220382 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Angel light ~光の空~

PR

Profile


光羽音-Mihane-

Category

Favorite Blog

20.21日赤坂バクルー… New! i神さん

ふぁいの部屋 DAHLIAXYさん
虹のかけら ゆきぴょん0226さん
Pure Rose レムリ… 天使のお昼寝さん
どんどん広がる 幸せ… KEIKO☆さん
2012.05.19
XML
カテゴリ:日記っぽい?
すっかりこちらのブログはご無沙汰しています。
前回の日記が2011年のものでビックリです(^^;)

さて、今年に入ってからますますいろいろな事が加速していますね。
特に、いままで隠されていたものが表に出てきたり、いままで見ようとしなかったものを見せつけられる等…とにかく、今まで以上に「真実」を考えさせられることが多いです。

さて、タイトルほど大げさなことではないですが。
先日、クリスタルファミリーのお友達とおしゃべりしていた時に「ラリマーってほとんど偽物なんだって!」という話を聞きました。
その後、ネットで調べた所「市場に出回っている90%は偽物」なんて書いてる人などもいて。。。
まあ、でも内容はちょっとう~ん??な感じでしたが。
というのは、多孔質であるラリマーをアクセサリー類に加工する際には強度の問題で「スタビライズド(樹脂の浸透処理)」処理が欠かせないのですが、それらの処理がされているということで「偽物」と書かれてしまっていたからです。
原石などならともかく、アクセサリーとして使用する場合には、どうしても補強程度の加工は仕方が無いと思います。
たとえば、毒性のある銅を含むマラカイトなんかは、スタビライズド処理せずにアクセサリーなんかにしてしまったら、人体に影響が出ることなどもあるでしょう。

私の基準では石の性質上「仕方がない」程度の加工までは許容範囲です。
その程度の加工まで否定してしまったら、アクセサリーとしては使用できませんので。
あくまでも「自然のまま」にこだわるのであれば、原石の鉱物標本しかないかもしれません。

でもやはり、加熱や放射線照射で色を変えたり、質の悪いものを樹脂やガラスの浸透で良く見せたり、人工的に手を加えて「造り出している」といったものはNGです。
練りや違う石を名前を偽るのなんかは言語道断って感じです。

で。ラリマーのお話ですが。。。
7年前くらいに大手SCに入っている、ストーン○○というパワーストーン専門店でラリマーのペンダントを買ったことがあります。
シルバーの台に2cmくらいのぷっくりしたカボションのラリマーが取り付けられたデザインで値段は1万円以上していました。
色はとってもきれいなラリマー特有のブルーで、薄いブルーからちょっと緑がかったブルーなどが混じっている感じ。
そして、端のほうがちょっと原石由来かな?と思わせるキズっぽいところもあり、とにかく「ラリマー」にしか見えませんでした。

先日、そんなラリマー話があった後、久しぶりに取りだしてみるとシルバーの台は見事に硫化で真っ黒。
ちょこっとめんどくさかったのもあって、シルバークリーナーに漬けて磨くことにしました。
(よい子のみなさんは、石付きのものはやめて下さいね(^^;))
漬けたとたんに、なんか石の部分から細かい泡がしゅわわ~って出た感じでした。
「え?」と思ってあわてて取りだして洗ってみると、、、
あらら、なんかブルーの色が剥げてグレーっぽい何かが下から見えちゃってるじゃないですか!
一瞬、カルセドニーっぽい部分かな?なんて思ったのですが、ラリマーにそんなことってあったっけ?とよく見てみると。
明らかに、何か半透明の物質(おそらくプラスチック※)のうえに、薄く塗ってあったラリマー模様が溶けて下地が見えちゃっていたものでした。
※訂正します
プラスチックではなく、アラバスタ―などの白っぽい石です。
その後の調べで、白い石をベースに塗装した偽物ラリマーがあることがわかりました。

う~ん、結構ショック。
練りとか、色の改変とか、見た目を良くする程度ならまだしも、完全なる偽物!!
これには、かなり驚きでした。
しかも、「専門店」と謳っている大手会社がこういった物を売ってるとは呆れます。

買った頃は、今よりずっと石の知識は低かったと思いますが、それでもかなり良くできた偽物だったと思います。
まあ、そもそもその頃にラリマーの偽物があること自体知りませんでしたが。。。

「石の専門店」を謳っているお店でも、こういう事が多々あります。
お店に悪気が無い場合もありますし、知っていてやっている所もあります。

もちろん偽物を売る側が悪いのは当然ですが、でも買う側にもそれなりの知識も必要かもしれません。
特に「パワーストーン」というと、「効能」に目がいきがちです。
本当に自分に必要な石は、自分が知っています。
石を選ぶときは「直感」を使って選ぶと、良い石と出会えると思います(*^_^*)
(ちなみに、偽物のラリマーを選んだときの私も「効能」に目がいってました(笑))

みなさん、「真実」を見る目を磨きましょうね~






Last updated  2019.03.13 12:45:34
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.