518341 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

『コアから生きる日々』~コーチ&NLPトレーナー大江亞紀香のブログ

PR

全155件 (155件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

コーチング

2009年06月01日
XML
カテゴリ:コーチング

 以前から気になっていたのですが、自主上映で全国に広まっているドキュメンタリー映画「1/4の奇跡」が、劇場公開され、ようやく見に行くことができました。

 養護学校教諭の山元加津子さんを追ったドキュメンタリーですが、内容は実に深いものです。表面的な内容にフレーム、視点を持たず、ぜひ見に行かれてみてください。

 下北沢の映画館トリウッドにて、公開されています。


 

 山元加津子さんは、何冊か本を書かれています。



 なぜ、こうした本を書かれるに至ったのか?も、映画で紹介されています。

 そして、ダイナミックな、生命の不思議、奇跡を、事実として教えてくれます。

 なぜ、1/4なのか?を遺伝子の観点から教えてくれます。

 そして、私の思い込みを、パラダイムを壊してくれる、あたたかい、深い、愛情に満ちた映画でした。

 長い歴史的なスパンで、遺伝子がしてきてくれたこと、人間が病原菌やウィルスの流行にあっても生き延びてきた理由。それらを教えてくれます。


 監督の入江富美子 さんは、大晦日のあるとき、突然に「宇宙に感謝の量を増やす映画をつくりたい!」と思われて、まったくの素人であったのに、たくさんの方々を巻き込み、協力を得て、映画を作り上げられたのだそうです。2年で海外上映を含めて4万人の方々がこの映画を観たことになるそうです。

 
 人智では計り知れないもの。奇跡と呼ばれるものが身の回りに当たり前にあることを気づかせてくれました。

 
 
 
 

 

 






Last updated  2009年06月12日 00時59分46秒


2009年05月26日
カテゴリ:コーチング

 NPO法人ファミリーツリー主催のお母さん向けワークショップ

 「育自のためのすてきな魔法」を、おなじくファミリーツリー正会員の林由美子さんとともに開催しました。

 自由が丘にある、託児室とシッターさんがいる美容室HAIR STREAM さんの休日、火曜日にお借りしての開催です。

 こちらの美容室では、託児できるということで、お母さんのお客さんが多いのです。わたしは単に通りかかって入って以来、2年ほど通わせていただいているのですが、そうしたご縁から、このワークショップが開催されることとなりました。


 お天気のいい午前中。向かいの建物の真っ白の壁の反射もうつくしく、明るい室内で、わずか2時間でしたが濃密な時間を過ごしていただきました。


 参加された方の感想です。

 自分を開示することで、自分が楽になるということ、
 自分を開示することで、相手も楽になるということに気づきました。
 自分が生き生きと毎日を過ごすことが、周り(子供、主人)にも影響を与えるということをワークを通して学びました。お二人の自然なリードで自分も自然にいられました。ありがとうございました。
                            みくさん


 自分を知り、またほかの方のお話を聞き学ぶことは、子育てをする上での”ちょっとしたコツ”を得ることにもつながると思います。これからも頑張ってください。

                            匿名さん


 コンパクトな2時間という長さで参加もしやすく、内容はそれに反してとても深くて、充実した意味のある時間でした。草の根活動でいろいろな機会を作って、こうしたワークショップを開催できると、とても良い社会貢献になると思うので、こういう機会がふえていくといいなと思います。   
                            恵美さん


 自分のことについて本当によく考える機会になりました。自分でもお母さん方(子育て中)にやってみたいなあと思いました。ほめられてうれしかったです!そしてはずかしかったです。また託児があれば参加してみたいです。
                            あきさん



 ご参加ありがとうございました。


 育自の魔法第2回目は、7月7日火曜日10:00~12:00に開催します。

 2回目からのご参加も歓迎です。まったく別のワークですから、ついていけないということはありません。少人数で、安心してご参加いただけます。

 お申し込み、お問い合わせは美容室 HAIR STREAM までお願いいたします。(トップページは音楽が出ますのでお気をつけください)
 
 女神山7






Last updated  2009年06月02日 13時13分36秒
2009年05月25日
カテゴリ:コーチング

 え?まだ持っていなかったの?!

 と言われることもあります。


 米国CTI認定プロフェッショナル・コーチ、CPCCの試験に合格しました。



 いまさらといわれても、学んでよかったです。


 
 パーソナルコーチングは私のメインの活動のひとつですが、さらに、コーチングを受ける方にとって、人生が変わるほどの、本当の自分自身のコアに触れ、本来の自分を生きるためのサポートができるために、力を付けたいと思って学びました。


 その方が直面している問題ではなく、その奥にあるもの。その人そのものの存在の尊さ、大きさ、力強さを見て、感じながら進めるコーチングは、ほんとうにパワフルに、相手の方の本質を呼び覚まします。


 コーアクティブコーチングが、これほどに力強いものであるということを、実際に自分自身が体験することで知ることができました。



 ほとんど催眠、トランスの状態で私はコーチングをしていますが、まさに、その状態であるからこそ、深い部分に触れて変容を起こすことが可能なのです。



 今後も引き続きパーソナルコーチングをしていきますが、


 そしてセッションでは最大に効果があると思うものを、提供していきますが、NLPに加えて、コーアクティブコーチングも最大限活用していける、そんな自分であり続けたいと思いますし、さらにこれからも向上し続けて行きたいと思います。



 女神山5
 






Last updated  2009年06月01日 13時08分07秒
2009年05月19日
カテゴリ:コーチング
 6月21日日曜日に、開催されます。

 日本スクールコーチ協会1周年記念講演会

 「つきを呼ぶ魔法のことば」の五日市剛さんが講演されます!

 
 以下、講演の案内から転載します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 五日市さんは、言っています。
『大人も子どもも、言葉の大事さと恐ろしさをよく理解すれば、必ず良い世の中になります。』

日本には「言霊」という言葉があります。
日本人は、言葉には霊的な力が宿っていると、古来から信じてきました。もし、言葉に何らかの力が宿っているのであれば、私たち大人の発する言葉が、子どもたちに与える影響は非常に大きいと言えるでしょう。

彼の人生を変えた、イスラエルのお婆さんから教わった「魔法の言葉」とは?
子どもたちの輝かしい未来と、限りない可能性を開く秘訣が、今ここに明かされます。



 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 大人も、中高生、大学生の方も、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?

 言葉に宿る力。


 そして、五日市さんが体験されたとても不思議な出来事。



 北陸地方の小さな講演会ではなされたことが話題を呼び、小冊子となり、全国に広がった話題の体験談。



 スクールコーチに興味がある方も、五日市さんに興味がある方も、言葉の持つ力に興味がある方も、ぜひ参加されて見られることをお勧めします。


 QRコードの入ったチラシは、こちらになります。






Last updated  2009年05月21日 10時27分40秒
2009年03月23日
カテゴリ:コーチング

 農水省の全国的な推進事業、「田舎で暮らし隊」というものがあります。

 ご縁あって新潟県魚沼市近郊の小さな集落にて、この事業の一端として、コーチング研修をさせていただきました。

 車で丘を越え、峠を越えていくと、次第にいちめん銀世界となり、積雪量が増え、会場のもと小学校につくと、いちめんの銀世界が、曇天の空にもかかわらず明るくまぶしい景色をみせてくれました。

 参加されている方々は、若い世代の20歳代が中心で、伺うとすでに和気藹々とした空気がそこにはありました。

 元気なエネルギーとともに、1日ゆっくりじっくりと、自分とつながり、相手とつながる、聴くということや語るということをしていきました。



 うれしかったのは、自然の中で暮らすことを選択している人たちと出会えたことです。前日までEDE,エコビレッジ・デザイン・エデュケーションに参加していましたが、そちらは30歳代~60歳代くらいまでの年齢層でしたが、こちらは20歳代の方々が中心で、どの世代にもこうした志向を持つ方々がいらっしゃるのだなあと感じました。


 自分のしたいことを明確に見つけていきいきと過ごしている方もいらっしゃいます。
 まずはこの研修を受けるということを選択して、東京から新潟まで受講に来られた方もいらっしゃいます。
 すでに1年間、農村でボランティアを体験したという方もいらっしゃいます。


 どなたもほんとうに、生きている、という実感をみせてくれました。ひとりひとりが違う輝きを放ちながら、今を生きている。そんな一日を、ともに過ごさせていただきました。



 人が本来の自分自身として自然に生きようと思うとき、自然とのつながりは切っても切れないことのように思います。


 私自身、東京に暮らしているわけですが、やっぱり太陽の日差しを毎日浴びたり、感じたりしますし、風に吹かれますし、水道から山の恵みの水をいただいているのです。


 日常の暮らしの中で、いかに自然や太陽や、地球や月、食べる野菜の、かつて種だった時のことまでを想像できるか?お米や野菜を作ってくれている人がいるということまで思いをはせながら食べ物をいただいているか?

 ということが、実は自然との一体感、つながりを感じることになり、豊かさや感謝のこころとなるのだなあと思いました。


 ご縁のありましたみなさま、そして魚沼の自然に、ありがとうございました。
 






Last updated  2009年03月24日 11時31分19秒
2009年01月25日
カテゴリ:コーチング

 CTIジャパン、コーアクティブコーチング上級コースを受講しています。

 「その学ぶ意欲はすごいねえ!」

 などと驚かれますが、

 「どうしていまさら、更にコーチングを学ぶんですか?」

 などと聴かれますが、


 私は更に、クライアントさんに深くそして早い変容を起こしてもらえるようなコーチングがしたいのです!


 単にその目的が、私を動かしています。

 コーアクティブ・コーチング。学べば学ぶほど、パワフルです。

 コーチング中はトランス(変性意識)状態になります。そのイメージをありありと鮮明に、体の感覚を中心に感じます。

 頭で考えることよりも、体のほうが本当の自分のことをよく知っている。ということを前提に、体を動かします。

 ほとんどNLPと同じことを大切にしています。

 そして、コーチのあり方。

 コーチが常にクライアントのどこを見ているのか?


 表面に現れている言葉や、行動、感じている感情ではなく、更にその奥にあるもの、その人の存在そのものを見ています。


 どこまで行っても成長には限りがないですね。

 
 そして、そんなCTI上級コースの仲間たちと、一同に集まりました。


 素晴らしいメンバーが集まっているんです。


 思いやり深くて、大人で、ほんとうに人のことを思っている。


 当たり前のように練習会やワークショップをしていきますが、


 奇跡のように思えます。


 心地よく楽しく、調和したメンバー。彼ら彼女らに、目を覚まさせられます。


 また素敵な仲間が、こうして増えていきます。


 もうすぐコースの受講は終わりますが、今もとても大切で、そしてこれからもずっと大切にしていきたい仲間たちです。



 みんな、どうもありがとう。


 






Last updated  2009年02月05日 20時16分23秒
2009年01月03日
カテゴリ:コーチング
いよいよ、新春、目標設定ワークショップの開催の日です。

ここバンクーバーは、昨日から一転して、雪が降りしきる日でした。

バンクーバーワークショップ

会場、バンクーバー中央図書館の7Fブレイクアウトルームからの眺めです。

バンクーバーワークショップ

わたしは日本の文化、習慣、価値感を知らず知らずのうちに身につけている人たちが世界に対してリーダーシップを発揮していくことはこの時代に潜在的に求められている事だと思っています。


自然に身についているものを、自然に差し出すだけで、世界がはっとするほど、貴重なものを持っているのが日本に根ざすカルチャーなのではないかと思っています。


そういう意味で海外に暮らしている日本文化を身につけている人たちこそ、世界をよりよく変化させるフロンティアでもあると思っています。


既に目標を実現していたり、チャレンジ精神があり、行動力もある方々。
そんな方々が集まってくださいました。


案内を見てピンと来て参加してくれた方々だけあって、気の合う方々でした。

わずか4時間半でした(急遽30分延長しました)が、とてもいい時間になり、終わった後は参加された方同士も仲良くなっていました。


開催しようと思い立ったのが1ヶ月前でしたので、超ばたばたでしたが、ひらめいて行動してよかったなと思いました。

バンクーバーワークショップ4


お正月だったので、バンクーバーを離れてしまっている人も多かったようですが、
参加してくれた方々からは、「また開催してくれるんですよね?」と言う発言もあり、内容を更に変化させて少なくとも年に一回は開催したいなと思いました。


カウンセリング、コーチング、NLPをはじめ、日本はたくさんの精神的な学びを取り入れてきました。
武道や茶の湯、俳句、浮世絵など、既に異文化の方々に浸透しているものも多いのですが、そろそろ、この時代に精神性の面で、本格的に日本から発信していく時期なのではないかと思っています。


ご参加された方々は、熱心に取り組まれていました。

ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

これからもどうぞ、ご活躍ください。


最終的な目標さえ決めてしまえば、あとは無意識や直感が教えてくれます。

これからも、自分らしらしく在りながら、自分のできる事を、直感に従って行っていきたいと思います。

~~~~~~~~~~~~^^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

参加された方々の感想です。


●年始という絶好のタイミングもあり、2009年の目標をたて、自分をしっかり見つめる事ができる機会が持てたことに感謝しています。
普段から、このような内容に興味がありましたが、今回のセミナーで通してさらにパワーアップ!できたように思います。
ありがとうございました。      上田由美さん 会社員

●今日は、自分がいかに無意識の言葉やイメージが人生にとってどれほど影響をあたえられるのか改めて考えさせられました。
                  匿名さん・30歳代・技術職・男性

●脳について、とても知りたくなりました。
・NLPについては、わたしのコーチがCTPとNLPというだけの関わりなのですが、とても興味が出てきました。
・2009年がとても楽しみになりました!ありがとうございました!!!
・これからも、どうぞよろしくお願いします!!
・去年、大江さんと出会えた事、ほんとうに天に感謝します。これも良質の空白が導いてくれていたのですね!
                   匿名さん・40歳代・コーチ・女性

●今まで漠然とした将来へのイメージだけ持っていましたが、方法は分からなくても目標を設定するということが
大事なのだと教えていただき、これからの方向性が見えてきました。
今日学んだ事を早速今日から生かせられるよう、目標をもって日々笑顔で過ごしたいと思います。ありがとうございました。
ナカツジチホさん 26歳 美容師

●自分が変わることで廻りが変わる、航さんのこの言葉が自分の思いに合致して自信を持たせてくれました。
思考は現実化するをまざまざと理解しました。
吉田憲昭さん 68歳 会社員

●人生の8つのエリアをくまなく見ていくことができた事で、思いもかけない気付きがありました。
”本当は自分はどうしたかったのか?”その原点に立ち返り、前に進む力をいただきました。
2009年、今年のわたしの優先順位が見えてきました!!ありがとうございました。
                  茅原田久仁子さん 40歳 プロフェッショナル・インテュイティブ








Last updated  2009年05月29日 11時24分41秒
2008年12月28日
カテゴリ:コーチング
バンクーバー図書館

 1月3日に開催するワークショップ「セルフプロデュース・コーチング」の会場の下見に行きました。

 バンクーバー中央図書館は、建築デザインが素敵です。

 バンクーバー図書館2


 日本語の本も、絵本から漫画、歴史書などさまざまなジャンルに渡ってありました。

 読売新聞は毎日縮小版のコピーのようなものが最新のものとしておいてあるそうです。


 バンクーバーを広域で捉えると、在住者は約200万人なのだそうです。そのうち日本人は1%の約2万人。

 中国の人は40万人、韓国人は4万人なのだそうです。

 そのほかにもインド、中近東、東南アジアなどを含めると、ほんとうにさまざまな人種が住んでいるそうです。ダウンタウンを歩いていても、さまざまな方が歩いていますし、デパートに至っては、多種多様な肌の色、体の大きさの人にあうように、日本では見たこともないようなデザイン、柄、色の洋服があります。

 飲食店もさまざまな国の料理店があります。


 2010年には冬季オリンピックが開催されるとあって、あちこちで建築作業が行われています。

 
 
 それにしてもこちらでは、見知らぬ人同士が会話を始めるシーンをよく見ます。
 
 バスに乗り合わせて。バス亭でバスを待っていて、通りすがりの人に。または一緒に待っている人に。レジに並んでいて。バスの運転手さんに。お買い物をしている同士で。図書館で。道の通りすがりに。などなど。


 どうしてこんなにフレンドリーなのだろうと思って観察します。

 すると、自然な挨拶、「ありがとう」という言葉をよく交わしている事にも気付きます。

 常に心が外界に対してオープンに開いていて、いつでも誰かと繋がれる、という印象を持ちます。


 東京ではこんなシーンなかなか見ません。

 
 心にゆとりがあることは、間違いないように思います。

 
 スペースが広いというゆとり、時間的にゆったりしているというゆとり。


 決して、経済的にゆとりがあるとは言いがたいこのご時勢ではありますし、

 
 日本と何が違うんだろう?と思い巡らします。


 基本的におしゃべりなのではないか?という案が、こちらに在住の妹から出ました。

 
 東洋人は人の話に耳を傾けてくれる人がどちらかというと多いが、西洋人はともかく自己主張がある、ということも耳にします。


 ことの真偽はわかりません。


 それにしても、人と自然に繋がれる、人に対してオープンになっているこの心の状態は、なんだかいいなと思わされます。


 1月3日の目標設定ワークショップ「セルフプロデュース・コーチング」。13時から17時まで開催いたします。

 詳細、お申し込みは、こちらのサイトよりよろしくお願いいたします。
  
 






Last updated  2008年12月31日 19時13分19秒
2008年12月19日
カテゴリ:コーチング
 
 これまでのコーチングの総時間数と、クライアント数を数えていました。

 長い間整理されずにそのままとなっていましたが、  

 今日改めて数えました。

 

 これまでコーチングを受けてくださった方の数。280名。

 コーチング総時間数。820時間。


 
 企業内で、1セッションのみの出会いの方も123名いらっしゃいます。

 初期の頃に体験セッションをさせていただいた方も40人ほどいらっしゃいます。


 
 ほんとうに多くの方々とご縁を持たせていただいてきたのだな、と、つくづく感謝しました。


 コーチングのクライアントさんは、主にクチコミで増えています。

 ほんとうに心からありがたいことだと思います。


 こうしてお一人お一人の方々とコーチングをさせていただきながら、

 その方を通して、その方の影響を与えられている周囲の方々までが、

 その方らしく、いきいきと、幸せに生きていくことに少しでもお役に立てていられれば幸せです。


 人はほんの少しのきっかけで変化できるものですね。



 クライアントさん自身が、思い切って自分の人生に向き合い、チャレンジされる姿から、

 いつも感動をいただいています。



 これまでご縁をいただいた皆様に、心から感謝申し上げます。


 そして、いつまでも自分らしく、自分の人生をお過ごし下さい。



 自分が幸せに、嬉しくなる活動をしながら、知らないうちに周りの人にも影響を与えている。

 このことほどパワフルで影響力のあることはないのだろうと思います。



 15日夜に出会った、東大生のアコーディオン奏者のことを思い出しました。

 自分の創った曲を演奏しているときの、体中から発せられるよろこびといきいき感。

 コピー曲も上手ですばらしかったのですが、

 何よりも自分の内側から沸いてくるものに従って表現するとき、

 隠しようもなく、生きているよろこびが、体の細胞ひとつひとつから出ているものなのだなあと、教えられたのです。


 そんなふうに、コーチングで関わる方々が、生きる喜びを自然に体中から発している状態になってくださったら、素敵だなと思いながら、

 しかしそちらへ誘導するわけでもなく、

 これからも自然体で、コーチングをしていきたいと思っています。



 ありがとうございました。




 コーチング、サンプルセッション等のお問い合わせは

 問い合わせ
こちらからとなります。
  






Last updated  2008年12月20日 02時12分31秒
2008年12月18日
カテゴリ:コーチング
コーアクティブコーチングを学ぶ仲間と、相互コーチングをしていました。

 コーチングを私から受けた仲間が言いました。

 「あきちゃん(ニックネームです)は、すごく大きなパワフルな存在だから、コーチングでもっとインパクトのあることをしてくれると思った。」

 はっとして、へー、そうかと思いました。

 コーチング中に、コーチとして、自分自身であるということを、もっと更に追求してもいいのだな、と思いました。


 知らず知らずのうちに、これはこういうもの、という枠組みを作っていることがあるかもしれません。


 コーチはコーチング中、姿を消すもの。

 と思っていましたが、

 
 コーチング中、もっと私らしい状態でいる方が、クライアントさんが、もっと自分らしい状態でいられるかもしれません。


 なるほど!

 と思うと同時に、

 私ってそんなにパワフルなインパクトがあるんだなあ。と自らを省みて、知る機会でもありました。



 そして夜、山根麻衣さんのLIVEに、代官山UNITへ出かけました。


 久しぶりに歩く代官山。

 銀行員だったとき以来、3年半ぶりに訪れました。

 頻繁に、代官山の駅を通り過ぎているのですが、なんて久しぶりなのでしょうか。

 歩きながら、変わりゆく町並みと同時に、自分の変化を思いました。

 
 LIVEでは、先日のゴスペル同様、愛が歌われていました。

 会場中が一体になって、歌う。歓喜、愛、満たされた気持ち、

 歌の力、音楽の力をここでもまた実感しました。


 よく思います。

 コーチングやNLPで、人が自分らしく幸せに生きることを支援しているけれど、

 音楽や芸術の持つ力は、より普遍的で、インパクト、パワーがあり、一度に多くの人に届けられるなあ。と。


 そして同時に思います。

 一人ひとりが、自分の持てる得意な好きな、自分らしい分野で、愛や平和、希望や感謝を表現していくことが広がっていくといいな。と。


 芸術は、時代、世紀を超えて、はるか過去のものを現在の私たちが受け取ることができます。

 普遍性があるのですね。


 それと同時に、人々の心の中にある、考え方、感じ方の習慣も、一度変えたら、脈々と次の世代へ、また次の代へと受け継がれていくのだろうと思います。


 パワフルな山根麻衣さんの姿、パフォーマンスを見ながら、そして願いのある歌を聴きながら、

 どうしたらもっと世界が幸せに包まれるのか、の一つの答えは、やっぱり歌、音楽、そして芸術にあるなあと感じたのでした。


 あなたらしい方法で、人々に喜びを表現するとしたら、どんな表現になるのでしょうか?



 
 






Last updated  2008年12月20日 01時55分54秒

全155件 (155件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.