007年01月11日
XML
カテゴリ:コーチング

 銀座のオフィスから、今日は湯島天神ゆかりの湯島へ移動。

 現在大手都銀の支店長をされている方とお会いしました。


 その方の受講されたキャリア論の講演会内容についてひとしきり伺った後、

 私の現在の仕事のことや、その方の興味、仕事上でのスタンスなどさまざまにお話しました。


 なんだか懐かしい、銀行員時代を思い出しました。退職して1年4ヶ月経ちますので、すっかり業界の動向にもアンテナが立っていず、最近はどんな流れなのかを伺うだけでも、新鮮です。

 
 アイデンティティを銀行員だった頃に戻してお話しするのも楽しいものでした。
 なぜか共通したものを持っているつながりを感じます。


 ところで、
 銀行員としての価値観、視点でみると、私はいわゆるアウトローだと思います。

 たまに、人から言われます。

 おそらく、私が勤めていた職場からプロコーチとなった人は、現在のところ私だけなのではないかと思います。

 まあ、その話題は置いておきまして、

 こうした私に興味を持ってくださる銀行員の方は、どんなところに好奇心を抱かれるのでしょうか。

 同じアウトローの香りを感じられたのでしょうか。
 役割を負って生きるのではなく、自分らしく生きることにご興味をお持ちなのでしょうか。
 将来のキャリアチェンジのための参考なのでしょうか。


 後からいただいたメールから、さすがだなあと思わされました。

 「対人関係は、1.話しやすい雰囲気 2.安心、信頼できる人柄、3.でしゃばらない中での、切り返し・リアクション あたりでしょうか!」

 特に対人関係とは、という対話はしていませんでしたので、私の対応をご覧になってのお言葉でした。嬉しく思いました。

 アウトローという言葉はやや表現が大げさかもしれませんが、

 王道から外れたところに価値を見出していく、王道を疑ってみる、ということに価値があるように思うのは私だけでしょうか?

 エリートといわれる道は、誰かが、社会が決めた道であることが往々にして多いものです。

 自分だけのエリート道、なんていうのを決めてしまうと、なんだか楽しいエリートになれるかもしれませんね。
 
 これだけは私に任せて!と言える極まった何か。それはどんなものでもOKです。

 たとえば、
 わたしは銀行員アウトローのエリートです!
 とか、
 わたしは見た目と中身のギャップが激しい人として、エリートです!

 とか。。

 自分がこうありたい、と決めた道をまい進する、自分の基準で優れている、素晴らしいと言えるなにか。
 
 それを言語化してみるだけで、自分自身の中から随分エネルギーが出てくるのを感じられるかもしれません。


 あなたにとって、それは何ですか?


 






Last updated  2007年01月12日 17時24分34秒
[コーチング] カテゴリの最新記事


Profile


アンドロメダ葉月

Calendar

Archives

・2020年09月
・2020年08月
・2020年07月
・2020年06月
・2020年05月

Recent Posts

Category

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

★姫先生のだいありー★ gokusenさん
明日の風の吹く場所… 空飛ぶきっしーさん
My New York kiyoshi-kunさん
シーズ・キャリアリ… シーズ・キャリアリサーチさん
愛知・名古屋・全国… タオ☆さん

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.