521742 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『コアから生きる日々』~コーチ&NLPトレーナー大江亞紀香のブログ

PR

全183件 (183件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 19 >

旅/成長

2008年12月02日
XML
カテゴリ:旅/成長

 もうすぐピークオイルを迎えます。

 世界金融危機、地球温暖化。

 私たちは、このまま進んでいいのでしょうか?


 何らかの手を打たなければいけない、心のどこかでそう思っても、忙しさの中で、何の手もうてていない、というのが現状の方も多いのではないでしょうか?

  トランジション・タウン
 
 についての、勉強会に昨日行ってきました。

 新たに自然の中にエコビレッジを作るのもすばらしいですが、今住んでいる町を、工夫して、ピークオイルに対応しうるものに、少しずつ移行させていくのが目的です。


 この概念と運動は、2005年に、イギリスのトットネスという街から始まりました。

 その後わずか3年で、世界中の600~700の市町村に広まっています。


 なぜか?

 それほど、私たちは今危機的な状況にあるということです。

 そして、有効な取り組みであるからです。


 私たちは石油を、1人で一年にどのくらい使っていると思いますか?


 日本 15バレル(ドラム缶15缶)
 EU  11バレル 
 USA  24バレル

 です。そして、日本でのエネルギー自給率はたった4%です。


 そしてこの石油採掘量が、今、ピークを迎えています。

 今後は、採掘しづらい場所にある、質の悪い石油しか採れなくなるそうです。
 その変化は、急速におこっています。


 石油をつかったもの、どんなものがあるでしょうか?


 ありとあらゆる物が石油商品であり、それを運搬するにも、梱包するにも、石油エネルギーに頼っているのが現代文明です。

 日本は食糧自給率もわずか40%です。

 ここのところの食に関する問題も思い出されます。


 トランジションの3Hというものを教えてもらいました。

 Heart こころ・気付き・想像力
 Head  知識・情報・思考
 Hands 実践・技術・創造


 トランジション運動の特徴をまとめると、次のようになるそうです。

*ピークオイルと気候変動という「双子の問題」に同時に対処し得る根本的かつ包括的な解決策の提示をめざす
*地域レベルに焦点を当てる
*地域住民の創造力、適応力および団結力を引き出す
*その地域にすでに存在する資源を最大限活用し、それらを有機的につなげる
*頭(Head)・こころ(Heart)・身体(Hands)の「3H」のバランスをとる
*よりよい未来を描き、その実現は十分可能であると信じ、楽しみながら取り組む



 知恵を出し合い、人と人とのつながりを大切にしながら、できるところから町を変えていく。

 例えば地域通貨、リサイクル、おじいさんおばあさんの知恵の伝授(かご、布、いすほか生活に使うものをつくる技術など)。たくさんのアイデアが出てきます。



 
 上からのお仕着せではなく、自立して、自分から、自分たちの手で、生きやすい未来をつくっていく。
 意識そのものをトランジション(移行)していく。
 
 深刻になるのではなく、この過程を楽しむ。
 森を見る。木をみるのではなく。全体を見る。

 
 魅力ある未来を描けるかどうか?

 地域の人たちが、地域に沿ったビジョンをつくることが大切。


 ということなどを教えていただきました。

 事実を知ると、ショッキングな未来がまもなく起こります。そのことに目を向けていないだけです。

 こんなに便利な大量消費社会は、まもなく限界にくる。


 
 そのことも、人々が自然に近づいた生活に戻っていく、ショック療法として、

 また人々が、心のつながりをとりもどしていく、いいきっかけとして、私は捉えています。

 

 ほんとうに深刻な状況にはなりますが、それは今の高度経済社会を維持するという視点からであって、
見方を変えると、人々が本当に大切なものは何であったか、を考え直すきっかけになり、人と自然とともに生きている、全体のつながりを思い出すきっかけになるのではないかと思っています。


 まずは今から、人としてどのように、協力しあいながら人類が生き残っていけるのか?


 そのことに向けてできる、小さな一歩を、ひとりひとりが考え始めることなんだと思いました。


 勉強会を開いてくださった皆様、ありがとうございました。

 地球がくれる恵みに感謝。太陽、月がくれる恵みに感謝です。


  






Last updated  2008年12月06日 08時48分10秒


2008年11月26日
カテゴリ:旅/成長

 ちょうど紅葉が見ごろの京都へ、日帰り旅をしてきました。

 真如堂2008

 母の実家の関係で出かけたのですが、叔母夫婦が紅葉を案内してくれました。

 祖父母が亡くなり、骨董品屋だった自宅兼店舗が空家となって久しく、いよいよ手放す事になりました。


 まだそこには、たくさんの骨董品があるのです。

 小さな頃から年に何度も遊びに来ていた家にさようならをしてきました。


 こうして、家と同時に祖父母の思い出の品々という「もの」を手放すこと、それは物理的なもののようですが、そのことによる新たなスペースが家族一同にできることを、歓迎したいと思います。

 

 永観堂2008


 その後は、真如堂、永観堂などを巡りました。

 永観堂で出会った「みかえり阿弥陀」。

 この出会いが、紅葉の赤や黄や、緑の美しいグラデーションと、快晴の青空との間に、

 永く刻まれていくように感じました。

 慈悲、思いやり、待つということ

 なぜだか正面を向いている仏像や阿弥陀像、観音像のどれよりも、身近に、親近感を感じるのでした。

 京都紅葉2008

 何かを手放したときにあらたに入ってくるもの。

 その出会いを心から歓迎したいと思いました。






Last updated  2008年12月01日 11時34分48秒
2008年11月10日
カテゴリ:旅/成長

 インドの高僧、スワミジ(スワーミ・プールナアムリターナンダジ)さんの来日があり、フルートメディテーションの会に参加しました。

 スワミジさんの笑顔をたたえたあり方は、安心感を与え、威圧感を与えず、高潔で親しみ深く、今にいながら、過去も未来も包含し、ただ微笑みながら場を照らし、包んでくれている存在のように感じました。

 発せられる言葉は、シンプルで、そして深く、こんなに素晴らしい方に運よくお目にかかれたことをありがたく思いました。

 以下は、スワミジさんが教えてくださった事です。



 全ての問題解決方法は、「自分とは何か」を知ること。

 
 天体が動くのは人の力ではない。
 努力はしない。すると人生が美しくなる。そのための瞑想。
 活動を停止したときに、この境地に繋がる。
 集中する事はない、ただ座るだけ。

 想念が多いと効率が悪い。
 想念がないと、効率は最高となる。

 至福は、沈黙の中で可能となる。
 背筋が伸びると想念が減る。

 肉体とマインドは、私たちの道具である。
 私たちは肉体とマインドの持ち主である。
 そのために操作方法を知る。マインドが不要なときに心のスイッチを切る。
 それは、瞑想で可能。

 五感はマインドと繋がっていて、情報を与える。
 瞑想を通じて体と心を超越する。
 六感を働かせるのではなく、五感を停止させる。
 重力の影響から離れるのと似ている。
 
 初めはロケットのような力が必要だが、
 一旦(重力の影響から)離れると他の星まで行ける。

 どんなことも、愛で行いをすると、行いから気付きが高まる。
 努力は要らない。
 母の愛とお手伝いさん。どちらも同じ行動をしていても、愛の有無で違う。

 
 日常生活の中で瞑想するには
 1.何かをするときに完全さを持って、一つの事に集中する。
 2.毎日大自然のうつくしさを10分でもいいから楽しんでリラックスを得る。
   ・・・完全さを実感するには、自然が一番。

 ものごとのいいところを見る。バラを見るとき、とげを見るのではない。とげの中にも美を見出せる。とげにも意味がある。

 想念は絶縁体。宇宙とのつながりを絶つ。

 


 その後の20分間の瞑想体験は、初めて経験する、すばらしい世界でした。


 これが、瞑想を通じて体を超越することなのかな。。と思う体験でした。

 心を超越できるところまでには至っていなかったように思いますが、

 NLPを通じて学び、お伝えしている、生きる事の本質的な部分を、
 また別の角度から、実践されている方の知恵を通じて体験させていただいた時間であったと思いました。


 10月のマイケル・J・ローズさん、そして今回のスワミジさん、

 いずれもNLPの学びと実践に統合されていく、人間存在そのものを教えていただいたように思います。

 さらに、こうした学びを重ねたいと思いました。


 この素晴らしい出会いに感謝です。
 
 






Last updated  2008年11月24日 10時32分15秒
2008年10月20日
カテゴリ:旅/成長
 「変化はいつでも起こっている。

 われわれの役目はその中で”役に立つ”変化を見つけ、それを増幅することである。」

                     グレゴリー・ベイトソン

 NLPの創始者であるリチャード・バンドラーとジョン・グリンダーが、NLPが出来上がる初期の頃に教えを受けた人類学者。初めのモデリング対象である、卓越した催眠療法家のミルトン・エリクソンの存在を教えてくれた人でもあります。

 変わらないものは何一つない。

 自然の中で過ごすと、そのことを思い出させてくれます。

 常に変化し続けている。

 社会に目を向けても、変化し続けているものは株価や円相場だけではないですよね。

 
 変化する毎日の中で、私たち自身も変化し続けているのだとしたら、

 「変わりたくない」という気持ちは、なんてナンセンスなことなんだろうかと思うのです。


 わたしたちの意識だけが、変化にブレーキを掛けているのかもしれません。

 動物も、植物も、自らの変化にブレーキをかけることはしていないのだろうなあ。

 なんて、流れ行く雲を見上げながら、刻々と空を渡っていく太陽や月を思いながら、感じていました。

 因みに私は、変化し続けることが当たり前ということをこころに刻みながら、昨年と同じ活動や仕事を主体とするということにこだわらず、むしろ違う活動をしつづけています。


 昨年あったけれど今年はないもの。

 今年はあるけれど、昨年にはなかったもの。

 それは、何でしょうか。










Last updated  2008年10月23日 17時11分20秒
2008年10月11日
カテゴリ:旅/成長
 女神山のみどり

 ワークショップ後半のテーマは「無条件の愛」です。

 毎日深い気付きが起こります。

 誰かを無条件に愛するために、自分を無条件に受け止め、愛する。

 そして、100%の無条件の愛を相手に注ぎ、相手からの愛を受け取る。

 
 マイケル・J・ローズさんは、ご自身の体験を通して得た叡智を確信を持って伝えてくれます。

 無条件の愛とは、NLPでは「スポンサーシップ」と呼んでいるものでもあります。

 マイケルさんは、愛とは感情ではない。と言われます。

 そして、感情は条件付けである、と。この部分は、NLPでも同じことを言います。

 そして「今」に身を置くときだけ、自由が与えられる。


 愛とは、あり方である。ということです。

 愛には二極はない。愛に反する言葉はない。対して全ての感情には、それに反する感情がある。

 安定VS不安定。よろこびVSかなしみ。

 これら二極性のあるものは、わたしたちがつくりだした幻想に過ぎない。本来は存在しない。

 愛のあるところには、二極はない。


 だれかから、条件付けで愛されていたら、きゅうくつで辛いかもしれません。

 何をしようとも、あなたと言う存在自体を受け止めて愛してもらえたら、これほど自分を解放できることはないかもしれません。


 
無条件の愛を与え与えられるというワークをしていて、いかに自分が、都会の中で、エネルギーを低下させないために、普段こころの扉を閉めて、守っているかが分かりました。



そして愛を与えることすら、自分自身の安全な枠から出ることでもあり、
日々の活動に、ダイレクトに影響を与えるもののように感じています。






Last updated  2008年10月20日 02時59分24秒
2008年10月10日
カテゴリ:旅/成長

 別所温泉から足を伸ばしたところにある、女神山ライフセンターに滞在して4日目の夜です。

 ここの森はとても居心地がいい気が漂っていて、15年来この自然と森を大切にしてこられている森田仁さんの存在そのものと同化しているようにも感じられます。

 今日は月が少しずつ満月に向けて大きくなってきているので、昨日の夜より一段とあかるい月明かりです。

 自然の中の暗闇が怖くてたまらなかった私が、ここへ来て一日目の夜から、怖くなくなっているのです。

 近頃たくさんのリフレーム(視点の変化)が起こっていて、それはめまぐるしい速度で訪れています。


 そして、たくさんの美しい気の集まる場所に、いる事を実感します。


 ここで、マイケル・J・ローズさんのワークショップを受けているのですが、

 今日もまた、大変な気付きが起こりました。


 これも、ここまでNLPマスタープラクティショナーコースのトレーナーを終えたからこそ、私に取ってのベストのタイミングで訪れたんだなあと実感します。


 ここでの溢れんばかりの気付きは、11月に開催する、自然の中でのNLPワークショップに反映されることでしょう。

 マイケルさんのお話を聴いていると、直感、気付きが次々に起こって、いろいろなことが繋がっていきます。

 これまで空白で、私にとってグレーゾーンだった部分が、たくさん埋まっていきます。

 森の中で受ける月明かりはまぶしくて、懐中電灯もともさずにひとりてくてくと歩きます。

 森の暗闇をあれほどおそれていたのに、こんなに親しみを持って、暗闇と共に夜を感じている自分におどろき

 日ごろ愛されて守られていると思っていた実感は、実は自分自身がそうしていたんだということに気付いて


 円形の、ワークショップ会場の天窓から見ている高い高い木の梢を見上げながら

 ハープと笛の音を聞きながら

 最高に贅沢な時間を過ごしています。。。

 






Last updated  2008年10月10日 23時04分49秒
2008年10月09日
カテゴリ:旅/成長

 女神山ライフセンター3日目。夕食まで少し時間があったので、女神山に登ろう!ということになって、女性2人で出かけました。

 上った事のある方から「片道30分くらいでいけるよ。それにしても坂が急だから気をつけてね。」

 といわれました。

 ほんとうに急な坂です。ただまっすぐに、頂上に向かっています。

 曲がりくねった道を登ることができない、気の短い人が作った道なんだろうか、と思ってみたりしました。

 頂上についたら、夕日が向こうの、ちょうど目の高さにある山に沈むところでした。

 きれいだなあ。。と眺めました。そして下山。

 道が急すぎて、何度もしりもちをつきます。

 土はやわらかくて、やさしいのですが、まるで滑り台のようです。

 枝に掴まりながら、時にぶら下がりながら、降りていきます。

 日が沈んだので、あたりは青くなって、次第に暗さを増しました。

 気付いたら日はとっぷりと暮れていました。


 なぜかとても守られている感覚がしていました。

 夕食の時間ちょうどに戻りました。



 心配している人がいて、悪かったな、と思いました。



 女神山登山。NLPで登場する、ニューロロジカル・レベルを歩いたように感じました。

 環境・行動・能力・信念価値感・アイデンティティ。

 全てにおいて自分の一貫性を持つ。

 大きな大きなロジカルレベルの統一をしてきたような感覚を覚えながら

 この山道のまっすぐな急な坂道の意図を想像しながら

 小さな冒険旅行を、旅の途中で楽しんだのでした。

 

 人生という旅の中には、また別の旅があり、その中にはまた別の旅があり、そしてその中には心の中の旅もある。


 入れ子のようにあるのは、旅だけではなく、夢も、思い込みも、認識している現実も、そうなんだろうなと、思いました。

 
 自然からのメッセージを聴く章は今日で終わり、明日からワークショップは、新たな旅立ちとなります。
 






Last updated  2008年10月10日 23時17分34秒
2008年10月07日
カテゴリ:旅/成長

 本日より、女神山ライフセンターにて、スピリット・オブ・ネイチャー ワークショップを受けに来ています。マイケル・J・ローズさんという、オーストラリア在住の方です。

 毎年秋に日本でワークショップをされているそうですが、

 自然の中で自然と対話するワークショップを開催されていて、まさに私がネイチャーコーチングのワークショップで行っていたものと似ていて更に深いものです。

 まだ、自然との対話はできませんが(マイケルさんも6年かかったそうです)、その感覚は、早速味わっています。

 今日は一時間半、一人ひとりが自然の中で沈黙してお気に入りの場所に座っていました。楽しいです。

 14日までの8日間、マイケルさんからワークショップを受けてきます。

 これからの展開も楽しみです!






Last updated  2008年10月09日 22時03分45秒
2008年09月26日
カテゴリ:旅/成長

 魚沼の森を案内してもらってきました。

 ぶなが多く、さまざまな植物、動物が共存する豊かな森でした。

 現地の方々との出会いも豊かでした。

 共に訪れた仲間たちとの時間も、ともに生み出す体験も

 たくさんの気付きをくれました。

 
 焚き火の炎は見えているけれど固形ではなく、

 生きているように、表情を変えながら燃えていました。


 熾(おき)が点滅するように燃えるさまは呼吸か瞬きのようでもあり

 はるか長い長い過去や未来の時間を思わせる

 ただ、シンプルに焚き火をする、それだけで、たくさんの知恵を伝えることができる

 ということを思いました。






Last updated  2008年09月27日 02時08分25秒
2008年08月30日
カテゴリ:旅/成長

 やどかり

 奥にある民宿「海山木」(みやぎ)のオーナーは、志ある人です。

 中学を卒業して、建設業に勤めていましたが、あるとき勤めを辞めて自らの手で、実家のすぐそばに民宿を建設しました。

 旅が好きで、たくさんの旅を経験し、そして、読書をし、多くのことを知っています。

 海山木に宿泊すると、上半身はだかで、半ズボンかパンツかわからないのですが、それをはいた姿で現れて、宿泊者たちが一つのテーブルで夕食を食べているときに同席して、お酒を飲みながら、語ってくれます。


 1人で語るのではなくて、宿泊者に話しかけて、そこから繋がる体験談を語ったり、又話しかけたりしています。


 わあー、面白い。と思いながらその話題に入っていきます。



 哲学は、ソクラテスやカントが学問としたが、もともとは民衆の間で、答えがないことを語り合うということから発祥したものだ。

 だから、みんなも議論してほしい。

 
 そういう場をつくりたくて、おじさんはここで民宿を始めたんだ。


 ということを酔っ払いながら語ります。


 そして、民宿で得たお金を持ってまた旅に出ます。


 旅に出て、旅先でも語り合い、民宿に戻って、宿泊者たちが語り合う場を提供する。


 こうした語り合いから世界は変わると信じていて、


 熱心に私たちに、もっと語り合え!と言ってきます。


 わあー面白い。と思いました。

 どこからでも、こうして、世界を変えていくための活動ができるものだなあと思いました。

 一期一会の出会いの中で、くつろいで語り合うことができることもあるでしょう。

 日常から離れた環境だからこそ、人生全体を振り返っていえることもあるでしょう。



 朝、ゆっくりできませんでしたが、おじさんにお別れを告げて、また一路ドライブです。車に一台も会いません。

 ヤンバルクイナのような鳥が車を横切るのを見ました。

 
 神秘的な岩があるところも通り過ぎ、ガイドさんと待ち合わせして、やんばるの森をトレッキングです。



 本州では見かけない生態系。南国らしい森です。


 蛇に出くわしました。


 蛇は驚いて、フリーズしています。

 うねうねとうねった形のまま、つついても動きません。


 私たち人間と、同じように、びっくりして固まってしまっているだけのようです。


 やがて、動き始めて、横の土手をあがって去って行きました。

 その去り際の、体を左右にくねらせながら進むさまは、なんとも美しいものでした。

 まるで龍の後姿のように、誇り高く、背中を光らせながら、自然な姿を見せてくれました。


やんばるトレッキング

 見晴らしのいいところで昼食です。

 濃い森の木々の向こうに、太平洋が見えます。


 ガイドの上野さんは、25年前に沖縄に移住した方でした。

 詳しく森の動物に付いて教えてくれます。

 尻尾のうつくしいとかげや、留まると木の葉のように羽が見える蝶など、珍しい動物を紹介してくれます。

 
 沖縄独特の木の生え方、ともに協力しあいながら命を保つ植物の群生。


 やんばるの森は、豊かに生きるということのメタファーの宝庫として、私の前に現れていました。


 トレッキング後は、古宇利島へドライブです。

 だあれもいないサトウキビ畑と真っ青な海。海へと続く道。

 古宇利島


 たった2日間でよくもまあこれほどたくさんの体験ができるものだと思うほどのたくさんの自然との出会いがありました。


 途中で、もう満足。こんなにたくさんありがとう。という気持ちになって、那覇へと戻りました。


 沖縄に来るのはこれで6回目でしたが、これほど私が望んでいた自然たちに出会えた事ははじめてでした。

 西表島を訪れた3年前に匹敵するか、それ以上の、ほんとうにいいエネルギーをもらった旅でした。


 短時間のひとりリトリート、最高の旅でした。


 今も久高島の海が、辺戸岬の岩山が、エネルギーをくれているように思います。

 
 自分の中心を改めて確かめることができました。


 こんな機会をくれたなにものかに、ありがとうございました。


 そして、全てはつながっているということを改めて思い出させてくれたリチャードボルスタット博士に、ありがとうございました。
 







Last updated  2008年09月05日 17時27分45秒

全183件 (183件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 19 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.