4333188 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

らぴゅたの空

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

RIMOWA

2019年10月26日
XML
カテゴリ:RIMOWA
















2018年8月に
フランクフルト空港で買ってきたRIMOWAです。
私にとっては
これが8代目になります。
容量は85L 
これまで買った中で一番大きなサイズです。
次に賈うなら
飛行機に預けられるサイズの中で
一番大きい物を買おうと決めていたのでした。
Eタグもついていますが
私は使うことはないと思います。

代金は カード請求額59762円
のちに 税還付51ユーロ分が 6189円帰ってきたので
85Lサイズが 53573円で購入できたことになります。
旧モデルだったからか
セールだったからか分かりませんが
かなり安くで購入でき大満足です。



​  ​


免税分の返金については こちらの記事へ。


にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ














RIMOWA 1代目2代目は2輪でした。
黒82Lと赤63L
すでに 知人に譲りました。
RIMOWA4兄弟
3代目から6代目
赤66L 白63L 赤50L? 白35L


DSC06308r.jpg
右が7代目 赤36L
ルフトハンザRIMOWAです。

そして今回 8代目 シルバー85Lを購入。

ヘルシンキ旅行には 7代目と8代目を使うことになりそう。

現在 家にあるのは この中の5つ。
赤66L 白63L 白35L 赤36L シルバー85L

一つは宅配分のダンボールがわりに
中に服やらお土産やら色々入れて
妹宅に送っちゃいました。

RIMOWAのサルサは軽くて
キャスターも良いので
移動が楽なのが好きなのです。






Last updated  2019年10月27日 08時10分14秒


2014年08月20日
テーマ:航空業界(1693)
カテゴリ:RIMOWA
DSC00998rtw.jpg

羽田発フランクフルト行きのNH223Fクラスのアメニティです。
第一印象~思ったよりも大きいな。
この光沢とか質感は実物のRIMOWAとほとんど変わりません。

DSC03926rtw.jpg

ANAのマークもしっかり入っています。

DSC00999rtw.jpg

開くとこんな感じ。

DSC01000rtw.jpg

中には,これらが入っていました。

●「ザ・ギンザ コスメティックス」ベーシックケアセット
・エナジャイジングローション(化粧水)
・モイスチャーライジングエマルジョン(乳液)
・クリーミークレンジングフォーム(洗顔料)
・スーペリアコットン4枚入り
●歯ブラシセット、アイマスク、イヤプラグ

DSC01002rtw.jpg

スキンケアセットは
ザ・ギンザ・コスメティックス

これは旅の間に使いました。
使い心地よく気持ちよかった~。
これって調べてみたら
ものすご~く高い物でした。
旅の間だけでも使えてよかった。

RIMOWAポーチは
これからどんどん活用します。
うれしい!!


にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ   にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ   






Last updated  2014年08月20日 01時00分00秒
2013年01月09日
カテゴリ:RIMOWA
DSC05981tax.jpg

先ほどの窓口をぐるっと回ると

このようなポストが見つかりました。

とりあえず

ここでレシートにクレジットカード番号を記入しましたが

これに

レシートをそのまま入れて大丈夫なのでしょうか?

封筒はもらってないし・・・

しょうがないので

その日の朝ホテルをチェックアウトした時にもらった

領収書の入れてあった封筒を使うことにしました。

宛先も分からないし

のりもないしで

レシートを封筒に入れたまま

ポストの中に入れたのでした。





と,こんな感じで

何もかも

これでいいの?

と不安のままのFRA空港での免税手続きでした。

どうやら

あれでよかったらしく

無事に1月にクレジット口座に返金されていました。

5カ月以上かかって

やっと返金されたことになりますね。

これで,機内持ち込みできる免税品の手続きは

次回からもなんとかなりそうです。



いつかは大きなRIMOWA(機内持ち込みできない大きさ)も買ってみたいので

その時の手続きは

これまたちょっと違うみたいで・・・。

確か,チェックイン時に手続きすることになるのかな。

その時はまたばたばたしそうです。






にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ   にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ   







Last updated  2013年01月28日 22時29分06秒
2013年01月08日
カテゴリ:RIMOWA
DSC05982tax.jpg

両替の文字のある窓口

(写真ではハーゲンダッツアイスクリームの向こう側の青い看板の下)

にやってきましたが

最初の窓口では

「ここではない,あっち。」

と言われ

次の窓口では

「ここではできない。」と・・・

ええええ~と落胆する私。

すると

「ここ(レシート)にクレジットカード番号を書いて

 後ろの箱に入れろ。」とのこと。

(と聞きとれた。)

あらかじめ

自分の名前などは書き込んでいましたが

現金で受け取るつもりで

クレジットカード番号は書かないでいたのでした。

とにかく

ここでも免税手続きはできず

次は

その「箱」とやらを探します。




つづく





にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ   にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ   







Last updated  2013年01月28日 21時09分17秒
2013年01月07日
カテゴリ:RIMOWA

DSC05984tax.jpg

税関でレシートにスタンプをもらって

早速このグローバル・ブルー社の窓口で返金をしてもらいました。

ところが

RIMOWAのレシートは受け取られず

「これはここでは取り扱えません。」

と返されました。

どうやら

別の会社らしいのです。

ヘルシンキで買ったものの免税書類(レシート)は

お店でサインなどをするよう指示されたのでその場で書き

その後 封筒に入れてくれたんですが

RIMOWAを買った時には

レシートをポンと渡されただけでした。

説明もなかったので

何が何やら分かりません。

グローバル・ブルーの窓口で

別の窓口はどこか聞いたら

背面の方の両替のところにあるよとのこと(と聞きとれただけです)

そこでヘルシンキ買い物分の免税分を現金で受け取って

RMOWAの分の免税窓口を探します。



つづく


にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ   にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ   







Last updated  2013年01月27日 21時53分26秒
2013年01月06日
カテゴリ:RIMOWA
DSC05983tax.jpg

フランクフルト・アム・マイン空港(以下FRA空港)

Bターミナルでの免税手続き。(私の場合)



これまで大した買い物をしていなかったので

空港で免税手続きをする事はありませんでしたが

ヘルシンキ旅行で買い物をちょっとしたので

免税手続きをするようになりました。

それも3回目だったので今回もスムーズにいくはずだったのですが

これまで(2010年,2011年)と違っていたので

大慌てで結構あせりました。



私はFRA空港でユーロ圏を出国なので

FRA空港で出国した後に

免税される現品を持って税関でスタンプをもらわないといけません。

それがこれまでと違って

まず税関が見つかりません。

これまでは出国審査後すぐに税関オフィスが見つかったのですが・・・

(もしかしたらいつもと違う出国審査場だったか????)

どうやら税関オフィスの場所(部屋)がかわったようで

B41ゲートの近くにありました。

インフォーメーションで聞いてやっと見つけました。

写真で言うと

黒いワシの税関マークのここを

左に入って行ったところでした。




やっと税関でレシートにスタンプをもらえます。

基本は現品チェックですが

この時は「いい,いい。」と言った感じで

チェックはされませんでした。

ちなみに買ったばかりのRIMOWAは機内持ち込みサイズだったので

それにヘルシンキで買った物を入れて持って行きました。


無事に税関でスタンプをもらい

これでOKだと安心していたら

そうではありませんでした。


つづく。





参考(LH航空HPより

FRA空港手続き場所


ルフトハンザの日本行きフライトが主に発着するAエリア・Bエリア内の手続きの場所は次の通りです。『税関窓口』は「Export Certification(ワシのマーク)」、『税金払い戻しカウンター』は「Cash Refund」または「Tax Free」の表示を目印に探してください。


ターミナル1 Aエリア レベル3(出発階)
『税関窓口』: 出国審査後、左側角にあります。
『税金払い戻しカウンター』: 出国審査後、上記『税関窓口』のななめ前にあります。
ターミナル1 Bエリア レベル2(出発階)出国審査後
『税関窓口』: 出国審査後、出国審査場の並びにあります。
『税金払い戻しカウンター』: 出国審査後、上記『税関窓口』のななめ前、エスカレーターのわきにあります。
ターミナル1 Bエリア レベル3(出発階)
『税関窓口』: 出国審査後のホール中央にあるエスカレーターで1つ上の階に上がり、左後方にある入国審査場のさらに左どなりにあります。レベル2が閉まっている場合はこちらで手続きします。
ターミナル1 Bエリア レベル2(出発階)出国審査前
『税関窓口』: 出国審査前、Bエリア内のカウンター(634/644)にあります。こちらは品物を手荷物としてチェックインしたい場合の手続き場所です。
『税金払い戻しカウンター』: 上記『税関窓口』の隣にあります。
ターミナル1 Bエリア レベル1(到着階)
『税関窓口』: 手荷物受け渡し場内にあります(「出口」側から入れます)。こちらは品物を手荷物としてチェックインしたい場合の手続き場所です。



にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ   にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ   







Last updated  2013年01月27日 21時31分15秒
2013年01月05日
カテゴリ:RIMOWA
DSC06005rimowa.jpg

7月下旬にフランクフルト空港のLHショップで買った

RIMOWAの免税分が返ってきました。

クレジットカードの口座に返金と言う形です。

購入金額は339ユーロ(1ユーロ98.8円)

免税額は36ユーロでした。

簡単に窓口で返金されると思っていたら

いろいろあって結局はクレジットカードでの返金となりました。

このパターンの免税手続きは始めてだったので

自分のために

そのことも詳しく次の記事で残しておきたいと思います。

返金されるまではこれでよかったのか

かなり不安でした。

口座には3619円返ってきました。

1ユーロ100円ぐらいですね。

とにかく無事に帰ってきてよかった~。

ほっとしました。


にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ   にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ   







Last updated  2013年01月27日 20時44分53秒
2012年08月24日
カテゴリ:RIMOWA
DSC06294r.jpg

ということでうちにやってきた

7代目のRIMOWAです。

DSC06304r.jpg

中にはケースが3つも入っていました。

もちろん布地はルフトハンザの文字入り。

DSC06302r.jpg

中は黒です。

布地はケースと同じルフトハンザの文字。


DSC06300r.jpg

ロックは新しい形になっていました。



DSC06308r.jpg

機内持ち込みサイズは,白と赤の2つになりました。

どちらも光沢があって好きです。

4輪の方が移動が楽なので

これからの海外旅行では赤が活躍しそうです。

白ももちろん活用しま~す。




ルフトハンザ エアライトプレミアム マルチホイールキャビントローリー

ルフトハンザ×リモワ Lufthansa RIMOWA エアライトプレミアム マルチホイールキャビントローリー 1737425 30L ナイトブルー スーツケース☆【円高還元セール】ルフトハンザ×リモワ Lufthansa RIMOWA スーツケース エアライトプレミアム マルチホイールキャビントローリー 1737425 30L ナイトブルー

たぶん↑これと同じつくり。

↓これもやっぱりいい。


ルフトハンザ×リモワ Lufthansa RIMOWA エレガンス MHキャビントローリー 1738407 30L オリエンタルレッド スーツケース☆【円高還元セール】ルフトハンザ×リモワ Lufthansa RIMOWA スーツケース エレガンス MHキャビントローリー 1738407 30L オリエンタルレッド




にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ    にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ   










Last updated  2012年08月25日 19時51分17秒
2011年10月22日
カテゴリ:RIMOWA
修理された取っ手

上が,修理されてきたRIMOWAの取っ手。

下が,同梱されてきた交換前の取っ手。

返ってきた取っ手

壊れたのは取っ手の土台部分の方ですが

私は,この取っ手の上の部分の作りにも問題があるのではと疑っています。

もちろん私の取り扱い方が悪かったのもあると思います。

でも,使ってみてやっぱりちょっとこの取っ手部分がかたいと感じていました。

パキンと音がしたり・・・。

違和感を感じていたのは本当です。

そこで赤サルサを見てみると

取っ手部分と土台部分のつなぎ目は金属になっています。

だから取っ手がスムーズに動くのですが

白サルサは取っ手部分と同じような素材で一体化しているため

なんかかたくて・・・。

これは,最近のサルサがそうなのか

それともコラボ商品だからこういう仕様なのか?

最近のサルサの取っ手部分をチェックしたわけではないので分かりません。

取り扱いには気をつけたいと思います。





にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ   にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 にほんブログ村 北欧旅行   にほんブログ村 北欧インテリア









Last updated  2011年10月22日 15時31分17秒
2011年10月21日
カテゴリ:RIMOWA
修理前のRIMOWA

写真は修理前のRIMOWAたち。

どちらも着払いで修理会社や購入店へ送りました。

この2つとも無事に修理されて返ってきました。



今年の夏は,RIMOWAの修理が3件。

1つ目は,白RIMOWA(大)

空港で見つけたのでANAさんの手配で修理して無料。

2つ目は,赤RIMOWA(大)並行輸入品

自己負担でキャスター交換。(往復送料分ももちろん受け取り時に支払います。)

第1ボデーで修理してもらいました。

3つ目は,白RIMOWA(小)正規輸入品

購入店にて,5年保証を使って修理してもらい無料。

正規輸入品は,高いけれど5年保証が付くのがいいです。

でも,輸送中に壊れたらレポートをもらって

航空会社から修理してもらえるので

並行輸入品や海外で買ったものでもいいかもと思ったり・・・。

ターンテーブルから出てきたスーツケースは

しっかりチェックすればよし。

でも普段使いで壊れたら?

やっぱり正規輸入品の方がいいのか。

修理してくれるところは分かったからいいのか。

でも,いつまた昨年みたいに並行輸入品はダメってなるかも分からないし・・・。

まあ,今のところは全部修理できたのでよかったです。

RIMOWAギャランティカード

今回は,このギャランティカードがあってよかった~。

まさかこんなに早く使うことになるとは思わなかったけど・・・

ギャランティカードは,2011年5月末までで

その後は,いつもRIMOWAを買ったらついてくる

大きなRIMOWAって書かれている紙製のものが保証書になるらしいです。

捨てないように注意!!です。

そんなわけで

4つのうち3つも壊れたRIMOWAですが

それでも私はRIMOWAが大好きでこれからも使い続けるでしょう。

修理システムがもっと分かりやすくなればいいんですけどね。








にほんブログ村 旅行ブログ 北欧旅行へ   にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
 にほんブログ村 北欧旅行   にほんブログ村 北欧インテリア







Last updated  2011年10月23日 14時21分23秒

全21件 (21件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.