522303 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『コアから生きる日々』~コーチ&NLPトレーナー大江亞紀香のブログ

PR

全55件 (55件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 >

脳のはなし

2006年10月09日
XML
カテゴリ:脳のはなし
 「私たちは慣れ親しんだ殻(快適ゾーン)から、勇気の在る脱出を図らなければならない。そのためには、自己イメージをより高いものに変えることです。」

 TPI-JAPANのファシリテーター仲間(とはいえ、すばらしい先輩方ばかりですが)と、IIE研修の自主勉強会を行いました。

 
 IIE研修とは「自己実現への投資」と直訳される研修で、脳生理学と認知心理学からアプローチし、個人、組織の習慣、態度、思い込み、期待を変え、自己実現につなげていく、というものです。

 掲出は、その研修テキストの中の一節で、「変革への冒険」という章の一節です。



 常に自分自身に挑戦しつづける。これは、しんどいことでもあります。

 「快適ゾーン」とは、慣れ親しんだ環境や人間関係、活動範囲等のことです。

 慣れ親しんだ環境は居心地がいいので、ついこのままでいたいと思いがちです。

 しかし、世の中は変化し続けています。

 「世の中において、変化しないということは、世の中の変化についていけなくなるということを意味します。」

・・・とは、IIE研修の言っていることです。


 しかし、それだけではないですよね。

 好むと好まざるとに関わらず、今慣れ親しんでいる環境は、あなたのために最も適した環境なのでしょうか?


 あなたがあなたらしくこの人生をまっとうするのに、もうこれ以上チャレンジする必要はないのですか?



 これは私の価値観かもしれませんが、「生きる」とは、成長の連続だと思っています。

 人間死ぬ直前まで成長しつづけるものだと思っているものですから。



 「これでいい」というのは、今の私の人生においては、まだないです。

 もっと力をつけて、自分の人生を生きる人たちの応援をしたいですし、自分の人生を生きてもいいんだということ、自分らしく生きることは可能だということ、自分は幸せになってもいいんだということを感じてもらいたいです。



 自分自身が不自由を感じる環境に長く身をおいていて、そこから脱出して、心からよかったと思えるからこそ、そうしたいのです。



 
 ・・とはいえ、あるひとつの成長段階をへて、ちょっとほっと一息つきたいときもあるのですよ。


 私の尊敬する方々は、常に「最高」を目指そうとする姿を見せてくださいます。
 そして、その背中を見ていると、背筋が伸びる思いがします。


 毎回

 私にとっての快適ゾーンを飛び出すときには、わーわーと大騒ぎをして、怖いだの心配だのと言っています。

 しかし、人騒がせなことに、いざその段になると、淡々とこなし、終わってからも淡々と振り返ります。


 快適ゾーンを越えるときには、いつも、勇気が必要です。

 常に、チャレンジを続ける。そしてわーわー言いながらも、乗り越えている。
 
 そして、それに前後して、自己イメージが高く塗り替えられている。

 これが最近の私のパターンです。



 今日は、冒頭のことばに触れて、またエンジンがかかりました。



 あなたが飛び出していく快適ゾーン。それは何ですか?

 

 名古屋でIIE研修を開催します。あなたも、自分自身の快適ゾーンから飛び出すための準備を整えませんか?詳細はこちらをご覧ください。






Last updated  2006年10月10日 08時16分59秒


2006年09月28日
カテゴリ:脳のはなし
 楽観的な人ほど、望む状態を手に入れ、幸せに暮らすことが出来ると言われています。

 名古屋で、今回、知人の熱いリクエストにお答えする形で、「メンタルコーチング~楽観度(EQ)を高める~」というタイトルでTPI-JAPANのIIE研修を開催することとなりました。

 この研修を受けると、自己イメージの置き替え方、認知心理学、脳生理学を、日常生活の中で簡単に応用できるようになります。「心の仕組み」を理解し、実践する方法を学ぶことで、素晴らしい自己実現につながることでしょう。

 実際私は、2002年にTPIと出会い、その後NLPと出会うなかで、自らの願いを着実に現実化してきました。

 TPIの提供する研修は、その人が望む変化を起こすために、さまざまな英知(脳生理学、認知心理学)を、流派に拘らず取り入れていて、私はこの姿勢に賛同しています。

あくまでも研修を受ける人が変化するために、という姿勢であり、「どうだ、私達の考えは素晴らしいだろう?」という自らを誇示する姿勢がないところが好きです。

 仕事、家庭や子育てに応用すれば、前向きで確実な潜在能力を開花させることに繋がります。受講終了者には、TPIジャパン認定修了書が交付され、家庭や職場でのコーチングに活用できる他、IIE研修や家庭マネジメント、子育て親子プログラムなどのファシリテーター(講師)養成講座受講資格を取得できます。

 TPIとは、世界で高い評価を得ている教育研究機関です。その理論は世界56カ国で翻訳され、毎年200万人以上の人が受講しています。
IIEとはInvestment In Excellence(自己実現への投資)の略称です。

 通常、5日間で147,000円の研修を特別編集し、2日間でこの価格で受講できるコースができました。名古屋でこの価格での開催は初めてとなります。このチャンスをご活用ください。
 
 受講された方からは、「人生に前向きになれた」「目標を達成する自信が付いた」との声を頂いています。プロを目指して次のステップに進まれている方も多数いらっしゃいます。

 この研修を受けると、自分自身とのつきあい方が変わって楽になれたり、自己イメージが高まり、望む未来の実現が身近になるのは、なぜなのでしょうか。

 講師は大江亞紀香が勤めます。IIEのプログラムに、コーチングやNLPのアプローチも加えながら、多角的に学べる工夫をしております。

 皆様と共に学べることを楽しみにしております!


(追伸)今回は平日開催ですが、立っての土日開催希望もあり、12月末または1月末に、土日の2日間コースも開催する予定です。


^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。

○日時:10月30日【月】、31日【火】9:30~17:30 (2日間コース)
○場所:東桜会館第一会議室(地下鉄東山線 「新栄」駅1番出口徒歩5分、桜通線「高岳」駅3番出口より徒歩5分)052-973-2223   http://www.chuden.co.jp/service/home/hall/hs_access.html
○費用:40,000円(税込み)
○講師:大江亞紀香(おおえあきこ)コア・クリエーションズ代表 プロフェッショナルコーチ、TPI-JAPAN認定ファシリテーター、NLPトレーナーアソシエイト
○主催:コア・クリエーションズ 
○お申込み、お問い合わせ:大江亞紀香
 氏名、住所、年齢、職業、E-mailアドレス、電話番号を明記の上、「メールを送る」フォームよりメール送信してください。






Last updated  2006年09月28日 14時34分41秒
2006年09月06日
カテゴリ:脳のはなし

 The Pacific Institute の世界大会が本拠地であるシアトルでこの夏に開催されました。日本からも大勢の関係者が出席されました。

 今日は出席された方からの世界各国からの実践報告を受けての報告や、現地の様子を伺う会でした。

 TPI-JAPANの会議室にあふれんばかりのひとがつめかけていました。

 そこには、憧れの方や、こんなところでお目に掛かれて、お話が出来るなんて・・・感激!という方もいらっしゃって、世界大会の報告の素晴らしさも含め、大変嬉しい時間でした。

 中米グァテマラでの国家を上げての学校教育プロジェクトや、イングランドでの初等教育への導入(先生、子ども、親に導入)。そこから地域再開発に繋げている話、南アフリカでは、企業再建、教育に焦点をあてて、独立国家教育に貢献。などなど。

 これから日本でも、初等教育への導入に力を入れる、と社長が宣言されていました。私は心の中で、やった!と叫びました。いずれ私もこの動きに加わりたいです。

 最も印象的だったことは、語りかけるリーダーはよりよい結果を得る、と言った内容の報告でした。「語る」ことの重要性はNLPを学ぶときにも実感しました。

 わたしは組織のリーダーではありませんが、トレーナー、ファシリテーター、インストラクターとして人々の前に立つとき、語れる人でありたいと思いました。

 
 夜は恒例NLPラーニングの勉強会です。今日も熱心な受講生さんたちが集まりました。

 キャリブレーション~相手の心の変化を察知する訓練。そして、ビジョンタイムラインのワークです。

 勉強会進行の菊池和郎さんの事例が印象的でした。ご自身がコーチとして活動されるときに行ったタイムライン、そして、奥様が安産するためのタイムライン!どちらもイメージした通りにとんとん拍子に進行したそうです。

 潜在意識に有効な情報を落しこむ事による、人生の豊かな広がり。 
 そして、目標を設定する事。

 NLPもTPIも、その点を大切にしていると思います。

 その後帰宅して、仲間たちとのskypeミーティング。

 どれも豊穣な場であり、体験でした。

 NLPは人生を豊かにするために開発されたと言われますが、NLPを学んでいるせいだけなのでしょうか。毎日が実に心豊かに過ぎてゆきます。。。。


 心の片隅には、ハングリーなわたしもいながら、そして豊かさに感謝しながら、毎日が幸せに過ぎて行きます。。


 ありがとうございました。


 あなたがこころの豊かさを感じるときは、どんな瞬間ですか?

 






Last updated  2006年09月07日 10時05分47秒
2006年07月24日
カテゴリ:脳のはなし

 「こんなふうになったらいいな」と、未来を想像することがあると思います。
 
 わたしって、妄想壁が強いの。

 と、気にする友達がいました。逆に、それを楽しんでネタにしている友達もいました。



 「想像することは知識よりもっと力がある」アインシュタイン

 脳は、五感を使ってありありと頭の中に思い描いたことと、現実に起こっていることの区別がつかない、と言われます。

 一度脳の深いところに想像体験が刻み込まれると、脳はそれを現実であると勘違いして、それを実現させようとしてくれます。


 思っていたこと、こうなったらいいな、と想像していたことが、実現した。

と言う体験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。


 今日は、素晴らしい方々とおなじひとときを過ごすことができました。

 こんな方々と出会いたかった、同じ時間を過ごしたかった、と思える方ばかりでした。

 楽しい一時を過ごしながら、これからの学びとなること、鍛えられるであろう期待を感じました。

 自らの壁にぶつかったり、じたばたもがきながら磨かれていくであろうこれからを、まさに期待を持って想像させていただけました。


 そして今回の機会は、私が心から願って思い描いて来たことが実現する機会でもあります。


 長い間組織に勤めながら、組織の中に、気軽に頭の整理をしたり相談に乗ってくれたり、ほっと一息ついて、また新たな力が沸く場となるような、そんな窓口、話を聞いてくれる人がいたらいいな、と思っていました。

 そのような窓口を、組織内に設けてもらえるよう、要望を出していた時もあります。

 しかしわたしがかつていた組織は大きすぎたのでしょうか。私の声が小さかったのでしょうか。思うようには進みませんでした。

 それなら、私がなろう、と思って、カウンセリング、コーチングを学び始めたのが7年前です。

 ずっとイメージしていました。組織内で、私が、職員の方々のお話を伺う立場として存在していること。


 それが、間もなく、そのイメージに近い形がで実現しようとしています。

 既に、体験として、先日から始まりました。

 私が以前勤めていた組織ではありませんが、よく似た役割を世の中に対して提供している組織だと思っています。

 未熟ですが、想いはたくさんつまっています。

 このような場を、つくりたかった。

 という、初心をずっと大切に保ちながら、頂いたお仕事をやって行きたいと思います。

 そして、大きな組織内で、この取り組みを始められている、知人のKさんはじめ、その上司の方、部下の方。組織内で新しいことを始めると言うこと、随分パワーのいることでしょう。

 皆さんのあたたかく、熱い思い、期待に心から賛同し、全力を尽くして行きたいと、改めて思った日でした。



 ありがとうございました。







Last updated  2006年07月25日 09時46分03秒
2006年06月19日
カテゴリ:脳のはなし

 ある日、友人から電話がかかりました。

 「葉月さんにぴったりの人がいるから紹介したいなと思って」

 そして今日、二人の素敵な女性と出会いました。

 
 ええ、もう友人の直感はすばらしかったです。

 ワークショップ開催で盛り上がり、

 共通の知人の話題で盛り上がり、

 自然の中でアートに触れて、自己表現するワークショップの話で盛り上がり、

 おおかみになって自然の中で宿泊するワークショップの話で盛り上がり、

 唐突に沸いたイメージの話で盛り上がり、


 いやもう、いいです!

 
 その場にいた私たち4人は、全員が嬉しいホットな情報を交換し合い、共感しあいました。まさにそれぞれの脳に刻まれたゴールに向うための出会いであったように感じられました。

 
 今日集まった4人に共通していたことは、日常生活で潜在意識を活用している、ということです。

 お互いのRAS(ラス)(脳の脳幹と呼ばれる部分にある、生命維持装置。自動操縦装置)が引き合って、今日の出会いがあったと思いました。

 
 今や右脳、潜在意識の活用は、脳の研究が進むにつれ、脳に関する多数の書籍の出版や、各種NLPをベースにしたワークショップやセミナーや、TPI-JAPANの研修により、かなりメジャーなものとなってきていますね。

 
 友の直感はすばらしかったです。お陰さまでいい出会いができました。


 最近毎日思うのです。

 本当に今、幸せだなあ。充実しているなあ。私の人生を私は生きているなあ。と。


 あらゆるものに、あらゆる人に、感謝です。






Last updated  2006年06月20日 02時16分57秒
2006年06月10日
カテゴリ:脳のはなし
 文京学院大学大学院経営学研究科 で開催されている、「21世紀を担うリーダー養成講座」。

4日目の今日は、TPI-JAPANの「Investment In Excellence研修」(略してIIE研修。自己実現への投資、と訳されます)を行いました。

 因みにTPIとはThe Pacific Institute の略称で、本社がアメリカシアトルにあることから、このような名称となったそうです。

 
 IIE研修は、10ヶ月間にわたるリーダー養成講座の中で、数回に分けて実施されています。

 今日は、この研修の中でもハイライトとなる、アファメーションをつくる部分でした。受講されている方が多いことから、アシスタントファシリテーターとして、参加しました。


 やはり、場のエネルギーが上がりますね。習慣、仕事、日常生活の3つのテーマでそれぞれ、こうなるといいな、と言う未来を現在形でありありと文章化してもらい、それを大きな紙に書いて、イメージした絵を描きます。

 そして、一人ずつ前で発表していきます。

 お一人お一人の個性や人となりがいかんなく発揮されていて、ほんとうに楽しく夢のある、気持ちのいい時間でした。そして、さすが「リーダー養成講座」という講座を受講されている皆様方であるだけに、発表されるときの姿、人を惹き付けるプレゼンテーションのあり方には実に学ぶ点が多いと思いました。

 この研修は、楽観度の研究者、マーティン・セリグマン博士が手がけているものでもあるため、研修を受け終わると、楽観的に変化していることを感じることができるかもしれません。

 楽観的な人ほど、「このように生きたい」という自分自身の望む生き方を手に入れている、と言われます。

 私も何度かこの研修をファシリテートしましたが、人が生き生きと輝き出し、自分の未来を語り始めるときは、ほんとうに気持ちがいいものです。

 まるで花がいっせいに開き始めたような、生命力があふれる空間にその場が一転するのを感じます。

 
 IIE研修についてはこちらをご覧下さい。
 
 ご希望に応じてIIE研修を開催いたします。当サイトの「メールを送る」より、詳細をお問い合わせ下さいませ。






Last updated  2006年06月11日 09時19分16秒
2006年06月07日
カテゴリ:脳のはなし

 クライアントさんとのセッションで、「快適ゾーン」の話題が出ましたので、ここでもご紹介します。

 日ごろ慣れ親しんだ環境、収入、人間関係、価値観を快適ゾーンといいます。

 慣れていますから、緊張することも抵抗することもなく、あたりまえのように自然に、意識することなくそれを受け入れています。

 これは、望ましい習慣や環境だけに当てはまるものではありません。

 望ましくないものも、日常的に繰り返されているものは、その人にとって快適ゾーンであるといえます。

 そして、脳は変化を嫌います。従って、快適ゾーンから出ると、強烈に、ものすごい力で脳は、それまでの状態に戻そうとします。


 例えば、売り上げがあまりよくない人の場合、何年もそれが繰り返されていると、「自分は売れないセールスマンだ」、という信念ができあがっているかもしれません。それが急に売れ始めると、あるいは、お客さんが買うそぶりを見せ始めると、「自分がそんなに売れるはずがない」と思い、無意識的に売れないセールスマンであることを証明するような動きをしてしまいます。
 従って、お客さんの買う気持ちを失わせるようなことをしたり、一件契約がとれたら、急にセールスをしなくなってしまったりします。

 そして、また「売れない自分」を証明することになるのです。

 また、昇進、結婚、引越しをした人なども、快適ゾーンに強烈に戻ろうとする脳の作用のために、嬉しいことのはずなのに、なぜか不安、気分が冴えない、ホームシックになる、と言うことが起こります。

 これも、それまでの慣れ親しんだ環境、快適ゾーンから、一歩外へ出たことにより生じるものです。

 ですので、何らかの習慣や環境が変化した際に、不安を感じるのは、その人の心が弱いわけではありません。脳の働き上、そのようになっているのです。

 しかしそれでも、世の中は変化しつづけていますし、人も変化して行くものです。
 自分自身も成長したい、収入を上げたい、もっとのんびりと暮らしたい、など、今よりよくなりたいという欲求が沸いてくるものです。

 変化に対応するには、快適ゾーンを意識的に拡げていくことが効果があるとも言われます。
 
 では、どのように拡げたらいいのでしょうか?


 簡単です。

 なりたい状態にいることに、慣れればいいのです。

 新しい環境に暮らすのだとすれば、その環境で暮らしている自分をイメージします。

 顧客を今の10倍にしたいのなら、その人数の顧客を持っている自分をイメージします。


 脳は、現実に起こっていることと、想像との区別がつきません。
 
 それだけの顧客を持っていて当たり前。と、脳が思いこんでくれればいいのです。



 詳しくは、TPI-JAPANのIIE研修(脳生理学と認知心理学による、自己実現の研修)か、NLPを学ばれるとより体の感覚として理解いただける(腑に落ちる)と思います。

 






Last updated  2006年06月09日 10時59分49秒
2006年05月22日
カテゴリ:脳のはなし
 小さな子どもさんを持ちながら、がんがん海外出張までしていたワーキングマザーの知人と、再会して話をしていました。

 今は勤めを辞めて、起業しようとされています。

 たくさんのリソース(経験、ウリ、得意なこと、やりたいこと)がある方で、とっても頼もしく力強いものを感じました。
 
 「でもね、実際何をやっていっていいのか分からないのよ。」

というのが、彼女の悩みでした。

 しかし、聴いていると、明らかに情熱を持っている方向性があるのです。

 「それ!世の中の人が潜在的に求めているものだと思うよ!」

 わたしは嬉しくなりました。彼女のサービスをまず私が受けたいくらいです。

 
 それからも会話を続け、互いに言葉を投げあいました。


 目的を持った人同志が会話をすると、互いにRAS(ラス)を刺激し合うことができて、ものすごく発展的な気付きを得る事があります。

 
 RASとは、レティキュラー・アクティベイティング・システムの略で、神経組織を刺激して、活発にするシステムと言われます。

 目標、願望をはっきりとしたイメージとして描くと、このRASが作用して、目標をできるだけ早く達成するために必要な情報を磁石のように引き寄せるのです。

 
 はっきりした目標やこうなりたいという願望がある人同志が会話をすると、更にRASが刺激し会います。そして、思いも掛けない発想や、思いつきが沸いてきます。

 多摩川を見下ろす高い窓から、たくさんの力が沸いてきたひとときでした。
 






Last updated  2006年05月24日 11時03分14秒
2006年02月25日
カテゴリ:脳のはなし
NLPラーニングの東京での第一回NLPプラクティショナーコースが始まりました。初回から満員御礼。さすが山崎啓支さんです。

私はここでリソースパーソンとして参加しています。
リソースパーソンの役割は、受講生さんの学びが最高の状態でなされるようサポートすることです。

そのために、ニュートラルな状態であることが大切なのです。

先日マスタープラクティショナーコースの最終日にワークをして体感した、「中道(ちゅうどう)」を感じることを大切にしながらその場にいます。

「場」を感じながらそこにいると、受講生の皆様方の温度感や、前に身を乗り出している様子、声の調子などを受け取っていきます。

お一人お一人が集中して自身の学びの場を持たれ、そのエネルギーが波及して会場全体を包んでいました。

微力ながら、この素晴らしい場を更に最高の場にできるよう、サポートしたいと思います。

折りしも、隣の会場では、CTIジャパンの基礎コースが開催されていました。

ちょうど一年前、今回のNLPコースの隣の会場で、私自身もCTIジャパンの基礎コースを受講したのでした。

一年後に隣の会場でNLPのリソースパーソンをしているとは、想像もつかなかったことです。

感慨深いものを感じました。






Last updated  2006年02月27日 22時04分46秒
2006年01月07日
カテゴリ:脳のはなし

脳には、人称がないと言われます。「わたし」とそれ以外の人の区別がつかないのです。

だから、誰かのことを悪く言うと、そのまま脳は自分のこととして受け止めます。自分を悪く悪く言っていることになるのです。

そして脳は、自分の内なる言葉、内的対話に最もマインドコントロールされ易いのです。。

逆を言うと、褒め上手の人は、誰かを褒めるのと同時に自分自身を褒めていることになり、自分へのプラスの言葉により、ますます素敵になっていくのです。

誰かのことを「素敵な人だね」と言っていたら、同時に自分にも「素敵な人」という承認をプレゼントしていることになります。

褒めた相手の方も嬉しくなり、相手に投げかけた言葉により自分も磨かれる。相乗効果、一石二鳥ですね。

コーチングを学び始めてから、ものごとをポジティブに捉える方々に多く出会い、とても恵まれた環境にいるなあとつくづく感謝しています。

毎日をポジティブな言葉たちで囲まれていたら、自分から自然とでてくる言葉も、思考もポジティブになります。


シャイなニホンジン、他国に比べると褒め言葉をあまり言わない日本人である私たちも、ちょっと勇気を出して、あ、いいな。と思ったことを口に出し言って行きましょう♪


「誰かをほめると自分をほめたことになる」と聴いたとき私は、ああ、これでいいんだなあ、とほっとしたのでした。








Last updated  2006年01月08日 00時39分42秒

全55件 (55件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.